〈Love is the mirage... ~せつない恋に気づいて~〉

日曜の午前中、私は街中を散歩をしていた。
昨日の大雨が嘘のような青空、私の心とは反対に雲ひとつ見えない。
普段なら家でネトゲでもしていただろう。でも、家にいてもかがみのことばかり考えて、辛くなるから。
気分が少しは晴れるかなと思ったけど、私の予想とは360°違った。
……って、一周してるや。180°ね。
時間が経てば、季節が変われば、いずれ忘れられると思っていたけど、胸に刺さったトゲは、未だに抜けないまま。

歩いていくうちに、町外れの公園に着いていた。
誰もいないのが逆に嬉しかった。誰にも干渉されず、一人でゆっくりできるから。

「ふう……」

家からこの公園までは結構キョリがあり、疲れ切った足を癒すためにブランコに座った。
それからしばらく、ずっと空を眺めていた。かがみへの気持ちは、収まらない。

「……大好き」

ついに我慢できず、空に向かってそう呟いた。誰もいなくて、本当に良かったと思う。

「……私は……かがみのことが……大好き」

でも、呟いたからといって、何かが変わるワケもなく。私の心を虚しさが通り抜けていった。


――少しくらい、私達に相談してもいいのよ? 私達は――


その後、かがみが何を言おうとしていたのかは、なんとなくわかる。
言われなくて、よかった。『親友』なんて言葉を聞いていたら、確実に暴走していただろうから。
だけど……なんで、言わなかったんだろう? 本当に恥ずかしかったのか、それとも……



どのくらい時間が経っただろう、チャプンという音と足の冷たい感触で我に帰った。

「あ……」

ブランコの下の窪みにあった、昨日の大雨でできたのであろう水溜まりに、私は足を突っ込んでいた。
靴を履いてはいるものの、隙間や足首から水がしみ込んでくる。
靴の中がグショグショで気持ち悪かったが、不意に笑みが零れた。それは、自虐の笑い。
晴れ渡った町で、私の靴だけびしょ濡れ。それが私を表しているようで、なんだかおかしかった。



〈Love is the mirage... ~せつない恋に気づいて~〉



このままここにいてもしょうがない、私はグショグショな靴のまま家に帰った。
ゆーちゃんが元気よく「お帰りなさい」と言ってきたけど、私は靴下を洗濯機に放り込み、無言のまま部屋へと戻った。とにかく一人になりたかったから。

「ふう……」

ベッドに仰向けに寝、思わず溜め息がこぼれる。疲れもあったのだろうが、原因はそれだけではなく……

「やっぱり、諦めきれないんだな……」

諦めようと思えば思うほど、余計に心が痛む。
本当は、諦めたくない。かがみと付き合いたい。でも……諦めるしか、出来ないじゃない。
私の思いは、絶対に届かないんだから……

「こなたお姉ちゃん、入ってもいい?」

ドアをノックする音とゆーちゃんの声。

「いいよ。何の用?」

身体を起こして返事をすると、ゆーちゃんが不安そうな顔で入ってきた。

「こなたお姉ちゃん、何かあったの? 元気がないみたいだけど……」
「……なんでも、ないよ……なんでも……」
「嘘。こなたお姉ちゃん、何か悩んでるんでしょ? 前から溜め息ばっかりだし」

ゆーちゃんはかがみ並みに……いや、それ以上に、私をよく見ている。
これが普通の悩みなら、相談するんだけど……

「言っても、ゆーちゃんにはわからないよ」
「……」

帰って、と言わんばかりに横になる。実際、早く出ていって欲しかった。

「確かに、私にはわからない悩みかも知れないけど……一人で抱え込むより、少しは楽になると思うな」
「え……」

横になったまま顔を動かして、ゆーちゃんの顔を見る。
その顔は真剣そのもの、いつもの優しいゆーちゃんの顔ではなかった。

「それに私、こなたお姉ちゃんに頼ってばかりだもん。たまには私を頼って欲しいな」

……負けた、かな。ゆーちゃんの親切心に、私の心が。
そう言われると、頼らなざるをえないじゃん。卑怯だよ。
でも、負けは負け。私は身体を起こしてゆーちゃんの顔を見る。

「ゆーちゃん。今から言うことは、全部本当のことだから、覚悟して聞いてね」
「う、うん……」

私の言葉に、ゆーちゃんが身構える。私は小さく息を吸い込み……覚悟を決めた。

「私、かがみのことが……好きなんだ。友達としてじゃなく、恋愛感情で」
「……え……?」

予想だにしてなかったのだろう、私の言葉を聞いたゆーちゃんが驚きで口をおさえた。

「私はかがみが欲しい。かがみとずっと一緒にいたい。だけど、私もかがみも女の子……」
「……」

スカートの裾をギュッと握り締めたままのゆーちゃんを無視して、私は喋り続ける。
最初は喋るのに抵抗してたけど、一度喋り始めると止まらなくなるから不思議だね。

「私は、かがみに告白したい。でも、かがみは私を友達としか見てくれてない至極まともな女の子。告白したところで、受け入れてくれるはずもない。
 断られて、元の生活に戻れるとは思えないし、もしかしたら、私を軽蔑するかもしれない。そうなったら……傍にいることはできない」

小さく溜め息をつき、天井を見る。特に意味はないけれど……なぜだか、ゆーちゃんの顔を見たくなかった。

「いくら思ったって、私の恋は、絶対に叶わないんだ。だから諦めようとしてるんだけど……諦め切れないんだよ……」

瞳から、涙が溢れた。我慢してはいたけれど、涙腺が耐えきれなかったみたい。

「……どうして、諦めなくちゃいけないの? そんなの、会う度に辛くなるだけだよ」

その言葉に驚いた私は、ゆーちゃんの顔を見た。
さっきまでの顔はどこへ行ったのだろう、なんだかイラついているようにも見えた。

「やってもいないのに、なんで諦めてるの? まだわからないじゃない」
「わかるよ。常識的に考えて。同性に恋をするなんて、おかしすぎるじゃない」
「……何を持って常識なんていうの? 同性結婚が認められてる国だってあるんだよ?」

前言を撤回しよう。ゆーちゃんは、本当にイラついているみたい。
こんなゆーちゃん……初めて見る。

「芸能人と一般人との結婚もある。日本人とアメリカ人との結婚だってある。だから不可能なんてないんだよ。やろうと思えばなんだってやれる
 けど、こなたお姉ちゃんは何かしようとした? 何もしてないでしょ? ただ怯えてるだけなのを『常識』っていう言葉のせいにしてるだけでしょ!?」

ものすごい剣幕で言い寄ってくるゆーちゃんに、私は何も言えなかった。
しかも……ゆーちゃんの言葉は、まさにその通りだったから。

「かがみ先輩だって、告白したくらいじゃ軽蔑しないと思うよ。もしそうだったら、友達にだってなってないよ 
 それに……もし何かあったとしても、私はずーっと、こなたお姉ちゃんの味方だから」

ゆーちゃんの言葉の一つ一つが、私の心の傷を塞いでいく。
気付けば私は、ゆーちゃんに抱きついていた。大粒の涙を流しながら、きっとあざが出来てしまいそうなくらい、強く。

「ひゃわ!?」
「ゆ……ゆーちゃ……あ、あり……が……ああああぁぁ……!」

痛がる素振りも、嫌がる素振りも見せずにゆーちゃんは、ただ私の頭を撫でてくれていた。







「私、頑張るよ。頑張ってかがみに告白して、かがみと付き合う」

あれから数分後、私はゆーちゃんの目の前で誓った。
ゆーちゃんが教えてくれたことは、諦めるよりも、何かを求めて傷つく方が良いということ。
私を励ましてくれたその気持ちを、踏み躙るわけにはいかない。

「じゃあ、約束だね」

ゆーちゃんが左手の小指を出してくる。指切りなんて、何年ぶりだろう。
そう思いながら、私も小指を出してゆーちゃんのと絡ませる。

『ゆ~びき~りげ~んま~ん、う~そつ~いた~ら……』

そこで、二人の声が途切れる。どうやら、同じことを考えていたようで。

「本当に針千本飲ませるわけにはいかないよね、さすがに」
「何か他にないかな……約束を破った場合……」
「あ、じゃあさ……」

ゆーちゃんがほんの少しだけ顔を紅くしてこっちを見てきた。


 


「私と付き合うっていうの、ダメかな?」

 



……………はい?



「え、えと、だから、かがみ先輩と付き合えなかったら、私と、付き合うっていうの……ダメかな……//」

耳まで真っ赤になった顔を見て、やっと私は気付いた。
私がかがみに恋心を抱いているように、ゆーちゃんも、私に恋心を抱いていることに。
でも、ゆーちゃんの言っていることは……

「いい、の……? だって、もし告白が成功したら……」
「いいの。一番大事なのは、こなたお姉ちゃんの気持ちだから。こなたお姉ちゃんが幸せなら、それでいいから。だって、こなたお姉ちゃんが……好きなんだもん」

……ああ、なんで私はあんな程度のことで悩んでたんだろうか。
同性の友達に恋をした私なんかよりも、同性の『血縁者』に恋をしたゆーちゃんの方が、よっぽど辛い思いをしてたはずなのに……
それでもゆーちゃんは、私を……

「ありがとう、ゆーちゃん……」

それだけでは、感謝の思いを伝えきれないけれど、優しく微笑んでくるゆーちゃん。多分、わかってくれてるんだと思う。

「あ……あれ……?」

刹那、瞼が重くなった。さっき泣いたせいだろう、ゆーちゃんの顔がぼやけて見えてきた。

「お姉ちゃん、眠くなっちゃった?」
「う……うん……」

私は睡魔を我慢できず、そのまま床に倒れそうになった。
固い床の衝撃がくると思いきや、柔らかく温かい感触が顔を包み込む。
言うまでもなく、そこはゆーちゃんの胸の中だった。

「いいよ、ここで寝ても」
「ありがと……ゆー……ちゃ……」

意識が遠くなる瞬間に見たゆーちゃんの瞳は、濡れていた。







夢を見た。

私がかがみと出会ってからの出来事を、まるで走馬灯のように。

二人で過ごした幸せな時。辿れば、眩しく光っている。

もう二度と、あの頃には戻れない。だけど、それは悲しいことなんかじゃなかった。

少し前までは絶望の道が広がっていたけれど、ゆーちゃんのおかげで、新しい道が開けた。

それは、決して絶望の道なんかじゃなくて……

 

全てを決めるのは、他ならぬ柊かがみ。

私の運命が良い方向に行くか、悪い方向に行くか。それは、かがみの返答次第。

例え二人の距離が離れていったとしても、私はそれを受け入れる。

だってそれが、私が選んだ道なのだから。







――柊かがみ。私の、最愛の人――







どんな結末が待っていようとも。

私がかがみを愛していたことに変わりはない。

かがみを忘れてしまうほどの恋が胸を焦がすまで。

私はずっと、かがみの幸せを祈り続ける――

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。