ID:mGRiyLkN0氏:かがみの依頼

ーかがみの依頼ー
かがみ「おじさんに折り入ってお話があります」
そうじろう「何だい?かがみちゃん」
かがみ「おじさんは天下一の大作家、その大先生に是非ともお願いしたことが」
そうじろう「お、おいおい、随分大袈裟だなwで、お願いとは?」
かがみ「期日は問いません。空いた時間で良いんです。当然お金も払います!
    これを、執筆していただきたいんです!」
そうじろう「…ん?原稿用紙…これは草案?ふむふむ」
かがみ「私…文才なくて…話なんて書こうにも書けなくて…ずうずうしいお願いだとはわかってます…」
そうじろう「わかるよ。その気持ち。俺も昔はそうだった。沢山悩んで、悔しい思いをして、
        もうダメかと思った事もあった。でも諦めなかった。ひたすら見直して、学んで、そうして何とかこの職にありつけたんだ。
        だからさ、いくらでも俺を頼って良い。この話は、君が作るべき、なんじゃいかな。その方が愛着も湧くと思うよ?」
かがみ「…」
そうじろう「しかし!俺はこの話気に入った!これはこれ、それはそれ。この話、承ろうじゃないか!」
かがみ「え…、良いんですか?」
そうじろう「いつもあいつが世話になってるからな。ああ、お金とかは気にしなくても良いよ。娘の友達からは取れないよw
        仕事もあるから、いつまで、とは言えないけど、気長に待ってくれるかい?」
かがみ「はい!」
そうじろう「それと、俺からもお願い、いいかな」
かがみ「はい!」
そうじろう「さっきも言ったけど、これは君の物語だ。どんな文体でも、どんな表現でも良い。
        君の書くこの話を俺は読んでみたいんだ。君も自分自身でこの話、執筆して、もらえないかな?」
かがみ「私が…」
そうじろう「君の考えと俺の考えとじゃまるで違うだろうし、君も色々読んでいるんだろ?
        その引き出しを、ちょちょっと開けてみてさ。…どうだろ?」
かがみ「…読むのは好きですが…それにとても人に見せられる物ができるかどうか…」                        

そうじろう「技術なんて後で付く物さ。肝心なのは心だよ。そう、心意気だ。
        コレ、一通り読んだけど、なかなか面白いじゃないか。
        一つの作品を作るのって、まぁ、大変かも知れないけどさ、やり遂げた後の充実感は格別だよ?」
かがみ「…」
そうじろう「…君も忙しいだろうから、無理に、とは言わないよ。ああ、俺は俺で書くから心配しなくていい。
        君のは、良かったら、で良いんだ。君は面白い話が作れる。俺はそう思うんだ…」
かがみ「…私、本当に書くのは苦手で、おじさんはプロの作家だし…笑われちゃうかも知れない」
そうじろう「俺はそんな嫌なヤツじゃないよ。純粋に君の話を読んでみたい。それだけなんだ」 
かがみ「…それじゃあ、…わ…わかり…ました」
そうじろう「え…」
かがみ「私も、…書いてみます…」
そうじろう「本当に!?」
かがみ「…はい。…私も、少し興味あったんです。その、書く方に…」
そうじろう「嬉しいよ!ありがとう!かがみちゃん!」
かがみ「あ、あの、この事はアイ、いえ、こなたには内緒にしてもらえませんか…」
そうじろう「ああ。わかってるよ。アイツの事だ。何やらかすかわからん。
        そうだ、何か必要な資料とかあるかい?書庫に色々あるから、好きなのを持っていくと良い。
        気になるところとかも是非聞いてくれ!教えられる事は教えてあげるから」
かがみ「す、すいません。あの、それじゃ、○○に関する本とか、ありますか?」
そうじろう「よしきた!案内するよ!」
ー数十分後ー
かがみ「今日はわざわざありがとうございました。このご御は一生忘れません」
そうじろう「そんな大袈裟だって。必要な物があったら、また来なさい」
かがみ「はい!ありがとうございます!それでわ」
そうじろう「ああ。気を付けて。…あ、そうだ、かがみちゃん」
かがみ「…はい?」
そうじろう「これからもアイツの事、よろしく頼むよ」
かがみ「はい!喜んで。でわ」       

そうじろう「(かがみちゃん…良い子じゃないか。…しかし…
        タイトル『こなたのじかん/原案La・ノベ子』…)このPNはどうかと…」

ー終ー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。