かがみのデッキ


かがみのデッキ

モンスター×20

柊かがみ× 2
柊つかさ× 3
柊いのり× 3
柊まつり× 3
柊みき× 2
高良みゆき× 1
日下部みさお× 3
峰岸あやの× 3

魔法×12

柊家の大黒柱× 1
巫女巫女ハリケーン× 1
たっだ~お↑スペクタクル× 1
愛食のポッキー× 2
狂気のバルサミコ酢× 1
鋭い眼光× 2
双子の絆× 1
幸せ未来日記× 1
同性愛× 1
ラムダドライバ× 1
夜逃げでリセット× 1


罠× 8

岩崎みなみの憂鬱× 2
ふざけんじゃないわよっ!!× 2
ツンデレ× 2
柊神社の御社様× 1
背景放題やりほーだい× 1

             計40

モンスター

 柊かがみ ☆7つ 光
 攻撃 2700 守備 2500
 【巫女巫女族:効果】
 このカードは戦闘によって破壊されない。
 このカードはモンスターに攻撃する度、
 ダメージステップ終了時に攻撃力が300ポイントアップする。
 このカードが戦闘以外によって破壊され墓地に送られたとき、
 墓地の「柊」と名のつくカードをゲームから除外することで、
 このカードをフィールド上に特殊召喚することが出来る。
 この効果はデュエル中、1回しか使えない。

みさお 「うおぉー! 柊狂暴伝説じゃん」
かがみ 「ぶち殺されたいの?」
みさお 「え……あ……ごめん」
こなた 「……いやぁ、しかしこのかがみの格好! 可愛いねぇ~」
かがみ 「私は恥ずかしいわよ……だって穿いてないんだもん……」
こなた 「ちなみにこの服装……分かる人には分かるんだよねー」
ひより 「史上最強やり過ぎシミュレーションRPGッスね!」
こなた 「流石ひよりん。じゃあいくよー」
こなひよ「「ハァーッハッハッハッハッハッハ!」」
かがみさ「「?」」

 柊つかさ ☆3つ 光
 攻撃 1200 守備 2000
 【巫女巫女族:効果】
 リバース:相手モンスターを一体破壊する。
 このカードを墓地に送ることで、レベル4以下の
 「柊」と名のつくカードを1体、デッキから裏側守備表示で
 セットすることが出来る。その後、デッキをシャッフルする。

こなた「つかさの癖に厄介なカードだったよ」
つかさ「なにぃー!?」
ゆたか「目が痛いよ……」
みなみ「大丈夫? ゆたか」ペロッ
ゆたか「ぎゃあぁぁぁ!」
こなた「みなみん、どこ舐めてんのさ……」

 柊いのり ☆4つ 光
 攻撃 1850 守備 1500
 【巫女巫女族:効果】
 光属性のモンスターを生贄召喚する場合、
 このモンスター1体で2体分の生贄とすることが出来る。

こなた「2体分の生贄って……手札からも有効なの?」
かがみ「有効だから出来たんじゃないの」
こなた「なんか納得いかないんだよなー」


 柊まつり ☆4つ 光
 攻撃 1700 守備 1100
 【巫女巫女族:効果】
 このカードが相手モンスターを破壊したとき、デッキから
 魔法カードを1枚手札に加えることが出来る。
 その後、デッキをシャッフルする。
 その魔法カードを使用した場合、自分は300ポイントのダメージを受ける。

まつり「ったく、かがみったら変な技名付けてくれちゃって」
かがみ「ごめん、出番あんまり無くて特徴が無いから適当につけた」
まつり「…………」

 柊みき ☆6つ 光
 攻撃 2000 守備 2500
 【巫女巫女族:効果】
 このカードがフィールド上に存在する限り、
 このカード以外の「柊」と名のつくモンスターカードは、
 相手モンスターの効果を無効にすることが出来る。

こなた「普通効果って召喚されたときに説明しない?」
かがみ「それはテレビだけよ。実際に説明しながらデュエルなんてしないわよ。
    それで文句付けられても相手の勉強不足がいけないんだからね」
こなた「くそぅ、まさかゲームでまで勉強不足なんて言われるとは……」

 高良みゆき ☆4つ 風
 攻撃 1500 守備 1500
 【天使族:効果】
 カードの種類を1つ宣言する(モンスター、魔法、罠)。
 相手の手札を1枚選択し、宣言した種類のカードだった場合、
 そのカードを墓地に送り、相手ライフに1000ポイントのダメージを与える。
 種類が違った場合、このカードを墓地に送り、
 自分は1000ポイントダメージを受ける。
 この効果は1ターンに1度しか行えない。

みゆき「みゆきです☆ 私に係れば相手の手札を知るなんて容易い事ですね
    かがみさんは偶然手札を当てられたみたいですけど☆ ところで
    どうして私しか居ないんでしょうか?」

 日下部みさお ☆4つ 地
 攻撃 1700 守備 200
 【背景族】
 この娘の声を聴いた人間は洗脳されると言われている。
 
みさお「なぁーなぁー、なんで私の声で洗脳なんだぁー?」
あやの「…………」
みさお「確かに私一人でCD出しちゃうくらいだけどよー。洗脳ってのがよく分からないんだよなぁー」
あやの「…………」
みさお「なぁー、なんでさっきから黙ってるんだ?」

 峰岸あやの ☆3つ 地
 攻撃 700 守備 1700
 【背景族:効果】
 ユニオン:自分フィールド上に表側表示で存在する
 「日下部みさお」を1体指定して特殊召喚することが出来る。
 ただし、自分フィールド上に「峰岸あやの」が存在する場合、
 この効果は使えない。
 1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして
 自分の「日下部みさお」に装備、または装備を解除して表側攻撃表示で
 特殊召喚する事ができる。この効果で装備カード扱いになっている時のみ、
 装備モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
 (1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
 装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、代わりにこのカードを破壊する。)

あやの「みさちゃんは私と一緒に居ることで初めて効果がされるの。それを忘れないでね」
みさお「おぉー! あやのには感謝してるぜ! 破壊されるときもあやのが先に破壊されるしなぁー☆」
あやの「…………」
かがみ「日下部、それくらいにしときなさい」
みさお「ほぇー?」


魔法

 【柊家の大黒柱】
 自分フィールド上に「柊かがみ」が存在する場合のみ発動可能。
 手札にあるレベル4以下の「柊」と名のつくカードを可能な限り
 特殊召喚することが出来る。

こなた「うわ、こんなカードがあったんだ」
かがみ「そうよ、手札にあったけど使い道が無かったのよ。フィールドは満タンだったし」
こなた「あの時ですか、それにしてもなんで大黒柱なのにかがみが存在する場合なの? おじさんじゃないの?」
かがみ「デッキの大黒柱って事じゃないかしら? というか私のデッキにお父さん居ないし」
ただお「はは、ひどいなぁ……」

 【巫女巫女ハリケーン】
 このカードはメインフェイズ1でしか使えない。
 自分フィールド上に「柊」と名のつくモンスターが3体以上
 存在する場合のみ発動可能。
 相手の手札、フィールド上のカードを全て墓地に送る。
 この効果を使用したターンはバトルフェイズを行うことは出来ない。

こなた「マジでこんなの使われてたら私負けてたね」
かがみ「あの時、これを伏せてからあのカードを使うべきだったわ」
こなた「かがみもまだまだ勉強不足だね~」
かがみ「くっ……こなたには言われたくなかった」

 【たっだ~お↑スペクタクル】
 自分フィールド上の「柊みき」にタダオカウンターを1つ乗せる。
 このカウンターがある限り、「柊みき」は戦闘によって破壊されない。
 このカウンターは「柊みき」が攻撃を受けたとき、1つ破壊する。

みき 「せっかくカウンター付けても攻撃されなかったわね」
ただお「良いんだ、出られただけでオレは満足さ」
かがみ「そっか、お父さんこんなところに居たのね」
みき 「かがみったら」

 【愛食のポッキー】 速攻
 デッキの上からカードを1枚墓地に送ることで、
 相手モンスターの攻撃を無効にし破壊する。
 その後、自分はライフを500ポイント回復する。

こなた「ぽぉっき♪」
かがみ「あああぁぁぁぁぁっ!?」バタンキュー
こなた「ありゃりゃ、回復するどころか死んじゃったよ」
つかさ「こなちゃんが食べたからでしょ」

 【狂気のバルサミコ酢】 装備
 「柊つかさ」にのみ装備可能。
 このカードを装備した「柊つかさ」を墓地に送ることで、
 相手フィールド上に「柊つかさトークン(攻0/守100)」を
 可能な限り特殊召喚する。
 このトークンは生贄召喚のための生贄にすることは出来ない。
 このトークンが破壊されたとき、相手はデッキの上からカードを1枚墓地に送る。

こなた「こんな効果だったのか……」
かがみ「デッキ破壊、縛りには最適なカードね」
つかさ「あはは、バルサミコ酢~♪」

 【鋭い眼光】
 ライフを500ポイント払う。
 相手フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。

こなた「目で殺す、かがみのツン技だねぃ」
かがみ「ツンとか言うな! というかアンタ伏せカードとかあんまり伏せないから使い道が無かったし」

 【バーサーカーかがみん】 速攻
 手札を全て捨てる事で自分フィールド上の攻撃を終了した
 『柊かがみ』は、攻撃力を300ポイント下げる度に
 追加攻撃する事が出来る。

こなた「えーと、これは?」
かがみ「デッキに入ってなかったおまけカードね」
こなた「攻撃力を下げる度にって、かがみ自体が攻撃したら攻撃力上がるんだから無限に攻撃できるじゃん」
かがみ「そうね、禁止カードにも程があるわね」
こなた「じゃあせっかくだからやろうか?」
かがみ「良いわね、じゃあ……」

こなた「なんとかこのターンはしのげたか……」
かがみ「何勘違いしてんのよ?」
こなた「ひょ?」
かがみ「まだry」

 【双子の絆】
 墓地の『柊つかさ』・『柊かがみ』のどちらかを、
 ゲームから除外することで、デッキからカードを
 2枚ドローする事が出来る。

こなた「まさかこの効果で除外されたつかさがあぁくるとはね」
つかさ「流石お姉ちゃんだよね、先のことを読んでるって言うか」
こなた「つかさかかがみのどちらかってあるけど、普通に考えて除外するのはつかさだよね。戦力的に考えて」
つかさ(こなちゃんのくせにー!)

 【幸せ未来日記】
 デッキからレベル5以上のモンスターを選択する。
 生贄召喚に必要な数のモンスターを、手札・デッキから
 墓地に捨てることで、次の自分のスタンバイフェイズに
 選択したモンスターを特殊召喚することが出来る。

こなた「この未来日記には、いったいどんな内容が書かれているのか……」
かがみ「普通に私とこなたとの愛の日常なんじゃない?」
こなた「えぇー……」
かなた(やっぱりまた発症してます……TT)
大天使(もう、救いようがありませんね)

 【同性愛】
 相手にキスを申し込む。相手がキスに応じなかった場合、
 自分は手札が5枚になるようにデッキからカードをドロー出来る。
 キスに応じた場合、自分は手札を全て捨て、デッキの上からカードを
 10枚墓地に送る。

こなた「これはない」
かがみ「いや普通だろ」
こなた「卑怯にも程があるよかがみ」
かがみ「じゃあキスすれば良いじゃない? ん~~~」
こなた「いや、やらないから」
かなた「こなたから離れて」
かがみ「誰おばさん」
かなた「おば……」
こなた「頭痛いよ……」

 【ラムダドライバ】 装備
 このカードは破壊できない。
 このカードを装備したモンスターは相手の魔法・罠の
 効果の対象にならない。自分のエンドフェイズに
 500ライフポイント払わなければこのカードは墓地に送られる。

こなた「これってフルメタじゃん、って強ッ!?」
かがみ「このカードを『柊かがみ』に付ければ、お母さんの効果と合わせて無敵ね」
こなた「かがみのデッキって強いの多いよね……」
かがみ「アンタのデッキにも反則カードあるだろうが!」

 【夜逃げでリセット】
 「柊つかさ」がゲームから除外されてる場合のみ発動可能。
 2000ライフポイントを支払う事で、ゲームから除外された
 レベル4以下のモンスターを可能なかぎりフィールドに特殊召喚できる。

こなた「つかさはつくづく厄介なカードだよ」
つかさ「えへ☆ ありがとうこなちゃん」
こなた「褒めてないよ」
みゆき「まったく、私より少し出番があるからといって調子に乗るのもいかがなものかと」
つかさ「あれ? なんか空気がワカメ臭くない?」
こなた「ん~、かすかに香るこの匂い……なんだろうね?」
みゆき「はいはい、どーせ私はエアーマンですよ」


 【岩崎みなみの憂鬱】
 相手モンスターが召喚・反転召喚したとき、そのモンスターを除外する。
 その後、自分は相手に手札を見せ、1枚選択させ、それを墓地に送る。

こなた「みなみんは私のデッキに入れるべきじゃないかな?」
かがみ「そんなの製作者に言ってよ」
みなみ「泉先輩のデッキの私は埋め合わせらしいです」
こなた「そ、そうなんだ……」

 【ふざけんじゃないわよっ!!】
 自分のモンスターが戦闘によって破壊されたときに発動することが出来る。
 相手モンスター1体を破壊し、500ポイントダメージを与える。

かがみ「ったくもう! ふざけんじゃないわよ!」
こなた「ガッシボカ! 私は死んだ」
かがみ「ちょ、冗談でしょ? いやあぁぁぁぁぁっ!!」

 【ツンデレ】
 ターン終了時までモンスター1体の攻撃力は、
 自分フィールド上・手札のカード×200ポイントアップする。
 この効果を受けたモンスターが相手モンスターを破壊した場合、
 相手はカードを2枚ドローすることが出来る。

こなた「最初はツンツン、後はデレデレ。かがみにぴったりなカードなのに
    なんでみゆきさんに使ったのかな」
かがみ「そんなの一々決まって発動なんて出来ないわよ。デュエルはその時その時が大事なんだから」
みゆき「私に使ってくれてありがとうございます」
かがみ「いや、だからたまたまだって」
みゆき「!? 私を無視しないでくれるんですか!? かがみさん……好きです///」ポッ
かがみ「はい、次行こー」

 【柊神社の御社様 カウンター】
 ライフを半分払うことで、モンスターの召喚・反転召喚・
 特殊召喚、魔法・罠・モンスターの効果を無効にする。

こなた「神の宣告」
かがみ「それの豪華版ってとこかしら?」
こなた「というか御社様っているの?」
かなた「あぅあぅあぅあぅー!」
こなた「え?」
かなた「ごほんごほんっ……私そろそろ帰るわね」
こなた「ちょ……(ホントに天界で何してるんだお母さん)」

 【背景ほ放題やりほーだい】
 墓地の「日下部みさお」・「峰岸あやの」をゲームから
 除外することで、以下の効果から一つ選択する。
 ●相手の手札を1枚捨てる。
 ●相手のデッキの上から、カードを2枚墓地に捨てる。
 ●自分の墓地のカードを1枚、手札に加える。

みさあや「どーもー背景コンビでーす」
みさお 「背景とかいいながら結構活躍してたよな私達!」
あやの 「そうね。特に──」
みさお 「私が大活躍だよなぁー」
あやの 「…………」
みさお 「どうしたんだ、あやの?」
あやの 「みさちゃんの無神経振りには流石の私もぶち切れよ!!」

あやの 「あやのビィィィィィィムッ!!」
みさお 「うわぁぁぁぁ! 声が変わったぁぁぁ!?」

かがみ 「あぁー、遅かったか」


 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。