ID:sO5QXQMgO氏:そうじろうの臭いよな

「旅行行こうよ旅行!」

こなたがこんなこと言うなんて珍しいな。
よーしお父さん娘の為に頑張っちゃうぞー!

「たまには旅行もいいかもな……この原稿が終わったらパーッと旅行行くか!」





「ゆいちゃん、運転手頼むよ」

「ゆい姉さんにまかしとけ!熱海までかっ飛ばして行くからね!」

まあ、熱海ぐらいが適当だろ。同じ埼玉在住の永遠の五歳児も熱海行ってるし。
オトナ帝国のヒロシはカッコ良かったなー、あの台詞俺も言ってみた……

「お父さん!なにボーっとしてるの?行くよ」


いやー俺って幸せだなー。
軽自動車に四人乗りでこなたにゆーちゃんにゆいちゃんそして俺。
これなんてハーレム?
最高だよ最高だぁ。

渋滞に巻き込まれてなければな。


「全然進まない……」
こなた、コミケの行列を思い出せ。こんなもんじゃないだろ。

「温泉…間に合うかな…?」

ゆーちゃん、大丈夫だよ、温泉は逃げないからな。

「………………チッ」

ゆいちゃん、怒らない怒らない。

結局熱海に着いたのは夕方だった。え?海は?水着のお姉さんは?


さて、女性陣はみんなして風呂か。
さすがは俺の予約した旅館、なかなかの質だ。

あー今頃三人して露天風呂で何話てんのかな……

『ゆい姉さんは胸大きくていいなー』
『ははは!こなたがグラマラスになったらゆい姉さんびっくりだ!』
『私の体で赤ちゃん産めるのかな……』
『ゆーちゃん気が早いよ!』

なーんてな……
あれ、こんなことしてる俺ってすげえ寂しい大人だな……
旅館のきれいに磨かれた窓から望む星空には月が輝いていた。


『人間って何の為に生きてるのかしらね…』

短かった家族三人の頃のかなたの一言を、ふと思い出した。
人間って何の為に生きているのか。
そんなの決まってるじゃないか。少なくとも俺にとっては。
俺はかなたの為に、そしてかなたが遺してくれた愛娘こなたの為に生きてるんだ。

うわ、青臭い。

「臭いよな……」

それでも俺はいつだって青臭くありたいもんだな。
青い春を捨てきれてないあたり、俺もまだどっかガキなのかもな。

夜空にそっと呟いた俺の『臭いよな…』は誰の耳に届くこともなく消えた。

おしまい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。