風呂SS~そうじろう編

関連作品
http://www34.atwiki.jp/luckystar-ss/pages/586.html『幻想(ゆめ)への回帰』
http://www34.atwiki.jp/luckystar-ss/pages/584.html『風呂ssゆたか編』
http://www34.atwiki.jp/luckystar-ss/pages/583.html『風呂ssこなた編』

ID:XOI8eVGG0氏とID:Y1KG2POC0氏による合作。
序盤はID:XOI8eVGG0氏によるもの。


「ねえ…そう君…」
「ん?」
「幸せになって欲しいね…」
「うん、そうだな」
 かなたの両手に優しく抱きかかえられた小さな赤ん坊。
 よほど気持ちいいのか、湯船に使ったままうとうとしている。
「はは、こいつこのまま寝ちまうんじゃないか?」
「ふふふ、少なくとも今は幸せそうね?」
「あぁ、そうだな。でも、心配しなくてもこいつはきっと幸せな人生を過ごしていくよ」
 そうじろうは湯船に手を入れ、少しだけ空気に触れている赤ん坊の肩にお湯をかける。
「どうして分かるの?」
 かなたは不思議そうな顔で無精ひげの残る夫を見つめた。
「簡単なことだよ!俺たちの娘じゃないか。これ以上の幸せがどこにあるんだよ?」
 顔が熱くなっていくのが分かる。
「俺と、なによりもかなたの産んだ生命(いのち)だ。こんなに幸せな奴はこの世界のどこにもいないよ!」
 そういって豪快に笑うそうじろうを見て、目頭が熱くなる。幸せを感じる。ぬくもりを、暖かさを…。
「ふふふ、そう君らしいね」
「そうか?ははは、まさに幸せはここにある!そうだろ、こなた?」
 その瞬間、小さいこなたが笑ったような気がすした。



ここからはID:Y1KG2POC0氏による続き。



風呂は気持ちがいい。
それにネタも思いつく。

そう言えば家族三人そろって入った事もあったか。
あれから随分と時間が経ったものだ。

あのすぐ後に、お前は入院することになったんだよな。それで死んじまった。
全く時間の過ぎるのは早いものだ。
残されてしまったこなたは、もう高校三年生になる。

あの時よりもずっと大きくなってるんだぞ。
もう、昔のように高い高いは出来ない。少し切ないよ。
それでもやっぱりお前に似たんだろうな、こなたのやつ、お前みたいに身長の低さを悩んでるんだ。
お前に見せてやりたいよ。本当にお前にそっくりなんだぞ。

約束したよな?こなたの髪を、お前の様にのばすんだって。ちゃんと守ってるぞ。
こなたの髪の毛は、見事なくらいにお前の髪型に似たぞ。
こなたのやつもあの髪型は気に入ってるようだし、多分しばらくはあのままだろうな。

しかし、こなたは……。あいつは、俺との生活を幸せだと感じているのか?
確かにあの時、俺はあいつは幸せな人生を送ると言った。
でもな、不安なんだ。

幼稚園、小学校、中学校。
その時に通知表に書かれていたのは、『もっと友達を作りましょう。』とか『積極的に話してみましょう』ってな具合だった。
……あいつ、あの時はきっと友達が少なかったんだろうな。
楽しい筈の時にほとんど笑わず、つらい筈の時にほとんど泣かなかった。
自分の思っていることを他人に表現するのが、どうしても苦手なようなんだ。
不器用で育児なんてした事のない俺には、どうしてもこなたの我がままを聞いてやることが出来なかった。
炊事や洗濯や掃除、そして空いた時間はこなたの相手をするだけではなく、俺の仕事も進めなくてはならなかった。

だからきっとあいつは、いろんな事を我慢するようになったんだと思う。
自分の思いをアピールすることを、あきらめてしまったのか。
だとしたら、これほど悲しい事はない。

でもな、最近はよく笑うんだ。
どうやら高校では友達に恵まれているらしい。
全く、これで少しは安心できたよ。

後は……。
泣くことを思い出して欲しい。

それとも俺の心配しすぎなのか?
どこか俺の知らないところで、こっそり泣いているのかも知れない。

「こなたは今、幸せだと感じていると思うか?なあ……、かなた……。」

俯き気味だった俺は上を見上げた。

すると部屋の天井のすみに浮かぶぼんやりとした白い影が、まるで微笑んでいるかの様に俺を見下ろしていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。