ID:XlpjkfEKO氏:タイトル不明

風の音を聞けばかがみの 声を想い出し。
雨に濡れればかがみとの 想い出が甦る………
    ―雨上がる。その世界―
「ねぇ、こなちゃん?  一緒にお昼食べよ!」
いつもの風景。いつもの 授業と昼休み。
そう、いつもの日常だ。
いつもの如く地球は自転をくり返してる。
ただ一つ欠けているのは
……大切だったいつも。
あれはちょうど一年前。
人なんて肺に小さな影が できるだけで死んじゃうんだ、って初めて知った。
「…でね。セバスちゃん たら足が……どしたの? こなちゃん??」
いつもの様につかさが 笑いかけてくれる。
ホントは一番辛いハズの つかさが。
時が解決してくれるとは よく言ったもんだよ……。
『お姉ちゃん!!嫌だよ!私お姉ちゃん居なきゃ起きれないもん!!
…‥また勉強教ぇてよ! ねぇ…おねぇちゃん……  一人にしなぃで………。 ‥‥…わぁぁぁあ!!!』
冷たくなった姉の横で 泣き崩れている。
周りの大人達もみんな泣いてた。
…その時…私は……何してたっけ……?
確か雨がスゴかったなぁ。

「どうかしましたか!? 泉さん。…もしや 体調が優れないのでは?」ン~、萌えるねぇ。イーヨ

みゆきさんが私の顔を覗き込んでた。
みゆきさんも…………
スゴかったなぁ。
毎日かがみのトコに通って、学校から20kmもあるのに。
家だって反対方向なのに。


『…みゆ‥き‥もうい…よありが…う……。』

既に酸素マスクと生命維持装置は外せない状態まで弱ってた‥‥。

これだけの言葉を発するのは辛そうだ‥‥。

みゆきさんはいつもの日課である窓の側の花の水を取り替えてた。
『…そんな事…言わないでくださいね。私は……かがみさんが良くなるまでは……
その時かがみがか細い声で話を遮った、
『‥でも‥‥こんな‥‥の私に‥は‥‥
‥つらすぎる‥よ‥‥。』
花瓶の割れる音が一つした
『……かがみ…さん……私…ごめんなさい……』
みゆきさんは病室を出ていった……。
それ以来、病室にみゆきさんは来ようとしなかった。

部屋に残されたのは割れた花瓶の破片と泣いているかがみだった。


「泉さん。さうよなら」
私相手に丁寧にお辞儀までしてくれてる!

「こなちゃん!またね!」

おぉう、眩しいよ。
太陽が?NO!!
つかさが?YES!YES!YES…~え?

   ド ン

…おっと?つかささん、こんなトコで抱き締められても困り……
「こなちゃん……?昼、ずっと具合悪そうだったよね……。
……イヤだ!!!こなちゃんまで居なく…、居な‥く……!!」

つかさはこれ以上は喋ろうとせず私から逃げるように走ってった。

そりゃね……。私でもゆーちゃんがいなくなったら立ち直れませんよ……。


『かがみ?…ナ~二コレ?新種の想像上の生き物?』 『うるさい!!!黙れ//病院て暇なんだから…』
かがみんお手製らしいソレは犬+猫+=ウサギみたいな人形だった。
『Σお姉ちゃんうまいネ えと?……ブタさんカナ?』 嘘つけないんだよネ。
何か同情票が入りました。
『むー…!もう知らない!……っあのね…?もし私に‥何かあったら…みんなにコレ受け取ってほしいなって…』
ベッドの下の段ボールからもう二つ人形を取り出す。
『たまにでいいか‥‥』
『かがみさん!!!』
それは今までに無い程の大きな声で、かがみの声は遮ぎられた。
『そんな事…言わないで!私…あなたが死ぬなんて考えたくない……!!』
みゆきさんはかがみを強く抱き締めていた。
『みゆ‥っき…………うわぁぁぁあぁ!!』
多分かがみは今まで我慢してきた涙を全て流したんだと思う。
つかさも二人に寄り掛かる形になって、
『お姉ちゃ…ウッグ……… ヒック……』
……私は泣けなかった。
一人だけ。
かがみの手を一生懸命握っていた。…かがみのとても細い手を……。


おっ、と。電車が大きく揺れたみたいだ。
…昔の夢をみてた……。
そこは、電車の中だった。
いつもの通路の薄暗さが妙に心安らぐ……。
って! 危ないな、降りる駅一つ前だったよ。
私はこれまで通学途中何度も読み込んでいる本を鞄にしまい込んだ。


‥かがみの隣は、いつも私の特等席だったっけ、
そうそう!
いつも寄り掛かってよだれ垂らしちゃって、怒られてたっけか。
…ダメだよ。早すぎるよ。もっと沢山怒ってよ……。
まだ借りたラノベも返していないし……。
かがみにもう…返せないじゃんか……!!
『こーなた!!』
猫撫で声で私の名前を呼ぶ時はいつも……
『私が貸したげたラノベもう読んだよね~ぇ?』
アナタは貸したんじゃない私に【課した】んです!
『‥その顔、お前まだ開いてすらないな……!』
おぉ!さっすが私の親友!なんでもご存じで!!
あ、ため息ついた。
『ハァ…あのラノベまだ私も読んでないのよっ!早く読んでくれないと……ッッッ!!』
え?
何が起きたの……?
急にかがみが咳き込み出して…血を吐いて!!
……ナースコール!

ナースコールに伸ばした私の手をかがみは掴んだ。
『ハハ‥‥いいよ‥いつもの事だからさ‥‥。
‥‥‥ごめんね?‥そうだあのラノベやっぱアンタのペースで読んでいいわ……』


…ゴメンね、かがみん。
嘘ついたんだ‥ホントは全部読んだんだよ…?
おもしろくて一日で読み切っちゃったんだ……
ホントはね…かがみが退院したらね感想と一緒に渡そうと思ったんだよ?
おかえり、かがみんって………

電車が込んできたね……
しょーがない、外の景色でも見るかナ。
…町の灯りが灯っている。当然だけど当然じゃないんだ……。


『おじさん!!かがみは、助かるんですよね!?』
そこはかがみが倒れて搬送された病院の病室前。
授業が終わってすぐ走って来た為に息苦しい…。
 し ま っ た
その息苦しさはすぐに胸の苦しさに変わった…。
『…うん、大丈夫だよ。』おじさんは赤く目が腫れていた。
『何も心配しなくてもすぐ良くなるって。』
寝ているかがみに寄り添そっておばさんがすすり泣いていた。
『すぐ学校にも……!!』ここから先は声にならない声だった。

病院のロビーで二人でジュースを飲んでいた。
『他の子達…特につかさには内緒にしてくれるかな‥‥‥?
…あの娘はまだ姉が治ると信じているんだ‥』
私はハイ。としか言えなかった……。
…どんな気持ちなんだろ。娘が死んでいくのに何もできないなんて……。


私は電車を降りた。

外は小振りの様で雨が降っていた。
頬に水滴が滴る………。
傘なんか無いワケで仕方なく走った。
あの時も。
かがみが死んだ時も、雨が降っていた。


手術室のランプが着いてる
『おねぇちゃん……』
『大丈夫ですよ‥きっとつかささんを置いていく訳ないですよ……』

みゆきさんがつかさの頭を撫でながら寄り添っていた。

『ゴメン!つかさ、みゆきさん。私トイレ!』
……限界だった。

私はできる限り全速力で外に出ていった。
私はひたすら走った。

まるで泣いてるのを神様に見られなければかがみが死ぬ訳ないとでもいうかの様に……。

今日は凄く土砂降りだ。
視界が悪い……。
雨水が頬にとめどなく滴り続ける……。

違うっ!!これは雨だ!!雨だっ!雨っつ……!!

「…っっ、ぅグ、うわぁぁあぁぁあ!!!」



その日は例年には珍しい。雲一つ無い太陽が眩しい快晴だった。


~10年後~とある病院。
「ボクね。走れるようになったんだ~ スゴいでしょ!!」
「へぇ、スゴいねぇ! この前まで歩いただけでゼィゼィヒィヒィゆってたのにねぇ?」
「ヒィヒィは言ってないよ…。 ……ありがとう……チビねえちゃん!!ボクを治してくれて!」
「チビは余計…かな? いいよっ。君が元気に成ってくれて嬉しい!!」
「‥また来るからね?………遊びに!!」
少年は走りさっていった。
「またおいで……ってコラしょうがないね~……今度は友達連れてこい!」
医者はお気に入りのベレー帽をとった。
そこに可愛らしいクセ毛がピョコっと顔を出した。

どこかで
また一つ雨が止んだ……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。