ID:DXwRzV.0氏:ホワイトな日

ーホワイトな日ー
朝、出掛け様、こなたはそうじろうに呼び止められた。
「こなた、今日はバイトとかあるのか?」
靴を履きながら、こなたは答える。
「ううん、特にないけど、…どうして?」
頬をぽりぽりかき、そうじろうは嬉しそうに言う。
「ああ、ちょっと用事があってな。出来れば早く帰ってきてほしい」
「…うん。遅くはならないようにするよ。よし、じゃ、行ってきます!」
「おぅ!気を付けてな」
ふふんと満足げに笑みを浮かべ、こなたを見送ると、
そうじろうは軽い足取りで書斎に戻るのだった。
道行くこなたの顔もまた、頬の緩みを隠せないでいた。
(何かいい物でも用意してくれてるのかな♪)
3月14日、今日は特別な日、なのだから。

帰宅後、こなたは「これに着替えてくれ!」と、そうじろうに箱を渡され、
部屋に入って颯爽それに着替えると、居間へとやってきた。
「ちょ、…お父さん、この服は?」
いつもの男の子らしい軽やかなそれとは違い、まるで発表会か、
式典で着るような、いわゆるフォーマルなドレスをこなたは着ていた。
「女の子なんだから、たまには可愛い格好しなくちゃ、な。よし、でかけるぞ」
そう言うそうじろうも、いつもの作務衣とは違い、珍しくスーツ姿であった。
「行く?どこへ?」
「ふふん♪良いとこ良いとこ♪」
待ってましたと言わんばかりにそうじろうは答える。
それから2人は、間もなく来たタクシーに乗って、何処かへと去っていった。

高層ビルの1フロアを陣取る、高級レストラン。
周辺を一望できる展望スペースに、2人同様、
かしこまった服装の人々が、優雅とも思える仕草で、食事を楽しんでいた。
悠々とクラシックがかかり、場の雰囲気を一層麗らかなものにしている。
こなたとそうじろうは、そこの一角に腰を下ろしていた。

目の前の純白のテーブルには、日頃TVでしかお目にかかれないような
豪勢な料理が並んでいる。
そうじろうは酒を一口飲み、オドオドしているこなたに言う。
「今日はさ、ホワイト・デーだろ?たまにはさ、
 こういう所での食事も、いいかなって、な」
非現実的な状況に、押し黙ってしまうこなただったが、
しばし辺りを見渡し、ようやく口を開いた。
「…だからお父さん…スーツなんて着てたんだ…」
「似合うだろ?」
こなたはうつ向き、呟くように言う、
「全然」
「な…」
それから頭を上げ、にんまり微笑み
「なんてね、私、こういう所来るの始めてだよ。…なんか不思議な気分」
薄らと頬を染め、こなたは答えた。
「お嬢様、心いくまでご堪能下さい。ってな、ははは」
「うむ、それじゃぁ姫は、ワインを所望じゃ」
「あ、すいません。この子にオレンジジュースを」
そうじろうは近くにいたウェイターに声をかけると、
2人だけのささやかなパーティーが始まった。

タクシーに揺られ、こなたは窓外の夜景に目をやっていた。
ネオンの煌めきが水面に映る月の光に変わる頃、
こなたはふと横に座るそうじろうに向き直る。
「お父さん…ありがと」
「なぁに、言ったろ?今日は特別な日だって。俺からのお礼だよ」
「…私さ…」
それだけ言うと、こなたは顔をうつ向かせてしまう。
「ん?なんだ?こなた」
こなたはそのまま言葉を続ける。
「急におめかしさせられてさ、お父さんもそんな格好するからさ…」
「ん」
「私、新しいお母さんでも紹介されるのかと思った」
上げたこなたの顔は憂いているような、どこか寂しげに、
そうそうじろうは感じていた。
「は…はは。…こなた、そっちの方が良かったか?…本当にそう思うなら…」
言い終わる前に、こなたは首を振る。
「ううん…思わないよ。だからさ、安心…した」
「そっか。…俺もさ、お前と一緒なら…?こなた?」
いつの間にかこなたは、そうじろうにもたれるようにして寝息をたてていた。
(…まったく、相変わらず可愛い寝顔しやがって…)
「可愛い娘さんですね」
バックミラーに写るこなたを見て、ドライバーがふと声をかけてきた。
えらく低い声に一瞬驚いたそうじろうだったが、
「いやぁ…はは…自慢の娘です」
と、そうじろうはこなたの髪を撫でてやり、誇らしげに彼に伝えるのだった。
「zzz…さん…りがと…zzz」
タクシーは間もなく、県内に入ろうしていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(終わり)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。