ID:2t4WgXo0氏:こなた姫

 昔々、同人のひよりというお婆さんがおったそうな。
 彼女はよろずのジャンルに手を伸ばし、同人誌を売って生活しておったと。
 ある晩、ひよりがネタを求めて竹林を歩いていると、その中に光り輝く竹が一本。
 ひよりが竹を切断すると、中から女の子が出てきました。

「これが噂に聞く、赤ちゃんポストという物ッスか……」
 お婆さんは赤子を家に連れて帰り、自分で育てることにしました。
「うーん。名前を付けるのって、悩むなぁ……」
 迷った末に、彼女は一番近くに置かれていた漫画の中から、名前を選ぶ事にしました。
「こなた、っていうのはどう? こなた姫」
 赤子が笑ったように思えたので、ひよりは女の子をそう呼ぶ事に決めました。

 それから十数年後。
 こなた姫は普通では考えられない段階で成長が止まり、一部の人間にとっては最高の姿になりました。
 中学校に入る前の外見で成長の止まった少女の噂は、世のロリコン達にあっと言う間に広まりました。
 会ってみたいと言う者が後を絶ちませんでしたが、本人は常に断り続けていました。

「こんな状態じゃ、落ち着いてアニメも見れないじゃん」
 こなた姫は居留守を装うために、テレビの音量を下げました。
「ひよりお婆さんがいれば、すぐに追い返してもらえるのに」
 しかし、残念ながらひよりはコミケに出かけていました。
 余談ですが、壁サークルです。
 もっともそのイベントの日の来客は少なく、比較的静かなため、こなたにとっても気楽な日でした。
 待っていれば、お婆さんからのお土産として大量の同人誌が読める事も、楽しみでした。

 年月の経過と共に、「さすがに成長してしまっただろう」と諦めるロリコンが増えていきました。
 しかし、それでも諦めない、信者のようになってしまった男が四人いました。
 いずれも名のある家の者でしたが、どうでもいいので名乗るシーンは省略します。
 諦めの悪いこれら四人に対し、こなた姫は諦めさせる方法を考えました。
「じゃあさ、私が今から言う物を持ってきたら、一緒にゲームをやるくらいならいいよ」
 男達の歓喜の声があがりましたが、これはぬか喜びにすぎません。
 こなた姫は、男達が一生かけても手に入れられそうにないものを要求しました。

「まずはセバスチャン。小神あきらが土下座している写真を撮ってきてください」
「あきら様の!? くっ、やってやろうじゃないか!」
 それから数日後、セバスチャンの土下座した写真が郵送されてきた。

「セバスチャンがやられたか……」
「なに、奴は我ら四魔貴族の中でも最弱。あの程度の要求ならば、俺がやってみせるさ」

「次の人は……うーん。エステバリスの開発で」
「無理? じゃあ次の人だね。紅白歌合戦を、今年はすべてアニソンにして」
「うーん。他には何かあったかな。あ、そうだ。絵本入り込み靴が欲しいかも」

 あまりの無理難題に、男達は努力をする前に諦めてしまいました。
 しかし彼らを倒しても、第二、第三のロリコンが現れるのであった。

「まったく。政府も、こういう人たちを取り締まってくれればいいのに」
 ――この発言が児童ポルノ法成立のきっかけになるとは、彼女は想像もしなかった。
 だが、それはまた別の話。

 四魔貴族がいなくなってからは、こなた姫にしばしの休息の時間が訪れた。
「さーて、密林から届いたゲームでもやろうかな」
 こなた姫がゲーム機を取り出すと、タイミングの悪い事にチャイムが鳴りました。
 ひよりがネタに詰まって死んでいたので、こなた姫が応対に出ます。
 玄関で待っていたのは、なんと帝のそうじろうでした。
「えっ、なに。誰?」
「なるほど……確かにそっくりだ。間違いないようだな」
 困惑するこなた姫に、そうじろうは衝撃の事実を告げました。
「私はお前の父親だ。お前の母のかなたは、身分違いを理由に、身篭った状態で私の前から姿を消したのだ」

 そうじろうが帰った後も、こなた姫はゲームをやろうとはしませんでした。
 都で暮らさないかという話について、どう答えるべきかを考えていたからです。
 帝の熱心な説得で、こなたの心は揺らいでいました。
「いないと思っていた、お父さん。まさか生きていたなんて」

 翌日からこなた姫は、アニメを見る事をたびたび中断して、物思いにふけるようになりました。
 ひよりお婆さんが尋ねても、何でもないの一点張り。
 ご飯だと呼ばれても、アニメを見続けてすぐには行かないほどでした。
 それから数日が経ち、再び帝が尋ねてきました。

「こなた。都に住めば、電車で何駅も移動しなくてもアニメショップがあるんだぞ」
 そうじろうは、リサーチしていたこなたの趣味に合わせて、巧みに誘いをかけました。
 しかし――。
「お父さん。信じてはもらえないかもしれないけど、私は地上の人間じゃないんだ」
「な、なにを言ってるッスか」
「どういうことなんだ?」
 動揺するお婆さんを無視して、そうじろうは極めて冷静にそう言った。
「私はお母さんと同じ、月の住人なんだよ。そして次の満月の日には、そこに行かないといけないんだ」
 それは、こなたが数日かけて出した答えだった。
「こなた、一つ訊かせて欲しい。『帰る』ではなく『行く』ということは、こちらに残る事も出来るのか?」
「……ダメだよ。お父さんに見つかっちゃったから」
「どうして!?」
「お父さんと会った日の夢に、お母さんが出てきた言ったんだ。あの人には帝としての役目がある、って」
 こなた姫がそう言うと、そうじろうは黙ってうなだれた。
「ひよりお婆さん。長い間、本当にありがとうございました」
「こなた姫……」
「お婆さんの同人誌、すっごくえっちで、大好きでした」
「あああああああぁぁぁ。どうして、親の前でそんな話をおおおおおぉぉぉ」
 ひよりは大声で叫ぶと、障子を開けて部屋から飛び出して行った。
 部屋に残ったのは、知り合ったばかりの親子だけになった。
 こなた姫がどうしたものかと迷っていると、帝は顔を上げて言った。
「月といのは、天国の比喩表現なんだろう? そんな所に行かせはしないぞ」
「……お母さんが私を迎えに来るんだよ? それを一般人のお父さんに、何が出来るのさ」
「かなたの時と同じ後悔をするつもりはない。俺が無力でも、陰陽師を呼び集めてかなたを迎え撃つ」


 十日に満たない日々を、そうじろうは娘と話すこともせずに駆け回った。
 ようやく見つけ出した娘を、二度と手放さないために。
 そしてついに、満月の日がきた。
「来い、かなた。千の兵士に千の陰陽師。お前がどう言おうとも、こなたを渡しはしないぞ」
 そうじろうが叫んだ瞬間、月が一際輝いたと思うと、千の兵士は残らず眠ってしまった。
「こんな事をしちゃダメだって、こなたに言ってもらったのに」
 懐かしい声が帝の耳に届き、ふと周りを見ると陰陽師も兵士と同じようになっていた。
「かなた。やめてくれ」
 そうじろうの言葉に耳を貸さず、浮遊しているかなたは、こなた姫の部屋へと近づいていく。
 地面を歩かない以上、落とし穴の類は一切発動しなかった。
 かなたが姫と対面したとき、ひよりお婆さんが間に割り込みました。
「こなたを育てたという意味では、私もお母さんッス。それを血縁だというだけで、好き勝手にはさせない」
「どいて」
 かなたが腕を持ち上げると、ひよりの体が浮き、吹き飛ばされる。
 ひよりは追いかけてきた帝にぶつかり、二人は落とし穴へと落ちた。
「さあ、こなた。行きましょう」
 こなた姫の前に手が差し伸べられる。
 彼女がその手を取らなかったのは、落とし穴の底から声が聞こえてきたからだった。
「こなた。こなたは他人が決め付けた『正しさ』に従うの?」
「おい。こなたまで消えたら、俺は死ぬからな。それでも連れて行くつもりか」
「そうくん……どうして、そんな悲しい事を言うの?」
 かなたは二人の落ちた穴まで移動して、覗き込んで言った。
「私はそうくんに幸せになってもらいたかっただけなのに」
「馬鹿なこと言うなよ。お前達がいなくなったら、俺は不幸に決まっているだろ」
 そうじろうは、這い登りながらかなたへの言葉を紡ぐ。
「そもそもな。こなたのことは国中に知られているから、今更こなたがいなくなっても無意味なんだよ」
「え?」
 そうじろうが必死に準備をしていたのは、兵士達を集めるためだけではなかった。
 こなたが消える理由をなくすために、自分の地位を揺るがすような危険を冒していたのだ。
「……お母さん」
 そうじろうに気を取られているうちに、こなた姫はかなたの背後に立っていた。
 かなたが振り向くと、こなたの目に溜まった涙が月の光で輝いていた。
「私、こっちの世界で、ひよりお婆さんやお父さんと一緒に生きていたい」
「こなた」
 かなたは娘の名前を呟くと、月を見て、穏やかに笑った。
「残念、今日は月食みたい。これじゃあ、こなたを連れていけないわね」
「お母さん……?」
 そんなニュース、テレビではやっていなかったのに。
 こなたが疑問に思っている間にも、月は次第に欠けていき、倒れていた兵士も目を覚まし始めた。

「そうくん。こなた。元気でね」

 それだけを言うと、かなたは光の粒子になって消えた。




「お父さん。ベタ塗りはもっと丁寧にやってよ。はみ出してるよ」
「そ、そうか。すまん」
「しっかりしてよ。ひよりお婆さんに怒られるのは私なんだからね」
 あれ以来、満月になってもかなたは姿を見せなかった。
 人が幸せになるために何が必要なのか、かなたに伝わったのだろうと三人は理解した。
 結局こなたはひよりお婆さんと暮らしている。
「あー、もうっ。それじゃダメだって。お父さん、邪魔だからもう帰っていいよ」
「いやいや、この話の原作者として、俺には手伝う理由があるはずだ」
「作業の分担だよ。分担。だいたい、本職はいいの?」
「うん。まあ、そっちは適当に……な」
 そうじろうは影武者を使い、時々こうして二人の家に遊びに来ている。
 ちなみに彼がひよりの同人誌の原作を担当するようになってから、売り上げは落ちる一方らしい。
「こなた。今の生活は、幸せか?」
 ホワイト修正も失敗したそうじろうが、こなたに尋ねる。
「どうだろうね」
「おいおい」
「うわー。もう絶対に締め切りに間に合わない……」
 突然乱入してきたひよりを見ながら、こなたは答えた。

「ま、こんな風に笑えるんだから、不幸なはずがないけどね」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。