ID:m7dMqKk0氏:ゴースト・マシン

2011年某日…東北自動車道、岩槻インターチェンジ。
その一角にある埼玉県警高速隊・岩槻分駐所で電話を受けている女が一人。
成実ゆい、30歳。その運転技術を買われいまやこの高速隊のキャップ(隊長)を努めるまでになった。
本人もまさかここまでになるとは思っていなかっただろう。

ゆい「お姉さんビックリだ!」

ゆい姉さん、リアクションあじゅじゅしたー、と。

この日、ゆいはある『奇妙な通報』を受けていた。
「高速道路上を無人の車両が暴走している」
ただの暴走ならまだしも、無人…つまり運転者がいないときたもんだ。
最初は何かの冗談かと思って当人も聞き流していたらしいのだが、それは突然に起こった。

「キャップ!大変です!『奴』が…奴が現れましたぁ!!」
ドアを勢いよく開けてきたのはまだまだ新米の高速隊員。
名前はパトリック・コーラs…もとい、浜田けんじである。

ゆい「また?…もう何度目よ、あんた疲れてるんじゃない?」
浜田「違いますよ!ホントに出てきたんですって!」
ゆい「ホントのホントかな…」
と思い、気だるそうに分駐から外へと踏み出すゆい姉さんと浜田。
その僅か2秒後、彼等は衝撃の光景を目にすることになる…。

ゆい・浜田「なんじゃそりゃあぁぁぁぁぁあぁぁああああ!!!!」

ただならぬ事態だった。
それは自動車のようであり…航空機のようでもあった。
ただ、明らかにそのどちらでもないような動きをしている。
なにやら手足のようなものがついた『奴』は、周りの車両を次々と横倒しにしながら大暴走。
浜田「一体どんな凶悪犯が…」
ゆい「とにかく出動するよ!総員配置!!」
……かくして、岩槻分駐の誇る精鋭部隊…通称『成実軍団』が出動したのだった。

一方その頃。
泉こなたが運転するスバル・インプレッサが、柊かがみ・柊つかさ・小早川ゆたかを乗せ、
東北自動車道を北上していた。
かがみ「へぇ~。あんた、免許なんて取ってたのね。ちょっとビックリしちゃったわよ」
こなた「これからは取材がらみであちこち行く機会も増えるだろうからね、何かと便利かなと思って」
つかさ「それにしてもこなちゃん、運転上手いね」
こなた「いやいや、まだ私なんか経験薄いよ~。これでもちょっとドキドキしてるんだよ」
ゆたか「お姉ちゃん?あんまりスピード出しちゃだめだよ?」
こなた「わかってるってぇ~。ゆい姉さんにつかまるような運転だけはしないつもりだよ」
と、和やかムードで話に花が咲く車内。
しかし、こなたたちは次の瞬間信じられない出来事に遭遇する!
こなた「うわっ!?」
いきなり何かに驚き急ブレーキをかけるこなた。
かがみ「ちょ、ちょっとこなた、なにいきなりブレーキ踏んで…」
と、こなたに突っ込みを入れようとしたかがみだったが、目の前の状況を見て言葉が出なくなった。
次から次へと周りの車両をなぎ倒す謎の影。そしてそれは、驚くべきスピードでこちらへ向かっていた…。

こなた「ありゃ~…逃げなきゃまずいけど周りの車が邪魔で動けないよ!まいったな…ねぇかがみ…」
しかし、後ろを振り向いた時には車内に柊姉妹の姿はなかった。
こなた「ぇ~…どうすりゃいいのさぁ…」
なすすべもなく唖然としているこなた。迫り来る影。
しかし、対向車線から一条の閃光が謎の影にぶつかったのだ。

こなた「ゆい姉さん!!」
こなたは一発でそれとわかった。通報を受けたゆい率いる成実軍団が駆けつけていたのだ。
先頭に立つ日産スカイライン・350GT-8…いや、それをスカイラインと言うべきか否か。
その車両はスーパーコンピューターをはじめとしたハイテク機器を搭載したカスタム車両、
さながら「西部警察」の「マシンX」といったところか。人はそれを…「マシンY」と呼ぶ…。

ゆい「まったく、とんだ化け物が現れたね…こなた!大丈夫!?」
こなた「ゆい姉さん!こいつなんか変だよ!」
ゆい「心配ない!私ら成実軍団が来たからにはもう安心…」
しかし次の瞬間、『奴』は後続のパトカーを一瞬で吹き飛ばした。

こなた「……」
ゆい「えぇぃ、連邦のモビルスーツはバケモノか!」
こなた「いいえ、アレはどう見てもモビルアーマーです」
などとネタをかましている場合ではない。

そんなときだった。いつの間にやら車内から消えていた柊姉妹が『奴』を狙い撃ったのは。
つかさ「命中、命中」
かがみ「…いや、まだよ…陰陽弾がまるで効いてないわ」
つかさ「えぇぇっ!?ど、どうして!?」
かがみ「当たり前よ。あれは妖怪や霊にしか効果がないんだから…これで相手の正体は分かったわね」
つかさ「それじゃぁ相手は…」
かがみ「…人間が作った…メカってとこかしら。つかさ!撤収するわよ」
つかさ「うにょ~ん…orz」
ゆい「っておーい!何しに出てきたんだー!!」
悪霊以外ではまったく無力な柊姉妹なのでした。
そうこうしているうちにも、『奴』は周りの車両を破壊していく。
こなた「あぁっ!マズいよゆい姉さん!」
ゆい「…タンクローリー!?」
『奴』が目をつけたのはガソリンを満載にしたタンクローリーだった。
もしあんなものがここで爆発したら、大勢の人が巻き込まれる。
こなた「万事休すか~…どうしよぅゆーちゃん…あれ?ゆーちゃん?」
つかさ「どっか行っちゃっ…あぁっ!?」
つかさが驚いたのも無理はない、ゆたかは『奴』にがっしりと引っ付いていたのだ。

ゆたか「これ以上好きにはさせない!!」
ゆたかは咄嗟にビームサーベルを取り出し、『奴』に突き立てる。
『奴』はサーベルを突きたてられた部分から火花を散らし、やがて完全に沈黙した。

ゆい「…これがバケモノの正体…」
かがみ「…どっかで見たことあるわ、このデザイン…」
つかさ「こなちゃん、これって…」
こなた「…パワーローダー?…みゆきさんのものとは違うし…」

すると中から誰かが出てきた…。
あやの「痛たたた…みさちゃん、どういう操縦してるのよぉ…」
みさお「仕方ねぇだろ、筑波大製のローダー動かすのは初めてなんだから…」
かがみ「……」
みさお「お、おーっす…ひぃら…ぎ?」
かがみ「…あ~ん~た~らぁ~ねぇ~っ……」
みさお・あやの「あわわわわわわわわ…」

みさお「ち、ちびっ子!助けてくれってヴぁ!」
こなた「やだ」
みさお「へ?」
つかさ「この状況って…どんだけ…?」
あやの「え…?」
浜田「知らねぇとは言わせねぇぞ!ええ?オイ!!」
ゆい「あんた等…いっぺん再教育が必要みたいだね…」
ゆたか「チェンジ、エレキハンド…」
みさお「まさか…」
あやの「これって…」

一同「極刑に処す!!」
みさお・あやの「ごめんなさーーーーい!!!!」

一件落着?

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。