保守兼ネタ2P


こなた「保守と…

そうじろう「保守
こなた「お父さんかっこいー

みさお「はぁ~あ、めんどくせーけど保守してやるかぁ」

こなた「保守よぉ」
みゆき「保守するのだわ」
つかさ「ふんがー」
かがみ「真面目に保守しゃがれですぅ!」

つかさ「保守・・・っと」

かがみ「つかさ~。いつまで保守してるの~?」
つかさ「分かんな~いw
     【保守バルサミコ酢~】っと」
かがみ「早く寝なよ?学校あるんだから(あたしも保守したいよ~(´・ω・`))」

つかさ「保守犬可愛いよね~?ウチも保守犬飼おうよ」

     という保守


かがみ「こらこらつかさ、単純に軽々しく言うけどね。
     躾け、散歩、餌etc面倒見れるの?
     子保守犬と成保守犬じゃイメージ違うかもよ?
     自分の日記帳じゃないスレの命を失うって、自覚を持ってるの?」
つかさ「そうだよね(´;ω;`)ちゃんと考えなくちゃ駄目だよね(´;ω;`)
     そ、それにしてもお姉ちゃん詳しいネ」
かがみ「そ、それは結局あたしも単純てコトよ//
     だから色々調べたし//」

つかさ「保守ネタだからこれでいいよね・・・」

             保 守


「おねぇちゃん!
保守って……なに?」

「ぶっ‥‥‥‥///
アンタいつ
そんな言葉覚えたのよ!? ダメよ!つかさにはまだ早いのよ!!」

「だってぇ…こなちゃんも保守するのが好きって
    言ってたよ?」

「え!?こなたが……!
‥いくわよつかさ!!
こなたを保守しに!!」

「え!?
どんだけーー‥‥‥‥…」

そんな保守です。


つかさ「携帯の使用料が高いって怒られちゃった><」
こなた「そんなに何に使ったの?」
つかさ「ずっと保守してたの」

「こなた、アンタ
ほ…保守が好きなんだっ
てね‥//」

「うん。大好き~~!!」

「ビクン ちょ!!声大き‥

『最近は寝る前必ず保守るんだよネ~~。
ずっと保守ってないと
すぐオチちゃうからねぇ…

 だけど最後までいけるとスゴい気持ちいいんだ~!かがみんも一緒に
保守らない?‥‥‥って、

 あれ~?かがみんスゴい鼻血だね。どしたの?』

      保守…と。


みゆき「ホッシュホッシュ ホッシュホッシュ ホッシュホッシュ ho」
つかさ「みっみゆきちゃんちょっと古いかな…」
みゆき「そっそうですか///私初めてでどうすればいいのかわからなくて」
つかさ「じゃぁわたしがリードするからついて来てね」
みゆき「あっ助かります」

ズン♪ズン♪ズン♪ズン♪
tukasa「セイ!!! ホオオ!!!」
miyuki「HOO!!!」
tukasa「セイ!!! ホオオ!!!」
miyuki「HOO!!!」
tukasa「エヴィバディィィィィィ! セイ!!! ホオオ!!!!!!!」
エブリボデー「ホオオオオオ!!!!!」
miyuki「hっ」
tukasa「イェア!!!カモォォォォォォォン!!! セイ!!! ウォォォ!!!」
エブリボデー「ウォォォォォォォォォ!!!!!!!!!」
miyuki「うぇ!?」
tukasa「HAAA!!!イエス!!! カムカムカムカモォォォォォン!!!セイ!!! ヒャッハァァァァ!!!」
エブリボデー「イィィィヒャッハァァァァァァァァ!!!!!!!」
みゆき「ちょっ」
tukasa「hahahaha セイ A!!!G!!!E!!! AGE!!!AGE!!!」
エブリボデー「アァァァァァァAGE!!!AGE!!!」
みゆき「・・・」


そんな保酢


こなた「よく保守でsageてる人いるけどさ、意味無いよね?」
みゆき「板にもよりますけど、sageでも保守されているんですよ?」
こなた「…え?」
みゆき「そもそもdat落ちの判定にはさまざまなパターンがありまして、
一定時間ごとに決まったスレ番号以下のスレッドを削除する場合と
最終書き込みの時間からどれぐらいレスがないかで判断する場合、
またVIPのようにスレが建ってから一定時間経過すると自動的に落ちる場合など……」

かがみ「こいつら…」
つかさ「保守です」


つかさ「ホッシュポテトっと」

ひより「保守っす!」

ななこ「明日早出やったな。今日は保守せんでおとなしく寝るか、遅れるとあかんし
    …睡眠時間優先になってきたんは年取った証拠かなぁ
    学生の頃は寝る時間削って保守に走ったけど…」

こなた「皆から、応援FAXが届いてるよー」
かがみ「『保守頑張りなさいよ!』
     埼玉県のラノベスキーさんからよ」
つかさ「『落ちちゃやだよぉ』
     埼玉県のあかり似の女さんからだよ」
みゆき「これからもどんどん保守くださいね。       回線が混んでますので何回かやりなおしてから送信してください」

こなた「皆さんからの暖かい保守」
4人「お待ちしてます」


24時間保守


こなた「イマイのイマイのロボダッチ♪」

かがみ「古すぎて誰も分からんわ!!」

そんな保守


こなた「即効魔法!バーサーカー・ソウル!」
みのる「バーサーカー・ソウル?」
こなた「手札を全て墓地に捨て…効果発動!このカードは、モンスターカード以外が出るまで何枚もデッキからカードをドローするカード…そのモンスターを墓地に捨てる事で、攻撃力1500以下のモンスターで攻撃する事が出来る!」
みのる「攻撃力1500以下!?」
こなた『私は翻弄するエルフの剣士を攻撃表示で召還!』
みのる「まさかあの時!泉の奴…そこまで計算して…」
こなた「さぁ行くよ!まず1枚目、ドロー!モンスターカード、ホシューズ・ナイトを墓地に捨て…翻弄するエルフの剣士でダイレクト・アタック!」
みのる「ぐわあああ!」
こなた「2枚目ドロー!モンスターカード」
みのる「!?」
エルフ「とりゃあ!」
みのる「ぐわあああ!」
こなた「3枚目!モンスターカード!」
みのる「あきら様ーっ!」
こなた「4枚目!モンス…」
みさお「もうやめろ!」
こなた「HA☆NA☆SHI☆TE!」
みさお「とっくに白石のライフは0なんだってVA☆」
こなた「言え!かがみんはどこだぁぁぁぁぁ!!」
そんな☆

つかさ「きーたぞ!我等ーのーホ酢ートラーマーン♪」

みなみ「ゼロ…教えて…私達は後何人殺せばいい?」
あきら「地獄への道連れは多い方がいいな!」
かがみ「ガンダムを見た者を…生かして返すわけにはいかないわ…」
ゆたか「今日は話していられない…私の方が、不利だから…!」
こなた「私の望みは決闘だ!」
みさお「人々が目覚めると…私は信じている!」
あやの「さよならは言わないよ…みさちゃん…」
パティ「モノゴトハスベテelegantニ、デース!」

そんな☆


こなた「まだ私の保守は終了してないよ。」

ズバババ!ズバババ!チュドーン!
こなた「うわっ!…後の保守は…まかせたよ…かがみん…」
かがみ「あんたを置いて保守なんて出きるわけないでしょ!?目を、目を開けなさいよ!こなた!こなたぁー!」
カチャ
かがみ「!?」
みゆき「見付けましたよ」
かがみ「あんた…」
みゆき「さようなら、かがみさん」
かがみ「…死なば…もろともよ…」
ズドーン!!      

つかさ「宿題が終わらなくて保守できないよぅ」

少年B「問題ない。保守しろ。」

つかさ「バルサミ保守~♪」

つかさ「秋の夜空はお星ゅ様が綺麗だね」

こなた「保守…と…」
かがみ「ねぇ…それやってて楽しいか?」
こなた「楽しいとかそういう問題じゃないのだよかがみん…」
そんな☆

こなた「ゆーちゃん、ゆーちゃん」
ゆたか「なぁに?こなたお姉ちゃん」
こなた「今からかがみ達と遊んでくるから保守よろしくね」
ゆたか「えっと…わたしも今からみなみちゃんと…」
こなた「保守よろしくね」
ゆたか「みなm…」
こなた「趣味はインターネットでしょ」
ゆたか「ぷぅっ!おねーちゃんのいじわる!」
こなた「じゃよろしくねー」

ゆたか「えっと…保守です。あと>>1さんお疲れ様」




みなみ「…ゆたか、遅い」

ゆたか「>>1は大変な保守をしていきました。」
ゆい「…?」
ゆたか「このスレを守るためです。」

ゆたか「皆さん、気軽に遊びに来てくださいね。」
つかさ「仲良く盛り上げて欲しいな。」

こなた「人いないネ」
つかさ「そうだねー」
かがみ「…」
こなた「…ふたりっきりだネ」
つかさ「そだねー」
かがみ「……グスッ」
こなた「…ねぇ、つかさ…?」
つかさ「…なぁに?こなちゃん…」
かがみ「ヒック…うわあああん(走り去る)」
こなた「…保守、しちゃおっか?」

つかさ「ねーねー、ゆきちゃん。保守って何?」
みWiki「Wikiれ」

三☆ ∑(=ω=.) ☆三

こなた「しまった逃げ場が!!」
そんな☆

みさお「45分ルールだよ、45分ルール。朝は45分までに保守すれば落ちないんだってヴァ」

ゆい「1時間近く放置しても落ちないなんて、お姉さんびっくりだ」

つかさ「保守、及び視聴部隊総員に告ぐ!本日は全裸待機にて臨む事!以上!質問はバルサミコ酢!」

『ホシュベント』
こなた「お父さん!行って!」
ソウジロリータ「ホォォォシュゥゥゥ!!!」
ソウジロリータは保守ったゾ!

ソウジロリータのファイナルベントは「カナタ・フォーエバー」だ!
ソウジロリータがひたすらかなたとの思い出話をしてくれるゾ。
ハンカチ必須の最終奥義、敵の戦意は喪失だ!
こなた!止めの一蹴は卑怯だゾ!        

つかさ「ほし…っと、」

こなた「いやぁ保守のプロフェッショナルがいると安心だねぇ」
かがみ「なんの話よ」
みゆき「でも投下が無くては意味ありませんよ?」
こなた「そだね…そう言えば今日つかさは?」
かがみ「なんか保守しなきゃいけないから休むって、なんなのよ保守って」
こなた「…そう」

つかさ「ふわぁ、お星さまがいっぱい…ムニャムニャ…寝逃げでリセット~」

こなた「あ、落ちた…」

みなみ「☆」

みさお「ほらー。3日ルール、3日ルールゥ。明日の朝にはスレが落ちちゃうんだってヴぁ」


つかさ「まだ私の保酢は終了してないよ~」

みさお「まだ私の保守は終了してないんだってヴァ」

かがみ「まだ私の保守は終了してないわよ」

ななこ「泉、泉~。なんや遅刻か」
こなた「ストーップ! 遅刻じゃないですぅ。世話をしないといけないものがあったんです。わたしが見てないとすぐ落ちそうになって――」
ななこ「で、昨日は徹夜で保守しとったんか」

そんな保守

かがみ「なんで私しかいないの?5分レスないと落ちちゃうじゃないの」
そんな☆
かがみ「別に…寂しくなんか…」

つかさ「お姉ちゃん、私こなちゃんの家行ってくるから☆お願いね~」
かがみ「…こなたの家、私も行きたかったな…」


かがみ「しょ、しょうがないじゃない。保守しないと……、その………。な、何よ、私はまじめに言ってんの!………え?ち、違うわよ!なに言ってんのよ!?ちゃんと聞いてよねっ!もうっ。………私はただね、その、私は…………………、私はこの板が落ちて欲しくないの!」

と言う保守
つかさ「そういえば、らき☆すたってLucky StarのことだけどLucky Starって何のことなんだろう?」
???「ご説明しましょう。それは私のことです」
かがみ「外から声が…って、なによあれ」
みゆき「お星様がしゃべっていらっしゃいますね」
こなた「うぉう!あれは!!」
幸運の星「私は幸運の星。アニメではラッキー星と呼ばれている」
かがみ「はぁ?こなた、あれなんなのよ」
こなた「ラッキーマンの出身星」
かがみ「また、古いネタを…」

保守
つかさ「ほしゅ?
    ほしゅ~
    あははほしゅ~」

つかさ「お姉ちゃんってほんとにお母さんにそっくりだなぁ~」

つかさ「ていうことは………お母さんも若い頃はツンデレだったのかなぁ~」

つかさ「あ、いけない。ほっしゅほっしゅと………」


つかさ「バル酢部隊保守の応援に来ました!」


ひより「保守は私の使命っす」

くじら「保守」


ひかげ「保守っと……」カタカタ
ひなた「…(ひかげちゃんもやっと染まってきてくれたみたいでお姉ちゃん嬉しいわぁ♪)」


つかさ「酢!酢!」
かがみ「うるっさい!」


こなた「ゆーちゃん、ちょっとスレ立てといて~」
ゆたか「あ、うん。えーっと、これとこれを記入して…よし、出来た!」
こなた「ふんふふん♪ゆーちゃん、どう?立てといてくれた?」
ゆたか「お姉ちゃん…ごめんなさい…」
こなた「ん?立てられなかった?」
ゆたか「私、やっちゃいけない事やったみたい…」
こなた「?…うわっ!?凄い荒らされ様…何何?
    らき☆すた SS ~みゆき先輩の美貌は世界一~…(原因はこれか…)」


みゆき「定間隔での書き込み、皆さんどの様な仕事をされてるのでしょう」
こなた「家でできる仕事とか?うちのお父さんみたいな」
かがみ「ん~、お店とかじゃない?よくパソコンいじってたりするし」 
みゆき「夜勤の可能性もありますよね」
つかさ「無職じゃないかな。引き篭りとか。ニートだよ、ニート」
かがみ「ちょ…(あえてスルーしたのに…)」
こなた「ネット廃人…懐かしい響だ…」 
みゆき「き、きっと色々と事情があるんですよ」
つかさ「ゆきちゃんの未来かも~、あはははは~♪」
かがみ「(…案外こなたの未来かも…いや、私がさせないわ!絶対に!!)」


かがみ「ったく世話がやけるわね…次からは自分で保守しなさい」


つかさ「ほ…し……ゅ、っと」

かがみ「くっ……だいぶスレが下がってきたわね」
こなた「そんな時一発逆転できる、魔法以上に愉快な第六系統の呪文があるんだよ~」
かがみ「呪文ってアンタ……まあ聞くだけは聞いてあげるわよ」
こなた「その呪文とは……保守」
かがみ「はあ?」
こなた「だから保守だってば。あ、☆でも星でも酢でもOKだよ」
かがみ「随分いい加減な呪文ね……」

かが「ま、あたしはそんな怪しい呪文信じないけど」
こな「かがみんは夢がないなぁ…あ!大変だ!見たいアニメが始まるから先に帰るね」
かが「またアニメかよっ!それじゃまた明日ね」



かが「……っと、またスレ下がってきてるじゃない」

シーン

かが「(きょろきょろ だっ誰もいないわね?」
かが「ほっ保守‥////」

パシャ!

かが「なっ!」
こな「(にやぁ」
かが「しまったぁハメられたぁorz」

ギタドラきすた(ギタフリ編)


こなた「一応銀ネームだよ」
SP:1401.21 傾奇者 HS×8.0 DARK(FULL) RANDAM

かがみ「あまりやりこんでないわよ」
SP:998.73 サイクルプレイヤー HS×7.5

つかさ「難しいよね~」
SP:843.82 わかば HS×6.0 RANDAM

みゆき「最近金色になりました」
SP:1523.34 極 HS×10.0 DARK(FULL) REV. RANDAM


こんな感じにしてみた
保守投下

つかさ「ほしゅだよ」

かがみ「ほ、保守っ!あぶない、あぶない。落とさないようにって、こなたに頼まれたんだから。」

こなた「見せてやろう、こなたの保守を(ム○カ風に」


こなた「保守……っと」
かがみ「よくやるわね、そんな作業。こんなの誰かに任せておけば良いじゃない」
こなた「むっ、聞き捨てならないな。私は世界を救ってるんだよ?」
かがみ「どうしてそんな大きな話になるのよ……」
こなた「私が保守する間に、他の人は安心して作品が書けるでしょ」
かがみ「確かにそうかもね。それで?」
こなた「そうして誕生した作品を読んで、みんなの心が豊かになり、世界から争いは消えるって感じかな」
かがみ「うーん、やっぱり飛躍しすぎだって。保守すればいいってものでもないんじゃない?」
こなた「まあね。作品の感想とかもあればいいんだけど、どうも私は改まって書くのが苦手で……」
かがみ「おいおい。世界を救うとか言ってたのはどうしたのよ」

つかさ「酢だっちゃ寂しいよぉ~」
かがみ「また酢か…て言うか酢が言いたかったけじゃないのか?」
こなた「投下きぼんだっちゃ!」
みゆき「(このボタン1つで衛星から…ふふふふ♪)」

白石「うーん。どうすれば人が増えるんでしょうねぇ」
あきら「あー? 別にいいじゃん。少数精鋭ってやつでさ」
白石「いや、やっぱり人が多いほうが感想の絶対数も増えて盛り上がるかな~なんて」
あきら「うーん。ああ。じゃあほら、人海戦術とか」
白石「あきら様、それ本気で言ってますか……?」
あきら「なにアホみたいな顔してんのよ。さっそく人海戦術で頑張るわよ」
白石「は、はい。頑張りましょう!(俺、この人についていって大丈夫なのかな……)」

あきら「やっぱ人海戦術はやめ。このスレじゃ無理だわ」
白石「え?ではどんな戦術を」
あきら「樹海戦術よ。水汲んできて」

わーきーあーがーるーマグマー♪

白石「やめてやる…」

みゆき「えっと、荒らされると困るので、sageて保守。これで良いんですよね♪」
つかさ「保守保守~♪sageっと」
かがみ「そろそろ時間ね。sage」
こなた「よし!長編完成!投下!の前に更新。…あ、落ちてる…orz」

つかさ「保守をするとホ酢ティカルパワーを消費するから大変だよ。
    でも、その都度バルサミコ酢を飲めばバワー回復、無問題。
    問題はバルサミコ酢が高いって事だよね。
    お小遣い、これだけで全部ぱーだよ~。バルサミコ酢一年分とか、当たらないかな~
    そんなわけで!懸賞に応募してみました!バルサミコ酢一年分!
    さて!当選者は!…隣の家だよ~(泣)ずるいよ!お小遣い葉書台で消えちゃったのに~(大泣)」
かがみ「…煩いわね…素敵な妄想が台無しよ。一からやり直しね。ある日、裸のこなたが(ry」  

AM7:00
かがみ「おはようこなた」
こなた「ん・・・おはようかがみ、今日も早いね」
かがみ「うん♪おはようの保守は?」
こなた「え、ちょっ、かがみ?」
かがみ「ねぇおはようの保守しようよこなた」
こなた「いきなりどうしちゃったのさかがみ」
かがみ「いつもはしてくれるじゃない」
こなた「え?いつもって・・・?」
かがみ「もう♪とぼけないでよこなたったら」
こなた「うわ、かがみ待って! 先学校行ってるね」
かがみ「あ、行ってきますの保守はー?」

かがみ「こなた、おはようの保守は?」
こなた「もうやめてぇぇ」

つかさ「あれ?ほしゅってどう書くんだっけ?あ、思い出した。呆手っと」
こなた「保守ればいいんでしょ?いいですよ、保守りますよ」
かがみ「違うでしょ!自分が保守りたいかどうかでしょ?」
かがみ『べ、べつに保守したいわけじゃないんだからね!…//』

保守


ゆたか「お姉ちゃーん、ご飯出来たよー」
こなた「はーい、今行くよー……保守しとこっと」

こなた「さてと、続き続き……何これ!?乱立!?落ちてるしー!」

こなた「なんてことが昨日あってさー」
かがみ「無茶苦茶ね、そいつら……」
こなた「こーゆー荒らしって完全規制できないもんかなー?マジで腹立ったよー」
かがみ「確かにマナーは守って欲しいわね」
こなた「せっかくツンデレキャラを落とす方法で白熱してたのにー」
かがみ(ここは同情してやるべきなんだろうか……?)


そうじろう「あ?大きな☆が点いたり消えたりしてる……。暑苦しいなあ、おーい、出してくださいよぉ!」
こなた「お父さん?ああ、お父さんも保守したいのね……」

つかさ「今日はあんまり人が居ないね。」

かがみ「そうねぇ。どうしてなのかしら?」

こなた「それはね、かがみんの愛が足りないからだよ。」

かがみ「はいはい、どうせ私は愛のない女ですよ。」

つかさ「お、お姉ちゃん、そこまで言わなくても…。」

こなた「どんなときでも板を守り抜く。そ・れ・が『愛』だよ。」

かがみ「あんたのその原動力は一体どこからきてるんだ?」

こなた「だ・か・ら『愛』だよ。」


つかさ「はぅ~。もう眠いよぉ。こなちゃん…後はまかせた…」パタ

こなた「つかさが落ちたか。まぁつかさにしては頑張ったよね。でもかがみんはしぶとそう

だね。」

かがみ「こなたと一緒ならいつまでも起きてられるわ!!」

こなた「かがみん…」


あやの「保守しなきゃ…って、だ、ダメ、そんな…んんん、みさちゃんに聞こえちゃう」
みさお「(十分聞こえるZE…)」 


ゆたか「スースー……」
みなみ「寝てる……」
ゆたか「スースー……」
みなみ「ゆたか、今夜は眠らせないよ……(ボソッ)」
ゆたか「ふあ……」
みなみ「ビクッ!」
ゆたか「みなみひゃん、呼んだぁ~?」
みなみ「う、ううん……」
ゆたか「そぉなの……スースー」
みなみ「ホッ」


かなた『そうくんは…寝てるのね。そうだ、この隙に…保守♪…あら?
    もう一度、保守♪…orz実体がないからキーボード打てないなんて…』
そうじろう「んが!おぉ、保守しないと。ん~と…
      かなたは俺の嫁っと。よし、続き書くゾ!」
かなた『もう、そうくんったら。…Cyu』
そうじろう「ん?ん…」
カキカキ…カキカキ… 


かがみ「♪~」
こなた「あ、かがみん何食べてるの?」
かがみ「ん?ポッキーよ?食べる?」
こなた「食べる食べる」
かがみ「じゃあはい」
こなた「うぇ?なんで口にくわえて渡すのさ?」
かがみ「そりゃぁ…ほら、はやく!……ん!」
こなた「こーゆーのは合コンとかで男女でやるもんでしょ?まぁ食べたいからやるけどさぁ

…あむ」
ポキポキポキ…

こなた「……」
かがみ「……」

かがみ「最後ちょっと触れたわよね?」
こなた「////(カァ~」


 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。