小ネタ9P

こなた「お父さん」
そうじろう「何だ?こなた」
こなた「お父さんの額に『犬』って書いて良い?」
そうじろう「意味、知ってて言ってるのか?」
こなた「もちろん♪」
そうじろう「もちろん、ダメだ。俺はまだ犯罪者じゃない!」 
こなた「(まだ…)」


こなた「我等が地球を辿りし星々よ、今こそ力を貸し与えたまえ!!」

こなた「月の光が映し出すは人の闇、そして優しさ!月魔法使い、ムーンライトこなた!!」
つかさ「命の水が作り出すは必然という名の奇跡!水魔法使い、マーキュリースプラッシュつかさ!!」
かがみ「在りし物すべてを灰燼と化すこの力!火魔法使い、マーズチャリオットかがみ!!」
みゆき「生み出し育む太古の絆を今ここに!土魔法使い、サターンブローカーみゆき!!」

ひよりん「それってほとんどセーラー○ーンのパクリですよねぇ?ねぇ?!」


みゆき「柊ミラー展開、こなたさんの前へ」
つかさ「え…お姉ちゃんは破損部からいつ溶け出すか…」
みゆき「こなたさんを釘付けにするにはそれしかありません」
つかさ「了…解」
スーパーかがみXⅡvsこなた、その戦いの行く末は!?


‐ムネ胸ユカイ‐
みなみ「♪小さな胸、胸好きでしょ?」
みゆき「♪大きな胸、胸好きでしょ?」

かがみ「小さいとか大きいとかどっちでもいいわよそんなの」
こなた「ふぅ……だからかがみんはモテないんだよ」
かがみ「悪かったわねっ!」


かがみ「もー!頭にきたっ!あんたとは口もききたくないわ!」
こなた「いいですよ-だ!かがみなんかとは絶交だよっ!」
つかさ「もう、二人ともケンカやめてよー!」
ゆたか「つかさ先輩、違います。こうです。あきらちゃ~ん!」
あきら「はぁ~い」
ニコッ☆
あきゆた「「ケンカしちゃイヤ!☆仲直りしてぷり~ず☆」」
こなた「はっ!ご、ごめんかがみん!」
かがみ「わ、私こそ大人気なかったわね。ご、ごめんなさい」

つかさ「うわぁ~魔法みたいだねぇ~!」


みゆき「今日11月11日はもやしの日でもあるそうですよ?」
こなた「……」
ゆたか「……」
みなみ「……」
みゆき「あ、決してそのようなわけでは…すっすいません」


‐艶めかしいみゆきさん‐
こなた宅
つかさ「わっこなちゃん強~い」
かがみ「ぐっ…また負けた…」
こなた「ウチにあるゲームなら負ける気がしないよ」
かがみ「次はみゆきの番ね…ってみゆき?」
みゆき「スーッ‥スーッ‥」
かがみ「寝てる…」
つかさ「そう言えばゆきちゃん、ここ最近学級委員の仕事でろくに寝てなかったらしいよ?」
かがみ「…いいですよ?あとは私がやっておきますからって言って無理したからよまったく‥にしても」
こなた「襲いたくなるわね」
かがみ「!?違っ、そんなこと思ってないわよ」
こなた「でもさ…無意識に誘ってるよねこの姿」
つかさ「ゆっゆきちゃんがゆきちゃんが危ない!」

あきら「おはらっきー☆」
ゆかり「おはらっき~☆」
あきら「ほえ?……」
ゆかり「おはらっき~☆(ニコッ」
あきら「……誰?」
ゆかり「あぁん、かわいい~食べちゃいたい!」
あきら「っ!?ちょっ苦しっ☆」
みゆき「すいませんすいません、ほんとすいませんあきらちゃん」

つかさ「あれ?お財布がない」
つかさ「あ、携帯置いてきちゃった」
つかさ「お弁当…どうしたっけ?」
つかさ「お姉ちゃ…?あなた、誰?」 
つかさ「私、誰?」

みなみ「ひより…」
ひより「いっ岩崎さんどうしたっスか?」
みなみ「私、ひよりのことが…」
ひより「えーちょっと、ほんとどうしたっスか?」
みなみ「キス…したい…」
ひより「なっ!?…だっ、ちょっ…」
ゆたか「みなみちゃん!」
ひより「っ!?小早川さんっ!」
みなみ「なんだ来ちゃったんだ…でももう遅いよゆたか…ひよりは私のものなんだから…ん」
ひより「っんー!?」
ゆたか「だっダメー!ひよりちゃんは私のなのー!」

ひより「はっ!…ゆっ夢っスよね?そうっスよね…」


ひかげ「んっ……ふっ、お姉ちゃん……」
ひなた「ひ、ひかげちゃん……駄目よ、私たち姉妹なのに……」
ひかげ「でも……お姉ちゃんのこと、好きなの」
ひなた「ひかげちゃん、ほんとにお姉ちゃんなんかでいいの?」
ひかげ「……うん」

ひなた「ゆ、夢か……もうちょっと夢見たかったな」


ゆたか「おーい、みなみちゃーん」
みなみ「残念…そっちは残像…」


こなた「女はお母さんとかがみだけ」

皇帝「よ、よくも朕にこのようなマネを!」
つかさ「チンチンチンチンうるせえな」

つかさ「待ってろよ、チン幣の皆……」


ゆたか「おーい、みなみちゃーん」
みなみ「・・・・・」
ゆたか「みなみちゃん?おーい」
みなみ「・・・・・」
ゆたか「あれ?もしかしてみなみスクリプト?」
あやの「それはスクリプトではないわ。ゆたかちゃん」
ゆたか「え?だれ?」
あやの「私は峰岸あやの。あやのスクリプトの発明者よ」
ゆたか「あ、あの伝説のあやのスクリプトの……」
あやの「それはただの残像。スクリプトに比べれば足元にも及ばないわ」
みなみ「くっ……」


こなた「このスレはいらないのよ・・・だってこのスレの代わりはいくらでもあるもの・・・」
かがみ「そんな悲しいこと言わないでよ、ね?」
こなた「・・・ごめんなさい、こういう時どんな顔をすればいいのかわからないの・・・」
かがみ「わっ笑えばいいのよ」
こなた「・・・(にこっ」

つかさ「あんた、馬鹿ァ~!?」 
かがみ「…つかさ、ちょっと良い?」
つかさ「(あ、あれ?お姉ちゃん?怖いよ?)」 

みのる「あっあきら様~おでん買ってきましたぁ」
あきら「はぁ?あたしがおでんなんていつ頼んだのよ?」
みのる「えっ?さっき買ってきてプリーズ☆って・・・」
あきら「あ?あたしが、いつ、言ったって?」
みのる「わっわたくしの勘違いでしたすいませんっ(恐い・・・」
あきら「ったく」
みのる「あの~せっかく買ってきたんで食べませんか?」
あきら「・・・あんた、気持ち悪い」

こなた「みさみさ…みさ…ミサ…ミサきち…ミサミサ…」
みさお「なんだ?呼んだか?」
こなた「みさきちって人の寿命が見えたりしないの?」
みさお「はぁ?なんだそりゃ、なぁ柊、こいつ何言ってるんだ?」
かがみ「アンタのほうが寿命見えてそうだけど?って言ってやりなさい」

こなた「最近になってやたら騒いでるじゃん?」
かがみ「何の話?」
こなた「偽装だよ。偽装問題」
かがみ「ああ、次から次へとよく出るわよね」
こなた「そこで私はある結論を導き出した!」
かがみ「結論?」
こなた「私の胸!この胸こそ偽装!」
かがみ「なぁ、言ってて哀しくならないか?」
こなた「…現実って、残酷だよね。かがみん」
かがみ「…まぁ、ね」

こなた「みゆきさんのお母さんって若々しいよねー」
みゆき「そうですねぇ」
つかさ「うちのお母さんも見た目若いよねー」
こなた「かがみやつかさのところは声からして若いもんね。永遠の17歳!って感じで」
かがみ「何のこっちゃ?」
こなた「そういえばみゆきさんのお母さんって、何て名前だっけ?」
みゆき「ゆかりですけど、それがどうかしました?」
こなた「ゆかりんかー……魔法主婦リリカルゆかり、始まります――」
かがみ「わけの分からんものを始めるな」
つかさ「ひょっとしたらほんとにお母さんたち、魔法とか使ってたりしてねー」
かがみ「あははは、ないない」

そうじろう「こなた、ゆーちゃん。二人に大事な話がある」
こなた「大事な」
ゆたか「話?」
そうじろう「ああ。二人は、その、彼氏はいるのかい?」
こなた「彼氏ってボーイフレンド?いないよ?」
ゆたか「私もいませんけど…」
そうじろう「ほっ。そうか、いないか。お父さんはな、不純異性交遊は認めないけど
      不純同性交遊なら認めるぞ?」
こな+ゆた「うわぁぁ」

かがみ「これで、こなたの親公認の仲に…ハァハァ」

みゆき「最近また空気になってしまいました…」

みゆき「このみゆき様さ!!」
こなた「それもう流行んないからw」

みゆき「………」

つかさ「ゆきちゃーん。あれ?あれ?どこにいるの?」

みゆき「………」

つかさ「ゆきちゃーん?おかしいなぁ、さっきまでここにいたのに。まあいっか。」

みゆき「目の前いるのにどうして気付いてくれないんでしょう……」


‐1111‐
みゆき「皆さん、今日はポッキー&プリッツの日ですよ?おひとついかがですか?」
つかさ「ありがとーゆきちゃん」
こなた「サンキューみゆきさん」
かがみ「いっ今ダイエット中だからやめておくわ…」
みゆき「かがみさん、おひとつ、いかがですか?」
かがみ「いや、だからダイエッ」
みゆき「いかがですか?」
かがみ「はい、いただきます…」

みゆき「わかめ、わかめはどこですか~  イタ☆」
つかさ「ゆきちゃん気絶しちゃったよ~」


ただお「ああ、そう君の下着……かもしてるねえ」

そうじろう「な、何だろう、この寒気……」


西暦2307年
人類は枯れることのないエネルギーを手に入れていた
一方こなたはギャルゲ攻略に夢中だった


ななこ「ジェネレーションギャップってあるんやなぁ・・・」
こなた「せ、せんせ?せんせー!は、刃物はやめましょー!」


こなた「そろそろ寝なきゃね。かがみにまた怒られちゃうよ!
     それにしても、今日はよい日でござった。ふぉふぉふぉ」

かがみ「くしゅん!さむ!風邪?・・・寝よ・・・」



つかさ「ふぁーーっ!!ふぁーーっ!!」

みゆき「うるさいですね。つかささん、ついに頭が」

つかさ「ふぁーーーっ!!…あ」

ゴッ

みゆき「ぎゅ!!」

つかさ「あははははw危ないって言ったのにw」

らき☆ごる


かがみ「あれがハニカミ姫のつかさね」

つかさ「みこす~//」

かがみ「どう打つのかしら…」

つかさ「バル!サミ!コーーーっっ!!」

らき☆ごる


こなた「みゆきさん!だいじょぶ!?」

みゆき「ぷぁら…なんらかすごい衝撃が…」

こなた「あぁ…頭にまともにゴルフボールが…」

つかさ「ふぁー」

ゴキッ

みゆき「ぢん!!」

こなた「あ…みゆきさんに当たってカップイン」

つかさ「あははははwナイ酢ショットーw」

らき☆ごる


つるや「みさにゃん、彼氏出来たにょろ?」
みさお「いや~、そんなんじゃねってヴぁ~///」
つるや「またまた~wうらやましいっさ~www」
みさお「でも、鶴屋はもてそうだけっどなぁ~」
つるや「あぁ、男友達はめがっさいるけど、彼氏は作らない主義なのっさ!」
みさお「そ、そ、そうなのか・・・」
つるや「そうだ!みさにゃんにこの間の続きを教えてあげるにょろ!」
みさお「い、いいってヴぁ!あ、あ・・・あぁ・・・」
つるや「いつそーゆーことがあってもいいように勉強は大事にょろよ!w」

ななこ「えぇなぁ、あいつら、えぇなぁ~(泣)ウチにも彼氏作ってくれへんかなぁ~(涙)」

きば☆すた


ななこ「ウチなんで幼女趣味なんやろ?おかしぃなぁ~、ぜったいおかしぃよなぁ~・・・あ!ひかげちゃんや!(はぁと)」


みさお「んあ?あやの~、何か落としたゾ~」
あやの「え?」
みさお「何だこれ。薬かなんかか?輪っかみてーのが入ってるみたいだけど」
あやの「!?なななななんでもないよ?そ、そう!お、お薬なの。あはははは///」
みさお「?何慌ててんだ?」
ななこ「泉~、ちゃんと宿題やってきたか~」
こなた「もちろんです!全部自分の力でやりとげました!」
ななこ「…泉、アサヒっちゃ、あかんで?」
こなた「すいません、でも!先生は生徒を信じないんですか!?悲しくて私、アベしちゃいますよ!?」
ななこ「…泉、日本語は正しく使おうな」
こなた「あれ?」
こなた「あちゃー」
かがみ「ほちゃー」
つかさ「げんまいちゃ」

「はじめまして。蜂岸あやのです」
「ちーっす!日上部みさおだ。よろしくな!」
かがみ「(こいつら…)」
みさお「(偽物だZE!)」
あやの「(偽物ね…)」
かがみ「(2Pキャラか!?)」 

ななこ「ひかげちゃんにハァ(;´Д`:)ハァ」
ななこ「赤ちゃんにハァハァ‥‥」
ひかげ「ハアハアって…何ですか?」
こなた「修理に出していたノートパソコンを秋葉原から持ち帰る途中で変な鏡にすいこまれた/(=ω=.)\」
あやの「ふふふ、みさちゃんは私のものよ‥‥!」
こなた「わ・た・し、ミ・ン・ト♪12歳♪魔法のエンジェル♪」

みゆき「みなさん今スイーツ(笑)というのが流行ってるらしいですよ」
つかさ「ゆきちゃん(笑)」
かがみ「みwiki(笑)」
こなた「みwikiさん(笑)」
みゆき「なんですか・・・この昔のノリ」
みのる「土曜の夜の楽しいサタデーナイトフィーバーはまだまだ続くぜ!」
そうじろう「今年も長年の夢の透視術を得ることはできないのか・・・」
ただお「やっぱ神通力すげええww娘の成長のはやさに嫉妬wwww」
かがみ「来年で卒業、そしてこなたと結婚…くすくす」

かがみ「あ、その前に法律を変えなきゃ・・・くすくす合理的にね」


ひより「スネーク完了ッス!!さ~ぁ、今からどんな展開が‥‥ジュルリ」
ただお「そうじろうさん、知ってますか?お尻の穴にフリスクをですね」ガチャ
ただお「電話を切られた」

そうじろう「なんで柊さん家のただおさんは毎晩こんな電話してくるんだ…」


かがみ「このポケモン名前なんだっけ」
みさお「ズヴぁット」
かがみ「じゃあこれは」
みさお「ヴぁりヤード」
かがみ「ゴキブリとるなら」
みさお「コンヴぁット」
かがみ「百人乗っても大丈夫!」
みさお「いなヴぁ物置!!!」

かがみ「峰岸、日下部、私達の中学の制服って青いブレザーだったじゃない?」
みさお「そうだったな」
あやの「それで?」
かがみ「半ズボン履いて蝶ネクタイつけて『名探偵コ〇ン』とかしなかった?」


みさお「………………」
あやの「……………へえ~……」

かがみ「ああああああっ!!」


ただお「最新曲、歌いませんか?」
そうじろう「いいねぇ~、それじゃ…」
ただお「~ハナマル♪」
そうじろう「笑顔が♪」
ただ+そう「ぷん♪ぷん♪ぷーん♪」
ただお「イェーイ!」
そうじろう「ヒャッホー!」
ななこ「…最悪や。…むしろ殺意沸くわ。うちも、ぷん!ぷん!ぷーん!」 
みさお「ヴぁンデモン」

つかさ「おやつの時間だ~かじかじかじかじかじかじかじかじ」


テレビ「中に誰も居ませんよ…」

つかさ「あっはは、面白そ☆今度こなちゃんにやってみよっと」


ななこ「ω←ひかげちゃん」


みさお「ヴぇノムヴぁンデモン」


つかさ「上を向~いて♪あ~るK…ふんぎゃ!」
かがみ「どしたの…つかさ」
つかさ「えへへ、上を向いて歩いてたら、コケちゃった///」


かがみ「こなたを剥~いて♪歩こおおぉぉぉぉぉぉ」
こなた「か、かがみ?」
かがみ「自分で脱ぐ?それとも私が脱がす?どっちが良い?」
こなた「いや、だから」
かがみ「そ、私に脱がされたいのね?こなた、万歳して?バンザーイ」
こなた「ちょ、止めてって、かがみ。もぅ、かがみの事嫌いになっちゃうよ!?」
かがみ「な!?…そっか、そうだよね。ごめん。こなた」
こなた「…ふぅ」
かがみ「だから万歳して?バンザーイ」 
こなた「…」


みさお「鶴屋はいいよなー」
つるや「ん?どうしたんっだい?みさにゃん」
みさお「だってさー、スタイルはいいし、かわいいし、
    なんといっても私たちの神様と同じ色の髪の毛!」
つるや「まあねw実はめがっさ自慢にょろ!私のモデルが神様らしいよ!」
みさお「え!まじでか!?」

ラム「誰か呼んだっちゃ?」

※ホントかどうかは知りませんw

きば☆すた


ー電車の中ー
ゆたか「んんん」
みなみ「ゆたか、眠いの?」
ゆたか「ん…えへへ、体育で疲れちゃったみたい」
みなみ「いいよ…着いたら起こしてあげる」
ゆたか「ん…ごめん…ね…」
次は~幸手~幸手~
ゆたか「zzz」
みなみ「zzz」
次は~終点~
みなみ「ごめん…ゆたか」
ゆたか「えへへ、いいよ。いっぱいみなみちゃんといられるもん」
みなみ「///」
次は~終点~
ゆたか「zzz」
みなみ「zzz…あれ」
かがみ「こなたってさ、アニソンしか知らないの?」
こなた「失礼な、私だって普通の曲くらい知ってるよっ」
かがみ「じゃあ、なんか歌ってみてよ」
こなた「いいよ。“How deep is your heart?
         Deep inside the darkness 誰も知らない特別な
         Want to feel...”」
かがみ「それもアニソンじゃないの!!」
こなた「みゆきさん出身地どこなの? 私は地元(埼玉)だけどwwwwww」
みゆき「東京です」
こなた「・・・え・・・!?」
みゆき「東京です」
こなた「・・・う、うわあ・・・ああ・・・ああああああああああ(イスから転げ落ちる)」
みゆき「どうかしましたか?」
こなた「ああ、あふゥッ・・・ひいいい・・・ガクガク(足が震える)」
みゆき「やだなあ、そんなにびびらないで下さいよ。ちょっと首都なだけですから^^」
こなた「ああ・・あ・うんっ・ああ・・・ビクンビクン(大小両方漏らす)」
みゆき「ちなみにブルジョアです」
こなた「あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!(破裂)」

かがみ「うん、私も最近「萌え」ってのがだいぶ理解できるようになってきたわ! これでこなたももっと私を好きになるはずよね!?」
こなた「はぁーあ、最初はちょっと「オタク仲間が増えたらいいな~」的な感じでコミケに付きあって貰ってただけなのに‥‥いつの間に素で「萌える」なんて言うようになったんだろ、かがみん・・・ ってゆーかそろそろ私も迷惑なんだよねー・・・」
☆そうじろう

そうじろう「それでも…、守りたいスレがあるんだ!!」


☆そうじろう

そうじろう「デジソォール、フルチャージ!!」


☆そうじろう

そうじろう「気持ちだけで、一体何が保守出来るって言うんだ!?」


☆そうじろう

そうじろう「バルムンクさん!」

こなた「お父さん、さっきからなんなのさ…」


こなた「つかさのリボンって立ってるときと寝てるときあるけど、あれって変えてるの?」
つかさ「ううん、これ九十九神なんだよ」
みさお「ひぃらぎぃー来週暇か?」
ひぃらぎ「うん、特に予定はないけどなにか用?」
みさお「東京行こうZE☆」
ひぃらぎ「は?何よいきなり」
みさお「ミートボール巡りするんだってヴぁ☆」

みさお「おっすひぃらぎぃ☆」
ひぃらぎ「ちょっと昨日のはなんなのよ?」
みさお「もちろん行くよな」
ひぃらぎ「いや、だから」
あやの「みさちゃんね、昨日テレビの料理番組でミートボールのおいしいお店見たんだって」
ひぃらぎ「はあ、それでか…」
みさお「まずはこのとらっとりあからな☆」
ひぃらぎ「おいまだ行くとは言ってないぞ」
こなた「やった!ゴージャスアイリンゲット!あとはピンクダークの少年だけだ!」
後日
こなた「やった!露伴のカバンにピンクダークの少年が入っていた!」
→露伴のカバン(0)
―――――――――――――――――――-¬
  ジョジョの奇妙な冒険35巻  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|  |ピッ
  ジョジョの奇妙な冒険12巻  | >読む     |  |
.> ピンクダークの少年     .|  .投げる ......|  |
  STEEL・BALL・RUN8巻 . . .. ..|  .置く    |  |
――――――――――――-..|  .出す    |―+
                      |  .説明     |
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ディアボロはピンクダークの少年を読んだ!

こなた「ああああああああああああああああ!」


こなた「ひよりんはいつ頃から腐った女子やってるの?」
ひより「小五の時にうっかりアンソロ買ったのがきっかけッス」
こなた「………小五?」
かがみ「あんたって本当に幼児体型よねーwwwwww」
こなた「いいえ、ケフィアです」
ふゆき先生に治療されてみたい俺は、2階のベランダから落ちるという荒業を決行してみた
そしたら「あら、最近の若い子は五点接地も出来ないの?」と言われてショックだった
先生、俺武道やってないので受け身とれません。つーかさらっと凄い事言わないで下さい
俺は何事もなかったかの様にふゆき先生の胸を揉んで帰って行った
こなた「ねえねえみんなでエアーヘビメタしようよ」

こなた「ギャイギャイギュイーんギュギュイガガーリンガガーリン」
かがみ「パンパンパンパンパンパンパンパンツ」
つかさ「ビジョンビジョンビジョンバルサン」
みゆき「ポワロポワロポンドポンドポンプポンポン」


ゆたか「あの人たち怖い……」


みゆき「おでこのわかめで、わかめこめこり~ん♪マジ狩るわかめん・きゆみタン、知識の泉より見参!」
つかさ「ゆきちゃん…キツイよ、それ」 
かがみ「アウトね、みゆき。ていうか泉言うな。呼び捨てにすんな」
こなた「ちょ、かがみ!抱きつかないでよ!足絡ませないで!」 

ゆたか「えへへっ」
みなみ「‥‥どうしたの、ゆたか」
ゆたか「あっ、ううん。ただね、今回のコンクールはいつもに比べて私達の出番多いなーって♪」
みなみ「そういえば‥‥そうかも。でもこんなに出てるとちょっと恥ずかしいな」
ゆたか「でも私達に愛着があるからこんなに使ってくれたんじゃないかな。なら私達も堂々としてようよ、ね?」
みなみ「‥‥そうだね、そうかもしれない」
ひより「私達はハブっスかー!!」
パティ「Oh、コレが本当のサブキャラというものデスネー!!」
こなた「天に柊、地にかがみん家!目に物見せるは最終秘伝!!真・流星コロネ拳!!」
かがみ「天にこなたん、地にこなたん家!目に物見せるは最終奥義!!愛・柊かがみ拳!!こなたぁぁぁぁぁ!!」

こなた「うわぁぁぁ!?かがみん!?」


かがみ「どうしたの?アンタもはやく斬魂刀を解放しなさい、じゃないと…」
こなた「っ!?」
かがみ「アンタを食べちゃうわよ?(ぺろっ」
こなた「くっ、しかたないっ!萌えろ!地獄蝶々」
かがみ「そうそう、そうこなくっちゃ」

ブリ☆すた


つかさ「ゆきちゃんも蝋人形にしてやろーかぁー!」
こなた「むちむちぼいん女子高生のリアルドール…売れる!」
かがみ「(私はこな(ry)」
ななこ「(うちはひ(ry)」
みwiki「1クールの時も、2クールの時も私はずっと待ってた」
こなた「な、何を?」
みwiki「誕生日エピソードだろう!」
こなた「ごめん、覚えてない」
つかさ「どんだけー(笑)」
みさお「ヴぁッヴぁヴぁヴぁヴぁヴぁヴぁ、ヴぁヴぁヴぁヴぁヴぁ、ヴぁヴぁヴぁ♪」

おっくせんまん!


みさお「ヴぁ、ヴぁ、ヴぁ、チョコみ~さ~お~♪(チョコみさお♪)
    柊マーク、金なら1枚、銀なら3枚でみさお缶貰えちゃうゼ!
    みんな、買ってくれよな!」
※「糸使い柊つかさ」の投稿直後

つかさ「やぁ!糸よ、いけー!」

びよよよろろーーん

かがみ「……」(本気モード) クンッ!

ぐるぐるぐるるーん

つかさ「ひやぁぁああ!?」
つかさ「もがもが!お姉ひぁあ~ん!!」
かがみ「あはは、蓑虫みたいねぇ」
つかさ「ひーん。ひどいよぉ~」


こなた「私に喧嘩で勝てるとでも?」ブシュ

ゆたか「お姉ちゃん、チョココロネ潰しても迫力ないよ…」


つかさ「認定されちゃったよ!」
かがみ「うそ!ほんとに!?」
こなた「つかさやるねぇ~www」
みwiki「ミシュランは由緒正しいレストランガイドです!これはすごいことですわね!」
つかさ「えへへ~///」
かがみ「ちょっと見せてみなさいよ!」
つかさ「うん、いくよ~?」
巫女巫女島がありましてー♪
巫女巫女仲間がいるんですー♪

つかさ「つかさにー♪」
こなた「こなたんー♪」
かがみ「かーがみー♪」

わいわーい♪巫女巫女、酢ー♪


みゆき「どーせ私はのけ者ですよ」プンプン!!


ななこ「駄目やったら酒呑んで新作にチャレンジすればええ。
    未成年?ちょっとくらいなら…なぁ?」
つかさ「コンクール?」
かがみ「そうそう、職人達がそれぞれ魂の一作を持ち寄るこのスレの一大イベン・・・」
つかさ「コンコース?」
かがみ「違うわよ。空港行って来い」
つかさ「ダンボール?」
かがみ「某国の肉まんの素材の一つらしいわね。ほんっとどうでもいいけど。っていうか文字すらほとんど合ってないし」
つかさ「コンドーム?」
かがみ「エロパロ行け」

つかさは人類の宝


こなた「ん?どったの?」

こなた「かがみ?つかさ?みゆき?誰?それ…ここには私しかいないよ?だってもうずっと私のターンなんだもん」

こなた「そう、ずぅ~っと私のターンだよ……もう誰にも邪魔させない…」


こなか「ずっと私のターン!!」
かかみ「ちょ、やめなさいよ!周りが迷惑してるでしょ!!」
つばさ「ま、まぁまぁお姉ちゃん、落ち着いて・・・」
ゆき「そうですよ皆さん、今からこのスレは私達4人のものです」

こなた「みんな騙されないで!そいつらは偽者だよ!!」
かがみ「・・・ぷはっ!そうよ!!私達を体育館倉庫に放り込んだ挙句口にガムテープ貼っ付けてぐるぐるに縛ったのもそいつらなんだから!!」
つかさ「むぐー!むぐぐぐぅ!!(はやくほどいてー!)」
みゆき「本物のwikiというものをその身に刻み込んであげますよ!」


かがみ「つかさ、大丈夫?ふらふらじゃない」
つかさ「へへへ…打ち過ぎちゃった…」
かがみ「は?何を?」
つかさ「へへへ…い、いや…津波が!津波がぁ!ひぎぃぃぃぃぃぃ!!!」
かがみ「ちょ…つ…かさ…?」

みwiki「ふふふっ…つかささんもやりますね、次は誰に勧めましょう」

~街中~
つかさ「あれ?ゆきちゃん?お~い、ゆきちゃ~ん」 
ゆき「はい?」
みゆき「つかささん?」
つかさ「ゆきちゃん、来てたんだ。偶然だね♪」
みゆき「えぇ。私は本を買いに来たのですが、つかささんは?」
つかさ「私は暇潰し…えへへ」 
みゆき「つかささん、お昼はもう済ませましたか?よろしければ、一緒にいかがでしょう?」
つかさ「いいね♪行こう行こう♪」
ゆき「人…違い?」

みゆき「そろそろ私のターンですよね☆」

つかさ「ねぇ、こなちゃん」

こなた「ん~?」

つかさ「萌えってなぁに?」

みゆき「萌えというのは…」

つかさ「ごめんね、ゆきちゃん。今こなちゃんに聞いてるの」

みゆき「あ、そうですよね。私ったらつい…」

つかさ「つい…、じゃねぇよ☆」


みゆき(おかしいですね…、私のターンの筈なのに……)


‐If こなた⇔そうじろう‐
そうじろう「~♪」
かがみ「う~っす、お昼食べましょ‥ってそうじろうアンタまたコロネ?」
そうじろう「まぁね~」
つかさ「そうくんここ最近ずっとコロネだけど飽きないの?」
そうじろう「んー飽きないよ?好きなアニメのキャラが食べてたのを真似たんだけど、意外にハマっちゃってさぁ、それからお昼はコロネにしてるんだよね」
みゆき「わかります、私も最近母の影響でパンにハマってしまいまして‥」
そうじろう「みゆきさんとつかさはパンってイメージでかがみんはご飯!って感じだよね?」
かがみ「なんで私はご飯なのよ?」
そうじろう「なんか食事には常に全力投球でがっついてそうだから、ご飯のがパンよりしっくりこない?」
かがみ「殴っていいか?」
こなた「オール・ハイル・ブリターニアー!!」
かがみ「若本さん?」

こなた「執事。それは……」
つかさ「若本さん?」

こなた「永遠に砕けろ!!」
ひより「若本さんっスか?」

こなた「ぶるあああああ!!」
パティ「若本さんデスネ?」

こなた「………」


こなた「えぃ!えぃ!おぉぉぉ!!!」
つかさ「えぃ♪えぃ♪おぉぉぉ~♪」
かがみ「何やってんだ?あんたら」
こなた「士気向上だよ!さっ、かがみんも一緒に!」
かがみ「やらんわ!」
みゆき「さぁ、かがみさん、遠慮なさらずに!えぃ、えぃ、おぉぉぉ!!!」
かがみ「や、…やらn」
こなた「えぃ!えぃ!おぉお!?げはっ!げはっ!血が!?」
つかさ「えぃ♪えぃ♪!?す、酢が足りないよ~」
みゆき「えぃ、え!?ち、知識ガァ!か!かがみさん!」
かがみ「…な、何なのよ。…え、えぃ…えぃ…おー…」
3人「プwww『…え、えぃ…えぃ…おー…』プププwww」ヒソヒソ
かがみ「!?」
‐CRらき☆すた‐
こなた「いわゆる一つの萌え要素だよ!」
こなた萌え予告 期待度★★☆☆☆

みゆき「もともとはヨーロッパの歴史に関係しているようですよ?」
みゆき博識予告 期待度★☆☆☆☆

かがみ「べっべつにそんなんじゃないわよっ////」
かがみツンデレ予告 期待度★★★☆☆

つかさ「すぐ二度寝しちゃうよねぇ~」
つかさ二度寝予告 期待度★★☆☆☆

つかさ「バルサミコ酢なんだよ?あはっ」
つかさバルサミ予告、二度寝予告より発展 期待度★★★★☆

こなかが「いいかげんにしなさいっ!」
こなかが予告 期待度★★★★☆

あきら「ドッカ~ンと確変プリーズっ☆」
白あきら予告 期待度?????

ななこ「景気よく一発いくでぇ」
ななこ予告 期待度★★★☆☆

こなた「貧乳はステータスだ!希少価値だ!」
こなた貧乳予告 期待度★★★★★

みゆき「では、少し本気を…」
みゆき本気予告 期待度★★★★★


ゆたか「あはは、川は気持ちいいねー♪」
こなた「そだねぇ。あれ、これは・・・」
ゆたか「‥‥綿?」
こなた「近くの川で綿流しでもやってるんじゃないの?オタクの血が騒ぎますなぁ」
ゆたか「ふぅん・・・?あれ、じゃあこの白くてモヤモヤしてるのは・・・うわっ、なんかネバってしてる・・・」
こなた「ん~?洗剤か何かが固まってるのかな?」
そうじろう「違う違う、それはお父さんのせいえk

(この文章は省略されました。続きを見るにはこなたを俺の嫁に下さい)


黒井先生「職業体験や!」
こなた「満喫」
黒井さん「泉らしいっちゃらしいな」
かがみ「神社」
黒井「実家やーん」
つかさ「バルサミコ酢工場」
yahoo黒井「バルサミコ酢 工場 で検索した結果 1~10件目 / 約113,000件 - 0.50秒」
みゆき「私はー」
俺の黒井「乳搾りでもいっとけ」
「みさちゃん・・・どうしよう、お兄ちゃんより、みさちゃんの方が好きになっちゃったの・・・」

どう転んでもバットエンドです。本当にどうも(ry


みさお「柊このゲーム貸すから今度対戦しようぜぇ」
かがみ「・・・さる・・・パンチャー?」

ただお「私はガチホモ!」
ななこ「わいはロリコン!」
みゆき「私はこのみゆき様さ!」
かがみ「私はこなたに夢中!」

「「「「そしてキミは缶詰めキャラ」」」」

ゆたか「嫌ああああああっ!!」

ゆたか「ひどい悪夢………」

 

あやの「私はスクリプト!…あれ?」


こなた「みさきちってさー、あずまんがで言えば神楽、絶望先生で言えばマ太郎って感じだよねー」
みさお「そんなこと言われたって分かんねーよー」
あやの「ねえ泉さん、私ってどんなキャラになるのかな? そういうのよく分からないけど」
こなた「むー、峰岸さんの場合はね……おでこはアイマスの伊織っぽいし、あと声がときどきみくるちゃんに聞こえるような聞こえないような……」
あやの「うーん、やっぱりよく分からないわ。ごめんね」

こなた「こないだアニメイト行ってきたらさー、平野さんのCD連続リリースってお知らせがあったんだよ」
ひより「楽しみですよねー」
こなた「んで、1曲目と2曲目は曲名があったんだけど、3曲目は『未定』だったと」
ひより「うーん、これは……」
こなた「ほんとに決まってないなのか、『未定』って曲名なのか、判断に苦しむよね」
ひより「確かに。私らの最終回も『未定』でしたしね」

こなた「何、みなみちゃん? イメチェンしたいの?」
みなみ「はい……」
こなた「よし、じゃあまずこれ読んでみて」
みなみ「えーと……この物語は、南家三姉妹の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待は決してしないでください。あと、部屋は明るくして、TVから3メートルは離れて見やがってください」
こなた「さっすがみなみちゃん、すらすら読んでるねえ。でももうちょっととげとげしく読んでみよっか」
みなみ「は、はあ……」

みなみ☆け


『快適なアニメライフを妨害する電波将軍が・・・』

こなた「おのれ・・・」


‐つかさアントワネット‐
つかさ「はぁ、やっとお昼~おなかペコペコだよぉ」
こなた「あ、パン忘れた…購買に買いに行ってくる」
つかさ「うん、わかった待ってるね」


こなた「はぁ…」
つかさ「あ、おかえりぃ、どうしたの?」
こなた「パンが全部売り切れだったよ…(る~」
つかさ「なんだそんなことかぁパンがないのならお菓子を食べればいいんじゃない?こなちゃん」
こなた「え…」
みゆき「そうですわね」
こなた「えー!みゆきさんまで…お菓子を主食として食べたらかがみんになっちゃうじゃん!」
かがみ「どーゆーことだ、くらっ!」


‐仁義なき…‐
ななこ「あぁ?なんやて?ここはワイらのもんじゃ言うちょろうがいっ!」
こなた「だっだけどもともとここは」
ななこ「じゃかぁしいんじゃ!さっさと出てかんかいっ!目障りじゃ!」
かがみ「こなた、アンタは引っ込んどきぃ、ここはあたいがヤるけぇ」
こなた「あっかがみのアネゴ!」
ななこ「あ?なんじゃいワレぇ」
かがみ「あんたらあんまりナメとったら承知しまへんで!(ドンッ!」
ななこ「なっなんじゃいワレ!ワイらを脅そうっちゅうんかいっ!卑怯やで!」
かがみ「仁義もわきまえずしてどこが卑怯や!そっちが卑怯やろ」
~更衣室~
こなた「はぁ~何で持久走ってこんな寒いなかするかねぇ」
かがみ「文句言ってないで早く着替えなさいよ、今日は合同で人多いから早くしないと授業に間に合わないわよ?」
こなた「なに言ってるのさ?かがみんのが遅いんでしょ?」
かがみ「なっ!速っ!いつのまに」
こなた「ほらぁ遅れるよぉ?」
かがみ「わっかってるわよ!今着替えるわよっ!」
ゴトッ
こなた「え!…」
かがみ「あ、落としちゃった危ない危ないっと…なんか見た?」
こなた「う、ううん見てないよ(いっ今のって本物?)」

こなた「ねぇ、かがみん。ドナルドの[ド]を[お]に変えて言ってみてよ」

かがみ「ん~?( ^ω^)オナるお!……って何言わせんのよ!!(///)」

ヽ(=ω=.)ノ≡ ⌒゚(`□´)゚⌒≡


つかさ「気付こうよ……」


みwiki「つかささん、かがみさんは言いたかったんです。察してあげてくださいwww」
みさ+あや「どうも~背景コンビでっす♪」
こなた「背景(プ」
つかさ「しかもコンビwww」
かがみ「せめて個人個人でデビューしなさいよwww」
みゆき「あの、知り合いにインディーズメーカーの方がいますので
    自費製作という形でしたら、CDを出せると思うのですが、いかがでしょう?」
みさ+あや「…いや、いいです…」 
ひかげ「キャラソンどれも売れてるなぁ……これが売れればもしかして!」

ななこ「おっしゃ!つるぺったんガールズも好調らしいし、ここは一つ「ぺったんガールズ」に対抗して「ぼよよんガールズ」で行ってみよか!」
ゆい「いいですねぇ、賛成っ!」
みゆき「でも先生と成美さんって既にキャラソンNo.12でコンビ組んでますよね?そこに私が混ざっただけでは変化に乏しいと思いますよ」
ななこ「よし、成美はん、一時コンビ解消や!」
ゆい「オーケーです先生っ!お互いソロで頑張りましょう!!」
みゆき「それに平均年齢二十オーバーではもはやガールズとは呼べないのではないのかと」
ななこ「高良ああああぁあぁぁぁ!!!」
ゆい「侮辱罪で逮捕だー!!」

かがみ「おいおい・・・」
みさお「その前に私達をソロデビューさせてほしいんだってヴぁ!!」
つかさ「しかも「ぼよよんガールズ」って、なんかどっかの夫婦漫才の一発ギャグみたい・・・」


みゆき「未婚の黒井先生はともかく、既婚の成実さんは完全にガールではないと思います」

ひなた「コンビで3枚も…ひかげちゃん、これはチャンスよ!」
ひかげ「チャンス…」
ひなた「私達もコンビでCDを出すの。そうすればこの生活とも!」
ひかげ「…」
ひなた「こうしてはいられないわ。かけあってくれそうな所、探さなきゃ」
ひかげ「…できれば…お姉さんと歌いたいな…」
ひなた「でしょ♪」
ひかげ「(お姉ちゃんじゃない!!)」

つかさ「ぽよよ~ん」
みゆき「あ、あの・・・」
こなた「つかさが百合に目覚めた!」
みさお「おーい、ち[ピー]ー…あれ?[ピー]っこー…なんだこれ?」
こなた「どったの?みさきち」
みさお「おお、お前の事呼ぼうとしたんだけど、呼べねぇんだよ。ち[ピー][ピー]っこ、な?」
こなた「ち[ピー]、[ピー]っこ…ああ。んじゃ、びをヴぃに変えて呼んでみてよ?」
みさお「ヴぃ?ちヴぃっこ?ちヴぃっこ?あ、言えた…何で?」
こなた「放送禁止用語ですかね。んじゃ私も試しに、みさ[ピー]い。なるほど」
みさお「?」
こなた「がをはに変えてみると?みさきちはいい。言えた」 
みさお「??」
こなた「言葉狩り、自粛、難儀ですな~。みさきち」
みさお「お、おう!やな世の中だゼ!(どゆ…こと?)」
かがみ「(こなたのち[ピー]!こなたのち[ピー]!)」
みさお「おーい、ち[ピー]こ!ち[ピー]こ!」
こなた「なんて失礼なっ!!」

 

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。