FILE.4

FILE.4

「ちょっと! 何よ今の叫び声は!」
「何かあったのですか!?」

みさおの声を聞きつけ、かがみとみゆきが飛んできた

「うっ!!」
「そ、そんな……峰岸さん、まで……」

あやのの惨状を見た二人は、思わず目を背けた

「く、日下部……」

そのあやのにすがり付くみさおに声を掛けようとしたとき、

「うあああああああああ!!」

みさおは叫びながら、階段を駆け上がっていった

「あ、ちょ、日下部!?」
「……そっとしておいてあげましょう。お二人は幼なじみだと言っていましたし……相当ショックを受けたのでしょうから……」


・・・


「ううう……うあああああ!!!」

その頃、日下部は自室でなにやら唸っていた。鬼のような形相で


あやのを殺されたことで、彼女の頭は怒りでいっぱいになっていた
犯人を見つけたら、殺す。あやのと、同じ苦しみを味わわせてやる。そういった感情が、彼女を支配していた
しかし、良心までは支配されていなかった。敵討ちなんて間違っている、という思いが、彼女を動かした
誰の干渉も受けないで、自分の気持ちを鎮めるために、自室に閉じこもったのだ

「……はぁ……はぁ……」

なんとか落ち着いたみさおは、汗でびっしょりの顔を拭いた
親友を殺される。それが、こんなにも辛いなんて、知らなかった

「……あやの……」

ベッドで仰向けになり、そっと目を閉じる。太陽のようなあやのの笑顔が、そこにはあった
だが、その笑顔はもう、二度と見ることはない。次に目を開けた時、瞳は怒りに燃えていた。ただし、先ほどとは反対の怒りだ

「そうだ……人殺しなんて、間違ってる……!! どんな理由があっても、人の未来を奪うなんて……そんなの……おかしいじゃないか!!」

みさおは拳を握り、決意する

「犯人は、私が絶対に見つけだす! ……そうだ、みんなの部屋を見せてもらおう! 何か手掛かりがあるかも!」

みさおがドアを開けようとした時、いきなりドアが開いておでこがぶつかった

「~~~!!」
「く、日下部!? ごめん!」

ドアを開けようとしたのはかがみだった。みさおは頭を押さえてしゃがみこんだまま動かない

「あ、あれ……? く、日下部……?」
「ぷ……く……あはは……」
「へ?」
「あっはははははははは!!」
「どわあぁ! 日下部が壊れたぁ!!」

みさおはしばらく笑い続けた。よくある光景に、張り詰めていた緊張の糸が切れたのだ

「ははは……柊、ありがとな。少し、頭が冷えたよ……」
「い、いや……そんな風には見えなかったんだけど……」

笑い終えたみさおはかがみの瞳を見つめる

「柊、もうちょっと待ってくれ。ちびっことあやのを殺した犯人、絶対に見つけるからな」

みさおのまっすぐな瞳を見て、かがみは頷いた

「そういや柊、なんのようだ?」
「あ、うん。話し合って決めたんだけど、みんなで広間にいるわ。お互いを監視できれば、それはそれで安心だもの」
「わかった。じゃあ、柊から二人に言っておいてくれ。みんなの部屋を調べたいから、勝手に入るぞって」
「わかったわ」


・・・


つかさの部屋――

「さて、まずはここからだな。……しっかし、隣であんなことがあって気が付かないモンなのか?」

ぶつくさ独り言を言いながら、物色を開始する

「まあ柊の話だと、アイツ抜けてるらしいし……ん?」

部屋の隅に赤い箱を発見、開けてみるとスパナやハンマー、どうやら工具箱のようだ

「なんでこんなとこに……って、これはテグスか?」


・・・


みゆきの部屋――

「さて、次は高良の部屋だな」

着くや否や、早速部屋を調べ始める

「っても、そんなホイホイ証拠が出るワケが……」

そう言いながらベッドの下を覗き込んだ時、部屋の光に反射して光を放つものが見えた。引っ張りだしてみると、

「! これは……ボーガンじゃん!!」

そのボーガンを持ったままドアに目をやる

「高良……まさか……」


・・・


かがみの部屋――

「んだよ……ここにもあんのか……」

かがみの部屋に着いて真っ先に調べたのはベッドの下だった
すると、なんとそこからもボーガンが見つかったのだ

「つーことは、ボーガンは全部の部屋に備え付けられてるのかよ……」

嘆息しながらも証拠となり得るものを探す。が、最初のボーガン以外に見つからなかった


・・・


「……さて、結局戻って来ちまったか……」

みさおはこなたの部屋に戻ってきた
部屋の穴に目をやる。飛び散ったこなたの血液に、何か紐のような跡が付いていた、あの穴である

「う~ん……多分こうしたんだろうけど、これなら犯人は誰でも……」

部屋の中を行ったり来たりして考える

「……ダメだ! 埒が開かねぇ!!」


気分転換も必要だ、みさおは窓を開けて外の空気を吸う。外はまだ薄暗く、何があるのかよくわからない
懐中電灯を地面に向けて照らすと、そこは白く覆われていた

「ん、いつの間にか雪が降ってたのか。気付かなかったゼ」

まだ四月上旬、しかもここは山奥だ。雪が降ってもおかしくはない
よく見てみると、木の右側に雪が集中している。ついさっきまでは吹雪いていたのだろう

「……ん? なんだありゃ?」

みさおが懐中電灯を向けた先には、黒光りする謎の物体。よく見ると、雪のなかにボーガンが埋まっていた

「ボーガン……? なんであんなところに……誰かが落としたのか……?」

前述したように、ここは山奥だ。漁師のような職業の人が無くしたとしてもおかしくはない

「……待てよ? それはあり得ない! ということは……!」

部屋を飛び出すと、また全員の部屋を調べ始めた
そして、最後に調べた自室から出てきたみさおはあごに手をやる

「外に捨てられたボーガン……穴の血にあった紐のような跡……そして……」

ぶつぶつと呟き、状況を整理していく

「ダメだ……あれがある限り、犯人とは言えな……?」

待てよ? と言って、みさおはこの屋敷に来てからの出来事を思い出す

 

 

「そうか……そういうことだったのか……!」

拳を握りしめ、階段を降りていく

「あ、日下部!!」
「どうでした? 」
「……ああ、バッチリだよ」
『!!』

日下部の言葉に、三人の顔が強張った

「で、では……」
「ああ。犯人も、密室殺人の謎もわかった」
「そ、それで、犯人は誰!?」

かがみがみさおに詰め寄った

「その前に、みんな、私が誰を差しても、驚くなよ」
三人の唾を飲み込む音が、広間の静寂を切り裂く

「ちびっこを、そして、あやのを殺した犯人……それは、アンタだよ!!!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。