ID:NFewVCM > 0氏:タイトル不明

こなた「作者の住んでるとこは今日最終回なんだよー」
良太郎「そう、なんだ…」
こなた「というわけで今日はありとあらゆるレギュラーキャラからマイナーキャラまでを総出演させるって企画だよ」
モモ「おーう、良太郎!」
良太郎「うわ!?モモタロス?」
こなた「そう、イマジン達もきぐるみ着て出演するんだよー」
モモ「他のやつらももうじき来るぜ!」
良太郎「それはちょっとマズいんじゃ…」
ウラ「やぁ、良太郎。それと…泉さん?」
こなた「やっほー♪」
良太郎「やっほーって…ウラタロス面識あるの…?」
ウラ「まぁあるわけじゃないけど…なんていうかお祭りだし?」
こなた「そうそ、良ちゃんも細かい事気にしてたらダメだよぉ~」
良太郎「細かくはないと…前から思ってたけど泉さんってちょっと強引だよね…」
こなた「え…こなたじゃないの?」
良太郎「え…?」
こなた「ほら、前はこなたちゃんって呼んでくれたジャン」
良太郎「それは…嫌がってたから…」
こなた「名字で呼ばれるのはもっと嫌なの!」
良太郎「えーと…じゃ…こなたちゃんで良いの?」
こなた「=ω=.)そのちゃんは不要だよ」
良太郎「……なんか呼び捨てにしたくないんだけど…じゃ姉さんみたいにこなちゃんってゆうのは?」
こなた「それなら…まぁいいよ」

モモ「この野郎…!人をないがしろにしやがって!」
ウラ「まぁまぁ先輩…面白いよ?まだまだ青くってさwww」
モモ「うるせぇこの野郎!てめぇの方が青いだろうが!」
愛理「ちょっと2人とも!ここで喧嘩は止めて下さい!」
良太郎「あ、姉さん帰ってたんだ…」
キン「いぃや、男同士好きなだけ喧嘩させたらええんや!」
こなた「うぅ…2人の雰囲気が無茶苦茶に…」
良太郎「そだね」
ウラ「良太郎も随分慣れたねぇ、泉さんに」
良太郎「まぁね…なんか妹みたいで」
モモ「妹…おいチビ、妹に思われてんぞ」
こなた「orz」
愛理「はいこなちゃん、牛乳いれといたわよ」←悪意ナシ
こなた「子供扱いする…な…」
愛理「……?」←悪意全くナシ
こなた「…はい…どうもです…」ゴクゴク
モモ「お、おい、一気飲みすると身体に…」
こなた「………」ゴクゴクゴクゴク
ウラ「聞いてないね…良太郎も運が悪いなぁ」
キン「ん?どういうことや?」
ウラ「まぁ見てなって」

こなた「=ω=.)良ちゃん…」
良太郎「…なに…?」
こなた「=ω=.)あたし達付き合ってるんだよ?」
良太郎「…え…まぁそうなるのかな?」
こなた「=ω=.)一組の男女としてだよ?」
良太郎「えっと…それってどういう…?」
こなた「=ω=.)しかも結婚前提なんだよ?」
良太郎「ぇぇぇええええええ!?」
こなた「=ω=.)まぁいいや…そこらへんは告白シーンの描写と共に後日投下するから…」ニヤニヤ
良太郎「………」
ウラ「ほら、不要な設定が増えた」
キン「なるいほどな」
モモ「まぁ良太郎が悪いから仕方ないけどな」
良太郎「ええええ、なんで?」
かがみ「おーす、こなた~と良太郎…ってうわ!?なにこの状況!!」
つかさ「わぁあ!狼さんにペンギンさんに象さんだぁ!」トテトテ
かがみ「ちょっとこなた!どういう事なの?なんでイマジン達が…!」
ウラ「ん?祭りだからだよ?」
かがみ「うあ……って祭りぃ?」
ウラ「まぁ詳しくは前述だからヨロシクね」
かがみ「ちょっ!ハショるな!」
こなた「うぅ…またうるさいのきた…まぁいいや、良ちゃ~ん構ってぇ~」
かがみ「こらぁ!あんたが呼んだんでしょうが!目の前でイチャつくな!」
こなた「まぁそうなんだけどさぁ~」

かがみ「ってゆうかマイナーキャラまで出したら作者の処理能力が…!」
こなた「…まだ若いって言ってるから大丈夫でしょ?」
モモ「若いぃ?そういえば前々から高校生高校生ホザいてやがったが…作者は何歳なんだよ?」
良太郎「確か15だよ」
かがみ「なっ!?15ってこんな事やる前に勉強しろよ!!」
俺「勉強…嫌いなんだよね…」
かがみ・こなた・良太郎・モモ「うわ!!」
俺「ぅぁっ…なに?どうしたの?」
モモ「馬鹿野郎!いきなり出てくんな!」
俺「いやでも…あの4人(ウラ・キン・つか・愛理)は全く驚いてないよ?」
かがみ「つかさはイマジンと遊ぶのに必死なんでしょ?」
良太郎「…姉さんはあんまり…驚いたりはしないしね…」
こなた「なんか鈍いもんねぇ~」

つかさ「象さんだぁ~」ペタペタ
キン「亀の字」
ウラ「なぁに?キンちゃん?」
キン「変わってくれ」
ウラ「なんで?美少女に絡まれて幸せなんじゃない?」
キン「そうゆうてもやな、子供の相手は疲れるんや!」
ウラ「はいはい…僕も稚魚を釣る趣味はあまりないんだけど…年齢的にはアリだしね」
つかさ「ん?ペンギンさんなに?」
ウラ「キンちゃん疲れたみたいだから僕が変わりに来たってわけ」
つかさ「そうなの…?」
ウラ「ふふ…それじゃ、僕に…釣られてみる?」
かがみ「ちょっと!あたしの妹になにする気!?」
ウラ「…あれぇ、可愛くないよ?ほら笑って…せっかくの美人が台無しだよ?」
かがみ「え…バカ…なに言ってんのよ…別に…美人なんかじゃ…///」
こなた「あーあ、かがみんウラちゃんに見事に釣られたね」
良太郎「止めなくていいの?」
こなた「大丈夫、そろそろイマジンのストッパーが来るから」
良太郎「ストッパー?」

つかさ「ペンギンさんお姉ちゃんにとられちゃった~」ペタペタ
キン「うおっ!?少しは休ませてくれ!」
モモ「ふん、象だの、ペンギンだの子供に人気あるやつ選ぶからそうなるんだよ!おい姉ちゃん、コーヒーくれ!」
愛理「は~い、コーヒーね。ブラックで良かったかしら?」
良太郎「あ、モモタロスちょっと待って…」
モモ「熱っ!!!おい、飲めねぇじゃねえか!!口が前に長ぇぞ!!」
こなた「あーあ…しみになっちゃったよ?」
良太郎「大丈夫?」
ハナ「こんにちは~」
愛理「あらぁハナちゃん、いらっしゃい」ニコ
ハナ「あ(ウラ発見)、ウゥラァァアアア!!」
ウラ「は、危険感知!」
ハナ「何やってんの!!!」ズボォォォオ!
ウラ「うァぁあっ!!」
モモ「ははははっ!ざまぁねぇな!…いててて…」
こなた「火傷したのかな?」
良太郎「大丈夫?モモタロス」
つかさ「象さぁ~ん」
キン「やめろぉ~」

かがみ「あー…なにこのカオス空間?」
俺「まぁ…祭りだし?」
かがみ「…あんたまだいたの?」
俺「そりゃ一度出たら出続けるよ」
かがみ「そういえばさぁー」
俺「?」
かがみ「前から思ってたけど…みゆきは?」
俺「やっぱ出さないとダメ?」
かがみ「レギュラーだしね」
俺「じゃ出すか…」
みゆき「ふぇ?ここどこですか?」
かがみ「うわ!!急に出すなよ!」
俺「そんな事言ったって…そろそろ俺の超頭脳(スーパーコンピュータ)が…」
みゆき「ここどこですか?」
ゆかり「みゆき、お祭りなのよ!」
みゆき「お母さん?」
ゆかり「お祭りだから細かい事は気にしちゃダメよ!」
みゆき「は、はい!」
モモ「おいおい、無理し過ぎじゃねぇのか?」
こなた「確かにもうグダグダだよねぇ~」
俺「そういってくれるな…」
ウラ「レギュラーキャラだけでこれじゃ…ちょっとヤバいかもね」
ハナ「でもまだ侑斗とかは出てないわよ」
キン「ナオミ達もおらんで!」
かがみ「らき☆すたのキャラはあと十数名ってとこね」
俺「うあぁぁああああ!!」

良太郎「ちょっとみんな落ち着いて…作者をイジめたらダメだって…」
こなた「もぉ~良ちゃん優しいぃ~可愛過ぎっ」ダキ
かがみ「ぅぶっ!!やめ、ヤメロー!」
リュウ「みんな~、僕の事忘れてた~?」
良太郎「うわ!…リュウタロス…?」
モモ「あっ!はなたれ小僧!てめぇなんできぐるみないんだよ!?」
ハナ「いつもの格好だ…なんで?」
オーナー「 そ れ は で す ね 」
一同「うわぁぁあああああああ!!!!」
モモ「おっさん急に出てくんな!!」
こなた「ぅおおー…ビビったぁ…」
オーナー「 お 祭 り だ か ら で す ね 彼 が い つ も の 格 好 な の は 」
ウラ「ま、そんなところとは思ったけど」
ナオミ「うぅ~わぁ~みんな盛り上がってますね!はぁ~い最終回用の特別コーヒーですよぉ~!」
イマジン全員「イィィィィリヤッッッッホォォオオオウ!!!!」
俺「よし!これでしばらく(コーヒー飲んでる間)はイマジンは使わなくて済む!」
かがみ「うわっ…なんてセコい…」
みさお「ぃよぉ~う、柊ぃ~」
あやの「こんにちは、柊ちゃん」
かがみ「あ、2人も来たの?」
みさお「あ、あやの!あそこに変なのいる!見に行こう!」
あやの「はいはい」スタスタ
かがみ「………」
俺「はい、2人終わった」
良太郎「そういうのはちょっと…」

つかさ「…なんかあたしの扱いが酷くないかなぁ?」
ウラ「まぁまぁ、そこはお互い様」
良太郎「あ、きぐるみ脱いだんだ」
モモ「こうじゃねぇと落ち着かねぇし、コーヒー飲めねぇからな!」
あやの「みさおちゃん待って!そのコーヒーは…」
みさお「ん?うまいぞぉーあやのも飲めば?」
あやの「え…あたしはちょっと…」
かがみ「なんだ、結局みんな出てるじゃん」
こなた「作者もあれで友達にツンデレって言われてるしね」
俺「晒さないでくれ」
侑斗「おい、野上!って…なんだこれ?」
良太郎「あ、侑斗…」
愛理「あ、桜井君いらっしゃい。今日は大繁盛ね」
侑斗「……野上、どういうことだ?」
良太郎「いや僕にも何がなんだか…」
こなた「=ω=.)お祭りだよ」ニュッ
侑斗「…お前…まだこのチビとつるんでるのか?」
こなた「…ム…やっぱり桜井潰さなきゃ…」
かがみ「おちょっ!待てこなた!覚えてない!CDネタなんか誰も覚えてないって!」
こなた「ま、冗談だけどね~。侑斗も細かい事気にしてたらダメだよ?」
ななこ「おい、お前等ぁ~」
つかさ「あ、先生」
かがみ「どうしたんですか?」
ななこ「いや近くを通りかかったらお前等の声がしたから寄ってみたんやけど…なにやっとんねん?」
リュウ「お祭りだよ?」
ななこ「へ?」
リュウ「みんなでお祭りやってるんだぁ~」
ななこ「お祭りかぁ…久しぶりやなぁ~」
かがみ「それで納得しちゃうんだ…」

こなた「う~ん…」
良太郎「どうしたの?」
こなた「なんかリュウタが出てきた辺りから…」
ウラ「話に脈絡がなくなってるね」
キン「ホンマや!どんどん分かりにくくなってるで」
オーナー「 も と も と … コ ナ タ ロ ス と い う ジ ャ ン ル 自 体
      脈 絡 が な い 物 で し た か ら ね 」
俺「※良太郎×こなたというジャンルはコナタロスとなりました。命名者ありがとう!みんな!使えるもんなら使ってくれ!」
ウラ「まぁ、局地的だからネーミングは別にいいとして…ちょっと作品が雑になるのは許せないね」
良太郎「いやでも…もうホントに作者が限界なんじゃ…」
こなた「とかいう前に一年生達呼ぶよ」
良太郎「え…」
こなた「もう連絡とったからすぐ来るよ~」
モモ「おいおい、すぐたって時間かかるんじゃねぇのか?」
ウラ「大丈夫だよ先輩」
リュウ「お祭りだもん!」
モモ「…そうか…そうだよな…」
キン「そうや!」
リュウ「お祭りー♪」

かがみ「ほら、コーヒー入れてもらったわよ」
侑斗「………」ゴク
かがみ「………」
侑斗「…ニガァッ…………」←砂糖投下開始
みゆき「あ、お砂糖入れ過ぎなんじゃ…」
侑斗「こんぐらい入れなきゃ…飲めないだろコレ」ゴクゴク
みゆき「………」
侑斗「…ニガイ……」
みゆき「……クスッ…」
侑斗「!、なんだよ!!」
みゆき「いえ、別に」ニコニコ
かがみ「…………」
こなた「コーヒー入れたのかがみんなのにねぇ…。しかしみゆきさんフラグを侑斗に立てさせるとは…なかなかやるね」
俺「だろ?」
良太郎「なんの話?」
かがみ「あんたは知らなくていいわよ」
ゆたか「お姉ちゃ~ん」
みなみ「………」
パティ「ハ~イ、コナタァ~」
ひより「先輩、こんにち…うぅわぁぁぁあぁああああ!!」
ゆたか「どうしたの?」
ひより「いやだって…え?イマジン?実在するの?」
パティ「なに言ってるんデスカ~?」
みなみ「今日はお祭り…」
ひより「お祭り…?」
ゆたか「そうだよぉ~。だからみんないるんだよぉ~」
ひより「そう…なんだ…」
こなた「=ω=.)馴染んじゃったねひよりん」

良太郎「気付いたら店の中が半分ぐらい僕が知らない人でいっぱいだ…」
モモ「まぁいいんじゃねぇか?楽しかったら」
ウラ「誰が楽しんでるのか…って話だけどね」
こなた「こういうのって作者だけだよねぇ~楽しめるの」
かがみ「そういうもんなのか?」
モモ「けどよぉ~、そろそろクライマックスでいかねぇと…」
ハナ「作者の右手とあごが…」
俺「右手つりそう…ガム神過ぎてあご痛い…」
こなた「んーそろそろイマジン集めようか?楽になるし」
ウラ「それがいいね。ほら、リュウタ入るよ」
リュウ「分かった~」
キン「よっしゃ!入るで!」
モモ「行くぞ、良太郎!」
かがみ「頑張れ~良太郎」
良太郎「ぇぇぇぇええええ?」
モモ・ウラ・キン・リュウ「………」憑意開始
こなた「=ω=.)しばらく良ちゃんに会えないのが寂しいけどね~」
かがみ「つっても1分ぐらいが限界でしょう?」
こなた「その1分がとても長いんだよ」
かがみ「バカップルめ…」

MUKR良太郎「おら、早くしrこれ、気持ち悪い~、ちょっとリュウタ、勝手に動かないdどや、成功か?」
かがみ「………」
こなた「凄い状況だね…」
俺「よし今のうちに…」
ゆい「やっほ~、遊びにきたよぉ~」
そうじろう「おおおお!可愛い娘がいっぱいいる!ル、ルパンダイブしてぇ…!」
こなた「とりあえず2人ね…お父さんホントにやったら縁きるからね」
そうじろう「!……こなたぁ~冗談だよぉ~」
ななこ「なんやうちの番が少ないぞ!」
かがみ「うわ!ちょっと先生!いきなり出てこないで下さい!」
ななこ「うるさ~い!4行て!今さっきの含めても5行て!出番ないにもほどがあるやろ!!」
つかさ「うわわわっ……」
こなた「=ω=.)じゃ先生」
ななこ「ん?」
こなた「あの2人はなに?」
みさお「あーあー、いいよなぁ出番ないってイジられてさぁ~」
あやの「まぁまぁ、みさおちゃん」
ななこ「………」
こなた「更にあの人なんて行数稼ぎですよ!?」
愛理「あ、コーヒー入れといたんで置いとききますね」
ななこ「…すみません…贅沢言ってすみません……」
こなた「分かったらいいけどねぇ~」
かがみ「そもそもこんな企画立てなかったら良かったんじゃ…」
俺「…」ビク

MUKR良太郎「おい、早くしろ!良太郎が死んじゃうって…あー!良太郎があっちでなんか凄い事なってるよ?」
俺「あばばばっ…早くしなきゃ!と思ったけど…」
つかさ「どうしたの?」
俺「俺原作のマンガ読んでないのな」
こなた「不謹慎だね」
俺「まぁAction-ZERO買って金ないしな…で読んでないからアニメに出たキャラしか知らないのな」
つかさ「それで?」
俺「もう終わっていいんじゃね?」
かがみ「あたしの家族忘れてるよ?」
俺「!………そんな馬鹿な…!!」
こなた「らっきー☆ちゃんねるの存在忘れてるね?」
侑斗「デネブはどうした?」
愛理「尾崎さんに三浦さん来るの遅いわねぇ…いつもは来てるのに…」
俺「ぎゃぁぁぁあああああ!!」

MUKR良太郎「おい、言ってる場合じゃねぇぞ!もう限界だ!出ろぉおお!!」イマジン離脱
ゆたか「ひゃぁあ!!変なの出てきた!」
ひより「あ!私は聞き逃さない!賢い!じゃなくてやっぱり無理してたんだ!最初出てきた時!」
みなみ「…まだ…セリフ2行目……」
パティ「作者も大分疲労が溜まってるんデスネ~」
ハナ「良太郎大丈夫?」
良太郎「なんとかね…」
いのり「かがみぃ~つかさぁ~、遊びに来たわよぉ~」
まつり「うわ…凄惨な状況ね」
つかさ「あ、お姉ちゃん」
かがみ「げ、姉さん達も呼ばれたの!?このタイミングで!」
こなた「お祭りだしねぇ~あたしが呼んどいたよ」
かがみ「………まぁいいけどさ…」

俺「うわあ!!」
こなた「うわ!どうしたの?」
俺「あーどうしよ…」
良太郎「え…どうしたの…?」
俺「あそこで保存いっぺんしたから…あー…あーーー!」
リュウ「書き直し!?ねぇ、書き直し!?」
ウラ「ちょっと、リュウタ」
デネブ「可哀想に…ほら、デネブ☆キャンディだ」
モモ「うわ!オデブいきなり現れんな!」
デネブ「え、すみません…」
俺「デネブか…お前が登場する前には某シェフ大泉やエリーやコバ隊員が出てたのに…」
かがみ「コバ隊員にシェフ大泉ってなに?…ってかなにがあったの?」
こなた「なんか気になるね…あたしには大体分かっちゃったけど」
俺「もうそこらはヨロシね…いきなりだがクライマックスだ…」
モモ「おい!俺のセリフだぞ!!」
ウラ「……今からみんなを一気に出すってわけ?」
ハナ「危険よ!」
俺「知るか!テンション上げてくぜぇぇえええ!ウズベキスタァァァアアアアアアン!!!!」
良太郎「ちょっと待ってそんな事…」
俺「うるせぇ!詳しくは>>124参照の事とか言えばいいんだよぉお!いぃぃぃぃぃぃいいいいいいいいやっっほぉぉおおおおう!!!」

俺「カオス化開始!なんといっても作者だしwww」
ただお「遊びに来たよ~」
みき「あたしもね~」
徳井「そろそろ作者の意識がおかしくなってますが…なにか?」
某大泉「と、徳井!」
某藤やん「いいから飯作れよ!」
某シェフ大泉「お見舞いするぞっ!!!!」
某ミスター「うひゃひゃひゃひゃ…」
エリー「宇宙人反応濃厚 宇宙人反応濃厚 」
良太郎「あ、さわださんだ。漢字もわかんないのにさわださんだ」
コバ「おい、エリー!モエタランガのやつはどこにいる!?」
モエタランガ「ここだよ」
カイト「人間は…脆弱なんかじゃ……!」

かがみ「うわわわ…おかしくなってるって」
モモ「一気にやり過ぎだろ!」
こなた「もう…強引に終わらせようとしてるね…じゃ緊急措置でも…」
かがみ「上手い具合にあの人等の活躍消えてるし」
良太郎「とゆうことは…なに言うんだっけ…あ、そだ…らき☆すた面白かったね」
モモ「まぁな」
こなた「それじゃ最後いくよ。みんなで」
一同「いままでありがとうございました」
俺「ぬぁにを最後のセリフだけハイライトォォォォオオ!」
こなた「あー、作者さんは残っててね」
俺「え?」
かがみ「…あんた今“やっと終われる!いやっほう!”とか思ったでしょ?」
俺「え?え?」
みゆき「可哀想ですけど…」
良太郎「多分今日じゃないいつかに“最終回特別編 後枠らっきー☆ちゃんねるで反省会~”をお送りします」
俺「ぇえええ?ちょっと待って!」

つかさ「えっと作者さんの代わりになんか言うんだよね?…ば、バルサミコ酢~」
俺「まってくれぇぇぇええ………」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。