なぞなぞシリーズ

こなた「なぞなぞです。かごにリンゴとバナナ、さらにミカンを入れました。さて、かごにはいくつ果物が入っている?」
かがみ「バカにしてんの?リンゴとバナナとミカンで3つじゃない」
こなた「ぶぶー」
かがみ「なんでよ!!」
つかさ「なになに、なぞなぞ?」
こなた「じゃあ、つかさに。かごに(ry」
つかさ「えっと、かごにリンゴとバナナ、『皿に』ミカンだから、かごには2つ?」
こなた「正解!」
かがみ「そういうことか……」


つかさ「お姉ちゃん、なぞなぞ出すね」
かがみ「今度はつかさか。何?」
つかさ「26-1000は?」
かがみ「普通に計算したら-974よねぇ……」
つかさ「やっぱり早いなぁ、計算……」
かがみ「う~~~~~~~~~ん……」
こなた「おろ?つかさ、なぞなぞ出してるの?」
つかさ「こなちゃんにも出すね。26-1000は?」
こなた「26-1000……?何だろ……」
かがみ「あ、わかったわよ!」
こなた「何!?」
かがみ「『お風呂(26)』から『栓(1000)』を引くんだから答えは空っぽになる!」
つかさ「せいか~い!」
こなた「むむむ……つかさのくせに……」


かがみ「今度は私がなぞなぞを出すわね」
こなた「おけ、じゃんじゃんきたまへ~」
つかさ「わくわく♪」
かがみ「森の中にいる動物ってなんだ?」
こなた「へ?」
つかさ「も、森?たくさんいるような……」
かがみ「答えは一匹よ。わかるかしら?」
こなた「うむむ……」
つかさ「わかんないよ~」
かがみ「……つかさ、少しは考えなさいよね」
みゆき「あら、なぞなぞですか?懐かしいですね」
かがみ「じゃあ、みゆきにも出すわね。森の中にいる動物ってなんだ?」
みゆき「森……ですか?う~ん……」
かがみ「さすがのみゆきもわからないかしら?」
こなた「……ダメ、わかんないや……」
つかさ「私も……」
みゆき「……すみません、私もギブアップです……」
かがみ「そう?じゃあ、正解は」
みゆき「あ、わかりました」
かがみ「キ……ゲホッゲホッ!!な、なにかしら……?」
みゆき「森という漢字は『木』と『林』からできているので、キリンですね?」
かがみ「うぐぐ……せ、正解よ……」
こなた「逆転サヨナラ満塁ホームランだね、みゆきさん!」
みゆき「うふふ♪」


みさお「おっすひぃらぎ!!最近なぞなぞが流行ってるそうじゃん?」
かがみ「流行ってるかどうかは知らないけど、確かに最近はよくあるわね」
あやの「なぁに、みさちゃん。みさちゃんもなぞなぞ出したいの?」
みさお「ん、まあな。いいか?」
かがみ「私は構わないわよ」
あやの「どんななぞなぞ?」
みさお「映画を見てる時に、猛烈に臭い匂いがしました。さて、映画はどうなったでしょう?」
かがみ「猛烈に臭い匂い?」
あやの「映画を見てる時に?」
みさお「ああ。わかるかな~?」
あやの「うう~ん……わからないわね……」
かがみ「ヒントはないの?」
みさお「『おかえりなさいませ、お嬢様』ってメイドっぽく言ってくれたらいいぜ?」
かがみ「……絞めるわよ?」
みさお「猛烈に臭い匂いって別の言い方でなんて言う?」
あやの「みさちゃん、落ちるの早いわよ」
みさお「ううぅ……だってひぃらぎが……」
かがみ「あんたが調子に乗ったのが悪いんでしょ!?……で、別の言い方?」
あやの「ううん……まだわからないわ……」
かがみ「あ、もう時間がないわね。答えは?」
みさお「終わる」
あやの&かがみ「終わる?」
みさお「激臭って言うだろ?だから劇終ってことで終わり」
あやの&かがみ「……」
みさお「そんな人を哀れむような目ぇすんなってヴぁ!!」


ゆたか「最近、お姉ちゃん達の間でなぞなぞが流行ってるんだって」
みなみ「私達もやる?」
ひより「いいッスね。岩崎さんは何かあるッスか?」
みなみ「一つならあるけど」
ゆたか「出してみてよ!」
みなみ「おでんと双子には共通点があります。なんでしょう?」
ゆたか「おでんと双子に?」
ひより「う~ん……レベル高いッス……」
みなみ「かがみ先輩・つかさ先輩とおでんには共通点はないかな……」
ゆたか「え!双子なのに!?」
ひより「先輩達は確か二卵性の双子ッスよね……それが何か関係あるのかな……」
みなみ「さあ?どうでしょう」
ゆたか「……みなみちゃん、何か怖い……」
ひより「わかったッス!両方とも『にている』んスね?」
ゆたか「え?にている?」
ひより「おでんはお湯で『煮て』いて、双子は見た目や性格が『似て』いるッス!」
ゆたか「あ!」
みなみ「正解です。自信、あったんだけどな……」
ゆたか「じゃあじゃあ、次は私が出してもいい?」
みなみ「うん、いいよ」
ひより「出してみるッス!」
ゆたか「水着で……あ!!」
みなみ「どうしたの?」
ゆたか「……答え言っちゃった……///」
ひより(うおお!!まさかこんなところでネタと出会えるとは!!てゆーか小早川さんその顔は反則ッス!!!)

/

 

ゆたか「……ってことがあってね。顔から火が出そうだったよ……」
こなた「ゆーちゃんは可愛いなぁ」
そうじろう「『夏はみんななんで泳ぐの?』っていう問題だったよな。なかなか捻ってるじゃないか」
こなた「国語的な発想が必要ダネ」
そうじろう「おおう、国語的といえば思い出したぞ」
こなた「どんなの?」
そうじろう「口の中に木を入れるとどうなる?」
ゆたか「うーんと……顎が外れる?」
こなた「ゆーちゃん、これはなぞなぞだからさ」
ゆたか「あ、そっか……」
こなた「口の中に木を入れると『困る』」
そうじろう「正解!」
ゆたか「漢字かぁ……」
こなた「国語的って言ってたからね」
ゆたか「そういえばこなたお姉ちゃんって国語が得意だよね」
こなた「お父さんが作家だからかな?」
そうじろう「つまり、俺のおかげか?いや~、照れるねぇ」
こなた「確かに、お父さんのおかげで私はオタクになったわけで」
そうじろう「う!!」


みゆき「私もなぞなぞを出してみたいのですが、よろしいですか?」
こなた「いいよー、どんなの?」
みゆき「食事が始まりました。テーブルにはご飯、お吸い物、エビフライ、ハンバーグ、野菜サラダ、お漬物があります。まず何から手をつけるでしょうか?」
こなた「えぇー!?そんなの人それぞれ違うじゃん!!」
みゆき「そうとは限りませんよ?少し考えればわかるはずです」
こなた「むむむ……水?」
みゆき「水はテーブルにありませんよ」
こなた「そっか……むむむむ……」
かがみ「こなた、わからないの?」
こなた「かがみ、どっからわいてきたのさ……今考えてるんだから話しかけないでよ」
かがみ「みゆき、答えは……(ボソッ)」
みゆき「ええ、正解です」
こなた「うそ!?」
つかさ「ゆきちゃん、……(ボソッ)かな?」
みゆき「つかささんも正解です」
つかさ「やった!」
かがみ「ほら、わかんないのはこなただけよ?」
こなた「むむむむむ~!わかんない!!答えは!?」
三人「お箸」
こなた「……あ~……」


みなみ「また、なぞなぞ出すね」
ゆたか「うん」
ひより「どんなのスか?」
みなみ「1『33+67=100』、2『24+17=42』、3『12×5=60』、4『96÷4=24』、5『15×15=235』、この中に間違いが3つあります。どれでしょう?」
ゆたか「ええ~!?」
ひより「ち、ちょっと時間を……」

・・・

ひより「うーん……」
ゆたか「何度計算しても、違うのは2と5だけだよぉ……」
ひより「岩崎さん、答えは何スか?」
みなみ「2と5と『間違いが3つ』の3つ」
ひより「え……?引っかけ問題!?」
ゆたか「もう!!みなみちゃんの意地悪~!!(プク~)」
みなみ「あはは……」
ひより(くっはあぁぁ!!小早川さん、やっぱり反則ッス!!!)


こなた「かがみんに問題です」
かがみ「かがみん言うなっての」
こなた「6、41、8、26、9。この5つの中で一番小さな数字は?」
かがみ「んなの6に決まって……いや、待てよ?そんな簡単なはずが……」
こなた「むっふっふ~、わかるかな?問題文を良く見てね~」
つかさ「ん?なぞなぞ?」
かがみ「つかさ、わかる?」
こなた「6、41、8、26、9。この5つの中で一番小さな数字は?」
つかさ「えっと……5、かな……?」
かがみ「あ、なるほど!!」
こなた「悪いけど不正解」
つかさ「え、嘘?」
かがみ「じゃあ、答えは?」
こなた「0」
つかさ&かがみ「はい?」
こなた「ちゃんとあるじゃない。6、41、8、26、9『。』って」

ドカ!バキ!グシャ!メキメキ!ベキョ!!

かがみ「こなた?それは0って言わないのよ?0にしたいなら楕円形にしなきゃね」
つかさ「意地悪も大概にしようね~、こなちゃん?」
こなた「は……はい……」


こなた「新しいなぞなぞ仕入れたよー」
かがみ「仕入れたって……」
つかさ「どんなの?出して出して」
こなた「古くなれば古くなるほど若くなるものってなんだ?」
かがみ「古くなれば若くなるもの……そんなのあるの?」
こなた「ないとなぞなぞにならないじゃん。ちなみに引っかけは一切なしだよ」
つかさ「古くなれば若くなる……なんだろ?わかんないや」
かがみ「つかさ、簡単に投げ出すクセ直しなさいよ?」
つかさ「あうう……ごめ~ん……」
かがみ「だとしても、これはわからないわねぇ……正解は?」
こなた「写真だよー」
つかさ「そっか。昔の写真より今の方が年をとってるもんね」
かがみ「あんたは昔も今も変わってないんじゃない?」
こなた「むう……言われるとは思ってたけど……」


あやの「きってくださいって言われたのでハサミできったら怒られました。どうしてでしょう?」
かがみ「きってください……お願いしてんのに怒るって筋違いじゃないの?」
みさお「素人なのに髪を切ったからか?」
あやの「ブブー。ちゃんと考えたらわかるわよ」
かがみ「きってください……か……」
みさお「……ん? そういや、あのハガキに切手貼ったっけかな?」
かがみ「あのねー、なんでこういう時にそんなこと思い出すかな」
みさお「いやな? 『きって』って何度も聞いたから……あ、わかった」
かがみ「何!?」
みさお「『切ってください』って言われたんじゃなくて『切手をください』って言われたからじゃないか?」
あやの「正解よ」
みさお「よっしゃ!! アタシって頭良い!?」
かがみ「ただ単に運が良かっただけだろ」
みさお「みゅーん……」


つかさ「火と木の間にあるものってな~んだ?」
こなた「火と木の間……『と』?」
つかさ「そういう引っかけはないよ。火と木の両方あるものを考えてみて」
こなた「ううん……火と木があるものか……」
つかさ「……あ!」(部屋のカレンダーに目が行く)
こなた「どしたの? つかさ」
つかさ「え!? う、ううん! なんでもないの!!」
こなた「……はは~ん……そっち側(カレンダーのある方)に答えがあると見た」
つかさ「ぎくっ!」
こなた「こっちには机とカレンダーだけ……ん、カレンダー……?」
つかさ「ぎくっ! ぎくっ!」
こなた「……つかさ、露骨過ぎ……。あと、答えは水だね。火曜と木曜の間は水曜」
つかさ「うう……」

こなた「私からも同じ系統のなぞなぞ出すね。火と土の間にあるものなんだ?」
つかさ「火と土? なんだろ……」
こなた「これは意外と出てこないんじゃないかな」
かがみ「何? なぞなぞ?」
つかさ「あ、お姉ちゃん」
こなた「じゃあ、かがみにもなぞなぞ。火と土の間にあるものなんだ?」
かがみ「火と土~?」
つかさ「わかんないよ~……」
こなた「じゃあ三択で。1:電気、2:木、3:水」
つかさ「ええ~……どれだろ~……」
かがみ「む、難しいわね……」
こなた「更にヒント。『月に変わってお仕置きよ!』」
かがみ「あ、セーラームーン?」
つかさ「ジュピターとかマーズとかいたよね~」
こなた「……逆に聞こう、なぜ出てこない……」
かがみ「?」
つかさ「う~ん……2の木かなぁ? 水金地火木土天海で」
かがみ「あっ!」
こなた「正解。ところでつかさ、冥王星は?」
つかさ「あれ、こなちゃん知らないの? 冥王星は惑星から外されたんだよ?」
こなた「うそぉ!?」
かがみ「お前は社会勉強をした方がいいぞ」
こなた「うう……」


※おまけ

こなた「冥王星が…はずされたの…?」
かがみ「だからそう言ってるじゃない」
こなた「…あやまれー!冥王星を外したやつはゴッドシグマにあやまれー!!」
かがみ「ちょwwwwっをまwwwwwwwwwwwwww」


こなた「5963円の入った財布を拾い、交番に届けました。なんと言われたでしょう?」
かがみ「5963円ねぇ……」
つかさ「なんでそんなに中途半端なの?」
こなた「さぁね?」
かがみ「5963円……」
つかさ「うーん……5963円で『ごくろーさん』かなぁ?」
かがみ「なるほど、そういうタイプのなぞなぞね」
こなた「なんで?」
二人「へ?」
こなた「2392円でも84円でもごくろーさんって言うかもじゃん。それに、5963円届けたからって100%ごくろーさんって言われるの?」
つかさ「こなちゃんひどいよ~……」
かがみ「こいつ、マジむかつく!!」
こなた「はっはっは、もう少し勉強したまへ~」


こなた「う~ん…」
かがみ「なにうなってるのよ」
こなた「いやね?なぞなぞで、答えはわかるんだけど理由がわからないっていうのがあるんだよ」
かがみ「どんなの?」
こなた「『にしむくサムライさんがいる月はつぎのうちなん月でしょーか?』っていうの」
かがみ「なにゆえ所々ひらがなだ……」
こなた「ゲームのだからね。で、答えは2月なんだよね。でも理由がわからなくて困ってるのさ……」
かがみ「ううん……私にもわからないわ……」
こなた「みゆきさんは?」
かがみ「委員会の仕事だって」
こなた「むむう……みゆきさんを待つしかないのか……」

/

みゆき「にしむくサムライ、というのは31日まで無い月覚える言い方です。
     『に』は二月のことで、二月は二十八日まであります。閏年の時は二十九日ですね。
     『し』は四月のことで、三十日まであります。『む』は六月のことで、六月も三十日まであります。
     『く』は九月のことで、これまた三十日まであります。
     最後にサムライですが、サムライは士とも書くんです。士を分解すると十一。つまり、十一月のことです。
     泉さんは『つぎのうち』と言ってるのでおそらく選択肢があったのでしょう。
     その中に、四月、六月、九月、十一月は無いはずです。
     違うなら……ごめんなさい」

/

かがみ「っていう問題なんだけどさ」
みさお「にしむくサムライ=2・4・6・9・士(11)ってことで、2月なんじゃねーのか?」
あやの「みさちゃん、選択肢の中には2以外にも6月とか入ってるんだけど……」
みさお「えっ? えっと、じゃあ、じゃあ――」

こなた「おーい。ごめんごめん。問い合わせてみたら、ミスで2月以外の正解の月も入ってたんだって」
三人「…………」


ゆたか「除夜の鐘が鳴ると108つの怪奇現象が起きる場所はど~こだ?」
みなみ「ひゃ、ひゃくやっつ……」
パティ「起こりすぎデス……」
ひより「え……と……お正月だから、お寺?」
みなみ「もしくは……墓地?」
パティ「廃病院にはカイキゲンショー多いデス!」
ゆたか「そういうのじゃなくて、もっとちゃんとした理由があるよ」
ひより「う~ん……ひ、ヒントを……」
ゆたか「じゃあ……除夜の鐘が『鳴ると』108つの怪奇現象だよ」
みなみ「ううう……わ、わからない……」
パティ「Oh、わかりまシタ!鳴門海峡デスネ?」
ゆたか「せいかいっ!」
ひより「え?え?」
みなみ「ど、どういうこと?」
パティ「ジョヤのカネが『鳴ると怪奇ョー』なのデス」
二人「あ……」


こなた「突然ですが、なぞなぞです」
かがみ「ホントに突然だな」

こなた「上は大洪水、下は大火事、これなーんだ?」
つかさ「簡単だよ、答えは――」
かがみ「お風呂よお風呂。こんなの小学生レベルだって」
つかさ「むきー」

こなた「残念だけどハズレだよ」
かがみ「はぁっ!? なんでよ、お風呂以外に何があるのよ?」
みゆき「難しいですね・・・」
つかさ「ゆきちゃん居たんだ」

こなた「答えはまだかな、まだかな♪」
かがみ「・・・悔しいけど分からないわ。降参よ」
つかさ「こなちゃん難しいよー」
みゆき「泉さん、答えは何なのでしょうか?」

こなた「皆、ダメだなー^^ 正解は・・・」
かつみ「正解は?」

こなた「滝の下でやるキャンプファイアーだ!!」
つかさ「そっかー!」
かがみゆ「・・・・・・・・・」

こなた「あれ? どったの二人とも・・・」
かがみ「こなた、それはなぞなぞじゃないわ。頓知よ」
こなた「え?」
つかさ「とんち?」
みゆき「泉さんの、おばぁかさん♪」

こなた「な・・・なぞなぞだもん! 漫画に出てたもん!」
かがみ「はいはい」


「右手を挙げたはずなのに左手を挙げていました。さて、どうしてでしょう?」
「あ、ありのまま起こったことを――(略)ですね」
「うーん。みゆきさんがそっちの知識も仕入れてくれているのは嬉しいんだけど、違うんだよね」
「……かがみ。鏡だったんだ! ねっ、ねっ。そうでしょう?」
「おおっ。つかさ正解。おかげで無事に録音も出来たよ」
「録音?」
『かがみ。鏡だったんだ!』
「なるほど。なぞなぞは、つかささんの声を手に入れるための罠だったんですね」
「うん。発音は変だけど、これで姉を名前で呼ぶ珍しいつかさの声を携帯の着信音に設定できるよ」
「ふぇ……。やめてよう……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。