ID:lJm20Ye80氏:こなたとかがみを入れ替えてみた

こなたとかがみを入れ替えてみた

かがみ「ちょっと、お父さん!いつまで寝てるのよ!」
そうじろう「あ、あぁ、かがみ、おはよう・・・。おぉっと!もうこんな時間か!まずい!」
かがみ「もう!遅くまで変なゲームやってるからぁ!」
そうじろう「す、すまん!き、着替えを・・・うわぁ!」(ズッコケ
かがみ「だ、大丈夫!?はぁ・・・。はい、スーツこっちに用意してあるからね」
そうじろう「いやぁ、ははは、すまない」
かがみ「ほんとに・・・、我が親ながら情けないわ・・・。お母さんなんで、こんなの選んだのかしら?」
そうじろう「ははは・・・(汗、じゃ、じゃあ、行って来るよ」
かがみ「あ!お父さん!」
そうじろう「ん?」
かがみ「2回は言わないからね?・・・受賞おめでとう!///」


こなたとかがみを入れ替えてみた―その2

いのり「ちょっと!まつりぃー!?また、あたしのもの勝手に使ってでしょ?
まつり「な、なんのこと?知らないわよ?
つかさ「まつりお姉ちゃん私のキャラもののパンツー!」
まつり「つかさまで!いくら私でもそんなものパクらないわよ!?」
みき「まつり?お母さんの・・・」
まつり「だーっ!私じゃないって!」

某ブ○セラショップ
店長「主婦、OL、女子大生に女子高生!更に巫女かぁ~!なかなかいい盗撮写真だね!」
こなた「あは☆しかも今日は豪華特典付きなのだよ!」
店長「おぉ!これは使用済み<禁則事項!>じゃないか!いやぁ、いい仕事してくれるねぇ~!
   はい、じゃあ、今回はこれだけね!でも、あんまり無茶しちゃいけないよ?w」
こなた「フヒヒwwwサーセンwwwwwwwww」


こなた「ふん、ふふ~ん♪」ゴソゴソ
つかさ「こなたお姉ちゃん何やってるの?」
こなた「おぉ、つかさ!この服どう思う?」
つかさ「うわぁ!かわいいね!メイドさんかな?」
こなた「よかったら着てみるぅ~?」
つかさ「うん!わーい、わーい、わーい、わーい!」
・・・
つかさ「どうかな?似合うかな?」
こなた「おぉ!良く似合ってるよ~!」
カシャッ!
こなた「ちょっと、ポニテにしてみて?」
つかさ「うん・・・。こう?」
カシャッ!
こなた「いいね!次はメガネかけてみよう!」
つかさ「変なお姉ちゃん。こうかな?」
カシャッ!
つかさ「カシャッカシャッって、変な音がしない?」
こなた「気にしない、気にしない~w 気にしたら負けかなと思ってるwww」
つかさ「(なんでだろう?すごく気が重いよ~><)」

こなた「フヒヒwwwサーセンwwwwwwwww」


みき「あら?これから出かけるって言うのに・・・化粧ポーチどこかしら?
いのり「あれぇ?巫女服クリーニングから戻ってきてるはずなんだけどなぁ・・・」
ただお「だれか、お父さんの財布知らないかい?」
つかさ「おかーさーん!私の体操服どこー?」

まつり「フヒヒwwwサーセンwwwwwwwww」
こなた「フヒヒwwwサーセンwwwwwwwww」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。