ID:zbDiRbDUO氏:クサイ台詞選手権

あきら「突然だけど歯の浮きまくるようなクサイ台詞選手権を開催しま~す!」
あきら「それではまず白石クンからスタート!」
みのる「歯の浮きまくるようなクサイ台詞 はい言った」
あきら「帰れ」

あきら「続いて泉こなたさんどうぞ!」
こなた「私ね……『俺』君のこと、小さなムネのずーっと奥から愛してるの」
あきら「流石は萌えを知り尽くした泉さん、素晴らしいですね!次は柊つかささん」
つかさ「えーっと………その……好き!」
あきら「純情さの表れてるところがかわいい!お次は柊かがみさん!」


かがみ「命をかけて きみのものになりたいわ」
あきら「ラノベからね引用ですね。ステキ!ネクストは高良みゆきさん!」
みゆき「ちょっと整髪料をつけすぎではないでしょうか…?あまりに香りがきついのはかえって印象が悪くなりますよ?」
あきら「クサイの意味が違いますよ。それでもあなたらしい!次は小早川ゆたかさん!」
ゆたか「世界で一番……好きです!」
あきら「シンプルイズベスト!純情なあなたもこの台詞でハートをゲットしましょう!次は岩崎みなみさん!」
みなみ「もしもあなたがいなかったら今の私はなかった。ありがとう。そして……愛してる」
あきら「…………ッ!深い!心に響く!これは優勝候補か?田村ひよりさん…どうぞ!」

ひより「三次元だけど……あなたは別ッス」
あきら「興味ないんじゃなかったんですか?次はパトリシア マーティンさん!」
パティ「L O V E」
あきら「アメリカン!単刀直入!わかりやすい!お次は大本命、泉そうじろうさん!」
そうじろう「俺なんかの言葉ではかなたへの気持ちの全ては伝わらない。
どんなに沢山の単語を使っても、言語を使っても伝わりやしないさ。
だから俺は体で示す。心の全てで俺の四肢を動かして、体全体で示す。
つまり俺はかなた、おまえを抱きしめたい。あたためあいたい」
あきら「………………………(かなわない!)次は日下部みさおさん…どうぞ」
みさお「……棄権するZE…勝てる気がしないよ」
あやの「……右に同じく。ちょっと愛を確かめに行ってきます」


おしまいおしまい



おまけ(ID:vTz8zMlbO氏)


ななこ「お前さんのせいで、黒井ななこ、完売や…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。