ID:eBJE1KJR0氏:悶の日

「ただいま~」
お、兄貴が帰ってきた。
「おかえり、兄貴」
まったく、親友の恋人が実兄ってどんだけなんだ?
あれ?兄貴…石鹸の臭い…
これって…まぁ、恋人なんだし、まぁ、その、普通、なんだよな///
あれから数時間、全っ然眠れないゼ。
二人の事を考えると、駄目だ~、頭が悶々として目が覚める~
こう言う時は数を数えれば!
ミートボールが1個、ミートボールが2個、ミートボールが3個…

…ミートボールが…あり?鳥の声が聞こえる…。
結局眠れなかったよ…。はぁ。
顔、会わせ辛いな…。
生憎兄貴は先に出ていて、私は一路学校へ。
「おはよう、みさちゃん」
「おっす」
「お、おはよう、柊、あ、あやの」
しゃべり方もぎこちない。あはははは、しゃれになんねー。
「どしたの?みさちゃん。具合、悪いの?」
「え?いや?そんな事、ねーよ?」
「風邪でも引いたか?なんとかは風邪引かないんだろ?ニヤニヤ」
「だから、なんでもねーってウ゛ァ!」
なんでもなくない、私の靄はどうすれば晴れるんだ?
授業はからきし頭に入らなかった。いつも比じゃないくらいに。
今日の私は絶不調。
帰り際、またあやのが気遣ってくれた。今日で何回目だ?
「な、なんでもねーって。ははははは」
「本当に?みさちゃん、無理してない?」
「私は…いつも通りだって、な?」
ぽん、っと胸を叩いて見せる。
でも、あやのにはお見通しみたいで
「やっぱり変だよ、今日のみさちゃん…」
さすが、幼稚園からの付き合い。隠せねぇ。
しょうがない。
「なぁ、あやの。昨日のデート、楽しかったか?」   
「///うん」
顔、赤いゼ、あやの。
「そっか…」
言葉が見当たらない。次は何を言えば良いんだ?
「兄貴、優しい?」
「///うん」
何この青春ドラマ。
まあ、兄貴はいいヤツだし、あやのが恋人なら…
あれ?私はどうしたいんだ?
「あああああのさ、昨日、どどどどんなトコ行ってたんだ?」
ついで出た言葉。
「えっ~と、いつもみたいにお買い物して、映画を観て、私、用事があったからそこで別れたの」
「ふ~ん。…え?」
そこから先は?とは聞けなかった。  

玉砕覚悟で兄貴に聞いてみた。
「兄貴、映画終わって、あやのと別れたって本当?それからは?」 
一度帰ってきた。帰ってきてまた出かけ…た?
「あのさ、香水、つけてたの?なんだか…石鹸の臭い…したんだけど」
家でシャワー浴びたから。…って、マジ?
て事は、なんか、勘違い…してた?
そんなわけで
「兄貴、あやの…傷つけんなよ」
顔赤いよ、兄貴。
私の靄が段々晴れていく気がする。
お互い幸せみたいだから、まぁいい、のかな。
そんなわけで深夜。
何故かブリ返している、兄貴、あやの…頭が…頭が…
仕方がない。数を数えよう。
ミートボールが1個、ミートボールが2個、ミートボールが3個…
(終り)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。