ID:KekGhr32O氏:お正月の写真

「正月だな、かなた」
「正月だね、そう君」

二人はこたつでお雑煮を食べながらテレビを見る
テレビでは男性が火の輪くぐりをして拍手を受けていた

「はっきり言ってここまで生きられるとは思ってなかったわ」
「そう暗い話するなよ。今、ここにいられるんだからいいじゃないか」
「それもそうね」

二人の間で離乳食を食べていた赤ん坊がぐずる

「ほら、かなたがそんな暗い話するから、こなたまで泣きだしたじゃないか」
「あらあら。ゴメンね、こなた」

こなたと呼ばれた赤ん坊は母親の顔を見て安心したのか、すぐさま笑顔に変わった

「うふふ、この子の笑顔を見てたら、そんなこと忘れちゃいそうね」
「そうだな、こなたは幸せを運ぶエンジェルだな」

赤ん坊の父親は立ち上がり、戸棚からポラロイドカメラを持ってきた

「せっかくだから、俺たちのエンジェルと一緒に写真を撮ろうか」
「そうね。ほら、こなたも笑ってー♪」

ぱしゃりという音とともに、ポラロイドカメラから写真が出てきた

「ほら、よく撮れてるよ」
「そうね。こなた、すっごい笑顔よ」

二人は……否、三人は、写真を見ながら笑いあっていた




それから18年後、赤ん坊――泉こなたは、高校3年になっていた

「ねぇ、お父さん」
「どうした? こなた」
「この写真……」
「ああ。俺とこなたとかなた、三人で撮った……最後の写真だよ」

こなたは写真をしげしげと眺める
なぜだろう、その横顔は、どこか寂しげだった

「……ま、いいじゃないか!」
「わわっ!!」

父親は――そうじろうは、こなたの身体を抱き寄せる

「かなたはもういないけどさ、俺にはまだこなたがいるから大丈夫だ!」
「……うん! 私も、お父さんがいるから大丈夫!」

たちまち、こなたが笑顔になる。あの時の――写真の中のこなたみたいに

「ふ~、お部屋のお掃除、やっと終わった~」

その時、こなたの従妹――小早川ゆたかが部屋に入ってきた

「お、ちょうどいい。せっかくこの写真が出てきたんだ。これと同じように三人で写真撮ろうか」

そうじろうはあの時と同じように、戸棚からポラロイドカメラを持ってきた

「いいね、撮ろう撮ろう!」
「うん!」
「んじゃ、撮るよー」

ぱしゃりという音とともに、ポラロイドカメラから写真が出てきた

「さーて、撮れてるかな……?」

三人は写真を覗き込む

「!」
「え!?」
「こ、これって……!」

三人は笑顔で一斉に振り返る。そこには何もなかったが……

「……来てたんだな、かなた」

写真の中の『四人』は、これ以上ないくらいの笑顔をこちらに向けていた
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。