ID:a9GzCgAO氏:道草会

昼下がりの公園。雲から顔を出した太陽が、鬱憤を晴らすかのように辺りを照らしている。
普段は近所の子どもたちの溜り場となっているこの場所も、点々と地面で輝きを放っている水溜りのせいか、ベンチで目を瞑っている少女以外に人の気配は無い。
太陽が、雲の陰に隠れた。それに反応して、彼女は目を開ける。何度か目を瞬いて、首を振る。長い桃色の髪が、かすかに揺れた。
「つい公園に立ち寄ってしまいましたが…どうしましょう」
そう呟いた彼女の表情には、心なしか翳りが見える。晴れた空には似つかわしくないその表情だが、端整な顔にはよく似合う。
「今すぐ動く気も起きませんし、本を読んで落ち着くことにしましょうか……」
そう言って、隣に置いてある鞄から、分厚い本を取り出す。そして膝の上に置き、中程に挟んであったしおりを抜いた。
そのページを指で押さえることなく。
「……!」
慌てた様子で、本のページをめくっていく。傍から見れば、なんともおかしな光景だ。一分ほどで、しおりが挟まれていたページは見つかった。
「また、やってしまいました……」
どうやら、このようなミスは初めてではないらしい。ため息をつきながら、文章に目を走らせていく。
遠くの方では、子どもたちの声が響いていた。
「重い……。流石に買いすぎたかな。でも、買えるうちに買っとかないと後悔するしねー」
せっかくの休日ということで、今私は東京にいる。いつもなら休日はかがみたちと遊んでるんだけど、今日は都合が合わなくってね。
アキバでいろいろとお宝をゲットした帰り道。朝から出てきたおかげで、四時くらいには家に着けそう。まあ、丁度欲しいものもあったし、これはこれで結果オーライかな。
そんなことを考えながらゆるゆると歩いていると、前方に公園を発見。ちょっと休んでいこう、と思って入ってみると、そこにはみゆきさんが。
「やふーっ、みゆきさんじゃまいか」
すぐに声をかけたけど、 へんじがない ただのしかばねのようだ いや、まあそんなことは無いんだけど、本に集中してるみたいで私には気付かない。これは……チャンス。
荷物を置いて、一応慎重に、こっそりと近付く。そして、みゆきさんと本の間に、顔を突っ込んだ。
「ひゃあぁっ!?」
期待通りのリアクション。そこまでは良かった。けど、驚いたみゆきさんが跳ね上げた手が、私の後頭部を直撃した。
「おぉぉ……」
黒井先生の鉄拳以上の破壊力に、声にならない声が漏れる。
「あ……い、泉さん!? 大丈夫ですか?」
頭を押さえてうずくまっている私にみゆきさんが声をかけた。みゆきさんの手にも相当なダメージがあったはずなんだけど、真っ先にこっちの心配をするあたり、流石はみゆきさん。
「うん、大丈夫。いきなりごめんね。みゆきさんこそ、手大丈夫?」
少し息を整えてから、答える。
「ええ、大丈夫です。少し、びっくりしましたが」
「やー、声をかけても気付いてないみたいだったから、つい」
喋りながら、ベンチに座る。
「泉さんらしいですね。ところで、なぜこんなところにいらっしゃるんですか?」
「ちょっと買い物にね。いろいろと手に入ったよ」
置かれた荷物を見て、みゆきさんはちょっと驚いた顔をしてる。まあこれだけの量じゃあ無理もないか。
「わざわざ東京まで……それにしても、これだけのものを持って帰るのは大変そうですね」
「欲しいものを手に入れるためならどこまでも行くよ。ま、大変とは言っても、電車に乗っちゃえばあとはすぐだから。」
「そうなんですか」
「うん。いやー、それにしてもあれだね、公園で読書なんて、みゆきさんらしいね」
「本当は、読書などしている場合ではないんですけれどね……」
「ありゃ? 何か用事?」
「え、ええ。用事というほどではないのですが、少し」
「そっか、それじゃ行くね。じゃーにー」
小さく手を振るみゆきさんに向かって手をあげて、私は駅に向かって歩き出した。
遠ざかっていく小さな背中を見ながら、考える。少し、羨ましい、と。
風のように身軽で、自由で、自分では、逆立ちしてもあのようにはなれないだろうと、はっきり分かる。
それでも、少しくらい、真似をすることなら出来る。今みたいに考えこんでばかりいないで、まずは行動すること。
手始めに、今日やらなければならないことは、今日しっかりと済ませてしまいましょう。
どこまで読んだのか分からなくなった本はそのまましまって、まずは立ち上がる。そして、歩き出す。

道草を食うことも無く、目的地に辿り着いた。自動ドアを通り抜け、窓口に検診カードを渡す。
「高良みゆきさん……すみません、少々お待ちください」
――
「すみません、高良みゆきさんの診察のご予約は、明日となっておりますが」
「はぅっ!?」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。