田村ひよソ嘘人物ファイル

田村ひよソ嘘人物ファイル 男性編

・泉そうじろう
 そこそこ売れてる作家。
 しかし、元々はlMF(ロリコン・ミッション・フォース)の伝説的工作員。コードネーム『ロリ作家』
 愛する妻を失ったことにより組織を離れ、単なるロリコン親父として生活を始める。

・柊ただお
 はたから見ると人当たりのよい、優しい神主。
 しかし、その正体は闇の武器商人連合組織トライデントのS級特殊工作員。コードネーム『薔薇神主』
 古代文明の遺産を用いてロリコンどもを殲滅し、ガチホモの世界を作ろうと暗躍する。
 lMF・アーカムと対立関係にある。

・成実きよたか
 財団法人アーカム古代遺跡研究部所属の会社員。
 しかし、その正体はS級特殊工作員(スプリガン)の一員。コードネーム『単身赴任』
 任務のため各地を転々としるため、妻には単身赴任と偽っている。
 トライデントの計画を阻止するため、薔薇紳士との死闘を繰り返す。
 なお、lMFは基本的に無害のためアーカムとは中立関係にある。

田村ひよソ嘘人物ファイル 女性編

・日下部みさお
 稜桜高校3-Cに在籍する、一見するとごく普通の女子学生。
 しかし、その実体は先祖が隠れ里より集団抜け忍したものの末裔。
 この里の忍者は「背景忍法」というものを用い、周囲に溶け込み
 その気配を感づかれないようにし、敵を暗殺する。
 日下部みさおは歴代の中でも最強の部類に入るといわれ、常に
 その存在を周囲に知られることはなかった(ただし、忍術に関しては
 後述する峰岸あやのに劣る)。
 しかし、柊かがみが仲良しグループと3年間一緒のクラスになることが
 出来ず、3-Cでも孤立しそうなところが可哀想だったので術を解き、
 柊かがみの前に姿を現した。
 柊かがみがクラス分けの際に日下部みさおを見て狼狽したのは、
 目の前に面識がなかった人物が突然現れたからである。
 日下部みさおは身体能力がずば抜けて高く、登下校時は時速200Kmの
 速度で移動しているが、所属している陸上部では目立つとまずいため力をセーブしている。
 なお、口癖は「ヴぁ!」であるが、これは上忍のみに許された禁断の言葉である。

・峰岸あやの
 日下部みさおと同じく、3-Cに在籍する女子学生。
 しかし、日下部みさおと同じ忍者の先祖を持ち、幼馴染。
 峰岸あやのも歴代の中でも最強の部類に入るといわれ、忍術だけは
 日下部みさおに勝る。
 そのため、柊かがみのために日下部みさおと一緒に術を解いた後でも
 未だに術の効果が残り、さながら背景となっていることが多い。
 また、3-Cの風紀委員である為、クラスの風紀を乱すものはその忍術を用い
 日々暗殺している(そのため、3-Cの人数は日々減少している)。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。