ID:sI41U9Y0氏:50行までて事で詰め込みゾイドSS -ZAC20××漢の戦い

「そうくん、今度はいつ戻れるの?」幼いこなたを抱き、かなたが尋ねる。
「戦状は激化してるって言うからな…まだ何とも…かな」昼下がりの泉家、
必要な物資をトランクに詰め、そうじろうはそう答える。鍵を閉める前にもう一度確認し、
蓋の内ポケットから1枚の写真を取り出す。それは、こなたの出生後、間もなく撮った、
家族のスナップだった。こなたを胸に、たおやかに笑うかなたと、
その肩を抱くそうじろう。そして麗らかな日を浴びる公園。そこはまるで、
戦争のあるこの世界とは別の次元だった。写真の裏には『絶対帰ってきてね』と、
かなたからのメッセージが書かれていた。
この写真は、そうじろうにとって何よりの心の拠、そして御守だった。
「いつになるか判らないけどさ、いつもの通り美味い料理作ってさ、待っててくれよ」
かなたを見て、そうじろうはにんまり微笑む。しかし、かなたの表情は晴れなかった。
「…うん」戦争と言う現実が重く乗し掛る。人と人が直接殺し合う、戦争。
国の為、ゾイドを駆使して、見知らぬ相手を討つ。至極簡単な理屈。
殺される者を想えば、やりきれない気持ちになるかなただった。
「任期が終ればお役御免だ。それまでの辛抱だから。な?かなた」
「…うん」今更どうこう言っても仕方がない。夫の身を案じ、
今は只、見送るしかない。釈然としない気持ちを拭い、かなたはなんとか笑顔を繕う。
「絶対、帰ってきてね」出撃の度に聞かされる言葉。無事であってほしいと言う願い、
励まし、様々な意味を孕んだ、そうじろうへの呪文であった。
「当たり前じゃないか。ここへ必ず帰ってくる。俺は不死身だよ?」
親指を立ててサムズアップ。更にそこをぐりぐり回して、そうじろうはおどけて見せる。
「…ぷぷ、うん。待ってる。待ってるからね。そうくん」
ようやく笑顔らしい笑顔を見せるかなただった。
玄関を出ると、そうじろうは移動用の小型ゾイドに荷物を載せる。
アニメの絵が描かれたそれは、痛車ならぬ痛ゾイドだった。ゾイドには感情がある。
果たしてこのゾイド、バトルローバーは、この主をどう見ているのだろうか。
「じゃ、行ってくる!家のことは任せた!あと、愛してるゼ、かなどわぁぁぁぁ!?」
操縦ミスか、或いはバトルローバーの意思か、別れを告がせぬ儘、痛ゾイドは疾駆した。
白昼、そうじろうは、シールドライガーMKⅡのコクピットの中で、写真を眺めていた。
そこに突然、無線が入ってきた。モニターが相手の顔を写し出す。同期の立木だ。
「お前、今度軍、辞めるんだってな」一瞬ドキリとした。
「え…」上にだけしか伝えてないはず、と不審に思うも、すぐに合点する。
「ホーエル少佐か…」どこにでもいそうな普通のオバサン風情の上官。ホーエル少佐。
「あの人に話したのが運の尽きだったな。皆も知ってるぜ?」予測しうる事態。
そうじろうは少なからず、彼女に告げた事を後悔していた。
「お前が抜けるのは辛いが、こればっかりはな。だからさ」そう言った所で
別の無線が入ってきた。敵機接近、急接近するゾイド有り。全機散開。
立木達のディバイソンが、猛進するブラックライモスの群れを、17連突撃砲で撃滅。
そうじろう機、ライガーMKⅡも負けじ劣らず、牙や爪、背部のビームキャノンで、
続くレッドホーンとツインホーンに強襲をかける。しかし彼等はまるで気付かなかった。
死を呼ぶ恐竜がすぐ側に潜んでいる事を…。
数ヶ月後のある日、泉家に1機の痛ゾイドが辿り着いた。パイロットは全身包帯にまみれ、
降りて早々、出迎えた妻に抱かれ、静かに目を閉じた。
そうじろうが目を覚ましたのは、それから3日後の事だった。
握る小さな指が微かな動きを感じ、彼の目が、朧気ながらにかなたを捉えた。
「ただ…いま」やっと、物書きとしてやっていける、そうじろうは呟き、軍からの
正式な書面を、かなたに手渡した。それに目を通し、かなたは涙を流すのだった。
後日、そうじろうは再び各地を周り、戦争の一部始終を本にまとめる事を決意。
後の公式ファンブックである。そしてバトルローバーの絵は、日増しに増えていくのであった。
「そうくん、アンナって、誰?」かなたは1枚の写真を手に、そうじろうを睨みつけた…終
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。