ID:cBMaA9lL0氏:タイトル不明

そうじろう「こ、こなた! 大変だ!」
こなた「何慌ててるの? お父さん」
そうじろう「お、お父さん、きんたま……」
こなた「はあ??」
そうじろう「い、いや、きんたま……ウイルスが」
こなた「ちょっと、女の私にそんなこと言わないでよね。病院いきなよ」
そうじろう「違うんだ! 俺のPCがきんたまウイルスに感染してたんだ!」
こなた「きんたまウイルスって……暴露ウイルスだっけ?」
そうじろう「そうだ」
こなた「ってことは、お父さんWinnyやってたの!?」
そうじろう「つい手を出してしまったんだ……」
こなた「なにダウンロードしたの?」
そうじろう「『[無修正]ろりすぺしゃる.avi     .exe』なんだ……」
こなた「最悪だよ、この変態親父」
そうじろう「それで、ダブルクリックしてしまって……」
こなた「お父さんのPCの情報流出しちゃったんだ……」
そうじろう「そうなんだ……」
こなた「で、どんなものが流れちゃったの?」
そうじろう「俺の詳しいプロフィールとか、仕事内容とか、東南アジアでの活動記録とか……」
こなた「東南アジア?」
そうじろう「え、あ、いや、その」
こなた「そういえば、お父さん年1回ほど海外旅行へ行ってたよね?」
そうじろう「ああ」
こなた「東南アジアだったんだ……何しに行ってたの?」
そうじろう「しゅっ……取材だ」
こなた「だったら別にうろたえることないじゃん」
そうじろう「そ、それはそうだが……」

ぷるるるるる、ぷるるるるる……

こなた「はい、泉です……あ、ゆい姉さん?」
そうじろう「まさか……」
こなた「え? お父さんの情報が……通報で……東南アジアでそんなことを……」
そうじろう「やばい!」
こなた「うんうん……で、これから来るんだね。わかった」
そうじろう「……」
こなた「あ、ゆい姉さん。お願いがあるんだけど。私そっちの家の養女にしてくれない?」
そうじろう「こ、こなた!」
こなた「うんうん、そそ。この人お父さんじゃないし。じゃ、よろしく」
そうじろう「こなた、見捨てないでくれ~」

ゆたか「こなたお姉ちゃん、ゆいお姉ちゃんと同僚の人がおじさんを迎えに来たんだけど……」
こなた「あ、早かったね。そうそう、ゆーちゃん。私、ゆーちゃんの家の子になるから」
ゆたか「え?」
こなた「詳しくは後で話すよ」
そうじろう「こなた~」
こなた「知らないおじさん、何か言った? さっさと行ってよ」
そうじろう「……」

その後、泉家は消滅した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。