ID:D3x9n+iA0氏:家族がそろうとき

「かなた……」

どうしたのかしら、そう君?

「……こなたの育て方、間違ってないよな?」

う~ん。間違っていないと思う。
でも、ゲームして夜更かししてるのは注意したほうがいいかもね。

「はあ……最近、距離が出来たのはどうしてだろう」

こなたももう高校生で大人なった証じゃないのかな。

「もしかして、彼氏」

いいじゃない、彼氏がいたって。あまり、変なのとは付き合ってほしくないけど。
どんな人連れてくるのかしらね。気になるわ。

「認めないぞ」

もう!少し子離れしてください。


「あれ~、お父さんまだ起きてたの?」
「こなた、まだ寝てなかったのか?」
「原稿が描き終わらなくてね」
「そうなんだ」
「あまり、遅くまでやってると目悪くなるぞ」
「眼鏡属性か……悪くないね」

「なあ、こなた。ちょっと、これ見てくれないか」
「何?」
「さっき、撮った写真だよ」
「あの、心霊写真?」

「よーく、見てくれ」
「……ただの心霊写真じゃん。早くどうにかしないと呪われるよ」
「なんとなく、かなたに見えないか?」
「お母さんに?」
「髪の長い女性の姿に見える」
「見えるような。見えないような」
「だろう、きっとかなただよ」
「お母さん、帰ってきたのかな?」
「そうかもしれないな。……久しぶりに一家で撮った写真だよ」
「そうだね」

「でもさ、お父さん」
「何だ?」
「私が消去しようって言ったとき、すぐ消さなかったの?お母さんって分かったの?」
「なんとなくだよ。一緒にいる、そんな感じしたんだ」
「お父さんて、超能力者?」
「かもしれんな。うっつーれ↑」

あなたたちの顔が見たくなった。ううん、本当はさびしいの……だから、帰ってきちゃった。
一緒にいたい。自分の子を育てたい。私って、子不幸ものね。

「さあ、こなた。もう、こんな時間だ。寝なさい」
「お父さんは?」
「もう少し。仕事してから寝るよ」
「そう。お父さんも無理しないでね」
「おうよ」
「おやすみ」
「おやすみ。こなた」

おやすみなさい。
そう君も、早く寝ないと体、壊しちゃうわよ。

「なあ、かなた。いるんだろ?」

え?

「姿を見せてくれよ」

できるなら、そうしたいわ。

「……無理だよな」

ごめんなさい。

「ずっと、一緒だよな?」

ずっと……一緒。あなたの心の中に私はいる。

「ずっと一緒に決まってる」

「俺も寝るか。こなたの友達くるんだっけ。あまり変な父親じゃいられないからな」



こなた、ちゃんと寝てるかしら?

「……とっても、くさいよー」

いったい、どんな夢を見てるのかしら?
あら、お腹が出てるわ。ほら、ちゃんとタオルケットかけなさい。

「とっりゃー」

蹴飛ばしちゃダメよ。寝相が悪いのはそう君似なのね。
ちゃんと、かけて寝なさいよ。ね?

「……お母さん、ありがと……」

え?今の、寝言よね?

「くさいくさい」

寝言ね。

さ、私も寝ようかしら。そう君のお布団にお邪魔しちゃおうかな。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。