ID:VxeX83E > O氏:タイトル不明

みゆき「ああ…この想い…どうしたら…はぁ」
つかさ「どうしたのぅゆきぃちゃぁぁん」
みゆき「ちゅかささん……。私、恋をしたみたいなんです…」
つかさ「いったいだれにぃ?」
みゆき「いえ…その、あの……」
こなた「私です」
つかさ「お前か!!」
みゆき「違います!!」

こなた「じゃあいったいだれなんだい?いってごらんガール?」
みゆき「……さんです」
つかさ「なんだってぇ?はっきりいぇよ!!」
みゆき「白石…さんです」
こなた&つかさ「えぇぇぇぇ絵ぇぇ江ぇぇぇ」
みゆき「///言ってしまいました…」
こなた「みゆきさん…」つかさ「流石の私も」
こなた&つかさ「それはないわ」
つかさ「大体セバスチャンのどこがいーの?だって臭いしカレー臭だしさー」
みゆき「あそこまで私を好きだと言ってくれた人はいませんから…」
こなた「あ、セバスチャンが来たよ」
白石「またあなたの気まぐれが~」
みゆき「あ、あの白石さん!!」
白石「ん?なんすか」
みゆき「前から…あなたが好きでした。付き合って下さい!!」
白石「ムシバドス…」
みゆき「へ?」
白石「貴様はムシバドスだぁぁぁぃぁ!!」
みゆき「IYAAAAAAAAAA」
白石「ガンダムになんて出てるんじゃねぇぇぇ」
みゆき「このみゆき様がぁぁぁぁ」
白石「貴様はかわいかった。…でも、不衛生だった」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。