ID:N > 5AkhsA0氏:お目覚め

かがみ「ブルルル…寒っ…布団…ふt…ん?…!?」
こなた「…かがみん…いきなり蹴けんないでよ…ムニャムニャ…」
かがみ「こなた!?何で私の布団で寝てるんだ!?」
こなた「私って…ここはあたしの部屋だよ…ムニャムニャ」
かがみ「はぁ!?…って、ホントだ…こなたの部屋だ…え?何で?」
こなた「かがみが来たんじゃん…夜中に…」
かがみ「何言ってるんだ?記憶に…あれ?」
こなた「喧嘩したんでしょ?…びっくりしたよ…もぅ…」
かがみ「そう言えば…」 
こなた「…かがみん…お目覚めのちゅうは?」
かがみ「はぁ!?」
こなた「昨日あんなにしてくれたじゃん…あれは、ネタ?告白までして…」
かがみ「ちょ!私何も…」
こなた「傷付く嘘は嫌いだよ?かがみん」
かがみ「…そう…だったわね。私、家を飛び出してきたんだった」
こなた「どうする?白紙に戻す?かがみん」
かがみ「…こなたは…どっちがいい?」
こなた「なかった事に…って言うのは正直、辛い。かな」
かがみ「こなたは、私の事…」
こなた「昨日も言ったじゃん」
かがみ「ごめん、私、どうしよう…」
こなた「せりゃ!」
かがみ「うわっ!?…いきなり押し倒すな!」
こなた「責任取ってもらうよ?かがみん」
かがみ「!?(キス!?)」
こなた「むちゅ~……なんてね。どうするかは、かがみが決めればいいよ。
    あたしはどっちでも良い。一時の気の迷いかも知れ」
かがみ「そんなわけないじゃない。散々人をもてあそんで、今更…」

こなた「じゃあ、って、うぉ!…形勢逆転だね、かがみ…」
かがみ「するわよ、キス…」
こなた「ま、まって、これは、その…」
かがみ「そういうキスよ、するわよ?」
これは「…うん…んむ…」
かがみ「…ぷはぁ…」
こなた「…ぇぐ…ぅぇぐ…」
かがみ「ちょ、こなた?な、泣かないでよ?嫌だったの?…ごめんね、こなた」
こなた「ぇぐ…うぇぐ…ばかがみ…かがみのばか!ばか!ばか!」
かがみ「こなた、ごめん、ごめんね?こなた」
こなた「あ、謝んないでよ…ばかがみん…ぇぐ…」
かがみ「じゃあ…なんんん!?」
こなた「…仕返し!」
かがみ「…やるじゃない…こなた」
こなた「人前で泣くの、久しぶり。えへ」
かがみ「もぅ、誘ってんのか?」
こなた「えへへへ。続きは帰ってからだね。朝ごはん作るから、待ってて」
かがみ「悪いわね。あ、私も手伝」
こなた「のんのん。これはあたしのお仕事です。すぐにできるからさ。ね」
かがみ「うん」
かがみ「…キス、しちゃったんだ。こなたとそういう関係…
    みんなには何て説明しよう、隠すべきなのかな、やっぱり…
    それとも…女の子同士だもんね…変に思うわよ…絶対…」
こなた「お嬢様、お食事の用意ができましてございます」
かがみ「あ、うん。ありがとう、こなた……って、何だ、この相合い傘の描かれた目玉焼きは」
こなた「2人の新たな門出を祝して、と言うこなたシェフの粋な計らいだよ、かがみん。さ、食べて食べて」
かがみ「うん…いただきます。あれ?美味しい…普通の目玉焼きよね?」
こなた「隠し味に愛情を使っております♪」
かがみ「さすが私の」
こなた「かがみは『あたしの嫁』だよ?」 

お食事中
かがみ「御馳走様。美味しかったわ」
こなた「いえいえ、あ、お皿とかそのままで良いよ?洗っちゃうから」
かがみ「何言ってるのよ、これは嫁の仕事よ」
こなた「ぬぉ!?すっかり新妻が板についてきましたな」
かがみ「うるさい!あ、おじさんはどうする?起こした方が…」
こなた「ああ、多分徹夜だろうからそのままにしておいて」
かがみ「うん。そうするわ」
こなた部屋
こなた「そろそろ時間だね」
かがみ「うん」
こなた「そっちは大丈夫なの?家族の人とか」
かがみ「つかさが色々手をうってくれたみたいで、多分大丈夫」
こなた「そっか(ホントに大丈夫なのか…)」 
かがみ「出る前にさ…もう1回…」
こなた「かがみんは甘えんぼさんだな♪良いよ。しよ」
かがみ「…うん」
こなた「……学校つくまでさ、手つないでいかない?」
かがみ「え!?いきなり!?」
こなた「それでさ、学校着いたらかがみをお姫様だっこするの」
かがみ「それは却下だ」
こなた「じゃあ、手は?」
かがみ「それくらいなら、まぁ…」
こなた「やふ~♪じゃさ、早速いこ!」
かがみ「ちょ、ひっぱるな!」
こなたは学校つくなり、マジでお姫様だっことやらをしやがった。
私、色んな意味で涙目。まったく、こなため、可愛いヤツだ。
2人の関係は言わずもがな周知の事実だった様で、今更?と言った具合いだった。
まあ、こっちにしてみれば、遂に、だったんだけど。そんなこんなで目覚めてしまった私達なのでした。(終)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。