ID:fAN8LnK+0氏:つかさ、手料理、死の味

つかさ→つ
こなた→こ
かがみん→か
中島→み
でお願いします。

か「おーいつかさーお昼にしよー」
つ「あ、おねえちゃん」
こ「今日はどっちがお弁当作ったの?」
み「wktk」
つ「今日はおねえちゃんだよ」

こ「かがみが作ったって事は今日も貧素なのかな?」
か「ふふーん。今日のは一味ちがうわよ」
つ「へぇ、みせてみせて!」
み「うp!うp!」
か「へへーん!じゃーん」
つかさとかがみの弁当を開ける。
見た感じ普通の弁当だが何か不思議なオーラを感じる。

こ「おーかがみんにしては上出来だね」
か「う、うるさいわね。私だって少しぐらいできるのよ。それより食べて見てよ」
つ・こ・み「いっただきます」
何故かかがみだけ食べない。みんな口に入れた瞬間顔がゆるんだ。
こ・つ・み「お、おいしいー!」
つ「お、おいしいよおねえちゃん!」
こ「これは奇跡ですな!」
み「うまいな」
か「へへーん。どう?おいしいでしょ!今日のは自信あるんだから。」
つ「何か隠し味入れたの?」
か「いや特になにもいれてないけど…ドサッ」
つ「え!おねえドサッ」
こ「つかさ!あれ?私まで?ドサッ」
み「計画どおりですね。」
みゆきはかがみとつかさの弁当に毒を入れていた。
み「私のカレーパン食べるからですよ。」

ちなみにみゆきは口に入れた後口から出していた…

終わり。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。