ID:tmG1zIMr0氏:冬の一日

「布団から出るの、いやだなぁ……」
 こなたは呟く。翡翠のような透き通った瞳と、ぴょこんと跳ねた碧い謎生物だけを毛布から覗かせて、
  部屋の反対側にある窓を眺めていた。
  カーテンの隙間から見える空はどんよりとしていて、見ているだけでも寒くなる。
「なんで、こんなに早く眼が覚めちゃったのかな?」
  後悔している様だ、起きてしまった事に。
  確かに彼女は、昨晩、明け方近くなるまで、何やら怪しい作業をしていた。
  睡眠時間は2,3時間といったところだろうか?
  現在時刻、6時半。
  この家で一番早く起きる、父親のそうじろうでさえ、まだ、惰眠をむさぼっている頃であろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。