ID:KQpqUFaY0氏:写真

「おじゃましま~す」
と、泉家に上がるつかさとかがみ。
こなたの部屋に入るなり、二人は少し驚いた。
かがみ「随分散らかってるわね、こなた」
こなた「ごめんね、ちょっと掃除しててね」
つかさ「あ、あれ?こなちゃん、この写真って」
つかさはベッドに置かれた一枚の写真を手に取った。
こなた「うん。アルバムに入ってたの。懐かしいよね」
かがみ「どれどれ?」
10余年程前の話
それは、あるデパート屋上の遊技場での出来事。
「わぁ!パンダさんだ!つかさ乗りたい!乗りた~い!」
二人乗りのパンダを見つけ、幼いつかさは颯爽と走っていってしまった。
やれやれ、と後を追う父母、そしてかがみ。
「私も、乗りたいな」
「ああ。行きなさい。はい、お金。お父さん達は外にいるからね」
「うん♪」
小銭を貰い、かがみも走っていく。
「つかさー、待ちなさいよー」

「もう、つかさったら、お金入れないと動かないのよ?」
「えへへへ」
直情的に動く妹を、仕方ないな、とか思いつつも、かがみの目は輝いていた。
「じゃ、乗ろっか♪」
スローリーに歩行するそれ、そのフィールドには先客がいた。
二人とは違い、一人で熊に乗っている。青い髪の子であった。
笑顔が見えない。二人は思った。
「面白くないのかな?」
二人とはまるで正反対の表情を見せるその子。
いつしかパンダは熊に接近していた。
「ねぇねぇ、楽しくないの?」
声をかけたのはつかさだった。
「えっ」
突然声をかけてびくつくその子。
すかさずかがみがフォローを入れる。
「ごめんね、もう、つかさ、いきなり声かけたらびっくりするじゃない」
「あ、そだね。ごめんね」
「…うううん、楽しいよ?」
笑って見せるが、目が笑っていないと言うか、そんな気がして
「ねぇ、よかったら私達と遊ばない?」
「え…」
突発的なつかさの行動に、再び目を丸くする女の子。
その視線は柵の外に向けられていた。そこには一人の男性がいて、言葉はなかったが
笑顔で首を縦に振っていた。
「うん♪」
あ、笑った。二人はやっとこの子の笑顔を見た気がした。  


熊とパンダを終え、3人は共に行動をした。
もぐら叩きやボール遊び、ビデオゲーム…
つかさとかがみはその子、こなたの上手さに驚いていた。
「私、ぜんぜん苦手で、こなたちゃんすごいよ!」
「えへへへ、そんな事ないって」
背後で見守る大人3人。青い髪の男性、そうじろうは涙を堪えていた。
友達作りの苦手な娘が、今、二人の友達と遊んでいる。
カメラを持つ手が震えていた。
時が経つのは速かった。
日も傾きかけた頃、そうじろうは3人の子供達に声をかけた。
「写真を撮ってあげるから、3とも、並んで」
出会いの場所、柵の前で並ぶ3人。
それからまた会うと約束をし、泉家と柊家はそれぞれ別れていった。
「あの子達、鷲の宮神社の子だって。お詣りに行けば会えるかもしれないな」
「うん♪」 
娘の笑顔が眩しい。
「そうだ、写真を送る時、手紙も一緒に送ると良い」
「うん!帰ったらすぐかくよ!」
「よし!早速現像だ!」   



それから二家族の交流は頻繁に行われた。
そして現在。
「あんたあの頃から伸びてないわよね~」
「なぬ!?」
「お姉ちゃん酷い」 
2人は結局掃除を手伝い、一段落終えて談笑していた。
「ねぇ、実はさ、さっき気が付いたんだけどさ」 
「?」
「この親子ってさ、みゆきさん達じゃない?」
さりげなく写り込んでいたピンク髪の母子であった。
「あ、眼鏡かけてるわね、この子…空似でしょ、空似」
「でもゆきちゃんだったら凄い偶然だよね~♪」
「あ、そろそろ時間だ」
今日は3人で映画を観に行く予定であった。
「んじゃ、行ってきま~す」
一方都内の某家
「懐かしいですね♪」
みゆきはアルバムを眺めていた。
「あら?この3人、まるで泉さん達みたいです」
写真には髪を結った子、目の細い子、リボンの子が写っていた。
「世の中に似た方が3人いると言います。でも3人も揃うなんて。くす」
その頃、映画館では、つかさが悲鳴を上げていた。 
こなた「…(写真に残しておきたい位の怯え様…)」
かがみ「…(知ってて誘ったな…鬼め…)」
つかさ「ひぃぃぃぃん!(おうちに帰りたいよ~!!!)」
ーちなみに、柊家では写真はひっそりと壁にかけられているのでありましたー

(おわり)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。