ID:YuBFeVfz0氏:宮河家の聖夜

 十二月二十五日はクリスマスであるが、小学生の帰りが特別早くなるというわけではない。
 宮河ひかげが帰宅した頃には時刻はすっかり夕方であった。
「ただいまー」
 と挨拶をするも返事はない。
 誰もいない薄暗い部屋。
 ひかげの唯一の身寄りである姉のひなたは、この時間バイトに出かけている。
 ひかげはどこか空しい気分を抱えながら、灯りをつけようとした。
 蛍光灯の紐を引っ張る。壁のスイッチを押す。同じ作業を何度も繰り返したが、部屋は依然暗いままだった。
 はぁ、と溜め息をつく。分かりきっていたことだった。
 話は今朝に遡る――。

 今朝郵便箱に投函されていた郵便物を見て、ひかげは愕然とした。
 電力会社からは電力の供給停止の通告。
 ガス会社からはガスの供給停止の通告。
 理由は代金の滞納である。
 あまりに衝撃的な内容にひかげは一気に目が覚めたが、もちろんありがたくも何ともない。
 ちなみに今朝で灯油も底をついてしまった。
 代金の支払いを拒否しているわけではない。支払うつもりはある。だが、ないものはないのだ。
 ひかげは諸悪の根源――布団にくるまっている姉のひなたと同人誌の山――をにらみつけた。
 ひなたはよく働いている。ところがひなたの給料はというと、なぜか同人誌に姿を変えてくる。
 その度にひかげは厳しくひなたを叱りつけるのだが、まったく効果が現れない。
 あきらめに似た感情がひかげの中に芽生えてきたのか、姉を叩き起こして説教してやろうという気持ちは起こらず、姉の朝食を用意すると、『学校行ってきます。食べてください』とメモを添えてひかげは登校したのだった。

 暗闇が支配していく中、ひかげは布団にくるまり暖を取っていた。
 寒さに震えながらひかげは思う。
 どうして自分はこんな姉と一緒にいるのだろう、と。
 世間では、やれ格差だ、ワーキング・プアだ、石油の値上がりだと騒いでいるが、宮河家には一向に関係ない話である。とにかくひなたは特別過ぎる。
 考え事をしているうちに日も沈んでしまった。
 完全に真っ暗な世界。変わって今度は寂しさが押し寄せてくる。
(早く帰ってきて……お姉ちゃん)
 ひかげはひたすら祈った。
(私ってほんとは一人ぼっちなのかも。ほんとはお姉ちゃんなんかいなくって……そんなのやだよぅ)
 ひかげは不安に身を震わせる。
 時間だけは刻々と過ぎていった。

 どれほど時間が経過したのか。ドアの開く音にひかげは気づいた。
「ただいまー。ひかげちゃんいないのー?」
(お姉ちゃん……帰ってきたんだ!)
 ひかげは布団から飛び出した。
 真っ暗な中でひかげはひなたが何か持っていることに気づいた。
 また同人誌か……と心中で嘆息していると、ひなたが話しかけてきた。
「どうしたの? 電気もつけないで? それに寒いんだけど」
「だ、誰のせいだと思ってるの」
「もしかして……やっぱりお姉ちゃんのせい?」
 ひかげは無言でうなずいた。
「その……ごめんなさい」
 ひなたは謝りながらその手にあるものをテーブルに置いた。
「これで機嫌直してくれるかな……?」
「同人誌なら読まないよ」
「違うわよ、ケーキ」
 ひかげは耳を疑った。
「ケーキってお姉ちゃん……」
「昨日イヴだったのにお祝いできなかったでしょ? だから今日は何とかしてお祝いしようと思って……あ、もう二十六日になっちゃったか」
 ひかげは胸が一杯になった。そう、これだからこの姉と一緒にいたいのだと。
 そう思っていると不意にひなたが抱きついてきた。
「お、お姉ちゃん何するの!?」
「寒かったでしょ? こうすればお姉ちゃんもひかげちゃんもあったかくなると思って」
「しょうがないなあ」
「んふふー。ひかげちゃんあったかーい」
「いいから、早くケーキ食べようよ」
「はいはい」
 ひなたはケーキに蝋燭を立てると火をつけた。
 暗い部屋がほんの少し明るくなり、寒かった部屋がほんの少し暖かくなった。

「そういえばお姉ちゃん、ガスや電気とかどうするの?」
「え?」
「もちろんできるだけ早く払うよね?」
「えーと……」
「は・ら・う・よ・ね?」
「はい……」
 ひなたの愛情を再確認したひかげだったが、それとこれとは別の話である。
「お姉ちゃん今いくらあるの? 払えるなら今のうちに払っとこうね」
「う、うん」
「でもすぐに電気とガス使えるわけじゃないし、灯油も切れちゃったし……」
「なら今すぐコンビニで払って、蝋燭いっぱい買っとこうかしら」
「まあ、それならそれで……」
「分かったわ。それじゃ行ってき……」
「待って、お姉ちゃん。私も行くよ」
 そう言うとひかげはひなたの手を握った。
 他の何より暖かい姉の手を――。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。