ID:e2z.RSM0氏:こなたが、かなたの願いどおりに育っていたら

こなたが、かなたの願いどおりに育っていたら


・身体の成長
「胸の大きい人は頭が悪いって言うけど、私もそれが原因でバカなのかなあ……」
「でも、ゆきちゃんは勉強できるよね」
「うん。そうなんだよね」
「羨ましいよね~。こなちゃんみたいに、背が高いのにも憧れるけど」
「うん――ところで今。つかさは私がバカっていうところ、否定しなかったよね」
「え、えっと」


・性格
「こなた。これ貸してあげるから読んでみなさいよ」
「え? うーん。ラノベってさ、オタクっぽいイメージがあるんだよね」
「そんなこと言わないで、試しに読んでみなさいよ。アニメにもなっている人気作品よ?」
「いやいや、アニメなんて見るほど子供じゃないから」
「わかってないわね。大人が見ても感動するような名作アニメだってあるのに」
「……かがみって、私のお父さんと話が合いそうだよね。年齢は違うけど、オタク的な趣味の部分で」


・アルバイト
「最近の喫茶店には、変わった趣向の店があるそうですね」
「ああ、メイド喫茶とか言うんだっけ。テレビで見たけど、気持ち悪いよね」
「そうですか? 何事も経験だと思い、そういった場所で働いてみようと思ったのですが」
「やめときなよ。アルバイトなんて、他でいくらでも募集してるじゃん」
「ええ。確かにそうかもしれません……」
「みゆきさんは、どうしてそんな所に応募してみようと思ったのさ」
「理由は特にないですよ。ただ、泉さんなら……たとえ冗談で言ったのだとしても、きっと――」
「きっと?」
「いえ、なんでもありません。気にしないでください」


・記憶
「おっ? どうしたんだ、こなた。こんな夜遅くに起きてるなんて」
「お父さん……。ううん。よくわからないんだけど、目が覚めちゃって」
「そうか。あまり夜更かしはするなよ。徹夜は健康と美容の敵だからな」
「わかってるよ。でも、何かやるべき事があるような気がして……。お父さんはなんで起きてるの?」
「ん、深夜にアニメをやっているんだが、録画が失敗していないか気になってな」
「野球中継があったからね」
「ああ、時間がずれ込むんだよな。よし、折角だ。久しぶりに親子でアニメを見るか?」
「……いい。私はもう寝るね。おやすみなさい」


・習慣
「お姉ちゃん。友達にゲームを借りたんだけど、一緒にやらない?」
「ゲームか。苦手なんだけど、たまにはいいかな」
「うん。私はちょっと経験があるから、少しだけハンデを付けるね」

「――あはは。ビギナーズラックって言うのかな。適当にやってただけなのに」
「すごい。すごいよ、お姉ちゃん。まるでプロみたい」
「…………うん」
「お姉ちゃん? どうかしたの?」
「大丈夫。なんでもないよ。こういうのにも、プロがいるんだろうかと考えてただけ。本当だよ?」


・願い
「たぶんさ、これは私らしくないと思う」
そうかもね。
「身体の成長とかには不満があっても、他人に言いづらい趣味だからといって、後悔したことはないよ」
押し付けたりして、ごめんね。
「私こそ。希望に添えなくてごめんなさい」
いいのよ。どう成長するのかは、本人が決めるべきことだから。こなた、幸せになってね。
「……ありがとう。お母さん」


・いま
「やっぱり、かがみはツンデレだよねー」
「違うわよ」
「ツンデレは、そうやって否定するんだよ」
「まったく。カエルの子はカエルって言うけど、どんな風に育てられたらこうなるのよ」
「そりゃあ、私の幸せを願って育てたら、こうなるんじゃない?」
「幸せを願うなら、もうちょっと違った感じに育つのを望むと思うけど」
「どう育って欲しいという希望があっても、たぶんこれで正しいんだよ。少なくとも、今の私にとっては」
「ふむ、まあ確かに……人生をやり直せるって言われても、趣味までは変えたくないかもね」
「そうそう。話がまとまったところで、いざアニメイトへ」
「って、話を逸らしたまま誤魔化すな!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。