ID:hPR+LfGT0氏:怖い機械

「遅い! 遅れるのなら、せめて途中で連絡するのがマナーでしょ」
「いやあ、ごめんごめん。携帯は家に置きっぱなしでさ」
「そんなんじゃ、携帯電話の意味ないでしょ。もっと普段から持ち歩くようにしなさいよ」
「うん……そうだね……」
こなたが約束の時間に遅刻をして、私が怒る。
それはいつもどおりの光景だったけれど、今日の彼女の反応は違っていた。
「なによ、どうかしたの?」
こなたの雰囲気はこれまで見たことのないほどに暗かった。
その表情は、高校に入った私達が出会う以前のものではないかと、私の勘が告げていた。

「ちょっと思い出したんだ。中学時代の友達に、毎日メールをしてくる子がいたことを」
「毎日って、それくらい普通じゃないの?」
「一日に百件くらいだよ。しかも、すぐに返事をしないと催促のメールがくるっていう」
「うわっ。それは病気に近いわね……」
「でも、その子に何度でも返信してあげてたのは私だから。私だけだから」

「こなた……」

「それで、思ったんだ。電話は出なければ留守だと諦めるけれど、メールは違うんだ、って」
「メールだって、気づかないことくらいあると思うけど」
私の反論に、こなたは首を振った。
「違うよ。だって携帯へのメールはすぐにその人に届くでしょ。言いたい事が既に伝えられた後なんだよ」
「伝えられた後……?」
「うん。だから返事が無いのは、メールの内容を見た上で拒否されているように感じるんだと思う」

こなたの論理が正しいのかを知ろうと、私がメールを送ってからずっと返事の無い場合を考えた。
「そう、なのかな。うん……。不安を感じるかも」
「だから私は携帯を持ち歩かないようにしてるんだよ。メールをしても、見ていないと思わせられるように」
「そっか……。それじゃあ、無理に持てなんて言えないわね」
私はポケットから携帯電話を取り出し、見つめながら思った。
今まで便利な機械としか見ていなかったけれど、これはとても危険な物なのかもしれない。
誰とでも瞬時に繋がることが出来て、同時に、逃げることは許されなくなる。
どうして何の疑問も抱かずに、今日まで使ってきたんだろう……。

「という話はどうかな。結構頑張って考えたんだけど、今の言い訳は百点満点として何点くらい?」
「……え?」

口を開けて呆ける私を見ながら、こなたはニヤニヤと笑っていた。
それで理解した。
私が真剣に聞いていた話は遅刻の言い訳に過ぎない上に、悪質な冗談であったことに。
とりあえず、こうしよう。
今日はこいつに百回以上のメールをしてやる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。