ID:xJHYfO7a0氏:今あるかなた

久しぶりに熱をだした。知恵熱ってヤツか?
365日知恵を絞っているんだ。今更知恵熱ってのもないよなwww
こなたは学校へ。今は俺一人、なんて事はない。いつもの事。まさに日常。
しかしこの状況は果てしなくしんどい。看護されたい…ふと思った時、玄関の開く音がした。
「ただいま~」
あれ?まだお昼になってないだろ?こなたのヤツ、早引きしてきたのか?
「あ、いた。そうくん。大丈夫?風邪?」
そうくん…そう呼ばれるの10何年ぶりかな。俺はゆっくり目を開けてみる。
「わざわざ帰って来てくれたのか?こなた…」
霞かかった視界に、あいつの顔が見えてきた。あれ?
「残念♪こなたじゃないよ」
そう言うこなた?の顔にはホクロがなくて、それはまるで…
「心配になって来ちゃった♪ご飯食べた?おじや作ろうと思ったんだけど…」
傍らにはスーパーの袋、ちょwwwおまwww遂にお迎え?www
その、かなた?は台所にすたすた歩いていき
「いつの間にか消費税変わってたんだね。焦っちゃった♪」
食事の準備をしているらしい。
これは白昼夢?マジでお迎え?…かなたになら、迎えられても…

「お迎えとか考えてないよね?そうくんはまだまだ、私の分も生きてもらわなきゃ」
…じゃあこれは幸せな夢、と言うことなのかな…。
「私の写真、飾ってくれてたんだね。嬉しい…」
当然じゃないか、忘れられないし、忘れたくもない。できれば、また…
「そうくん、デジカメの写真、消去とかお炊き上げとか、ひどいんじゃない?」
え…
「まぁ、あれは私に見えなかったもんね。私もびっくりしちゃった♪」
あれは確か、こなたにかなたの話をして…
「もし私が生きてたら、こなた、変わってたのかな?
 そうくんの性格を受け継がないこなた、きっと普通の女の子、になったんだろうね」
くすっと一笑い。それと、多分火を消した音。美味しそうな匂いだ。
「おまたせ、そうくん」
お盆に土鍋とお椀を載せて、かなたが部屋に入ってくる。
かなた…本当にかなたなのか?
「まだ疑ってる。そうくん?だったらこれ、食べてみて?ふーふー。はい、あーん」
わけぎののった卵おじや、昔作ってくれたよな…
「あーん」
あるお菓子のCMが頭をよぎった。うまい!テーレッテレー♪
目頭が熱くなるのを感じる。
この味は、俺のものでも、こなたのものでもない。これは
かなたの味だ。
「そうくん?あまりの美味しさに感動してる?」
俺は確信した。理由はわからないけど、かなたはここにいる。
「美味しいよ、かなた。涙出るくらい」
俺の頬を一筋の涙が流れた。   

「ありがとう、そうくん」
涙で視界が霞む。俺の目の前のかなたは、よくはる演出の半透明だったり
揺らいでいたり、そんな事は何もなくて、まるで一人の人間としている様。
おじやを頬張る俺を、微笑みながら見ている。
嬉しい様なこっ恥ずかしい様な…。
「ごちそうさま。相変わらず美味かった」
「お粗末様♪味、ほんとに覚えてた?」
「この味が出せるのはかなただけだ」
この味を食べたくて何度も挑戦したことがあった。結果はどれも惨敗。
「かなたの事だったら何だって覚えてるさ。子供の頃からな」
「もぅ…」
再び台所に向かったかなたの顔は、多分赤かったんだろう。 
それから兎型に切ったりんごを持って、かなたはまたやってきた。
夫婦水入らずの時間、求めても叶わなかった時間が今、ここにあった。
既に体の不調は消えていた。意識も視界も肉体も、全てが完全に働いている、気がする。
かなたはこなたの事をよく聞いてきた。
やはり色々勝手にやらせすぎていた様だ。…少し怒られてしまった。
俺はふときいてみた。
「かなた、昔みたいに、一緒に暮らせないのか?俺は今のままでも十分。かなたと暮らしたいんだ」
うつ向き視線を落とすかなた。やはり…なのかな。
「ごめんね。私もそうしたいけど…体はあってないようなものだから。…でもまたそうくんがピンチだったら、駆け付けるよ!?」
「そっか。無理言って悪かったな。かなた、俺はお前に触れられるのか?」
「…うん」
かなたの肌は柔らかくて、体温があって、それはまるで生きている人間だった。
「その…かなた…」
「そ、そうくん。病み上がりだよ?」
「完治完了」
「そっか。…なら…」
かなたは白いワンピースを脱ぎ、久しぶりに俺の前にその姿を露にした。  

あの頃と変わらないかなた。記憶にあるかなた。
小さくて、可愛くて、でもそれれがまた魅力的で。
「久しぶり…だね」
「…ほんとに…いいのか?かなた?」
「私はそうくんの奥さんなんだよ?」
そうだよな。夫婦だもんな。遠慮はいらないんだよな。んじゃ
「かなたーハァ(;´Д`:)ハァ」
数時間後
永遠なんてものはなく、やはり別れの時はやってきてしまった。
「もうタイムリミットだね」
時刻はもう夕方、学校も終る頃。
「せめて、こなたに会ってやってくれないか?」
「ごめんね。多分こなたは私を見れないし、感じられない。こなたは私の記憶、あまりないし」
記憶が存在を認識する、か。
「少し寂しいね…でも大丈夫!いつか3人で会えるわ!」
「ああ、そうだよな。それまでにこなたに思い出させなきゃな」
「うん♪」
何故かなたはやってきたのか、俺は聞けなかった。理由いらない。
かなたと時間が過ごせた、それだけで十分。
「また来てくれよ」
「うん♪また来る。だって私の家はここだもん」
後光がさしているかの様にかなたが眩しい。もう長くはないのだろう。
「そうくん、ありがとう。楽しかったよ♪」
「俺もだ」
また涙が流れてきた。人には見せたくない面だなw
後光、いや、かなたの姿が虚ろになっていく。光の粒になり、かなたが消えていく。
「またね、そうくん♪」
「おう!いってらっしゃい。寂しからって泣くなよ!」
「もう…あ、それじゃ、ばいばい、そうくん」

そしてかなたは虚空に消えた。
おじやの味、かなたの声、かなたの感触。
どれも鮮明に覚えている。
夢なんかじゃない。かなたはさっきまで俺と一緒にいたんだ。
その証拠に、俺の布団には長くて青い髪が貼り付いている。
じつは混濁した俺がこなたを…とかだったら最悪なオチだなw
今度はいつ、かなたに会えるだろうか…
5時の時報と共に玄関が開かれた。
「ただいまー、お父さん、体の具合どお?メール読んだ?」
メール?何それ?…携帯を見ると『お父さん、生きてる?何だったら早引きするよ?』
まったく。色々夢中で気付かんかったよ。
「ごめんな、こなた。寝てて気付かなかった」
「あ、お父さん…ブー!もう!ズボンくらい履いてよ!」
え?あ…色々夢中で…ね。
「は、ははははは、す、すまん。こなた」
やっちゃったぜ…。
こんな俺(達)だけど、暖かく見守ってくれ。かなた。
ー終りー  
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。