ID:j1gRIwPg0氏:好きなわけ

ー好きなわけー
「こなちゃんってチョココロネ好きだよね~」
「て言うかそれしか食べてないわよね。あんた。身体持つわけ?」
「まぁね。身体が小さい分、胃も小さいみたいで」
「こなちゃんのコロネ好き、いつからなの?」
「ん~、言われてみればいつからだろ?小さい時から好きだった気もするけど・・・」
今から10数年前、泉家。
そうじろうが1人、台所に立っていた。
「これからは俺1人でこなたを育てなきゃならんからな。料理もしっかり出来る様にならないと」
かなたを亡くして数年、いつまでもくよくよはしていられない。
少しでも美味しい物を作れる様、そうじろうは日々研究を重ねていた。
「次のおやつは・・・よし!これだ」
そうじろう初の試み、パン作り。
右も左もわからない、まさに0からのスタートだった。
試作、失敗、試作、失敗の繰り返し。
加減の悪さに半ば苛つきながらも、遂にひとつの形が完成した。
「どれ、試食。あむ。・・・ん~、どうなんだろ」
微妙。悪くはない気もするが何かが足りない。そんな感じ。
「本の通りに作ったんだけどな~」
何かが足りない、何かが違うのどうどう廻り。
しかも何がおかしいのかがわからない。
「こなた、ちょっとコレ、食べてみてくれ。・・・どうだ?美味しいか?」

こなたは渋い顔をして呟いた。
「おとーさん、コレ、にがいよ」
苦い・・・よくよく見てみたら、パンに詰まれたチョコはビター。
元より子供向けではなかった。
更に改良を加えること数日。
「こなた、今度はどうだ?」
「あむ・・・あむ・・・おいしい!おいしいよ!おとうさん!」
そうじろう特製、チョココロネの完成であった。
小さなこなたの定番おやつ、チョココロネ。
チョコが入っているのが面白い、チョコが甘くて美味しい。
こなた大満足の一品。
今こなたが食べているものの半分、更にその半分くらいのミニコロネ。
こなたは毎日の様にねだり、拵えてもらった、父の味。
でももう、殆ど覚えていない。
曖昧な思い出。曖昧な味。     
「でもさ、昔食べたのはもっと美味しかった気がするんだよね。あ~んむ」
市販品では到底味わえない絆の味。
かすれた記憶の父の味。
「どんなんだったか、また食べてみたいな」
ーおわりー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。