ID:GzG+RdqC0氏:らき☆すたートルズ

こなた「ちょいやー!!」
青「何!?うわ!?とっ!よっ!そりゃ!何だ!?この身のこなしは、うあっ!刀が!?」
かがみ「そぉりゃりゃりゃりゃりゃー!!!」
赤「何だ?何だ?こいつ髪の毛でぶってきやがる!ぐぉっ!痛えじゃねぇかよ!この野郎!!」
つかさ「あはははは♪ねえ、それ貸してみて?」
オレンジ「ちゃんと使えるの?はい…あはははは、見本見せてあげるよ。ほら!ほら!ほら!アチョー!」
みゆき「初めまして。私、高良みゆきと申します」
紫「あ、こちらこそ初めまして。僕はドナテロ。機械いじりが好きなんだ」
日米夢の激突!!らき☆すたートルズ!!! 


らき☆すたートルズ2
紫「ちょっとちょっとちょっと!止めてよ!みんな!」
赤「あぁん?邪魔するな!ドナテロ!うぉわ!?」
紫「もう、僕達とこの子達は敵じゃないんだ!だからさ、やめなって!」
赤「敵じゃない!?何言ってんだ!?仕掛けてきたのはこいつらだぞ!」
みゆき「あ、あ、あの、ごめんなさい、ああああ、私、どうしたら良いのでしょうか?」
オレンジ「こう言う時はね、こうすれば言いんだ。…みんな!ピザ買ってきたよ!?ピザ!!喧嘩は止めてピザ食べようよ!?」
赤「ピザ!?」 
紫「ほらほら、武器はしまって!話を聞いてよ!」
小一時間
紫「…と言うわけなんだ」
赤「はぁ?じゃあ何で攻撃してきたんだ?」
こなた「ははははは、ゴメンね。武人の血が騒いだと言うか、みんなが強そうに見えたんでお手合わせを、ってね…」
青「武人?君、ひょっとしてSAMURAIなのかい!?」
かがみ「こいつの言う事は間に受けないで…」
こなた「サムライ…むむ、素晴らしい響きだが、残念ながら…」
かがみ「…(サムライと言うよりオタクだろ…)」 
つかさ「私達、これからどうすれば良いの?」
オレンジ「ツカサ、大丈夫だよ。先生がきっといい道を示してくれる」
青「そうだな。まずはスプリンター先生に聞いてみよう。ついて来てよ」
赤「それにしても凄い闘い方だったな。お前も武人なのかい?」
かがみ「はっ!?わ、私は違うわよ!」
赤「はっはっは、まだひりひりしやがる」
つかさ「よろしくね、えっと…」
オレンジ「僕はミケランジェロ。ミケちゃんって呼んでよ」
つかさ「あはは、可愛い♪よろしくね、ミケちゃん♪」
  

らき☆すたートルズ3・裏路地
レオ「よし、誰もいないな。…みんな、ついて来て」
かがみ「ついて来て…って、ここ、マンホールじゃない?」
ラフ「我が家の玄関だ。遠慮なく入ってくれ」
つけた「…こ、怖いよ~」
ミケ「じょぶじょぶ大丈夫♪下を見ないで、ゆっくり降りておいで♪よっ」
みゆき「マンホールに入るのなんて、私初めてです」
ドナ「普通の人は入らないよね。僕等は毎日行き来してるけど。あ、足元に気を付けて」
下水道
こなた「白いワニでも出そうな雰囲気…」
かがみ「ホントに臭うわね…何これ?」
ラフ「ん~、これは50年もののフライドチキンの匂いだな。こっちは3日前のコーラか?」
つかさ「ホントに…わかるの?」
ラフ「ははっ、冗談だよ冗談。マンハッタン中から色んな物が流れてくるからな。もう、何が何だか、だ」
ミケ「くんくん…確にフライドチキンの匂いはするね。でも食べたら…アーメン」
みゆき「鼻がきくんですね。私にはまるで区別がつきません」
ドナ「あ、そろそろ目的地につくよ」
かがみ「そう言えば先生がどうとか言ってたわよね。その先生も…あなた達…みたいなの?」
ミケ「先生はもっとハンサムだよ。光ゲンジも真っ青なくらい」
こなた「光ゲンジ!!」
つかさ「光?」
ミケ「あれ?日本のアイドルじゃないの?歌って踊れる。ようこそ~ここへ~♪って。あれ?」
レオ「先生は僕達を育ててくれた父親でもあるんだ。今こうしていられるのも先生のお陰。あ、でも先生は僕達みたいのとはちょっと違うよ?」
ラフ「そんなわけで到着だ」
レオ「先生と話をしてくるから、ミケランジェロとドナテロは待っててくれ」
ラフ「いきなり行って倒れたりでもしたら大変だからな」
かがみ「…先生って…お年なの?」
ミケ「んー、若くはない、かな?それにこんなに人を連れて来るの、初めてだから」
ドナ「心配はいらいよ。念の為、だから…あ、レオナルド」
レオ「さっ、みんな、入って」


らき☆すたートルズ4・亀基地
ドナ「先生、戻りました」
ミケ「たっだいま~♪」
こなた「お邪魔しま~…!?」
かがみ「んな!!」
つかさ「ひっ!?」
みゆき「まぁ…」
ラフ「(こっちの方が先に倒れそうだなw)
スプ「ようこそ、日本のお嬢さん達。ワシは…」
ミケ「あ、ツカサが倒れた」
スプ「…」
再び小一時間
つかさ「ん…あれ?私どうしたんだ…ひゃぁ!お、お化け!!」
スプ「驚かしてすまなかったね。お嬢さん。安心なさい。ワシはお化けじゃない。ただの鼠だ」
つかさ「鼠の…お化け?」
スプ「だからお化けではないと…まぁ、似た様なものかも知れんな…」 
ミケ「ツカサ?目を覚ましたの?あららら、先生、怖がらせちゃダメだよ、もう」
スプ「ワ、ワシは…」
かがみ「つかさ、安心して?この人がみんなの言ってた『先生』よ」
つかさ「お姉…ちゃん?」
スプ「ワシの名はスプリンター。話は聞いておるよ。突然この国に迷いこんだとか…」 
つかさ「スプ…リンター?」 
ミケ「怖がらないでよ。良く見ると可愛いんだよ?この髭なんか特に」
スプ「ミケランジェロ!!」
ミケ「すいません」
スプ「まったく!!…おお、話の続きじゃったな…」 
つかさ「夢じゃ、ない…よね?」 
スプ「うむ。現実じゃ。日本からこの国へやってきて、彼等と出会った。そして今、ワシと話をしている。どれも現実じゃ」
つかさ「…うん、そうだよね…みんないる…、私だけじゃないんだよね。さっきはごめんなさい」
  
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。