The Legend of the Lucky Star 第五話

第五話

「潰れろ! 『崩牙(ほうが)』!!」

みさおが言い放った瞬間、巨大な岩が空中に数個出現して氷狼達に落下し、押し潰していく。
だが、それらを軽々とかわし、こちらを睨み付けてくる一匹の氷狼がいた。

『グルル……』
「チ、ボスが残ったか……」

みさおは目の前にいる氷狼を見つめ、軽く舌打ちをした。
人間ほどの大きさを持つそいつは、他の奴らと比べるとかなり大きいのだ。群れのボスなのだろう。
残りの雑魚はすでに浄化した。だが、ボスとなると一筋縄ではいかない。

『グガァ!』
「な! 速……!!」

その巨体からは考えられないほどのスピードでみさおに突進してくる!
驚きから反応がわずかに遅れたのもあったが、瞬発力そのものに圧倒的な差があったのだろう。みさおは後ろに飛び退くがその差はあっという間に縮まった。

『キシャア!!』
「うあぁああぁ!!」

氷狼のボスはみさおの利き手である左腕に噛み付いた!
その衝撃で持っていた筆は地面に落ち、虚しく転がっていく。

「くそっ! 放せ! 放せってヴぁ!!」

放せと言って放すバカはいない。必死に振りほどこうとするが氷狼が噛む力はますます強くなっていく。
鈍い痛みとともにギシギシと何かが軋む音がする。このままでは腕を持ってかれてしまう!

「痺れちゃえ、『矢雷(しらい)』!」

そう声がして振り返った瞬間、みさおの目の前を雷でできた矢がものすごいスピードで飛んでいった。
矢は氷狼の身体に刺さり、その瞬間に電光となって氷狼の身体中を駆け巡る!
身体が痺れた氷狼はみさおから口を離して地面に倒れる。

「ち、チビッ子……」
「危なかったね、みさきち」

左肩を抑えるみさおの横にこなたが並ぶ。
だがその顔には、若干の焦りがあるように見受けられた。
彼女はみさおの身体を持って、身体が痺れて動けない氷狼から遠く離れる。

「みさきちの利き手って左だっけ?」
「あ、ああ。これじゃあ筆が使えねぇぜ……」

充分に離れたところで、みさおの身体を地面に置く。
先ほど落とした筆はこなたがすでに拾っていて、みさおに渡そうとしたのだが、途中でその事実に気が付いた。

「万世呪術師は詠唱が長いもんね。私が回復してあげるよ」

そう言うとこなたは両手の指と指を複雑に絡ませながら、何かを呟きはじめる。
『印を結ぶ』というこの行為は、術者の精神を集中させるために行うもので、その動きは集中できるのならなんでもいいのだ。
ちなみにみさおの場合、筆で呪印そのものを描くために印を結ぶ必要はあまりないうえに効率的である。

「癒せ、『緑風(りょくふう)』!」

暖かな黄緑色の風が、二人の間を吹き抜けていく。
すると、みるみるうちにみさおの傷が塞がっていった。
手渡された筆を握り、みさおは立ち上がる。

「ありがとな、チビッ子」
「いやいや、私もこないだ助けてもらったばかりだしね」
『グルル……』
「「!!」」

唸り声がして、二人は咄嗟に振り返る。
するとそこには、身体を起こしてこちらを睨み付けてくる氷狼の姿が。

「か、回復が早すぎる……」
「ち、チビッ子! お、お前、覚醒したんだろ!? なんとかしてくれ!!」

距離とスピードの関係から、みさおが呪術を使用する時間はほとんどない。それはみさおでなくても同じだ。
だから、こなたに時間を稼いでもらわなくてはならないのだが……

「そ、それが、まだ呪術しか使えなくて……」
「は!?」
「みさきちがピンチみたいだったから出てきただけで……他の『力』はまだ……」
「くそ! つくづく中途半端なヤツだよ、お前は!!」

本来なら初めに覚醒した時点で全ての力を取り戻すはずなのに、なぜこなたはバラバラなのか?
みさおは、焦りとともにこなたに対する疑念をも感じていた。
戦う術(すべ)は呪術だけ。しかし、呪術を使用するには時間が必要だ。
その時間は……もはや残されてはいなかった。

『グガァ!!』
「ひっ!」
「くそぉ!」

地面を蹴り、氷狼はこなた達へと飛び掛かる。
そのスピードは先ほどよりも遥かに早く、十メートルはあった間合いが一気にゼロになった。

(せっかくみさきちに助けてもらったのに、ここで死んじゃうの!? そんなの、意味ないじゃん! せめて……せめてバリアみたいなものがあれば!!)

こなたが強く思った、その時だった。
何かが何かにぶつかる音と、何かの悲鳴のような声が聞こえたのは。

「……え!?」

目を開けると、そこあったのは半透明で若草色の――例えるなら、最初にみさおが使った呪術『護壁』のような障壁と、それにぶつかった衝撃で痙攣している氷狼の姿だった。
その氷狼は白い光の粒子に姿を変え、天へと昇っていった。妖魔としての『死』である。

「どう……なってるの?」
「とりあえずアタシ達……助かったんだよな」

呆然としながらも立ち上がり、消えていく障壁を見つめる。
みさおは呪術を使った覚えはない。恐らくこなたもそうなのだろう。
だが、今まで目の前にあった障壁は間違いなく呪術で構築されたもの。一体どういう……

「……チビッ子、お前まさか……」
「え?」
「『幻想召喚師』なんじゃないか?」
「幻想……召喚師……?」

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。