ID:2bt6ZKc0氏:リトル・ランナー

2011年、埼玉県春日部市某所。
小早川ゆたかと泉こなたは、この地を訪れていた。
ゆたか「懐かしいなぁ…」
こなた「ゆーちゃん?」
ゆたか「一昨年のマラソン大会…思い出すよね」
こなた「…あぁ、あの大会かぁ。ゆーちゃん、すごく輝いてたよね!」

時は2009年に遡る。
最後の高校生活を迎えた小早川ゆたかは、あるビラを見ていた。
ゆたか「市内マラソン大会…?」
それは病弱なゆたかにとってはまるで関係のないことであった。
そう、あの時までは。

ゆたか「じゃぁね、みなみちゃん」
みなみ「……うん」
友達と別れ、一人の帰り道。
夕焼け空を見ながら歩いていると、ある一人の男と出遭った。
男は膝を抱え、うずくまっているようだった。

ゆたか「大丈夫ですか!?」
男「うぅ…いててて…」
ゆたか「大変!怪我してる…ちょっと待っててくださいね」
ゆたかはカバンの中に入っていた消毒薬と伴創膏を使って、男を手当てしたのだった。

男「ありがとう、助かったよお嬢ちゃん」
ゆたか「おじさんは何をしているんですか?」
男「あぁ、僕はちょっとマラソンをしていたんだけど、すりむいてしまってね…」
ゆたか「そうだったんですか…」
男「じゃ、そろそろ僕は行かなくっちゃ…」
ゆたか「待ってください!…そんな無理したら傷が…!」

しかし男の目には迷いがなかった。
男「…いいかい、お嬢ちゃん。僕はね…一度やると決めたことはやり通さなきゃ気がすまない性格なんだ。たとえ怪我をしても…ね」
ゆたか「でも…」
男「大丈夫。マラソンって言うのは速さで競うものじゃない。たとえどんなに足が遅くたっていい。最後まで走り抜けるのが肝心なんだ」
ゆたか「最後まで…走り抜ける…」
男「じゃ、そろそろ行くからね」
ゆたか「待って…私は小早川ゆたかといいます!あなたのお名前を…お名前を聞かせてください!」
男「…立木…」
ゆたか「?」
立木「立木ふみひこ…僕の名前だよ。じゃあね、ゆたかちゃん」
そういい残し、立木という男は風のように走り去っていった…

数日後。
ゆたかは立木の残した言葉を反芻しながら考えていた。
ゆたか「最後まで走り抜ける…」
みなみ「……どうしたの?」
ゆたかの親友である岩崎みなみが声をかける
ゆたか「あ、みなみちゃん…実はね…」
ゆたかはみなみに例のビラを見せた。
みなみ「……マラソン大会?」
ゆたか「再来週の開催で、参加は自由だって言ってるけど…」
みなみ「………無理、しないで」
ゆたか「うん…でもね」

ゆたかはみなみに先日あった事を打ち明けた。
立木という男に出会ったこと。そして立木が言っていた言葉。
「最後まで走り抜けるのが肝心だ」という言葉。
それらを含めて、先日あった事を語った。

ゆたか「……でね、マラソン大会…出ようと思うんだ」
みなみ「…!」
ゆたか「ダメ…かな?」
みなみ「……」
ゆたか「そうだよね…こんな身体の弱い私なんかじゃ……すぐに……」

しかし、みなみはゆたかの予想を翻す言葉を言った。
みなみ「……わかった」
ゆたか「え?」
みなみ「…ゆたかがそれでいいなら、私は何も言わない。私に…ゆたかを止める権利なんてない」
ゆたか「みなみちゃん…」
みなみ「…ガンバレ」
ゆたか「…うん、ありがと…」
ゆたかは、マラソン大会に出る決意をした。

その夜…
ゆたかはその決意をこなたに話した。
その話を聞いたこなたは…いつになく真剣な表情をしていた。
こなた「ゆーちゃん…マラソン大会に出るって本気で言ってるの?」
ゆたか「うん」
こなた「マラソンはね…校庭を1周走るのとは訳が違うんだよ?下手をしたらゆーちゃんの身体が持たないかもしれないんだよ?」
ゆたか「わかってる…うん、わかってるよ、でも…」
こなた「…もう一度聞くよ。本当に出るつもりなの?」
ゆたか「お姉ちゃん…私は今まで嘘なんてついたことないよ。私は本気で出るつもりだから…」

しばし沈黙が続く。
心配そうに見つめるこなた。
いたって真剣な眼差しのゆたか。

こなた「ふぅ…」
やがて、こなたは溜息を大きくつくと、
こなた「…わかった。ゆーちゃんがそこまで言うなら仕方ないよね」
と、苦笑いを浮かべながら言ったのだった。
こなた「でもね、ゆーちゃん。これだけは言わせて。…絶対に、無理しちゃダメだよ」
ゆたか「うん…ありがとう、お姉ちゃん」

そして、マラソン大会当日…
スタート地点にはこなたや、みなみ達が応援に訪れていた。
精一杯の応援を受け、呼吸を整えるゆたか。
その小さい身体につけられたゼッケンが朝日に輝いていた。

ランナーは総勢200人。それらが号砲と共に一斉に走り出した。
ゆたかは、走ることに集中した。とにかく、走ることに必死だった。
ゆたかの横を他のランナーが走りすぎていく。

ゆたか「ふぅ…ふぅ……」
息を切らすゆたか。何度も立ち止まりそうになったが、自分に言い聞かせるようにして走り続ける。
ゴールを目指し、ただひたすらに走り続けるゆたかであったが…。

ゆたか「あっ…!」
突然ゆたかはバランスを崩し、転んでしまった。
他のランナーはそんなゆたかに見向きもせずに走りすぎていく…。

こなた「ゆーちゃん!…もういい、もういいよ!これ以上は無理だよ!」
みなみ「…ゆたか……!」
ゆたかは思った。
やはり私では無理だったんだ。もう、何もかもがダメなんだ…。
絶望の淵に立たされたゆたか。しかし、一人のランナーが手を差し伸べたのだ。

立木「大丈夫かい?ゆたかちゃん」
ゆたか「立木さん!」
そう、ゆたかに手を差し伸べたランナー。
彼こそ、あの日ゆたかが出会った立木ふみひこ、その人であった。
立木「さぁ、立てるかい?」
ゆたか「…はい」
立木「自分のペースでいいんだ。落ち着いて…一緒にゴールを目指そう」
ゆたか「はい!」

立木はゆたかにとっての、心の支えだった。
ゆたかがこの大会に出る決意をしたのも、彼の言葉のお陰だった。
そして、諦めかけていたゆたかを救ったのもまた、立木だった。
手を差し伸べられた瞬間、ゆたかは魔法の言葉を思い出した。
「最後まで走り抜けるのが肝心だ」
ゆたかはゴールを目指した。もう迷う暇はない。
残りの力を振り絞って、立木と共にゴールを目指し走り続けた。
そして、ゆたかと立木はゴールテープを切った。人々の歓声を聞きながら…。
その直後であった。
ゆたか「…っ!」
立木「ゆたかちゃん!」
みなみ「ゆたか!」
こなた「ゆーちゃん!」
ゆたかは力尽き、そのまま座り込んでしまった。
こなた「大丈夫!?ゆーちゃん!」
ゆたか「えへへ…これぐらい…平気だよ…」
こなたは急いでゆたかにスポーツドリンクを飲ませた。
みなみは、ゆたかの汗を拭ってあげた。
そして周りの人々は一瞬静まり返ったあと…

ゆたかに、暖かな拍手を贈ったのだ。

そして2011年…
ゆたか「あれからもう2年かぁ…立木さん、元気にしてるかな…」
こなた「まったく、ゆーちゃんったら無理しちゃって…」
ゆたか「うん…あの時は心配かけちゃって、ごめんね」
こなた「いや、最高にカッコよかったなって思っただけだよ」
ゆたか「お姉ちゃん…」
こなた「ん?」
ゆたか「大好きだよ、お姉ちゃん☆」
こなた「おわぁっ、そう来ますか!」

微笑みあう2人の元に、柊つかさが現れた。
つかさ「あ、こなちゃんにゆたかちゃん」
こなた「つかさじゃないか~。どったの?」
つかさ「ちょっと買い物の帰りで…」
こなた「そうか、大変だね。私は今ゆーちゃんと昔を懐かしんでたとこなんだよ」
つかさ「へぇ~…頑張ったんだね、ゆたかちゃん」
ゆたか「えへへ…」

その時、つかさの携帯にメールが入った。
つかさ「あ、お姉ちゃんからだ。…バ…ル……ス、と。送信~☆」
ゆたか「!!!」
次の瞬間、ゆたかは火花を散らしその場に倒れこんでしまった!
こなた「ゆーちゃん!?ゆーちゃん!!」
つかさ「あ、あれ…ゆたかちゃん?」
こなた「…せっかくいい話で終わるところだったのに何をするだァーッ!ゆるさんッ!!」

…めでたし、めでたし?

        <オワリ>

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。