ID:uL5peZb00氏:母の日の約束

私の家では母の日にはいつもお墓参りに行く
お母さんは私の小さい頃に死んじゃってあんまり覚えてないけど

そうじろう「おいこなた、着いたぞ」
こなた「うん」

母の日だけは鮮明に覚えてるんだ

そうじろう「かなた、ごめんな本当は毎日でも来てやりたいんだ」
こなた「お母さん・・・」

お父さんだっていつもお母さんの話平気でしてるけど、本当は凄く悲しいんだよね

そうじろう「こなた、花持ってきたか?」
こなた「うん、13本目」

一輪のカーネーションをお墓の前に供える、毎年一輪

そうじろう「覚えてるかお母さんのこと」
こなた「あたりまえだよ」

そうは言ってみるものの、覚えてるのはほんの少し

そうじろう「こなたは"お父さんいやー"とか言ってずっとかなたと一緒にいたもんな」
こなた「そんなこともあったねぇ」

なんだろう、思い出すと、涙が出てきちゃう

そうじろう「こなた、泣いてるのか」
こなた「お父さんだって、さっきからずっと涙流してるじゃん」

 ― 約束したんだ・・・

そうじろう「ばか、それをいうな・・・ぅぅ」
こなた「お父さん・・・」

 初めてお小遣いで買った一輪のカーネーション
 お母さんにプレゼントしたんだ
 そしたら笑顔で"ありがとう"って言ってくれた
 お母さんを思い浮かべる時はいつもその顔が出てくる

そうじろう「ちょっといいか」
こなた「うん」

お父さんがどこに行ったかなんてすぐに分かる
もう少ししたらどこかの陰ですすり泣く声がきこえるはず

そうじろう「・・・」
こなた「やっぱり」

お父さんとも約束したもんね
初めて母の日にお墓参りに行った時
あんまり大きな声で泣くもんだから
"そんなに泣かないでお父さん"って

こなた「お母さん・・・」

 お母さんの病院のベッドの枕元にはいつもそのカーネーションがあったっけな
 気に入ってくれてたみたい、だから私は
 "おかあさんのの日には絶対私がカーネーション買ってきたげるー"
 そしたらお母さんニコッと笑って"約束ね"って
 けどそれが最初で最後・・・

そうじろう「おいこなた大丈夫か?」
こなた「え?」

私はいつの間にか声を出して泣いちゃってたみたい
お父さんはもういつもの顔に戻ってた

こなた「もう戻ってきたの」
そうじろう「約束だからな」

 ― 約束だから・・・

こなた「うん」

私はもう一度カーネーションをかるくさわって合掌した

こなた「お母さん・・・お母さんの好きなカーネーション、今年も買ってきたよ」

 母の日には毎年一輪のカーネーションを持っていく
 これからもずっと、私が死ぬまで一本ずつ


  それがお母さんとの約束だから


おわり。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。