ID:KVMQTns0氏:黄色の花

空から花が降っている。
くるりくるりと回って落ちる。
色とりどりの花が雨のように降っているのを見て、つかさは空に手を伸ばす。
届かない。触れているのに、触れない。
つかさは不思議に思いながらも、諦めずに同じ事を繰り返す。
おかしな事はもうひとつある。
赤やピンク、白や紫などの様々な色の花があったが、黄色の花だけが見当たらない。

「どうして黄色の花だけ無いんだろう?」

つかさの呟きは独り言にならない。
何故なら、つかさの背後に一人の少女が立っている。

「黄色い花なんて、もうどこにもないよ。これは全部、ゴミになる花」
「どこにもないの?」
「たとえあっても気づけない。黄色がどんな色か知っている人は、世界にもほとんどいないから」

少女は何度も他人に説明してきた言葉のように、すらすらと答える。
つかさはふと思い出し、頭のリボンを解いてじっと見る。

「ここにあるよ。ほら、これが黄色の」

つかさが説明をしながらリボンを持った手を差し出すと、少女は目を輝かせて飛びつく。
奪うことはしなかったが、少女はリボンをぎゅっと強く握っている。

「ちょうだい!」
「えっと、これはプレゼントで貰ったものだから」
「でも、黄色を手に入れたら幸せになれるの。みんなもその伝説を信じて、いつも探してるんだよ」

少女はリボンを見つめたまま叫ぶ。
つかさは自分よりもずっと背の低い少女を見て、考える。
お気に入りの物だけど、この子ならばきっと大切にしてくれる。
迷った末に、つかさはリボンを手放すことにする。

「私は他の色の花もきれいだと思うよ。だから、黄色以外の花と交換しようか」
「いいの!?」
「うん。だけど、大切にしてね」
「ありがとう」

つかさはリボンを少女に譲り渡そうとする。
しかし、そのとき一陣の風がつかさの手からそれを奪い、空に舞い上がらせる。
二人は慌ててその後を追う。
リボンは宙を舞い、丘の向こうへ。
つかさ達は駆け足で丘を越えて、下りになっている坂の斜面を見て驚く。
目の前には黄色の花畑が広がっている。
追いかけていたリボンのことは、二人の頭からとっくに消えている。

「こんな所にあったんだ」
「……みんなが探してたのに、誰も気が付かなかったんだね」
「うん。だけど、私はこの花を見たことがあるよ。お父さんとお墓参りに行くと、いつも供えていくの」
「この黄色の花を?」

女の子は首を縦に振る。

「お父さんは知ってたのかな。こんな近所に咲いてる花が、黄色をしているっていうことを」
「知ってたのかもね。お墓に必ず持っていく花に、あなたがいつか興味を抱くのを待っていたのかも」
「ううん。やっぱり偶然だと思う。死んじゃったお母さんが好きな花だったから、選んでいただけだと思う」
「お母さん……いないんだ。お父さんのことは好き?」
「バカだから嫌い」
「あはは。そうなんだ」

少女は笑う。
つかさも笑う。

そして、夢は終わる。



「珍しいわね。つかさがこんな早くに起きてくるなんて」
トーストをかじっていたかがみは、髪に寝癖の残るつかさの姿を見つけてくすりと笑う。
「そんなことないよ。いつもどおりだよ」
つかさは頬を膨らませて言う。
「なんだか変な風に曲がってるけど……。もしかして、リボンを着けたまま寝たの?」
かがみは呆れたように言う。
「そうみたい。そうそう、このリボンのおかげで不思議な夢を見ることが出来たんだよ」
「へえ、どんな夢だったの?」
「あんまり覚えてないんだけど、花と女の子が出てきたような……」
つかさは必死に説明をしたが、かがみはさっぱりわからないという表情をする。
「あとは、夢の中の女の子がこなちゃんに似ていた……ような気がする」
「こなたか。あいつが出てきたら、ファンタジーもぶち壊しよね」
「うーん?」
つかさは曖昧に笑って誤魔化すと、ぽつりと独り言を口にする。

「こなちゃんの今度の誕生日には、プレゼントに黄色の花を添えてみようかな」


 終
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。