ID:NI4jWhQ0氏:泉こなたの○○

 “それ”は、全宇宙に広がる情報の海から生まれた、肉体を持たぬ情報生命体だった。
 宇宙開闢と同時に誕生し、
 膨張し、
 拡大し、
 巨大化し、
 観察してきた。

 何時しか自我をもった“それ”は、だが特に自ら行動することなく、やはり傍観者に徹したまま、更に何十億年もの時を過ごし続けた。
 そして100億年を幾らか越えた頃、“それ”は某銀河系の某有機生命体が発した、とある情報に興味を持った。 ……それは、“それ”が生まれて初めてのことだった。
 
 『かったるい』

 その情報に、“それ”は大いなる衝撃を受けた。
 その“言葉”は、まさしく今の“それ”の状態を、的確に表していた。
 生まれて初めての感情、興奮が“それ”を支配する。
 が、次の瞬間、“それ”は激しい欝――これもやはり初めての感情だ――に襲われた。

 ――我は、一体何時までこんなことやってなければならぬのだ……orz

 『かったるい』を会得したが故に、“それ”は気付いてしまった、気付かされてしまった。
 ……これから永遠に等しい時間を、こうやってただ過ごしていくことの馬鹿馬鹿しさに。
 が、次なる情報が、“それ”を欝の底から救い出した。

 『また~り』

 そのコペルニクス的転回に、“それ”は驚愕する。

 ――でかるちゃー(←既に感化され始めている)

 次から次への『未知との遭遇』、もたらされる激しい感情――その全てが生まれて130余億年、初めての経験である。

 ――やらないか。

 “それ”は決断した。
 この素晴らしき情報を創り出した生命体をより深く観察すべく、己が分身を送り込むことを。

 …………

 …………

 …………

「――だから、私はここにいる。
 これからの数百数千億年を、『また~り』生きていくために」

「ちょっ、何でそれで私の所に来るのよ!?」

 心外だ、と言わんばかりにかがみは声を上げる。
 ……や、いろいろと突っ込みたい所はある。
 が、それにしても、だ。何故そこで自分に白羽の矢が立ったのだろう?他に適任なヤツがいるのではないか?
 たとえば、こなたとかこなたとか……

「もちろん、観察対象は泉こなた……というか、泉家」

「……怒るわよ?」

 からかわれたと思い、かがみは拳を握る。

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」

「はあ?」

「『かがみんは私の嫁』」

「……いや、あれ冗談だから」

 でいうか、そう信じたい。全力で。

「あなたの協力が必要」

「そ、そんなことを言われても……」

「ちなみに、拒否権は無い」

「何でよっ!?」

「助けた」

「う゛……」

 そうだ、そうだった……
 ああ、こいつが只の電波女だったら、とっとと叩きだせるのにっ!

 そう内心で歯噛みすると、かがみは目の前の女――永森やまとを睨み付けた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。