ななこ×ひかげ~私のあしながお姉さん


ななこ「ふぅ…子供はかわええなぁ…半袖短パン、涎がでそうや…」

ななこ「声かけたら…変質…でもうち女やし…ちょっとくらいなら…」


ひかげ「おばさ~ん!おねがい、今日の晩ご飯を恵んでください……」

ななこ「うちにまかしとき!!ジュルリ」

ななこ「て、だれがおばさんや!娘に用はない、はよどっかいき!」

ひかげ「お、おねぇさん。お願いします……三日間、塩がゆしか食べてないんでう」

ななこ「…酷い事言って、すまんかったな。ええよ。うちき。ご飯食べさしたる…ジュル」

ひかげ「ごめん、お姉ちゃん……。お姉さんありがとうございます!」
ぐぅ~~

ななこ「ええんよ…これはうちの、使命や(うちもご飯の用意…ムヒヒヒ)」


ななこ「ほほぅ、『子供達の水遊びvol.3』…新作やん。こら予約せな。ポチッと。ん~、発売が楽しみや♪」


ななこ「この前のあの子、また来てくれへんかな…。まだ小学生か…可愛い盛りやん♪」

ななこ「おまいらもさぁ、出会い系とか、あんなんやめとき。人生棒に振るだけやで。身をもって知ったわ。
    出会いを求めるならな、まずは公園や。公園はえぇでぇ。妖精達の溜り場や。無邪気に遊ぶ妖精達、どや?たまらんやろ?あ、鼻血や。興奮しすぎやなw」  

ひかげ「お姉ちゃんお誕生日ケーキは?」
ひなた「ごめんね、今月も同人誌買いすぎちゃって」
ひかげ「…おねぇさんのとこ行ってくる」

ななこ「嫌な天気やな。…あの子、どうしているやろ…」

ピンポーン
ななこ「なんや、こんな時間に誰やろ?」

ひかげ「おねぇさんこんばんは」
ななこ「どないした!?びしょ濡れやないか、はよ入り」
ひかげ「ありがとう」
ななこ「こんな嵐の中一人で来て何があったん?」
ひかげ「今日誕生日なのに誰も気づいてくれなくて・・・ウチ貧乏だからケーキも食べれないの・・・それで・・・」
ななこ「わかった、おねぇさんに任しとき」
ひかげ「ありがとうおねぇさん」
ななこ「いいっていいって、今日はもう遅いしウチに泊まっていきや」
ひかげ「うん!」


ななこ「最近の子供服はみんなおしゃれやな。この服なんてひかげちゃんにぴったりや。
    よし、購入っと。次、いつ来てくれるやろ…」

ひかげ「私の足長お姉さん…」
ひなた「なぁに?」
ひかげ「お姉ちゃんじゃない!」


ひかげ「あ、DSライト…また入ったんだ…」
「おいおい、それ交換してくれよ!」
「自分で探せよ、見付けるの苦労したんだから」
「俺なんか初日に見付けたぜ」
「「スゲーーーー!」」
ひかげ「…はぁ…私も働けたらな」
某マンション
ななこ「遂にDSライトGetや!今度遊びにきたらプレゼントしたるで~(はぁと)ジュルリ」 

ななこ「カタ、カタカタカタ『今度、お食事でもどうですか?』送信っと♪」
その今度
ななこ「お、ちゃんと来てくれたな♪ありがとー」
ひかげ「い、いえ、私の方こそ、誘っていただき、ありがとうございました」
ななこ「なはは、そんなかしこまらんでもええって。お、うちが送った服、着て来てくれたんや」
ひかげ「はっ、はい。あ、あの、似合いますか?」
ななこ「流石はうちのセンスや。よう似合ってるよ。ほんま可愛い」
ひかげ「///あ、ありがとうございます」
ななこ「うん♪ほな、早速行こっか」
ひかげ「は、はい!」
ななこ「♪~(うちは幸せもんや♪…ジュルリ)」 

ひかげ「あの、私に渡したい物って」
ななこ「うん。この前な?ひかげちゃん誕生日やったやん」
ひかげ「あ、はい。その節はご馳走様でした」
ななこ「ううん、ええんよ。それでな、その時プレゼントあげられなかったやろ?」
ひかげ「え…」
ななこ「だからな、はい。誕生日プレゼントや♪」
ひかげ「え…これを、私に?」
ななこ「うん♪きっと驚くで」
ひかげ「…あ、ありがとうございます!開けても良いですか?」
ななこ「もちろん♪」
ひかげ「…!?…これ…、DS?」
ななこ「そや。たまたま見つけてな?是非ひかげちゃんにあげたい思うてな?」
ひかげ「あ、あの!…その…、嬉しいですけど、頂け…ません」
ななこ「え」
ひかげ「こんな高価な物…」
ななこ「ひかげちゃんは気にせんでええんよ?私の気持やし、な?」
ひかげ「ですけど…、家に持って帰ったら、お姉ちゃんにどう思われるか…」
ななこ「あ…そっか。そうやねんな。ひかげちゃん、お姉ちゃんと暮らしてるんやもんな。下手な心配させられへん」
ひかげ「ごめんなさい」
ななこ「ええって。うちが迂濶だっただけやし。ひかげちゃん、ほなら、何か欲しい物ある?プレゼント、何かあげたいねん」
ひかげ「…じゃあ、あの、新しい…文房具…」
ななこ「文房具?…そんなもんでええの?折角の誕生日や、もっとええもんでもええんよ?」
ひかげ「あの、今使ってるの、入学した頃から使ってて、もうボロボロで…」
ななこ「そか。ひかげちゃんが欲しいんやもんな。買ったるで!時間、まだ平気?大丈夫なら今からでも」
ひかげ「お姉ちゃん、お仕事で遅いから…」
ななこ「よっしゃ!なら、今から行くで!」
ひかげ「はい!」
ひかげちゃんへのプレゼントはDSの1/10程度やったけど、ひかげちゃんはめっちゃ喜んでくれた。
まあ、ひかげちゃんの笑顔が見れたから万々歳やね。 
ちなみに、DSはうちとひかげちゃんの共有物になってん。今度はうちの分も買って対戦や!     

ななこ「うちもひかげちゃん拉致って、立て篭ろうかな…ってそらまんま犯罪者やん
    うちはそんな事出来へん。第一可哀想やん。うちは…優しいお姉さんや。…ジュルリ」

ななこ「でも・・・優しくしてれば可哀想やないよな~・・・
     そや!きっとそうに違いないわ!よぉーし、やったるでぇ~!」
ひかげ「今日も白がゆだよ~。いつだったかのおばさん、いないかな?」
ななこ「なんやて!?高校生が小学生の胸触ってキスした!?うちかてまだなのに…
    許さへん、許さへんで!全く!そや、ひかげちゃんにメール送っとこ。世の中は危険がいっぱいや。
    は!うちの生徒は大丈夫やろか!?…まぁ、何かあったら地獄送りやね♪ほい、送信っと♪」 

ななこ「食欲の秋さかい、たくさん食べや」
ひかげ「うわーおいしそう、おねぇさんありがとう!」

ななこ「ふ~ん、こどものじかんDVD第1巻、初回特典はランドセル型のBOXぅ!?…しょ、正気か?バンダイさん…
    とりあえず予約や。色々事件起きてるからな。発売中止とかなったらどないしよ。そうなったら電凸間違いなしやね。
    ちゅうかこの仕様、有りえんやろwwwなんやランドセルって。狙い杉やんwww釣られるうちもうちやけどwww
    はぁ…ランドセル、あの子のランドセル姿…縦笛なんか刺さってたりして…やば、鼻血や。ティッシュティッシュ…。
    この調子ならうちの死因は出血多量やな。黒井ななこ、鼻血のふき過ぎにより死去…かっこ悪~。でもまぁ、ある意味幸せな最後かも知れへんね。
    萌死や萌死。死顔は満面の笑顔や。でも、まだまだ死にへんで。まだヤりたい事ぎょうさんある。
    あ~んな事や、こ~んな事、法律が邪魔やけどな。あぁ、はよ会いたい、会って抱き締めたい!…ひかげタン!ジュルリ」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。