ID:hirqLYN50氏:タイトル不明

こなた「ただいま~、みんなも連れて来たよ~」
そうじろう「いらっしゃいませ、『メイド喫茶・IZUMI』へ、ようこそ♪
 お嬢様方、4名ですわね?ご案内いたしま~す」
こなた「ちょwお父さんw?何でメイド服なんて着てるの!?ていうか何これ!?」
そうじろう「お父さん?私はこのお店のメイドです。是非『メイドさん』とお呼び下さい」
つかさ「あ、あははは」
かがみ「は…はぁ…(どう反応すれば良いんだ!?)」
みゆき「す、素敵なご衣装ですね、メイドさん」
そうじろう「ハ、ハァ(;´Д`:)ハァ…お、お誉め頂き、こ、光栄です。さぁ、こちらにおかけください♪」
こなた「…(ここはゆい姉さんか…それとも黄色い救急車か…)」 
つかさ「…(おじさん面白~い♪)」
かがみ「…(新しいジョーク…よね?)」
みゆき「…(変わった趣味…ですね…)」
そうじろう「こちらがメニューになります♪本日はスペシャルデー、全品無料です♪」
『メニュー・ミルク、ミルクシェーキ、バナナシェーキ、カフェオレ・フルーツミルク…その他ミルク系沢山』
こなた「お冷やを(こいつはやばいぜ!)」
つかさ「私はバナナ、うわぶ」
かがみ「私達もお冷やで…(つかさ!!)」  
みゆき「すいません、私もお冷やを(だ、大丈夫ですよね?)」
そうじろう「…かしこまりました。…ミルクシェーキ大盛り4丁!!喜んで!!今すぐお持ちします!!」 
4人「…悪夢だ…」 



「お父さん、今日もみんな来るけど、絶対この前みたいなことしないでよ!
 あと、お昼もあたしが用意するから!」
「……」
ピン~ポン♪
「あ、来た来た。お父さんはお仕事する!(しっ!しっ!)」
(ガチャ)
「いらっほー。よくきましたな。では…泉家入場料、お一人様30000円頂きます」
「随分高いな、オイ」
「あははは、ぼったくり…」
「冗談はさておき、さあさあ、土足で踏みにじりたまえ♪」
小一時間
「あ、そろそろお昼だ。何か作るから、ちょっと待っててよ」
「私達も手伝おうか?」
「いいっていいって。それに、かがみが来たら大惨事になりかねないしw」
「喧嘩売ってるのか?テメェ」
トントン・ガチャ
「みんな、勉強捗ってるかい?お昼作ったから食べに来なさい」
「ちょ!?お父さん!!あたしが作るって言ったじゃん!!何で作っちゃうの!?」
「そんな事言ってたか?それにみんな来るからって、昨日のうちにこしらえたんだが…そうか…勝手な事してすまなかったな…こなた」
「…おじさん…ちょ、こなた…」
「…私、おじさんの料理も、食べたい…な」
「ううぅ…わかったよ、頂くよ。お父さん。で、何作ったの?」
「そうじろう特製、ソウメンだ!夏の定番だからな。ちゃんと一から作ったんだぞ?」
「おじさんすご~い」
「一からって、まるで職人ね」
「そうじろうでソウメン…(て言うか…大丈夫…だよね?)」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。