ID:4snWmxt80氏:雪と太陽

二人で電車を待っていると、空から白いものが舞い降りてきた。
柔らかで、とても壊れやすい物が私達の頭上で踊っている。

「みなみちゃん。雪だよ、雪!」
「うん。そうだね」

返事と一緒に出た吐息は、無色の空気を一瞬にして白く染め上げ、すぐに透明に戻った。
冬の象徴ともいえる雪には、あまり良い思い出はない。
中学時代にも、学校で雪が降り始めたことは何度かあった。
誰かがそれを見つけて、歓声がクラス中に広がる。
私も同じように窓の外をじっと見て、綺麗だと思う。
それでも私は独りだった。
無邪気に窓から手を出すような性格ではなかったし、その場で誰かと話をするのも苦手。
だから私にとって、雪とは一人で見るものだった。
それが今では二人。隣にゆたかがいる。

「やっぱり溶けちゃうか~。手は冷たいほうだし、大丈夫かもって思ったんだけど……」

気がつくと、ゆたかはいつの間にか手袋を外して、直接雪に触っていた。
慌てて何か温める道具が無いかと探したが、カイロどころか手袋さえない。
「そうだ」
「えっ、みなみちゃん?」
私はコ-トのポケットに入れ続けていた手を出すと、ゆたかの手を握った。
「前に、私の手は温かいと言っていたから」
しかし、咄嗟の思いつきで行動をしてみたものの、やはり素手では熱を保てるはずがなかった。
ポケットに入れていたといっても、ずっとというわけではなく、定期券を出す時などには外気に触れる。
彼女が手袋を着けなおす事を妨害するだけだったのでは、と不安に思っていると、ゆたかは笑った。
「うん。やっぱり、みなみちゃんの手は温かいね」
「ゆたか。気を使わなくても……」
そう言いながら手を離そうとすると、ゆたかの手に力がこもり、引き離せなかった。
「本当だよ。身体は温まらなくてもね、心があったかくなるの」
「ゆたか……」
彼女は私よりもずっと小さな身体なのに、私よりもずっと大きな存在だと感じた。
私が雪ならば、ゆたかは太陽だろう。



優しくされると溶けてしまう

冷たい拒絶は平気でも

温もりには耐えられない

記憶も今の関係も

ただ凍らせていたいのに

ゆたかがそれを溶かしていく



ゆたかと友達になって、田村さんという友達も増えて、学校生活はどんどん楽しくなる。
そして、私はどんどん欲張りになって、弱くなる。
自分が雪だった時には誤解を受けても耐えられたのに、今では少しだけ苦しい。
あの頃はそれが日常で、今ではそれは悪夢の世界。
彼女がいなくなったとしたら、溶けかけの私は、再び雪へと戻る以外にない。

だけど、もうすこしだけ。
もうすこしだけ彼女の隣にいたら、私は溶けて完全に変われるような気がする。
日陰で死を待つ雪ではなく、もっと自由な存在へと。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。