ダッシューズ

~朝 登校時間中~
シュッ!!
つかさ「きゃっ!! なんか今横を通り過ぎたような……あっ!! 財布がない~」

シュッ!!
かがみ「ぐほっ!! な、なに……今何かにぶつかられたけど……あっ!! 財布がない!!」

シュッ!!
みゆき「きゃっ!! 今体を触られたような……あれ? ブラジャーつけてこなかったのでしょうか……」


シュッ!!シュッ!!シュッ!!

こなた「我らダッシューズ!!」
みさお「風のごとく疾走中!!」
こなた「今日の稼ぎもひとしおだ~」
みさお「ちびっこには負けないぜ~」
こなた「みさきちもやるなぁ~」
みさお「ははは、まだまだいくぜ~」

風のように現れ、人々の目に留まらぬ速さで走り去る、その名もダッシューズ!!

~授業中~
シュッ!!
かがみ「ぐほっ!! な、なに……今何かにぶつかられたけど……あっ!! 宿題やったノートがない!!」

シュッ!!
あやの「ひゃっ!! な、なに……今何か通ったような……あっ!! 宿題のノートがないようぉ~」

シュッ!!
みゆき「きゃっ!! 今体を触られたような……あれ? 今日パンツもはいてこなかったのでしょうか……」


シュッ!!シュッ!!シュッ!!

こなた「我らダッシューズ!!」
みさお「風のごとく疾走中!!」
こなた「これで今日の宿題もバッチリだ~」
みさお「ちびっこ、私もばっちりだぜ~」
こなた「みさきちもやるなぁ~」
みさお「ははは、ちびっこは宿題とは違うものも取ってるよなぁ~」
こなた「これはお約束なのだよ~」
みさお「そっか~」

風のように現れ、人々の目に留まらぬ速さで走り去る、その名もダッシューズ!!
迷惑しかかけないのは何とか団と一緒だがw

ダッシューズの弱点は雨の日の滑りやすくなった廊下

~雨の日の濡れた廊下にて~
シュッ!!
かがみ「ぐほっ!! な、なに……今何かにぶつかられたけど……あっ!! お弁当がなくなってる!!」

シュッ!!
ななこ「どぐはっ!! な、なんや……今何かに激突されたで……あっ!! コンビニ弁当が無い!!」

シュッ!!
みゆき「きゃっ!! 今体を触られたような……あれ? 今日上半身裸で来ましたっけ……?」


シュッ!!シュッ!!シュッ!!

こなた「我らダッシューズ!!」
みさお「風のごとく疾走中!!」
こなた「これで今日の昼食はばっちりだ~」
みさお「ちびっこ、私もばっちりだぜ~」
こなた「みさきちもやるなぁ~」
みさお「ははは、ちびっこはブルセラで臨時収入もあるよなぁ~」
こなた「いいだろ~」
みさお「いいなぁ~」
こなた「いやぁ~、うちの引き出しから現れたド○えもんから強奪した『地面から数ミリ浮くシューズ』は最高だ~」
みさお「これで私たちには弱点はないぜ~」

風のように現れ、人々の目に留まらぬ速さで走り去る、その名もダッシューズ!!
未来の力で弱点は無い!!w

秘密道具ktkr
みゆきにワロタwww
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。