the EDGE of the WORD ~月光~

恋をするということが、こんなにも辛いものだとは思っていなかった。
好きなのに、好きと言えなくて。それがこんなにも辛いものだとは。
言葉にしたらたった二文字、容量としては二バイトしかない言葉なのに、それは、私の許容範囲を大きく越えている。

――好き。

たったそれだけなのに、言えない。言ったら、相手を傷つけてしまう。相手にだって、好きな人がいるはずなのに。
……いや、それ以前の問題だろう。だって、私が好きなのは――



〈the EDGE of the WORD ~月光~〉



「危ない、こなた!!」

その声で我に返った時、私は赤信号を渡ろうとしていた。
前進行動を続ける私の身体をなんとか止め、バックステップで歩道まで戻る。
その瞬間、私の目の前を四tトラックが走り抜けていった。

「もう、危ないよぉ」

黄色いカチューシャ型リボンを揺らしながらつかさが心配そうに言ってきた。

「ごめんごめん、ちょっとボーッとしててさ」

――言えない。
考えてた内容なんて、絶対に言えない。

「また夜中までゲームやってたのか? 仮にも私達は受験生なんだからゲームばっかりは……」

多分、お母さんがいなかったからだと思う。
自分をちゃんと叱ってくれる人を、私は欲していたんだ。
ゆい姉さんとも、ゆき叔母さんとも違う、自分だけのお母さんとなり得る人を――

「……こなた……?」
「……ごめんね。もう大丈夫だからさ。行こっ」

私はなんでもないような顔をしながら少し早足で歩きだす。
でも、勘のいいかがみのこと。多分、私の微妙な変化に、気付いていただろう。
案の定かがみが何かを言ってきたが、聞こえないふりをして柊姉妹の家を目指す。




かがみは良く、私のことを見てくれている。
私の悩んでることにすぐに気付いて、悩みの内容も言っていないのに的確なアドヴァイスをくれる。
かがみは本当に、私のことを見てくれている。私のことをわかってくれる。
それが嬉しくて、それが……

ううん、ダメ。
そんなの、絶対に許されない。言葉にするなんて、もってのほか。
言葉は、人を救うことができる。でも言葉は時として刃となって、大切な人にも無闇に切り掛かる。
それに、私のこの思いは、この言葉は――ただ傷つけるだけでは、終わらないんだ。
言葉にすることなんて、絶対にできない。
そう、絶対に――




「こなた、あんた今日やっぱり変よ」
「こなちゃん、どうかしたの?」

柊家にて。ベッドに腰掛けている柊姉妹がそう尋ねてくる。
『やっぱり』って言ってるあたり、なにかしらの変化を感じ取ってはいたんだね、予想どおり。

なぜかがみの疑惑が確信に変わったのかと言うと、私の目の前にある光景。
私はあるRPGをやらせてもらっているのだが、画面には『その後、彼らの行方を知る者はいなかった』の文字。
そう、私のパーティーが全滅したのである。
普段なら軽くクリアしているそれを、今日は何故か全滅。おかしいと思って当然だ。

「なんか、気分が乗らなくってね」

適当に返事をしてゲームの電源を切り、振り返る。

「それよりも、かがみの方が変じゃない? っていうより、苦しそう」

今日出会ってすぐ、私がかがみに抱いた疑問だった。
そしてかがみは、驚いたように私を見た。「なんでわかったの?」って言いたげな顔で。
ちなみにつかさは気付いてなかったのか、かがみの方を見て「本当なの!?」と尋ねていた。

「いつもより歩幅が狭く感じたんだよね。それに、声にも元気がなかったし」
「……こなたって、洞察力凄かったのね」

かがみだって凄いと思うよ?

「こなたの言う通り……よ。実は今日、ちょっと……風邪気味……で……」
「かがみ!?」

言い掛けて、崩れ落ちるかがみの身体をなんとか抱き抱える。
どうやって我慢していたんだろう。呼吸が荒くなり、顔がみるみるうちに真っ赤になっていく。
熱を測るため、私はかがみの額に手を……熱っ!!

「かがみ、風邪気味どころの騒ぎじゃないよ!?」
「ごめんね、こなた……せっかく、久しぶりに遊べたん、だから……風邪引いたくらいで……断念したく、なくって……」

……ああもう、これだからかがみは……。
変なところで大人っぽくて、変なところで子供っぽくて……。

とりあえずつかさに、氷枕と汗をかいてるから飲み物を持ってくるように指示。
私はかがみに尋ねながらタオルと着替えをタンスから出す。
すでにかがみの身体は汗でびしょびしょだった。こんなにひどいのに我慢してたなんて……。

「いい、よ、こなた……自分、で……着替えるから……」
「だめだって! 無理に身体を動かしたら余計に悪くなるから、私がやる!」

ベッドから起き上がろうとするかがみを制止する。
こういうのはゆーちゃんで慣れてるから、いつの間にか知識として身についてる。
私の言いたいことが伝わったのか、かがみは身体をベッドの上に横になった。
私はそんなかがみの身体を動かしながら、少しずつ服を脱がせる。

かがみの衰弱した顔を見て、ふと、邪(よこしま)な気持ちが頭に浮かんだ。
――今なら、かがみの唇を奪える。今のかがみは、抵抗できないだろうから。
って、何を考えてるんだ私は!?

「こ……こなた……早く……寒い、よ……」

かがみの言葉でなんとか我に返った私はかがみの服を脱がして、汗まみれの身体をタオルで拭く。
途中で我を失いそうになる度に、理性という名のストッパーが跳ね返してくれた。
そして新しい服を着させ、ベッドの中にかがみを入れた。

「こなた……ありがと、ね……」

そう呟くと、かがみはすぐに眠りについた。相当辛かったんだろう。
その後すぐにつかさが戻ってきて、枕を氷枕に変えた。
飲み物はポカリを持ってきてくれた。汗をかいた時にはスポーツドリンクがいいんだよね。つかさ、GJ。
けど、かがみは寝ちゃったし、これは一旦机の上に置いておこう。

「こなちゃん、ありがとー。私だけじゃ、パニックになってたよ」

つかさがお礼を言ってきたけど、私はお礼を言われる筋合いなんかない。
私は何度も何度も、かがみの唇を奪いそうになった。
次にあんな状況になったら、あの衝動を抑えられそうもない。
無理だって、わかってるのに……今まで自分に、そう言い聞かせてきたのに……!!

「こなちゃん?」
「……つかさ。私、帰るね……」

持ってきたゲームをカバンに詰め、立ち上がる。

「かがみ」

私はドアの前に立って、かがみに振り向いた。

「……お大事にっ」



――違う。

本当は、もっと別のことを言いたかった。
でも、それを伝えることはできない。絶対に。

私は伝えたい。この気持ちを、かがみに。
だけど、伝えたら、かがみを傷つけるかもしれない。
かがみだけじゃない。つかさも、みゆきさんも、そして……自分自身も。
私の気持ちを、言って良いのか、良くないのか……。


考えなくたってわかる。良くないに、決まってる。そんなのわかってる!
だって私は女で、かがみも女で、その上かがみは私のことを、友達としか思ってなくて……!!





気が付いたら、私は自分の家の前にいた。どうやってここまで来たのか、覚えていない。
とりあえず家に入ると、お味噌汁のいい匂いが漂ってきた。
時計を見ると、午後五時半。ゆーちゃんが晩ご飯の準備をしてるのかな。

「あれ、もしかしてお姉ちゃん? 今日はかがみさんの家に泊まる予定じゃ……」

案の定、台所から聞こえたのはゆーちゃんの声。玄関を開ける音と足音だけで判断したようだった。
お父さんは部屋で仕事してるはずだし、家の中にまで入ってくるのは私しかいないからね。

「うん。かがみが風邪引いちゃったらしいから、帰ってきたんだ。迷惑になるだろうから」
「そうなんだ……」

荷物を階段に置いて、ゆーちゃんのお味噌汁の出来具合を見るために台所に入った。

「どう? うまくできてる?」
「うん! 前にお姉ちゃんに教えてもらった通、り……?」

私を見上げたゆーちゃんが固まった。何が起きたのかわからず、私は首を傾げた。

「お、お姉ちゃん……? な、んで……泣いてる……の……?」

頬に手をやって初めて、その事実に気が付いた。

「あ、あれ? 本当だ……なんでだろ……」

私はふらふらと歩きながら洗面台へ歩き、顔を洗う。
少しだけさっぱりして、だけど心は晴れなくて。

なんで泣いてるのか、か……。多分、予想がつく。
私、悔しいんだ。諦めなくちゃいけないことが。
本当は諦めたくない。どうしても、かがみとずっと一緒にいたい。
この思いを伝えたら、曇った心も、少しは楽になるだろう。
でもそれは、私を取り巻く世界の終わりを意味する。
だから私は、絶対に言わない。言うつもりもない。



私はただ、かがみの世界の周りを回るだけの小っぽけな星。
遠くはないけど近くもない。この位置にいることが、一番いいんだ。
『友達』でいる、今のままが……







――かがみ、愛してる――






それは、決して伝えてはならない言葉。

少し触れただけで、相手を簡単に傷つけてしまう、言葉の刃。

その言葉の刃を強く抱えながら、私はこの気持ちを深い心の海に沈めた。

深く斬り込んでいる見えない傷の痛みを、癒すこともできないまま――

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。