ハル×らき

「……なんで俺たち、あんなところでポスターになってるんだ?」

気が付いて、最初に発した言葉はそれだった
ここはどこかの本屋だろう、俺たちは普通に下校をしていただけなのに
そして俺たちの目の前には、『涼宮ハルヒの憂鬱』と銘打ったポスターが貼られていた

「キョン! なんでアタシ達がこんなに有名になってるのよ!?」

俺に聞かれても困る。俺がここに連れてきたわけじゃあるまいに

「ここはおそらく、平行世界の本屋」
「「平行世界?」」

俺とハルヒが声を揃えて聞き返した

「平行世界って、別次元の地球ってことだよな?」
「わかりやすく言うと、そうなる。平行世界は、私達の世界でアニメや漫画になっていることが多い」
「なるほど、こっちの世界では、平行世界にいる俺たちが漫画・アニメ化されてるわけだな」

しかも、『2008年アニメ第二期』。大ヒット御礼だ。ハルヒが喜びそうな……

「って、おい。ハルヒはどこ行った?」
「この角を右へ曲がっていった」

おいおい……。俺たちはつまり有名人なわけだろ? あんまりうろついてると騒がれて……

「それはない。コスプレと思ってくれるはず」
「そうかい……」
「キョン!」

どこへ行ってたのやら、ハルヒが走りながら戻ってきた

「いま探してきたんだけど、『らき☆すた』がないわ!」
「『らき☆すた』が、か……?」

らき☆すたとは、俺たちの世界で大ヒットした四コマ漫画
アニメ化もされたのだが、そのOPが2007年のオリコンベスト50に入り、今や知らない人はいないくらい有名な漫画だ
ちなみに今、ハルヒが一番のめり込んでいる漫画だったりする

「もう、せっかく本屋に来たんだし、五巻買おうと思ったのに……」
「その世界の住人を描いた漫画は、その世界には存在しない」
「なるほど。だから俺たちの世界に『涼宮ハルヒの憂鬱』がなかったんだな」
「ちょっと待って。今ここに『らき☆すた』がないってことは……」
「ああ~~~~~!!!」

急にした、誰かの大声。振り返るとそこには、青い髪を地面スレスレまで伸ばした少女が、俺たちを指差して震えていた

その両脇に、薄紫色の髪に黄色いリボンを付けた少女。同じく薄紫色の髪をツインテールにしている少女

「き、ききき、キョン!?ハルヒ!? ナガモン!? 」
「きゃああああ!!! 本物!! 本物の泉こなただわ!!!」

青い髪の少女とハルヒは感動からか、お互いに抱きついた

「え、えーっと……本人、ですか……?」

ツインテールの少女が俺に問い掛けてきた

「いかにも俺は本物だ。この長門とハルヒもな。柊かがみちゃん。妹の柊つかさちゃん」
「え!?」
「な、なんで私達のことを!?」

驚いてるな。無理もない、こっちでは一般市民のはずだからな

「話は後にして、一旦外に出よう。ほら、そっちも落ち着け」

俺たちはとりあえず、この本屋(アニメイト秋葉原店だったらしい)を後にした
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。