ID:2bQJCiXuO氏:選ばれし四人の戦士達第二部

こなたはまだ眠っている。先程の戦いの疲労がたまっているのだろう。
私はまだ信じられないでいた。さっき起きた事や、この力の事。なぜ私達なのか?そんな事を考える。
私達以外の生徒はどうなったんだろうか。気付くとここは学校であって、学校じゃなかった。空は暗く、灰色を描いていた。風が冷たい。
あまり人気が感じられないこの場から離れようとしたとき

神?が私達の前にあらわれた。ていうか本当なんなのコイツ?
神「どうやら無事のようだな。安心した」
こなた「なんでゆい姉さんが襲ってきたの?」
神「あれは成美ゆいではない。皮を被った偽物だ。おそらく魔王の手下だ」
こなた「またゲームみたいな・・・それはそれとして、さっきと学校の様子が違うみたいだけど?」
神「・・・もう闇の浸食が始まったか・・・。今この一帯はやつの闇によっておおわれている。おそらくお前達以外の人間はもう残っていないだろう」
こなた「それじゃあ・・・ゆーちゃんやみなみちゃんも?ゆい姉さんも先生もここにはいないって事?」
神「彼女達には、
神がそう言い掛けた時、校舎から数人の影が見えた。

その影は小早川ゆたか、岩崎みなみ、田村ひより、パトリシア・マーティン、黒井ななこだった。
神「・・・見ての通りここにいる。彼女達にも私が力を与えた。」

ゆたか「こなたお姉ちゃん!!」
ゆたかがこなたに飛び付く。
かがみ「?日下部と峰岸は?いないの?」
確かにそこに二人の姿はなかった。
神「彼女達には別に動いてもらっている。いわゆる脇役だが・・・まあいいか」
みゆき「ところで・・これから私達はどうしたら?」
全員(一部除く)が揃った中みゆきが言った。
神「率直に言おう。魔王を倒してほしい。やつを倒さんとこの世界も天界も壊れてしまう。」
ななこ「で?どいやったらええんや?ウチらにしかできへんのやろ?」
こなた「先生なにげにノリノリですね。」
ななこ「だってこんなゲームみたいな事一生に一度もないやろ?一度やってみたかっんやこんなん。泉は楽しくないんか?」
こなた「そりゃあゲームの世界なんて体験できないですし楽しいですよ」
ななこ「なら楽しも!な?みんな?」
こなた「おー!!ささ、みんなも!」
ゆたか「お、おおー!!」みなみ「・・・ぉぉー・・・」
ひより「いいネタになりそうッス!」パティ「ファンタジーですネ」
つかさ「あはははは・・・」
かがみ「あんたらなぁ・・・もっと真剣に」
みゆき(これで出番増えたらいいんですが・・・)


話が一段落ついた所で、
神「君達にはそれぞれに分かれてもらう。あー・・・そうだな・・・」
神はみゆき、ななこ、パティを指さし、
神「君達三人は東京にある魔王の本拠地にむかってくれ。確かラジオが収録されてた場所のはずだ。」
三人はうなづくと東京方面に向った。
神は次に、こなた、みなみ、ゆたかを指さした。
神「君達にはこの空間の解除を頼みたい。確かアニ〇イトとか言う店だったかな?そこに向ってくれ。」
こなた「了解。そこならよく行くからまかせたまへ。んじゃかがみ、つかさ、ひよちゃん、バイニー。」
こなたはそう言うとアニ〇イト方面に向った。ゆたかとみなみがこちらを見て一礼をかわして後をおった。
そして・・・つかさ、かがみ、ひよりが残った。

神「君達は・・・成美ゆいを探してもらう。」
かがみ「成美さんならさっき私達が倒した・・・」
神「あれは見かけだけだと言っただろう?成美ゆいの本体はまた別だ。」
かがみ「じゃあどこに・・・?」
神「実はこの学校の中にいるのだが・・・魔王の手先が封印の魔物を・・・」
神がそう言いかけてかた時地面が揺れた。地響きで立っていられない。
神「来たか・・・すまないがやつを倒してくれ」そう言うと神は消えた。
かがみ「ち、ちょっと!?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。