ID: > LxXByFl0氏:タイトル不明

「急に寒くなったねー」
いつものように私の席に寄って来たつかさにそう話しかける。
やはり秋分を越えると大幅に変わるんだろうか。
だからと言っても、この気温の下がり方はちょっとおかしいと思う。
もうちょっと優しく下がってくれてもいいのに。
「そうだねぇ、こなちゃんは寒いの嫌い?」
「嫌いじゃないけどさーこう急に変わるのが嫌なんだよ」
せっかく四季があるんだから、こうもっと秋という季節を感じていたい。
「しかも暑くなったり寒くなったり良くわかんないじゃん、最近」
「そうだよねぇ、服選ぶのが大変だよ」
朝方は少し寒くて、昼間は暑くなって日が暮れると急激に寒くなる。
まだコートを出すほどではない、というのが面倒臭いのだ。
セーラー服である以上、中に着る服が重要になってくる。
半袖だと寒かったり、長袖だと暑かったり。
こういうとき、私服登校やブレザーの学校は羨ましいな、と思う。
「セーラーってのが多分原因だね」
「上に羽織るものなんてないもんね」
ハルヒではカーディガンとか羽織ってたけど、どうやらこの学校じゃそういうのはないらしい。
まぁそれは置いといて。
「寒いなぁ……」
「そうだねぇ」
二人して空を見上げる。
先月と比べて、日が暮れるスピードが速くなったような気がする。
「みゆきさんって暖かそうだよね」
「いきなりだね……こなちゃん」
「こうモフモフーって感じが」
特に胸の辺りとか。
「でもわかる気がする、ゆきちゃん羊っぽいし」
「私的には牛なんだけどなー」
特に胸の辺りとか。
「それは何か失礼じゃない?」
「っていうかセクハラだね」
まぁその噂のみゆきさんも今日はお休みなわけで。
「みゆきさんでも風邪引くんだね」
「本当、意外だよね」
体調管理とかしっかり出来てそうなイメージなのに。
まぁでも、ドジッ娘のみゆきさんが風邪っていうのは何処か可愛い。
「うーむ」
「どうしたの?」
「いや、かがみも自分のクラスみたいだし、何か人が少ないと寂しいなーと思ってさ」
別につかさとの話が面白くないわけじゃない。
こう何かが足りないような。
何かスパイスが抜けたカレーのような、そんな感じ。
「でもわかるよ、その気持ち」
そう言ってつかさはまた空を見上げた。
「何かさ、最近思うんだ」
「うん?」
「いつまでもこのままがいいなーって」
少しだけ照れ笑いをして、つかさがそう言った。
そういえば、高校生活も半分以上が過ぎようとしていた。
こう、実感が沸かない。
卒業後のこともあんまり考えていない、そろそろ真剣に考えないといけない時期なのはわかっている。
片隅でそうはわかっていても、実行に移せない。
「卒業したらどうなっちゃうんだろうね」
「そうだねー」
少し、考えてみた。
先のことなんてわからないけれど。
一つだけ、わかることがあった。
「多分、このままだと思うよ」
「え?」
「つかさとかがみは一緒だろうけどさ、多分私達も大丈夫だよ」
進む道は違うかもしれないけど、きっと一緒なんだろう。
「って、あずまんがのゆかりちゃんが言ってたよ」
「誰?」
「まぁつかさはわかんないかもね」
かがみは……そういや読んでたっけかな。
そう思えばかがみの一緒のクラスになりたいーはかおりんに似てる気がする。
まぁキャラは全然違うけどね。
「でも言いたいことはわかる……かな」
そういうことを悩むつかさが、少し可愛い。
ふとそこで、チャイムが鳴り響いた。
本日最期の授業が、始まる。
「ほら、チャイム鳴ったよ」
「あ、うん」
トコトコ、とつかさが自分の席へと戻った。
はぁ、と一つだけ息を吐いた。
自分であんなことを言っておいて。
その時私はどうしているんだろうな、と少しだけ不安になった。
まぁ、そんなわからない先の事よりも。
私にとっては、この眠くなる古典の授業と、変わらないこの寒さを凌ぐ方法だけが、今の悩みだった。



黒板上の時計に目を向ける。
まだ授業開始から二十五分しか経っていなかった。
再び黒板に視線を戻すと、頭の薄い教師が延々と関連事項を赤いチョークで書き込んでいた。
いつになったら、黄色を使うようになるんだろう。
黒板に書かれる赤色、というのは非常に見づらい。
以前も誰かがそう進言したはずなのに、次の授業で彼はその事を忘れていたようだ。
はぁ、と少し溜息を吐く。
時々、自分というものがわからなくなる。
季節の所為もあるのだろう。
ここの所、急に寒くなり、秋が冬へと変わりつつある。
何故か、何故だかはわからない。
切なくなるのだ。
空を、何とはなしに見上げた。
四角く区切られた淡い水色。
遠くの方は茜色に染まり、その教会を鳥の群れが隊列を成して飛んでいる。
あの鳥達は、何を思い生きているのだろう。
そんなことを、時々思ってしまう。
小説を読んでいる所為だろうか。
色んな世界を見て、その世界の傍観者となる。
例えば、だ。
この世界こそが造られた世界だったらどうだろう。
誰かに傍観され、時には感情移入され、あたしはあたしでなくなる。
柊かがみという人物はあたしではなくなり、他の誰かのコマとなる。
なら世界とは何なのだろう。
今黒板に書かれている歴史上の人物。
彼らが偉業を成し遂げたとのとは違う世界。
区切られた、今、という事象しか存在しない世界。
そこに歴史や過去や未来などはなく、あったとしてもそれに意味はない。
「柊」
そうだとすれば、だ。
今こうしてあたしが考えていることさえも、用意されたことなのだろうか。
ノートの隅に、シャーペンを走らせる。
あたし=柊かがみ。
この方程式は正しいのだろうか。
意味はない。
こんなことを考えるのに意味はない。
意味はなくても、考えてしまう。
あたし≠柊かがみ。
それも何かが違う気がした。
だって、あたしはあたしなのだ。
仮にこの世界が造られた物だったとしても、だ。
「柊」
いつの間にか、槍型の鳥の群れは見えなくなっていた。
あたしが見える世界から彼らは離脱し、また別の世界へと旅立った。
「柊」
「えっ!?」
ふいに名前を呼ばれる。
驚いてその方向に視線を向けると、少し呆れた顔で教卓に佇んでいた。
「珍しいな、お前が意識を飛ばすなんて」
「あ、いえ、すいませんっ」
「いや、まぁ良い、じゃぁ代わりに……」
そう言ってグルリと教室を見渡す。
黒板に目を向けると、板書は次の段階に移っているようだった。
峰岸にでも見せてもらおうか。
苦もなく板書を終えたであろうその背中を見て思う。
全てが、一人相撲だ。
あたしがいない間でも、世界は動いている。
ゆっくりと、それでいて急速に。
また、溜息が出た。
頭を、切り替えよう。
考えても仕方がない。
答えなどでない、見つけようがない。
なら。
今を精一杯に行きるしかないのだ、私たちには。
とりあえずは。
峰岸にノートを借りて、こなた達と帰ろう。
色々考えた結果、そう自然とたどり着いた。
今が楽しければそれでいいじゃない。
そう言っていたのは、誰だったろう。
まぁ、いいか。
そうしてあたしは再び、日常へと身を埋めた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。