ボンクラーズ

こなた「ところでさぁ」
かがみ「ん?」

こなた「私って馬鹿じゃん?」
つかさ「そうだね☆」

こなた「んで、つかさも馬鹿じゃん?」
かがみ「まぁね」
つかさ「……」

こなた「後、みさきちも馬鹿じゃん?」
みさお「んー? ちびっ子、歯ぁ食いしばろうか?」
かがみ「日下部の場合、ヴぁかでしょ」
みさお「ひ、柊ぃー……」

かがみ「で? あんたは何が言いたいの?」
こなた「うん、三人揃ってボンクラーズでも結成しようと思ってさ」

かがみ「ふーん」
つかさ「で?」
みさお「っていう」

こなた「いや、特に落ちは考えてないんだ。ごめん」
ななこ「この問題を……泉」
こなた「わかりません!」
ななこ「偉そうに言うな! じゃあ、柊」
つかさ「わかりません~」
ななこ「しょうがあらへんな~、誰かわかる人?」
みさお「ふっふっふ。誰かを忘れてはいませんか?」
ななこ「日下部……って、お前は隣のクラスやろが」
みさお「まあ、細かいことはいいこなしってことで」
ななこ「じゃあ、この問題を答えてもらおうか?」
みさお「当然! わかりません!」
ななこ「だったら出てくるな!!」

こなた・つかさ・みさお「我らに答えられる問題など無い!! それがボンクラーズ!!」


ななこ「お前ら三人、放課後に生徒指導室に集合な」
真ボンクラーズ

「偽物や~、偽物がおるで~」
「何ぃ!? おい偽物! おまえ達のテストの点数を言ってみろ!!」
「本物の私たちに勝てるわけないけどね~、あっはっはっはっ!」
かがみ「おっす、こなた。この間のテストの点数どうだった?」
こなた「それがさぁ~、自信があったんだけど0点だったんだよね」
かがみ「おま……それ点数低すぎだろ……」
こなた「でも、つかさも0点だったから気にしてない」
かがみ「はあ!? ちょっと、つかさ本当なの!?」
つかさ「そだよ~」
みさお「お~、ちびっこも0点だったかぁ~。あたしもなんだよね」
かがみ「日下部も!? 一体あんたらどんなテスト勉強したらそんな点数取れるんだ……?」

こなた・つかさ・みさお「我らのテスト時間は睡眠時間と同じ!! それがボンクラーズ!!」


かがみ「3人揃ってテスト中居眠りかよ!!」
真ボンクラーズ

「三人揃って0点だとぉ~!?」
「ま、負けたのか……これって負けたんだよな……」
「わ~い、あたしらより頭悪い人がいた~」

「馬鹿! それじゃボンクラーズの意味がないだろ」
「えー?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。