ID:5M067qXX0氏:あやののハッピーヴぁースデーなんだってヴぁ

みさお「おーい柊ー、ちょっと手ぇ貸して欲しいんだけどー」
かがみ「はいはい、今度は何のノート?」
みさお「ノートじゃねーよっ、もうすぐあやのの誕生日じゃんかよ?」
かがみ「そういえばそうね……」
みさお「それで誕生日のプレゼントどうしようかと思って――」
かがみ「どうするつもり?」
みさお「えーと、手作りのお菓子にしようかなーって……」
かがみ「へぇー、面白そうね」
みさお「でもさー、お菓子の作り方なんてさっぱりだし……つーわけで妹ちゃん貸してくれ」
かがみ「あー、私は最初からお呼びでなかったわけですかい……」

みさお「こ、こうかー?妹ちゃ~ん」
つかさ「そうそう、頑張って日下部さん」
みさお「うおー!やーってやるぜっ!」
つかさ「す、すごい気合だね……ははは」
みさお「ちびっ子が言ってたんだよなー。何かのアニメであったんだって」
つかさ「へ~。あ、そろそろ出来上がるよ」
みさお「どうなってるかな~?」
つかさ「すごく美味しそうに出来てるね。これなら大丈夫だと思うよ」
みさお「そうかー……あやのー、待ってろよー」

みさお「うおっす」
あやの「話って何かしら?みさちゃん」
みさお「あ、あやの!誕生日おめっ」
あやの「ふふ……ありがと、みさちゃん」
みさお「でさー、これ、プレゼントなんだ……」
あやの「えっ?開けちゃっていいの?」
みさお「おう。その、自信はねーけど、いつも世話になりっぱなしだからたまにはと思って……」
あやの「何だろ……ん?マドレーヌ?」
みさお「私が作った――妹ちゃんにちょっと手伝ってもらった、つーかほとんど妹ちゃんにやってもらったんだけど……」
あやの「私、すごく嬉しいな」
みさお「え!?」
あやの「みさちゃんが一生懸命作ってくれたものだから」
みさお「えへへー、何か照れ臭いなー」
あやの「それじゃ、いただきます」

かがみ「……と、これが峰岸の誕生日の次第ってわけよ」
ひより「いやー、その光景がリアルに想像できますなー。柊先輩、有意義な報告をどうもです!」
かがみ「そいつはよかったですねー」
ひより「柊先輩、どうかしましたか?元気ないみたいですけど……」
こなた「ははーん、みさきちの作品を試食してるうちに、体重計が怖くなったと見た!」
かがみ「こ~な~た~!」
こなた「ず、図星でしたか……柊様~、落ち着こうか?ね?」
かがみ「許さーんっ!」
こなた「わひー!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。