ID:2BcYWkhw0氏:こなたの旅(ページ7)

31

 今日は休日。かがみと約束した日。珍しく出かける準備をを終えて迎えにくるのをまつばかり。
私にかがみに旦那さんの話をする事が出来たっていったいなにが切欠なのだろうか。
私に会わせたい人。かがみのあの言い方だと私の知っている人。
やっぱり筆頭に上がるのがつかさかな……
現につかさは告白を誰の力を借りずにしている。
でも改めて会ったとして私が変わるはずない。変わるならとっくに変わっている。
つかさは職場で毎日のように会っているし……今更っ感じだよね……
かがみはつかさと会わせて私にどうしろって言うのだろうか。
分らない。
考えれば考えるほど分らなくなる。
それともひよりとかゆたかだとしたら……
ひよりやゆたかがいのりさんやまつりさんとどんなやり取りをしたのか少し興味はあるけど私の場合と
状況が違うと思うし参考になるかな……
結局今日までこんな事ばっかり考えて過ごしてしまった……

『ピンポーン』
呼び鈴の音。時計を見ると約束の時間ピッタリ。かがみに違いない。
私は玄関に向かって扉を開けた。
かがみ「オッス、こなた!!」
そこには私服姿のかがみが立っていた。私服か。そういえば最近見てなかったな、かがみの私服姿。
かがみはジロジロ私を見回した。
かがみ「出かける準備はできていそうね、行きましょ」
かがみは玄関の前に停めてある車に乗り込んだ。かがみは車できたのか。私は玄関を出てかがみの車の助手席に乗った。
かがみは私がシートベルトを付けるのを確認すると車を走らせた。
かがみ「この前は何勝したかしら……」
こなた「ほえ?」
少し考えたけどこの前、ゲーセンに行った時の話しをしているに違いない。
こなた「64戦32勝32敗……」
かがみ「どうよ、以前の私と違うでしょ?」
こなた「確かに違うけど……バージョンが上がっていたし操作性が以前のと違っていて……」
かがみ「おいおい言い訳かよ、こなたらしくない、私が強くなったって認めなさいよ」
そう言えばあれからゲーセンでかがみと格ゲーで弊店まで対戦していたっけな……
こなた「かがみが強くなったって言うより私が弱くなった……最近ゲームしてなかったし……」
かがみ「そう言うのを負け惜しみって言うのよ……」
確かにその通りかもしれない……
こなた「それより誰に会わすの、何処に行くつもりなの、内緒にするもんだからそればっかり考えて寝不足気味、もう教えてもらってもいいよね」
かがみ「寝不足って……そこまで考え込むなよ、まぁその気持ちも分らなくもないけど、ここまで来たら会うまで待ちなさい」
最後まで内緒か。
こなた「まさかつかさって落ちじゃない、言っておくけどつかさとは毎日会っているし昨日だって……」
かがみ「さぁどうかしら、でも改めて会うと違った見方も出来るわよ」
その言い方だとやっぱりつかさか……
なんだか考えて損した気分だ。つかさに会うのになんでこんな回りくどい事をしなきゃいけないのか理解に苦しむ。

 車の外を見ると見慣れた風景……
車は止まった。
そこはレストランかえでの駐車場だった。
かがみ「着いたわよ」
こなた「着いたって……レストランかえでだよ」
かがみは車から降りた。これじゃ話が出来ないので私も車から降りた。
私が降りるのを確認するとかがみは車のキーをロックした。
こなた「ちょっと、折角の休みなのにわざわざ何で……」
かがみ「行くわよ」
かがみは私の話しを聞かず歩き出した。
こなた「やっぱりつかさなのか……もういいや、私帰る……」
かがみは立ち止まった。
かがみ「ここまで来て帰る訳?」
こなた「ここまでって……いつも居る場所だよ、それにつかさになら毎日のように会ってる」
かがみ「それがどうかしたか」
こなた「どうしたもこうしたもないよ、誰かと思って夜も眠れなかったのに……」
かがみは溜め息をついた。
かがみ「ふぅ……だから名前を言わなかったの、こうなるのは分っていた」
こなた「つかさは凄いのは分かるけど私はつかさの真似なんか出来ない」
かがみ「だからこうして……」
なんだから頭に血が上ってきた。
こなた「もういいや……」
私は帰り道に体を向けた。
かがみ「こなた」
呼び止めるかがみ。だけどもう聞く耳はもてない。私は走り出した。
かがみ「こなた、待ちなさい!!」
何時になく大きな声だった。それでいてキンキン高い声ではなくむしろ低く唸った様な重い声だった。
その威圧感のせいか思わず立ち止まってしまった。
かがみ「帰るのはいいけどその後、あんた、ちゃんと彼に言えるの?」
何も言えなかった。それを見兼ねたのかかがみは話し始めた。
かがみ「何も変わっていない、きっと結果は同じよ、その時には永遠の別れしかない……確かに会わせたい人と会っても変わらないかもしれない
    でもね、両想いでも添い遂げられない話は珍しくも無いのよ、まして片想いなら尚更、会ってみる価値はあると思う、
    別に気に入らなければその場で帰ってもいい、途中で止めてもいい、退屈だったら寝ても構わない」
こなた「ダメで元々って事?……」
かがみ「ぶっちゃけて言えばその通り、だけど全くの勝算が無い訳じゃないのよ、私は彼に告白できたのだから」
こなた「えっ」
私は車から降りてはじめてかがみの顔を見た。
かがみは私と目が合うとにっこり微笑んだ。
かがみ「ふふ、やっとその気になったからしら……」
こなた「告白って……何時?」
かがみ「あの時、ゲーセンから帰った時よ……私は始めて彼に、ひとしに私の気持ちを伝えた……」
かがみが……告白した?
かがみ「どう、会ってみたくなったでしょ?」
かがみは私に近づき鼻を指で突いた。私は思わず鼻を押さえた。
こなた「でも……つかさに会っても……」
かがみ「誰がつかさだって言った?」
こなた「……つかさじゃないの?」
かがみ「此処で四の五の言っても始まらない、行きましょ、彼が待っているから」
こなた「……彼……彼って、男性なの?」
かがみ「さぁね、でもあんたも以前会った事がある人」
以前会った事がある男性……全く検討が付かない。誰だろう……
それを聞こうとした時、かがみは歩き出し駐車場から出ようとしていた。
かがみがもったいぶるから……行かないといけなくなっちゃじゃないか。
私はかがみの後を追った。

 かがみに追いつこうとした時だった。かがみはレストランかえでの入り口を素通りした。
こなた「かがみ、通り過ぎちゃったよ……」
私が呼び止めてもかがみは歩き続けた。
こなた「いったい何処へ連れて行く気なの?」
かがみ「すぐそこよ……もう見えてきたわよ」
こなた「え、そこって……」
かがみの見る方を見るとそこはつかさの洋菓子店……かがみはその玄関前で立ち止まった。
かがみ「着いたわよ」
こなた「着いたって……今は休業中……」
かがみはドアに手をかけて扉を開けた。
こなた「う、そ……何で?」
かがみ「入るわよ」
こなた「え、あ、うん……」
店の中に入ると奥に人の気配がした。つかさかな……
かがみ「オッス!!」
つかさ「あ、お姉ちゃん、こなちゃん、待ってたよ」
かがみ「悪いわね、準備させちゃって」
つかさ「うんん、それよりこなちゃん、来てくれたんだね」
つかさは笑顔で私の方を向いた。
こなた「う、うん……それより店は……レストランは大丈夫なの?」
つかさ「店の鍵をあけたのとちょっと掃除しただけだから問題ないよ」
つかさは鍵をかがみに渡した。
かがみ「終わったら返すわよ」
つかさ「うん、後はお願い」
つかさは私の方を見た。
つかさ「こなちゃん、がんばって!!」
そう言うと小走りにレストランの方に戻って行った。
つかさは私が何故此処に来たのか知っているのだろうか……
もしかしたらかがみから聞いたのかもしれない。私からは一切話していないのだから。
かがみは自分の腕時計を見た。
かがみ「ちょっと早かったかな……」
そう言うとキッチンに向かい薬缶に水を入れて火にかけた。
かがみ「お茶を入れるから手伝って」
こなた「う、うん……」
私もキッチンに入った。

 お茶の準備が終わった頃だった。玄関に人の気配を感じた。
かがみ「あ、来たわね」
かがみが玄関に向かった。
みなみ「こんにちは」
こなた「み、みなみ……??」
かがみ「時間どおりね、今日はよろしくお願いするわ」
みなみ「はい……」
いったいどう言う事なのか理解できない。
かがみとみなみは打ち合わせしたかの様な会話をしている。みなみは私がいるのに気がついた。
私と目が合うと会釈をした。
かがみ「あれ、一緒じゃなかったの?」
みなみ「あ、いけない……」
みなみは慌てて玄関を開けた。玄関から入ってきた小さな陰……
ま、まなみちゃん?
まなみちゃんがコソコソと小さい体を余計に小さくさせて入ってきた。
かがみ「まなみちゃん、今日はありがとう」
まなみちゃんは顔を赤らめて黙って頷いた。
こなた「何……何なの……分らないよ?」
かがみ「まなみちゃん、準備お願いね」
まなみ「はい……」
小さな声で返事をするとピアノ方に向かって歩いた。
こなた「ちょっと、かがみいったい何をするつもりなの、教えてよ……」
みなみ「かがみ先輩……まだ何も教えていなかったのですか?」
かがみ「そうよ、話したら絶対に来ないからな」
こなた「……な、何で?」
かがみ「今日はまなみちゃんのピアノの演奏を聴いてもらう……」
こなた「ええ??」
いったい何を言い出すかと思ったら演奏会って……
こなた「……誰かに会わせてくれるんじゃなかったの?」
かがみ「会わすわよ、みなみ……」
かがみはみなみの方を向いて頷いた。みなみも頷いて返した。
みなみ「これからラフマニノフ前奏曲作品23-4の演奏会を行います」
こなた「演奏会……話が違う……」
かがみ「こうしないと来ないからな、よもや帰るなんて言わないわよね」
かがみは演奏の準備をしているまなみちゃんの方を向いてから私を見て睨んだ。
私もまなみちゃんを見た。ピアノの前に座り静かに目を瞑って精神統一をしていた。
これで帰ったらまなみちゃんは……
こなた「……かがみのいじわる……」
かがみ「そうそう、それでよし、でも約束は守っているわよ、セルゲイ・ラフマニノフにこなたを会わせる」
こなた「らふま……のふ……って知らないよ……そんな人」
みなみ「以前ここでまなみちゃんが演奏した曲……覚えていません?」
以前ここで……
考えた、以前此処で……そういば何か演奏していたっけ。
確か……凄く忙しそうな曲だった……
こなた「もしかしてあかずきんちゃんと狼の曲、練習曲とか言ってた?」
みなみは頷いた。
かがみ「覚えているじゃない、でも今回はその曲の事は忘れて」
こなた「……忘れてって……私に音楽、クラッシックなんか聞かせたって何も起きないよ……」
かがみ「そう構えるな、素直に聴けばいいだけよ」
こなた「素直にって……難しいよ」
かがみ「そう私だってクラッシックはそんなに聴く方じゃない、でもねまなみちゃんの演奏を聴いて変わった、それを
    こなたにも体験して欲しい」
こなた「そんな事言われても……」
みなみ「誰かがこんな事を言っていました、人が生まれて最初にする遊びは何かと……それは、絵を描く、踊る、歌う……
    でも周りの影響で次第に描かなくなり、踊らなくなって、歌わなくなる」
かがみ「つまり音楽は人間の根源にある感情表現なのよ、これはお稲荷さんには無いもの、それを使わない手はないわよ、
    こなたにだって分る」
こなた「そうかな……」
「こんにちは……」
玄関の方から声がした。
かがみ「どうぞ、待っていたわよ」
あの声は……声のする方を向いた。かえでさん……
かえで「久しぶりね……全く、一度も見舞いに来なかったのはあんただけだったわ」
こなた「え、あ、お久しぶりっス……」
かがみ「こなたはそんな奴よ」
かえで「知ってる!!」
こなた「い、いや、本当はお見舞いに行くつもりで……でもね」
かえで「もういい、あんたの言い訳は長くてたまらないわ」
かがみ「そう、その通り!!」
かがみとかえでさんが大笑いした。
むぅ、まったくもって何も言えない。
かがみ「もうお身体はいいのですか?」
かえで「つかさの薬のおかげで母子とも健康そのものよ」
かがみ「それは良かった」
かえでさんはピアノの近くの席に座った。
かえで「まなみちゃん、今日はよろしくね」
まなみちゃんは小さく頷いた。
確かにまなみちゃんの手前ここで帰るのはまずいな。何とか寝ないで済めば良いけど……

 覚悟を決めてはかえでさんの隣に座った……
そういえばかえでさんはどうして此処に来たのだろう。まなみちゃんの演奏会を聞きに来た。
ただそれだけなのかな。
かえでさんは多趣味だから音楽鑑賞くらいはしているだろうし、何かの楽器を演奏していても不思議じゃない。
かえで「何かしら?」
私と目が合った。
『いったい何で来たの?』
普段ならそう聞いていた。だけど何故か声が出なかった。
こなた「い、いえ……何でも」
かえで「ふふ、あんたらしくないわね、はっきり言いなさいよ」
私は黙って俯いた。かえでさんはクスリと笑うとピアノの方を向いた。
かえで「まなみちゃん、何時でもいいわよ」
まなみ「はい」

 まなみちゃんはゆっくりと両手を鍵盤に向けた。
ラフマニノフ前奏曲作品23-4、みなみはそう言っていた。
曲は静かにゆっくりと始まった。
この前聴いた曲とは全く違っている。ゆっくりとそして美しいメロディ……
曲は同じフレーズを繰り返しながら次第に音が力強くなっていく……まるで内に秘めた想いを何度も確かめながら膨らませていくような感じ……
そしてより力強くなりピアノ全体が震えるほど部屋全体が反響した、
そのままサビを聴かせて盛り上がると思った……でも違った。
短いフレーズが何度も続く。高音で終わってまた同じフレーズの繰り返し……
何だろう……これ……
続きが聴きたいのに繰り返す……もどかしい……先があるのに弾けないみたいじゃないか。
……まるであの時の私と同じ……
何度も言おうとしたけど言えなかったあの時の私……
そして曲はそのまま静かに終わってしまった……

かえでさんは立ちあがっって大きな拍手をした。
かえで「素晴らしかった」
まなみちゃんは席を立つと私達に向かってお辞儀をした。
かえで「まなみちゃんの気持ちを素直に表したわね」
そう言うと私の方を向いた。
かえで「こなた、この後私の事務室に来なさい」
こなた「えっ?」
かえで「仕事の話じゃないから安心しなさい」
そしてかえでさんは店を出た。
かがみ「ありがとうまなみちゃん」
まなみちゃんはかがみのそばに寄った。そしてかがみは私に店の鍵を手渡した。
かがみ「後の戸締りよろしく!」
こなた「よろしくって……」
かがみ「あんたが何を感じたのか知らないけど私はこの曲で勇気を貰ったのよ……クラッシックなんか聴く機会なんて殆ど無いのに……
    まなみちゃんがピアノを始めたのはつかさの影響よね、そのつかさはけいこさんの影響をうけた……音楽を知らないはずのお稲荷さんが
    私達をラフマニノフに会わせてくれたのよ、何か感慨深いとは思わない?」
こなた「……」
私は何も分らない……
かがみはそんな私を見て微笑んだ。
かがみ「……それじゃ帰ろうか……まなみちゃん、」
まなみ「うん」
二人は店を出て行った。
かがみは私達二人のためだけにまなみちゃんを呼んだのだろうか?
あれこれ考えているうちに店に居るのはみなみと私の二人だけになってしまった。

 みなみはゆっくりピアノの椅子に座った。
みなみ「まなみちゃんの演奏で何を感じましたか?」
みなみはピアノを背にして私を見ている。立とうとしない私を促しているかな。
こなた「……何ていうのかもどかしかった……ためらっているみたい……もしかしてあの曲のタイトルってためらい?」
みなみは首を横に振った。
みなみ「あの曲にタイトルはありません作品23の4番……」
こなた「番号だけって、この前の練習曲にはあかずきんちゃんとかタイトルついてたじゃん?」
みなみ「彼、ラフマニノフは曲に表題をつけるのを嫌がりました、自分の作った曲を聴いてどう感じるのかは聴き手に任せたいと言う考だそうです、
    表題を付けるとそれに執着してしまい聴き手の自由な感性を妨げる……あの練習曲のタイトルは別の人が付けたそうです、
    ですから泉さんがためらいと感じたのならそれはためらいです、例え迷い、別れ、別な物に感じても間違えではないです」
こなた「だからかがみは何も言わないで私をここに呼んだ?」
みなみ「そうですね……」
みなみはピアノの方に向きを変えて微笑んだ。
みなみ「でも……泉さんが「ためらい」と言ったのは嬉しかった、まなみちゃんはおそらくそれを意識して弾いたと思う」
こなた「それってどう言う事?」
みなみ「……来週、まなみちゃんの編入試験があって、それに向かって幾つか曲を選んでいましたけど…さんtね」
こなた「編入って、もしかしてスカウトされたから?」
みなみは頷いた。
こなた「試験があるんだ、そのまますんなりっていかないの?」
みなみ「教授は頑張ってくれました、でもまなみちゃんは大きなコンクールや試験を受けていないので学校側から試験を合格しないと許可出来ないって……」
こなた「実績か……それでまなみちゃんは編入する気になったんだね」
みなみは首を横に振った。
みなみ「まだまなみちゃんから正式に受けるとは聞いていない……」
こなた「それはそうだよ、慣れた学校を離れるのはね、そこには友達だって居るだろうし別れるのは……」
その時気付いた。まなみちゃんはためらっている。その想いをさっきの曲に込めていた……
分る、分るよ。まなみちゃん。
小学3年で別の学校。新しい学校でうまくやっていけるのか。そもそも試験で合格するのか。期待と不安……想像するのには容易すぎる。
それを分らせたのはあの曲……
みなみ「それでこの演奏会で泉さん達が何かを感じたのなら、この曲を試験で演奏するようにまなみちゃんに言おうと、そう私は決めた……
    それが私の出来る最後の仕事……」
悲しそうにピアノを見つめるみなみ……
こなた「きっと合格すると思うよ、少なくとも私はあの演奏に感動したから」
みなみ「そうですか……それをまなみちゃんが聞いたらきっと試験を受ける気になってくれるかもしれない……」
みなみはピアノの鍵盤にそっと手を添えている。
こなた「もう一回あの曲聴きたいな……」
みなみ「え?」
こなた「弾けるんでしょ?」
みなみ「でも……まなみちゃんほど上手くは……」
こなた「それでも聴きたい……」
みなみは深く座りなおした。そして弾き始めた。
そして分った。みなみもまたためらっていたんだなって……

ラフマニノフの調べは部屋いっぱいに静かに、美しく響き渡った。
今は何も考えずただその調べに酔いしれた。

32、

 演奏が終わるとみなみは溜め息をついた。
みなみ「ふぅ~」
こなた「すごく良かったよ」
みやみ「ありがとう……」
私の言葉を受けてみなみの表情は嬉しいようには見えなかった。
こなた「やっぱり躊躇ってるんだ?」
みなみ「はい……」
こなた「まなみちゃんの事で?」
みなみ「編入が決まれば私の手を離れてしまう」
こなた「別に良いんじゃないの、まなみちゃん学校の授業がつまらないとか言っていたし」
みなみは更に顔が曇った。
みなみ「それは私も聞いていた、だけど……授業と生活ではまた違うもの」
授業と生活……
こなた「それって学校の友達……かな?」
みなみ「小学生の行動範囲は狭いもの、学校が違えばそれは別れを意味する……」
こなた「別れ……」
まなみちゃんの演奏といいみなみの演奏といい……同じ想いなのか……
こなた「そういえば私は転校した事なかったかな、別れといえば小中高大の卒業くらい……それにこうして卒業後も皆と会えるし……泣いちゃうほどの別れなんて」
みなみ「それは私も同じ……彼女の気持ちや想いを考えると……」
こなた「それがさっきの演奏に込められているとしたら……」
暫く私達は何も話さなかった。話せなかった。

 黙っていてもどうにもならないので店の片付けをし始めた。みなみはピアノの前に座ったまま話し出した。
みなみ「私は酷い事をしてしまったかもしれない、あの曲を試験の課題に選んでしまうなんて……」
私は片づけをしながら話した。
こなた「みなみが選んだの?」
みなみ「彼女と練習中に急用ができて暫く席を空けた、そして戻ってくる部屋からピアノの音が……教えてもいないあの曲が聞こえた、
    そのピアノの音色に私の心を貫いた……」
こなた「まなみちゃんがためらえばためらう程あの曲が映えるって訳ね……凄いじゃん、自分の感情を音楽で表現できるなんて、受かったも同然だよ」
みなみ「でもこれがまなみちゃんの為になるのか、まなみちゃんの本心はどうなのか……」
こなた「……そんなのは受かってから決めれば良いじゃん、編入が決まってからや~めたでも良いんでしょ?」
みなみ「え?」
みなみは頭を上げて私の方を向いた。
こなた「ダメなの?」
作業を止めてみなみの方を向いた。
みなみ「……教授や学校関係者のご尽力を無にしてしまう……大変非礼で……」
こなた「それで良いジャン、どうせ子供だし、大人が謝ればいい事だし、その位でまなみちゃんの実力が下がるわけない、うんうん」
私は片づけをまた続けた。
みなみはゆっくり席を立つと私の横に来て洗った食器を拭き始めた。
みなみ「手伝います……」
こなた「どうも~」
暫くするとみなみはクスクスと笑い始めた。
こなた「どったの?」
みなみ「い、いえ……別に」
こなた「別にって……思い出し笑いなんてやらしい~」
みなみ「その様なものでは……」
こなた「それじゃ何で隠すの?」
ちょっとからかった感じで質問してみた。みなみは真面目な顔に戻った。
みなみ「さっきの泉先輩の話……」
こなた「私の話?」
みなみ「ええ……あんな助言が出来るのに……」
こなた「助言が出来るのに、何?」
みなみは言うのを少し躊躇ったのか少し間が空いた。
みなみ「あんな助言が出来るなら此処に来なくても……告白できたのでは?」
こなた「ほ、ほぇ、ど、どこでそんな話しを?」
みなみ「え、えっと、それは……」
言い難いのか、もう誰かは考えなくても判る。
こなた「かがみ、かがみだな!!」
みなみは黙って頷いた。
こなた「……まったく、かがみはつかさより性質(タチ)が悪い……」
みなみ「……素晴らしいと思います、そして、成功をいのっています……」
こなた「あ、ありがとう……」
こう言われるとそう言うしかないじゃないか……

そしてほぼ片づけが終わった頃。
こなた「捗ったね、手伝いありがとう」
みなみ「いいえ……」
私は店を出る支度をしようとした。しかしみなみはキッチンから出ようとはしなかった。
私は立ち止まりみなみの方を向いた。
みなみ「ゆたかからは止めたれていたけど……話さないといけない……」
こなた「え、どうしたの、急に改まって……」
みなみの顔がさっきよりも引き締まっている。
こなた「な、なにかな……」
みなみ「ひよりは……」
ひより……この名前が今出るとは思わなかった。
みなみ「ひよりは泉先輩が窮地におちいっているのは自分のせいだと責めている……」
こなた「責めているって……なんかやらかしたっけ……」
そういえばあの件以来、貿易会社潜入してから一度も会っていない。
みなみ「泉先輩に無責任な推理を話してしまって、それが泉先輩を傷つけてしまった」
無責任な推理って……
まさかメモリー板を運ぶときにひよりが言っていた。
こなた「まさか、神崎さんの正体は真奈美さんじゃないとか言ってたやつ?」
みなみ「はい……」
私は笑った。
こなた「はは、なに言っているの、そんなの関係ない、ひよりが言わなくても私は……」
みなみ「そう私もひよりに言った……だけどひよりはそうは思っていない」
ひよりが一度も私に会わないのは仕事や結婚だけの理由ではなかったか……ひよりらしくもない。
こなた「分った、この件が片付いたら話すよ」
みなみ「片付いたら?」
こなた「そうそう、今会ってもどうにもならないしね、結果はどうであれまず私が決めないと先に進まないよね」
みなみ「……やっぱり話してよかった……」
こなた「まなみちゃんの演奏のおかげかも」
確かにあの曲を聴いてからなにかが変わったような気がする。
みなみはキッチンから離れ店を出る準備をした。
みなみ「家まで送りますけど……」
こなた「いや、かえでさんに呼ばれているしね」
みなみ「帰りの足は?」
こなた「そういえば早番だったけな、つかさにでも送ってもらうからご心配なく、ところでかえでさんは何でこの演奏会に参加したの?」
みなみ「すみません……それは聞いていません」
なるほど、本人に直接きかないと。
こなた「今日はありがと」
みなみ「私はこのまま帰ります」
こなた「おつかれさん」
みなみは店を出た。この店に入って来た時の表情とはちがって足取りが軽やかになっているように見えた。
さてと、私も店を出るかな。
全ての戸締りをして店を出た。

 みなみは言った。そう、その通り、私はとっくに告白をしている筈だった。
何故出来なかった。
かがみの言うような恥ずかしさが全く無かったと言えばそうでもない。それに彼の反応が怖かったのも事実かもしれない。
だけど……それだけで言えなかったのか……
あれ?
そもそも私は誰かに告白なんかした事あったっけな……
……
なんて考えているうちにレストランかえでに着いてしまった。

つかさ「いらっしゃい……あれ、こなちゃん」
店に入るとつかさがホールをしていた。つかさが接客をしていたなんて……
こなた「はいこれ」
私はつかさの店の鍵を渡した。つかさは鍵を受け取った。
こなた「帰りに私を家まで送ってくれないかな……」
つかさ「うん」
こなた「どうも……ところでかえでさんは?」
つかさ「事務所にいるよ」
私はそのまま事務所に向かった。
つかさ「こなちゃん」
こなた「ん?」
立ち止まって振り向いた。
つかさ「えっと……」
客「すみません~」
つかさ「あっ……あとでね」
つかさは慌しくお客さんの所へと向かった。
この状況じゃ話すのは無理だよ。
さとて、こっちも呼ばれているし行こう。

こなた「はいりますよ~」
事務室のドアを開けた。
かえでさんは事務机に座ってなにやら作業をしていた。後ろを向いているので詳しくは見えなかった。
完全に部屋に入りドアを閉めるとかえでさんは座ったまま椅子を回転させて私の方を向いた。
そして私をじっと見た。
かえで「全く、よりによってこなた、あんたまでお稲荷さんなのか、つかさといい……」
そんな話をしているって事は、経緯をつかさかかがみから聞いたに違いない。
更にかえでさんは私をじっと見る。
かえで「こなたの勤務態度から見て、老若男女のお客様の受け答え、男性スタッフに対する反応、どれも分け隔てなくこなしている、
    それに学生時代も男子生徒と普通に会話していたってつかさが言っていた、当時のつかさはそんなこなたを羨ましがっていたそうだ……
    とても告白できないような人には見えないが……」
そう……私もそう思っていた。
こなた「好きとか嫌いとかそんな感情がなければ誰とでも話せるよ」
かえで「ほぅ、好きでも嫌いでもなければね……」
そう思っていたから直ぐに言えると思っていた。だけどいざ言おうとすると声が出なかった……
こなた「……実際、好きな人の前では全く話していなかったし……声もかけられなかった」
かえで「それは学生時代の話か、初恋?」
こなた「う、うん……」
中学生時代を思い出した。確かに好きだった記憶がある。けど結局何一つ話せなかった……
かえで「まぁ、それは理解出来ない訳じゃないけどね……」
かえでさんは立ち上がった。
かえで「それより、何故彼なの、何故好きになった、少なくともこなた、うんんあんただけじゃない、私達を翻弄して、
こなたを2回も潜入取材させえて、挙句の果てには命の危険にさえ遭った、憎む事はあっても好きになるなんて……」
こなた「……それは神崎さんじゃなくてあやめさんがやった事だから」
かえで「あやめさんって……神崎が化けていただけじゃない……」
こなた「彼女が生きていたらきっと同じ結果になっていたと思うよ……」
かえで「成るほどね……分ったわ」
かえでさんは腕組みをして頷いた。
こなた「成るほどって?」
かえで「あんたが告白出来ない理由が分ったわ、あやめ、神崎あやめのせいだ」
こなた「あやめさん……?」
かえで「あんたはあやめさんと争うのが嫌なんでしょ?」
こなた「争うって?」
かえで「恋敵って言ったら分る?」
こなた「え、あ、何でそれを……」
かえで「かがみさんから聞いたわよ」
……またかがみか……もう私のプライベートは無いのも同じだ……
かえで「折角出逢って友達になったと思ったらもうとっくに亡くなっていて、しかも恋のライバルになってしまった
    それがこなたを躊躇わせている……違う?」
こなた「違うって言われても……分んないよ」
かえで「自分自身で自覚していないだけよ……質問を変える、やめさんが生きていたとしたら何もしないで諦められたか?」
あやめさんが生きていたら……考えた事もなかった。
こなた「生きていたら……とてもじゃないけど彼女と争って勝てる気がしない、無理ゲーだよ……」
かえで「無理ゲーね……もし神崎さんが化けたあやめさんが本物と変わらないとして……私の目からはこなたは良い線行ってるわよ、悲観するな」
こなた「慰めてくれなくても……やり手の記者とレストラン店員じゃ……」
かえで「慰めているつもりはないわよ、私は私なりに客観的に言っているつもりだけど」
こなた「でも……」
『バン!!』
かえでさんは私の背中を叩いた。
こなた「ぐへ、い、痛いよ……」
背中を擦ろうとしたけど両手が背中に届かない。
かえで「焦れったいわね、こなた、あんたはあやめさんには無いものを持っているじゃない」
こなた「……私が何を持っているって……?」
かえで「こなたは生きている、それは何より強い武器じゃない」
こなた「生きている……」
かえでさんは大きく頷いた。
かえで「亡くなった人には思い出しかない、思い出でしか逢う事ができない、でもあんたはこれから思い出をつくれる」
こなた「思い出……」
お父さんと正子さんはそれで……
私は何か後ろめたさみたいなものが無かったのか、それが気になっていた。
それはそのまま私とあやめさんにもって……そう思っていた。
だけどお父さんと正子さんはそうじゃない。かえでさんの言葉と同じだったとしたら……
かえで「心の奥に仕舞っておくって方法もあるけど……それはこなたらしくない、告白しちゃいなさいよ、その後は……そうね、
    自棄酒、自棄食いの付き合いくらいはしてあげるわ、もちろんこなたのおごりでね」
こなた「……失敗前提で話すのかな……」
かえで「ふふ、その方が気は楽じゃない?」
かえでさんは笑った。
確かにそう考えると少し気が楽になったような……

かえで「どうだ、ゲームより面白いでしょ?」
こなた「ちょ、これはゲームじゃないよ」
かえで「ほぅほぅ、こなたからそんな言葉が出るとは思わなかったわ」
こなた「私だってゲームと現実の区別くらいはできる」
かえで「それでよし、私からはもう何も言う事はない、後は好きになさい」
かえでさんは席に座ると回転させて事務仕事に戻った。
こなた「……そういえば、聞きたい事が……」
かえで「なに?」
こなた「なんでまなみちゃんの演奏を聴きにきたの?」
かえでさんの作業が止まった。
かえで「……これは……仕事の話になる、こなたは休日でしょ、仕事の話は嫌でしょ?」
こなた「確かに嫌だけど、ここはもう仕事場だし、こんな所に呼んでおいてそれはないよ」
かえで「……そうね、確かに……そう」
言いたくないのか、かえでさんもまた何かに躊躇っていたっているって事なのかな。
こなた「話せないなら無理には……」
かえで「ごめんなさい……近いうちに話す」
かえでさんが謝るなんてめずらしい。これ以上聞いてもしょうがないか。
こなた「それじゃつかさの仕事が終わるまで更衣室で待ってます」
私が事務室を出ようとした。
かえで「待ちなさい」
こなた「はい?」
かえで「まなみちゃんの演奏……どうだった?」
こなた「どうだったって……とっても良かった」
かえで「今時小学生でも難曲をスラスラ演奏するのは珍しくも無い、だけど彼女は、かえでちゃんが他とちがうのは
    叙情的な表現まで出来ている……あの曲を彼女なりに理解して更に感情も込めるなんてプロのピアニストでも難しいわよ」
こなた「きっと先生が、みなみの教え方が上手かったんだよ」
かえで「そうね先生の指導がよかったかもしれない……だけどこなた、あんた演奏が終わってから何もしないでボーとしていたじゃない?」
こなた「ボーとしていた?」
かえでさんは椅子を回転させて私の方を向いた。
かえで「演奏が終わって感動したなら拍手をするのが礼儀でしょ……」
こなた「あ、それは……あまりにもまなみちゃんの演奏が凄くて……」
かえで「まなみちゃんこなたを見ながら悲しそうにしていたわよ」
しまった……確かに私は拍手をしていなかった。
こなた「ど、どうしよう」
かえで「……どうしようって私に聞くな……つかさと帰るならやる事があるでしょ?」
こなた「まなみちゃんに会いに行く」
かえで「それで良い、同じ想いがあるならお互いに通じるものがあるかもね」
こなた「サンキュ、かえでさん」
かえで「いいえ……行ってきなさい」

 確かにかえでさんの言うとおりだ。あやめさんはもう5年も前に亡くなっている。
それに私は私、あやめさんの代わりじゃない……

 時間的にどのくらいだっただろうか。スマホのゲームで暇つぶしをしていたせいかかもしれない。
つかさの勤務時間が終わり私はつかさの車の前に居た。
つかさ「おまたせ~」
つかさは車のキーを取り出した。
こなた「つかさ……ちょっといいかな、私の家に送る前にまなみちゃんに会いたいんだけど……」
つかさ「別にいいけど……どうして?」
こなた「い、いや……なんて言うのか、拍手を忘れちゃってね」
つかさ「拍手を……忘れた?」
つかさは首を傾げた。
こなた「かえでさんが感動したら拍手しなきゃだめって言うから、会ってちゃんと拍手しないとね」
つかさ「そうなんだ~」
つかさは車のドアを開けようとしたけど止めて私の方を向いた。
つかS「まなみ……編入したらどうなるかな……」
珍しくつかさが凄く悩んだ顔をしている。
こなた「……まだ試験に合格していないんでしょ、まぁ素人の私が凄いって思えるくらいだから合格はするとは思うけどね」
つかさ「まなみも悩んでいるみたいで……私、どうしようかなって……」
こなた「母親が困っちゃ子供はもっと困っちゃうんじゃないの?」
つかさ「そうだけど……」
こなた「ひろしはどう言っているの?」
つかさ「まなみの好きなようにすれば良いって……」
まぁそれはそうだなその通り。
つかさ「だけどまだ小学生なのにそんな事決められるのかなって、私が小学生の頃なんて……」
こなた「私がその頃はゲームばっかりしてたかな……」
そう考えるとまなみちゃんに決めさすのは酷かもしれない。
こなた「こうしててもどういようもないじゃん、行こうよ、会って話してみればいいと思うよ」
つかさ「う、うんそうだね」
つかさは車のドアを開けた。

 つかさの車は動き出した。
もうつかさの運転には慣れてしまった。ゆい姉さんの運転だと思えばどうって事はない。
……
見慣れた町並み……通り過ぎる景色。
何度も何日も……何年もこうしてきたけど……
そういえば私はつかさに一度も聞いていなかった事があった。
つかさも自分からは話そうとしない。だから聞かなかった。
違う、聞けなかった……聞く事ができなかった。だけど今なら……
こなた「つかさ……ひろしに告白したよね……どうやって告白したの……」
文章にしたらたった一行で済むような事なのに……
つかさ「え、え……こ、告白……」
急にどもってしまった。顔も少し赤くなっているみたいだった。
こなた「……今更照れる事なの、もう済んだ事なのに?」
つかさ「そんなの言ったって、恥ずかしいよ……」
こなた「そんなに恥ずかしくてよく告白できたね?」
つかさ「え、だって……」
そう、私はその理由が聞きたい。私はつかさをじっと見てつかさの答えを待った。
つかさ「だって、好きだから……」
こなた「好きだから?」
つかさ「うん!!」
こなた「それだけ?」
つかさ「えっ、他に何か必要なの?」
驚いた顔のつかさ。
逆に質問されてしまった。他に何が必要なのか……
私が何も言えないのを心配したのか私よりも先につかさが放し始めた。
つかさ「すっごく恥ずかしかった、だけどそれより私の想いを伝えたかったから……
    こなちゃん、神崎さんが好きなんだよね?」
こなた「え、あっ……う、うん……」
つかさ「それで神崎さんはかんざきあやめさんがすきだったんだよね?」
こなた「……う、うん……」
つかさ「私……こなちゃんだったとしてもやっぱり神崎さんに言うと思う……」
こなた「私から言えばつかさは勇者そののだよ……真似できそうにないよ」
つかさ「だったら勇者になっちゃえば?」
こなた「……はは、つかさは単純でいいよ」
……こんな話、今までした事がなかった。
もっと早くしていればもうちょっと勇気が上がったかもしれない。
確かにあの音楽を聴いていなかったらこんな話すら出来なかった。
つかさ「私、ひろしさんと一緒になるなんて考えてもなかった、こなちゃんに助けられたしね……」
でも告白をしなかったらつかさはひろしと一緒にはなれなかった。
こなた「ふふ……そうか、なるほど……」
つかさ「こなちゃん?」
こなた「こんどはつかさが私を助けてくれるかもね」
つかさ「え、もしかして告白する気になったの?」
こなた「……出来るかどうかは分らないけど……やってみる」
つかさ「すごい、すごい、がんばってね」
さて、そうとなったらまなみちゃんの件を片付けないと。
そんな私の思いを知ってか知らずかつかさはアクセルを強く踏んだ。

つかさ「ただいま~」
つかさの家に着いた。まずはつかさが家の中に入った。しばらくするとつかさが玄関から出てきて私を家に入れた。
こなた「おじゃましま……ってかがみ?」
玄関の中に入るとかがみが立っていた。
かがみ「来たわね、来たってことはまなみちゃんに会いに来た、ちがう?」
こなた「その通りだけど……まなみちゃんは?」
かがみは階段の方を向いた。
かがみ「私がここに住んでいた時の部屋にいるわよ、夕食を過ぎても出てこないのよ……」
つかさ「こなちゃん……」
かがみ「こなた……」
心配そうに私を見るつかさ。少し怒っている様にも見えるかがみ。
こなた「分ってる、つかさ……かがみ」
思っていたより深刻なようだ。私は階段を上がった。かがみの部屋改めまなみちゃんの部屋の前に立った。
『コンコン』
ノックをしたけど反応がない。構わずゆっくりと扉を開けた。
こなた「こなただよ……入っていいかな?」
机に座っているまなみちゃん。ゆっくりこっちを見ると黙って頷いた。
私は一歩部屋に入って扉をゆっくり閉めた。
まなみちゃんの表情が沈んでいる。この重い雰囲気……
さて、どうしたものかな……
考えても何も出てきやしない。
ここは思った通り、感じた事を言うしかないか。
こなた「さっきやった演奏会……今更なんだけど……ごめんね拍手できなくて……」
まなみは私を見た。
まなみ「……演奏、ダメだった……から」
やばい、やっぱりそう思われている。
こなた「うんん、違う、本当に拍手出来なかった、あまりに凄い演奏だったから……出来なかった……」
まなみちゃんは疑いの眼で私を見ている。どうしよう……
こんな時は……言い訳になるかもしれないけどやるしかない。
私はまなみちゃんに近づいた。
こなた「隣……座っていいかな?」
まなみ「う、うん……」
私は隣に座った。こんな状況じゃなければゲームでもしている所
……まてよ、ゲームか
こなた「編入試験受けるんだってね?」
まなみ「う、うん……」
こなた「今の学校から離れるのは嫌なの?」
まなみちゃんは何も言わなかった。
こなた「まなみちゃん、ピアノはすきなの?」
まなみちゃんはなんで今更そんな事を聞くのみたいな驚いた顔をした。
こなた「演奏会とかとっても緊張しているし、つかさとかから無理矢理習わされたとかはないの?」
まなみちゃんは激しく首を横に振った。
なるほどね……
それならもう私からは何も言う必要はない。
こなた「実はね、今ゲームをしていてね……そのラスボスが強いのなんのって」
まなみ「げーむ、なんのゲーム?」
こなた「オリジナルロールプレイング」
まなみ「お姉ちゃんでも倒せないの?」
こなた「何も出来なくて逃げて帰ったくらいだからね……」
何も出来なかった。そのラスボスの名はためらい。
まなみ「すごく強いんだね……」
こなた「そう、強い、今まで戦ってきたラスボスのどれより強い……だけどね、
    さっきのまなみちゃんの曲を聴いたらね……勇気が出てきて中ボスを2体もやっつけたよ」
そう、かえでさんとつかさに聞けない質問をする事ができた。
まなみ「ほ、本当?」
まなみちゃんが少し笑った。
こなた「うんうん、本当、あともう少しなんだよね……あともう少しでラスボスを倒せそう、
もう一度あの曲を聴いたら倒せそうだよ」
まなみちゃんは立ち上がった。
まなみ「それじゃ聴かせてあげる……えっと、えっと……良いよって言ったらピアノの部屋に来て」
こなた「うん、よろしく」
まなみちゃんは小走りに部屋を出て行った。

 少し時間を置いて部屋を出た。
かがみ「やるじゃない、見直したわよ、こなたの今の状況をゲームに例えるなんて、
    それならまなみちゃんでも理解できる」
階段を上り切った所につかさとかがみが居た。
こなた「え、聞いてたの……趣味悪いよ……」
かがみ「素直に喜びなさいよ、私がこなたを褒めるなんて滅多にない事」
こなた「そうだね……ねぇ、かがみ」
かがみ「何よ」
こなた「この前言ってた作戦……考えてくれてるかな?」
かがみ「……なによ急に……それは考えているわよ」
こなた「それじゃ私に聞かせて、その作戦」
かがみ「こなた……あんた、裁判は当分終わらない、まだ時間はあるけどいいのか?」
こなた「まなみちゃんとの話しを聞いていたなら分るでしょ、もう少しなんだ、だから
    気が変わらない今のうちに白黒はっきりさせたいから……」
かがみ「そう、それなら……」
まなみ「良いよ~来て」
奥の方からまなみちゃんの声がする。
こなた「その前に勇気をもろらってこないとね……」
かがみ「そうね……いってきな」
つかさ「ピアノの部屋はまつりお姉ちゃんが使っていた部屋だから」
こなた「ありがとう」
さて、行こう、私の最大作戦の始まりだ。

33

 私は神社の入り口で待っていた。
そう、すべてが始まった神社。つかさが狐にお弁当と取られた神社。真奈美さんがつかさを守った神社。かえでさんの親友が眠る神社。
かがみが呪いと闘った神社。あやめさんを散骨して弔った場所。
そしてつかさがひろしに告白をした場所……
いろいろな事があった神社。
ここ意外に告白する場所を思いつかなかった。
『ピッ!!』
スマホの停止ボタンを押してイヤホンを耳から外した。店で買ったラフマニノフ前奏曲23の4番……
これで何回目かな……
そしてそのついでに時間を確認した。
まだ約束の時間まで30分以上ある。
まだ音楽を聴いている時間があるけど……ああ、もうスマホの電池が残り少ない。
やれやれ……ちょっと聴きすぎたかな。

今までこんなに早く待ち合わせ時間に来た事なんかなかったのに……
イヤホンをポケットの中に仕舞った。
何度聴いてもまなみちゃんの演奏はプロの演奏と比べても引けを取らない。
そういえばまなみちゃんの演奏を聴いてからもう一ヶ月も経ってしまった……

こなた「ぶらぼー!!」
私は心から拍手をした。まなみちゃんは照れくさそうにして私にちいさくお辞儀した。
こなた「やっぱり凄いや……みなみ先生のより良いよ……い、いや、これは本人には言わないでね……」
なまみちゃんは笑った。
まなみ「ふふ、どうしようっかな~」
こなた「え、マジ?」
まなみ「うっそだよ~」
こなた「む、むぅ……」
まなみ「どうだった、勇気出た?」
まなみちゃんは私に近づき顔を覗き込むように見た。
まなみ「私もボス倒すところみたいな~」
こなた「あ、それは出来ないよ」
まなみ「え~何で~?」
どう言おうか悩んだ。下手な事を言えば余計ややこしくなる。それは分っていた。子供に誤魔化しは通用しない。
こなた「ん~なんて言ったらいいのか……ラスボスは目に見えないから、私以外の人には見えないんだよ……だからまなみちゃんが一緒に来ても見えない」
まなみちゃんはしばらく私の顔を見ていた。
解ってくれただろうか……。
まなみ「見えない敵……あっ!! それならもっと勇気が必要だね」
何かを思いついた様に喜びながらピアノの前に座った。
片手を鍵盤に乗せると低い音から高い音へと手を滑らすように奏でた。そして最後の鍵盤で動きを止めた。
まなみ「こなたお姉ちゃんに勇気が出る曲……思いついたから……」
こなた「思いついた?」
まなみちゃんは何も返事をせず両手を鍵盤に乗せた。

 まなみちゃんはピアノを演奏し始めた。
聴いたことがない曲……
思いついた曲、まなみちゃんはそう言った。つまりまなみちゃんが即興で曲を作ったことになる。
もちろん私はそんなに音楽を聴いている訳じゃない。
今聴いている曲がオリジナルなのかどうかなんてわかるはずもなかった。
だけど……
ロールプレイングゲームでフィールドを歩いている時の様な……
行進曲みたいな……堂々としていて、それでいてわくわくするような……これから何があっても大丈夫って安心感。
標題を付けるなら『勇気』って感じ。まさしく応援歌。
そんな曲だった。
もうこの曲がオリジナルかどうかなんてどうでもよかった。それよりもまなみちゃんが私のためにピアノを弾いている。
小刻みに鍵盤をたたく小さな手、一所懸命に弾いている。それだが熱く私に語りかけてくる。
そして曲は堂々と終わった。

こなた「……すごい……凄いよ、まなみちゃん!!」
私は思わず立ち上がった。まなみちゃんは恥ずかしそうに顔を赤らめた。
こなた「ありがとう、もう大丈夫」
まなみ「がんばってね……」
そう言うとピアノに置いてあったノートを手にした。
こなた「なに?」
まなみ「さっき演奏した曲を書いておかないと……忘れちゃうから……」
ノートの中身を見ると五線譜におたまじゃくしを書いていた。
これでまなみちゃんが弾いていた曲はオリジナルなんだなって判った。
まるで文章を書くみたいにスラスラと……
まなみちゃんにとっては文章を書くみたいなものかもしれない。
こなた「それじゃ私は行くよ……かがみが待っているから」
まなみ「かがみおばさん、まだ居たの?」
こなた「うん、今回は私の参謀になってもらう……」
まなみちゃんは立ち上がった。
こなた「いいよ、そのまま続けて、その曲、忘れないように、ちゃんと書いて、そして、全てが終わったらもう一回聴かせて」
まなみ「う、うん……」
まなみちゃんは座るとノートを手に取った。そして私は部屋を出た。

かがみ「いい顔になったわね、勇気を貰ったな」
部屋を出るとつかさとかがみが居た。
こなた「まぁね……お互いかもしれないけどね。」
かがみ「もう私なんか必要じゃないんじゃないのか?」
私は首を横に振った。
こなた「うんん、この前そう思っていたら全く何も出来なかった……だからお願い」
かがみは少し驚いた顔をした。
かがみ「……てっきりもう大丈夫って言うのかと思った……いいわ、それならやりがいがあるってもの」
こなた「行こう」
私は玄関に向かって歩き出した。
かがみ「その前に一つ言っておく」
こなた「ん?」
かがみ「私は恋愛経験がそんなにある方じゃない、いや、むしろこなたに近い方かもしれない、
見当違いや方向違いもあるかもしれない、それでもいいか?」
こなた「……他に誰に頼む、つかさ?」
つかさは目を真ん丸くして激しく首を横に振っていた。
こなた「私に近いなら、どうすれば良いのかわかるよね?」
かがみ「……それならもう何も言わない……あとはやるだけね……」
こなた「うん」
私達はお互いに頷き合った。
そしてかがみはいやな笑い方をした。
かがみ「まぁ、結果は目に見えている……心配するな、自棄食い、自棄酒くらいならつきあってやるから、もちろんこなたの奢りで」
つかさ「お、お姉ちゃん、そんな事言って……」
デジャブ……成るほどね、今まで気付かなかったけどつかさがかえでさんをあんなに慕っているのかかが解った。
そう思った一瞬だった。
こなた「そう思えば気が楽になる……でしょ?」
かがみ「え、あ……」
かがみの言おうとしていたのを先に言った。
かがみはキョトンとして私を見た。
こなた「さぁ行こう、一世一代の大作戦のはじまりだ」

 この後かがみは私を車で家まで送ってくれた。
そこでかがみは作戦を説明してくれるかと思った。だけどそれは違った。
その前に二人の人物と会ってほしいと言われた。
本当は作戦なんか無くて時間稼ぎしているだけじゃないのか。
そう思ったけど。今はそうは思っていない。
ゲームで例えればラスボスに戦いに挑む前に遣り残したサブイベントをクリアして
強い武器や防具を手に入れるようなもの……。

その二人の内の一人、ひより……
演奏会から一週間後。私はひよりに会いに行った。
ひよりは潜入作戦が終わってから一回も会っていなかった。
いつもなら新しいネタを見せにどんなに忙しくとも週に一度くらいは顔を見せていた。
私の方から出向くのは滅多にない。
仕事場と兼ねているせいかひより達の家ではゆっくりと出来ないのもあったのかもしれない。
家に着くと漫画のスッタッフに案内させてひよりの部屋に向かった。
ゆたかは丁度出かけていなかった。私にとってはそっちの方がよかった。
部屋に入るとひよりは何をするわけでもなく机にすわってモニターを眺めていた。
何か絵をかいていた途中なのかボーとしている。それに私が居るのに気付いていない。
こなた「おっふぉん!!」
何度か咳払いしても気付く様子はない。よ~し、そらなら……
こなた「それは何、新しい作品のキャラクター?」
ひよりはゆっくりと私の方を向いた。
ひより「いず……み…先輩……泉先輩!!! い、何時から此処に???」
こなた「何時からって……さっきから此処にいるよ」
ひよりは辺りを見回した。
こなた「スタッフの人に案内された、その人も出かけるって言っていたから今居るのは私達だけかな」
ひより「そ、っそっすか……」
ひよりはその場で俯いてしまった。まったくもってひよりらしくない。
こなた「それより新しいキャラクター見せてよ、最近遊びに来ないと思ったら何か企んでるな」
私はひよりを押しのけてモニターの前に立ってマウスを操作した。
こなた「可愛いね……二人並んでいるね……友人って設定なの?」
ひより「いや……双子の姉妹っス……」
こなた「双子ね~全然似ていないじゃん、まるでかがみとつかさみたい……かがみとつかさ……もしかして?」
ひよりは頷いた。
ひより「もしかしてじゃなくその二人がモデルっス」
こなた「へぇ~今度も私達がモデルって訳ね……」
ひより「前回は一部をちょっと貰っただけ……今回は私達とお稲荷さんの出来事をそのまま物語りに……」
こなた「そのままって……」
ひよりは私が言おうとしているのにに割り込んで話し始めた。
ひより「この話しをまともにノンフィクションだなんて誰一人思わない……当事者以外は……」
こなた「そりゃそうだけど……ゆたかはそれを承知してるの?」
ひよりは小さく頷いた。ゆたかも承知ってことはこの二人は本気だって事だな。
ひより「泉先輩は反対っスか……一人でも反対者が居たら止めようと……」
私は……どうなんだ?
こなた「……でも、かがみやかえでさん辺りが反対するんじゃないかな、それと元お稲荷さんとか?」
ひより「かがみ先輩、かえでさんは裁判が終わるのを条件で承認してくれた……元お稲荷さん達もメモリー板を処分するなら問題ないって……」
こなた「そ、そんなところまで進んでいたんだ……いやだな~いつもならそう言う話は真っ先に私にしてたでしょ?」
ひより「え、ええ、そうでした……」
この時、ひよりの煮え切らない返事が引っかかった。その理由に心当たりが何個かあったけど教えてくれそうに無い雰囲気だった。
こなた「私がお稲荷さんと色々関わっているから?」
だから私は鎌をかけてみた。
ひより「……」
ひよりが口を閉じた。図星なのか。それなら……
こなた「もしかして潜入作戦の移動中、ひよりが私に話した事を気にしているの?」
ひよりは私の目を見たが何も話さない。
こなた「神崎あやめの正体が真奈美さんって話……違ってはいたけどお稲荷さんだったのは正解、それに随分前に私だって……」
ひより「違う」
こなた「違う?」
みなみが言っていたのと様子が違う。あの時の話しを気にしていたんじゃないのか。他にひよりが落ち込む理由が思い浮かばない。
こなた「違うって……他に何があるの?」
ひより「先輩は神崎さんを……その、何ていうのか……好意に思っていると言うのか……」
こなた「神崎さんね、うん、好きだよ、かがみからもう聞いているとおもったけど?」
ひよりはびっくりして飛び跳ねた。
こなた「なにをそんなに驚くの?」
ひより「え、い、いや、先輩から直接その様な返事が来るとは……」
こなた「返事?」
その時初めて気付いた。他人に誰かが好きなんて言ったのは。
無意識に近かった。何のためらいも無かった。
こなた「ふふ、まなみちゃんの勇気が少し効いて来たかな……」
でもそれは本当の勇気ではないって事はひよりと別れてから直ぐにわかった。本人に言わなければそれはただの会話にすぎない。
それでも私にとっては大きな飛躍だった。
ひより「好き……ですか……私はそれすら気付かなかった……」
こなた「ん、何のこと?」
ひよりはそれ以上言おうとはしなかった。
こなた「いやいや、神社の娘にお稲荷さんのカップル、どうあがいても勝てない」
ふざけ半分の私にひよりは珍しく私を睨んだ。
ひより「先輩は何を知ってるっスか?!!」
こなた「……あ……ご、ごめん、もう終わった事だから、もう済んだ事だと思って……
    まだ引きずっていたなんて……婚約したからてっきり……」
そして珍しく感情的になるひよりに謝るしかなかった。
ひより「婚約……なぜ知ってるんです?」
こなた「え、ゆたかから聞いたけど……あっ!!」
しまった。もしかしてこれは言ってはいけなかったのか。いや、それならゆたかは内緒にして言うはず……
ひよりは少し顔を赤らめた。
ひより「別に秘密にするつもりはありません、何れバレますから」
私はホッと胸を撫で下ろした。そんな私をひよりはじっと見つめた。
ひより「……今の先輩を見ていると、昔の自分を思い出してしまって……」
こなた「昔のひより? それって」
ひよりは頷くと昔の失恋の話しをしだした。

お稲荷さん、まなぶさんとの恋、その中でゆたかとすすむさんとの恋も語られた。
もちろんこの話の大筋はかがみから聞いている。
だけど本人から聞いたのは初めてだった。
初めてのデート。かがみを助けようとした事……
私達が以前にいろいろな事件に巻き込まれていた頃、
同じようにひより達にもいろいろな事件があった。それもお稲荷さん絡みの事件……
かがみが詳しく話さなかったのは私が興味を示さなかったからもあるかもしれないけど。
かがみなりのひよりとゆたかへの配慮があったのかもしれない。
確かに失恋話は本人が語るべきもの……なのかもしれない。この時そう思った。
詳しくは「ひよりの旅」を参照
なんてね……

  話が終わっても暫く私は何も言う事はできなった。
ひより「……ふふ、おかしいでしょ、鈍感すぎでしたよね……チャンスはいくらでもあったのに……」
こなた「そうかな、結果とか時期はどうであれ……ひよりは彼に告白したんでしょ」
ひより「でも……」
こなた「でももへちまもない、それは紛れも無い事実、凄いよ、ひよりもゆたかも、勇者って言ってもいい」
ひより「そ、そうでしょうか?」
私は椅子に腰掛けた。
こなた「花言葉って知ってる?」
ひより「花言葉って……いきなりなんです?」
こなた「花に言葉を込めて人に贈る……」
ひより「……そんなの知っています……」
こなた「そう知っている、だけど何でわざわざそんなまどろっこしい事するのかなって思った事ない、
そんな事するなら直接言っちゃえば簡単じゃない?」
ひより「……そう言えばそうですけど……」
こなた「真意を相手に伝えるってのは誰にとっても大変、だから花に言葉を付けて贈るんだよ、
    これは古今東西老若男女関係ない……」
ひより「そう言われると……」
こなた「ふふ、かがみがそう説明したのをそのまま言っただけだけどね」
ひより「かがみさんとそんな話を……」
こなた「彼と……神崎さんと会う前にひよりに会えなんて言うから……」
ひより「神崎さんと会う……まさか」
こなた「そう、そのまさか、さてさてさ~て、どうなるかな……まぁ、ひよりがとっておきの話を
    聞かせてくれたから、また少し勇気が湧いたかな……」
この時かがみが私をひよりに会わせた理由が分かった。
ひよりは少しの間黙っていたけど溜まった物を吐き出すように話し出した。
ひより「神崎さんの何処が好きなんです?」
直球できた。なら直球で返すのが礼儀。だけど、そう言われると直ぐに思いつかない。
こなた「ん~何処だろうね……」
ひより「彼は泉先輩を騙して、命の危険に陥れたのに、憎くはならなかった?」
こなた「そのセリフ何度も聞いた……確かにその話だけなら嫌いにもなるけどね」
それだけじゃないから好きになった。
ひより「それじゃそれは何でデス?」
気付くとひよりはネタ帳を片手に私の前に立っていた。
私はひよりを指差してこう言った。
こなた「ふふ、それそれ、そうでなきゃひよりじゃない」
ひよりは自分自身の身体を見回して手に持っているネタ帳とペンに気付いた。
ひよりは慌ててネタ帳とペンを背に隠した。
ひより「こ、これは……いや、何ていうのか……習性といいますか……」
私は笑った。
こなた「別に隠さなくていいよ、今度の作品のネタにするつもりなんでしょ」
ひよりが私に会わなかったのはこれがしたかったから。それが分った。
ひより「え、ま、まぁ……」
ひよりは苦笑いをした。
こなた「私をネタにするならもう少し待って、もうすぐ結果がでるからそうしたら……」
ひより「きっといい結果になるっス、そう信じています」
私は立ち上がった。
こなた「ありがと、それまでお預けだね、それからデッサンとかネタは最初に私に報告すること、いいね!!」
ひより「は、はい」

 それから私達はひよりの彼氏の話になった。
結婚話をもちかけたのは彼の方だったそうだ。
職場結婚といっていいのかもしれない。
ひよりが彼の話しをしている姿をみていると、
リア充爆発しろ!!
言葉にこそ出さなかったけどなんて思ったりもしてみた。
だけどお稲荷さんとの出来事がなければひよりも彼に巡り逢えたかどうか分らない。
それはゆたかも同じなのかもしれない。
そして私も……
ひより「ところでまだ返事を聞いていませんが……」
こなた「ほぇ?」
ひより「神崎さんを好きなった理由っス」
こなた「理由……」
私は直ぐに答えた。
こなた「皆は私達を騙したなんていっているけどそうじゃない、彼は神崎あやめ成り切ろうとした、うんん、
    神埼あやめに本人になったんだ、だから騙していない、それに皆は私を危険な目に遭わせたなんて言ってけど
    彼は私を助けてくれた、守ってくれた」
ひよりは私をじっと見ていた。
こなた「な、なに……??」
そしてひよりはクスっと笑った。
ひより「……これは相当のお熱のようですね……聞いているこっちが恥ずかしくなるくらい」
ひよりはおもむろにネタ帳を取り出しページを開いて書き出した。
ひより「……先輩は神崎さんに大層ご執心っと……」
顔が熱くなってきた。恥ずかしさが込み上げてきた。
こなた「り、理由を話せって言ったから話したのに……」
ひよりはネタ帳を閉じた。
ひより「さっきの話、彼が聞いたら喜ぶと思いますよ」
こなた「話すって……ちょっと無理っぽ」
ひよりは笑った。
ひより「ふふ、告白するよりよっぽど楽じゃないかと?」
こなた「え~無理だよ……」
ひより「でもさっきちゃんと言ったじゃないっスか、好きな理由」
そう確かに言えた。でもそれはひよりが自分自身の体験を話してくれたから。
だからその勢いで言えたにすぎない。
そう、勢い。勢いが大事。
その時はそう思わなかったけど、今ならはっきり分る。
ひより「でも羨ましいっス、かがみ先輩が作戦に加わって……」
こなた「いや、ひよりだってかがみが絡んでいたでしょ」
ひよりは首を横に振った。
ひより「肝心要の所で絡んでいません……私が気付くのが遅すぎたから……」
こなた「ひよりが早く気づいてその恋敵が自分の姉だって分ったらどうだろう、ちゃんと作戦立てられたかな、
    いくらかがみでもそこまで冷徹じゃない、作戦にも隙ができるかも」
ひより「流石先輩……かがみ先輩を知り尽くしています……」
こなた「……いや、今回の私だって……どうなる事やら……」
ひより「え、まだ作戦を聞いていないっスか?」
私は頷いた。
こなた「全貌はまだね……この後みゆきさんに会わないといけないし……」
ひより「え……ど、どうして?」
こなた「かがみの作戦の一環らしい……」
ひより「……そうですか……」
こなた「さてさてさ~て、ひよりも大丈夫そうだしそろそろお暇しようかな」
ひより「あの……私と会って何か変わりました?」
こなた「変わった様な、変わらない様な……」
ひより「……そうっスか……」
私は帰り支度をした。
ひより「ところでさっきからさてさてさ~てって何です?」
こなた「あれ、知らないの、薄い本では腐要素たっぷりの漫画なのに」
ひより「……漫画、いや、最近の漫画は忙しくてなかなか見られません」
こなた「まぁ、暇なときにでも見てみるんだね」
ひより「……何か懐かしいっスね……覚えていますか10年前」
こなた「かがみのコミケ事件でしょ」
ひよりは頷いた。
ひより「確かつかさ先輩の一人旅をした頃でした、それが始まりです」
こなた「いや、始まりはあやめさんからかもしれない、あやめさんと真奈美さんが逢ったから今のつかさが居る
    私はそう思っている」
ひより「そうだとしたら……先輩はその集大成っスね」
こなた「私が?」
ひより「はい、ですからその想いを是非神崎さんに伝えてください」
その言葉を最後にひよりと別れた。
それはそうとひよりはもう腐らなくなったのかな……

集大成。事実上地球上最後のお稲荷さんとの片想い……か。ひよりも私にプレッシャーをかけてくれたな。
こうしている間にも約束の時間は刻一刻と近づいてきている。
この胸の高鳴り……かがみの作戦を携えてきているのになんだろうこの不安な気持ちは……
落ち着け……
そうだ。
もう一人、みゆきさんと会ったんだ。

 かがみはみゆきさんとひよりの順番はどっちでも良いって言っていた。
でも結局ひよりが先に会う事になってしまった。
みゆきさんには正直いってあまり会いたくなかった。今まで会わなかったのは私の意志があったかもしれない。
みゆきさんが職を失ったのも。研究が駄目になってしまったのも一部は私が原因だから……
そう思うと会うことなんてできない。
いったいどんな顔をして会えばいいのか。それさえも戸惑ってしまう。
それを知っていてみゆきさんに会わせるかがみの気持ちがわからなかった。
それでも作戦には必須だって言われたら行かざるを得ない。

確か一週間まえだったかな。
いつも見慣れたみゆきさんの家の玄関。
これほどインターホンのボタンが重く感じた事はなかった。
ボタンを押すと本人が出てきた。家族の誰かが出てくると思っていたから驚いた。
いきなりだったので挨拶もろくに出来ずにまごまごした。
そんな私を見ると。
みゆき「泉さん、こんにちは、どうぞ」
いつもの笑顔で私を迎えてくれた。
こなた「え、あ、え~と、こ、こんにちは……」
まるで初めて会った時みたいな受け答えだった。
居間に通されるとみゆきさんはお茶を準備しに台所に向かった。
他に人は居なかった。みゆきさんだけ、それはひよりの時と同じ。
今気付いたけどかがみがもう私が会いに来るって連絡してあった。そう違いない。
私がアポを取らないで行くのを知っていて……
まったく余計な事を……なんてね。事前に人払いが済んでいれば込み入った話もできる。
その時の私はそんな事を思っている余裕もなかった。

みゆき「どうぞ」
こなた「どうも」
みゆきさんは私の前にお茶を置いた。私はお茶を一口飲むと辺りを見回した。
みゆき「どうかしましたか?」
こなた「……い、いや、なんて言うのか、誰もいないのかなって、いつもならゆかりさんとか……」
みゆき「母は外出中です」
そういえば旦那さんはどうしたのだろう。まさかあの件で関係が悪化して別れてしまったなんて……
その時そう思った。
こなた「そ、そう……あの……」
みゆき「はい?」
聞けるわけがないよね、そんな事。でもそれが事実だったら。
こなた「ごめん……」
みゆき「どうしたのですか、急に謝るなんて……?」
こなた「なんて言ったら……巻き込んじゃって……」
みゆきさんは不思議そうに首を傾げた。
言いたくなかったけど……
こなた「作戦で使った融資したお金はあの事件で株は暴落したから1円も戻ってこない、
    貿易会社に融資したせいで研究成果も評価されず……挙句の果ては解雇……だなんて……
    一番の貧乏くじ引いちゃったよね」
みゆきさんは静かに話した。
みゆき「私が失った物は代わりがありますが泉さんの失ったものは代替がありません、気にしないで下さい」
こなた「私が……失ったもの、そんなのあったかな?」
みゆきさんはあまり言いたくなかったのか少し間が空いた。
みゆき「……神崎あやめさん…さん、違いますか?」
こなた「あやめさんは……確かにそうかもしれないけど……私の場合、あやめさんはとっくに亡くなってたし、
    神崎さんが代役をしていたから諦めもつく、だけどみゆきさんは……今回の件で旦那さんの仲だって悪くなっちゃったでしょ??」
みゆきさんは静かに立ち上がった。
みゆき「彼は……私達以外でお稲荷さんを理解してくれた数少ない一人……です」
こなた「え?」
みゆき「彼がいなければ研究すら出来なかった……」
 そういえば……お稲荷さんの秘薬はつかさの料理の技術でも出来る。それに材料にとかげの尻尾もあったような気がする。
2年間の熟成とかもあったっけ。普通考えたらそんな物をまともに研究するって言ったら冗談かなんかと笑われるくらいのレベル。
お稲荷さんの秘薬だってしらなければ私だって何かのジョークだって笑っちゃう。
それでもみゆきさんは研究をつづける事ができた。それはこの研究を本当に理解できる人が居たって事……
こなた「さすがみゆきさんだね、トカゲの尻尾とかふざけているとしか思えない」
みゆき「トカゲの尻尾は手に入れるのがかなり大変でしたので鶏の軟骨で代用できるのではないと思いまして」
こなた「まさか、それが出来るならお稲荷さんがとっくにやっていると思うけど……」
みゆきさんは微笑んだ。
みゆき「実はこの前の臨床試験で使用したのがそれです」
こなた「え、って事は?」
みゆき「トカゲの尻尾の場合と同じ効果でした」
こなた「回復した井上さんを見ればそれは分る……すごい」
私が褒めるのを気にも留めずみゆきさんは話し続けた。
みゆき「薬を作る際、恐らく鶏の軟骨が正解だったのかもしれません、これは私の憶測ですが
    つかささんに素直に薬の製法をただ教えるのが気に入らなかったのかもしれません、だからわざと手に入れ難い
    材料を言ったのではないかと……教えた本人に聞けないのできませんので確かめられませんが……」
こなた「まぁ……つかさがトカゲを捕まえるのを想像するとそれは納得できるかもね……
    みゆきさんはつかさとそんな話しをしたの?」
みゆき「いいえ、つかささんのあの当時の出来事に対して水を差すような話はしない方が……トカゲの尻尾でも
    効果は同じなのですから……」
こなた「相変わらずだね、みゆきさんは、それならもう2年の熟成は要らないとか?」
みゆきさんは更に話しを続けた。
みゆき「いいえ、それだけは省けませんでした、酵母によるアミノ酸合成で……」
こなた「いや……そこは言われても解らないから……」
みゆきさんは私にも解る言葉で言い直した。
みゆき「つかささんが残してくれた秘薬の中に酵母ありまして、それが最終的に秘薬を合成します、どこにでも居るわけでもない
    特殊な酵母です、遺伝子から見て地球由来のものではないかと推察します、おそらくたかしさん、もしくは真奈美さんが
    この日本で発見したのではないかと」
こなた「凄いね……そこまで調べつくしているなんて、しかもこのメモリー板を使わなくて……」
私はメモリー板をポケットから出した。
みゆきさんは私の持っているメモリー板をじっと見た。
みゆき「そのメモリー板にはお稲荷さんの故郷の星、途中で立ち寄った星々の知識や技術はあってもこの地球
    の知識は無いと思います、お稲荷さんの秘薬は今の人類の技術では合成できません、そして、この酵母は地球で生まれた
    ……とすれば、そのメモリー板をいくら調べても薬は出来なかったと思います」
こなた「研究員か……みゆきさん、天職って言っていいよね、かがみにしろつかさにしろ……それに引き換え私って……」
みゆきさんは首を傾げた。
みゆき「そうでしょうか?」
解っている。みゆきさんは私に気を使っている。
こなた「私は成りたくてこの仕事をしたわけじゃないし……」
みゆき「天職……ですか、神から授かりし職業……」
みゆきさんは笑った
みゆき「泉さん、天職を英語で訳すとなんでしょうか?」
こなた「え……な、何で……いきなりクイズ?」
みゆき「何て言いますか?」
みゆきさんは更に念を押した。
こなた「うんん、知らない……」
みゆき「calling……」
こなた「コーリング……?」
みゆきさんは頷いた。
みゆき「呼ばれた……神に呼ばれし職業……しかし神の声を聞けるのは預言者のみです、
そこでもう少し簡単に考えます、泉さん、今の仕事をする切欠は?」
こなた「切欠は……つかさに誘われたから……って?」
みゆきさんは再び笑った。
みゆき「はい、呼ばれましたね、泉さんの今の職業は天職です」
こなた「い、いや、つかさは神様じゃないし……」
みゆき「呼ばれたのであればそれは泉さんにとって天職と言っていいのではありませんか、
    英語圏と東洋の職業に対する考え方の違いかもしれません、でもこの件に関して言えば
    英語の方がより現実的ではないしょうか……」
こなた「……そうしたとしたら、つかさはかえでさんに誘われた、私はあやのを誘った、かがみはだんなさんのひとしさんに
    誘われて弁護士に……」
みゆき「そうですね、そして私も……」
そう、その時わたしがあやめさんに対するコンプレックスみたいなものがスーと消えたような気がした。
こなた「なんか勇気が湧いてきた」
これは全てに当てはまる訳は無い。たまたま私にうまくはまっただけの話し。言ってみれば方便みたいなもの。
私はそう理解した。だけど……なんか嬉しかった。
かがみが聖人君子と言わしめた人だけのことはあるね。
みゆき「さて、いよいよですね……」
こなた「……いよいよって……まさかかがみから聞いたの?」
みゆきさんはにっこり微笑んだ。
そうあからさまにされると照れてしまう。
こなた「本当はさっさと済ませればいいんだけどね、思うようにいかないよ……」
みゆき「躊躇うのはそれだけ泉さんが本気だと言う事です」
こなた「……そうかな、本気なのかな……」
みゆき「二度に渡る潜入……それもかなり危険で犯罪にもなりうる事でした、それを引き受けるなんて
    よっぽどの信頼と正義感がなければできません」
こなた「信頼はともかく……正義感ね~確かに危険な作戦だったけど正義感なんてこれっぽっちもなかった、それを言うなら
    いのりさん夫婦やみゆきさんの方がよっぽど正義感あったんじゃないかな」
みゆき「それではなぜあんな危険な事を……?」
こなた「……何でかな……つかさの影響があったかもしれない、でもそれだけじゃない……それだね……
やっぱりゲーム感覚、そうそう、ゲームなんだよ……うんうん、それで決まり」
みゆき「ふふ、泉さんらしいですね」
言ってみればそれは好奇心。それだけだったかもしれない。
こなた「それはそうとこれからみゆきさんはどうするの?」
みゆき「どうするとは?」
みゆきさんは不思議そうな顔をした。
こなた「このまま秘薬を秘薬のままにしちゃうの?」
みゆきさんの顔が曇った。
みゆき「受け入れられなかった……結果は出ても認められなかった……ただそれだけが残念です……」
こなた「ふふ、諦めるのはまだ早いよ、あんな万能薬をこのまま捨てちゃうのは勿体無い、それは私でも分かる、
    百年、うんん、千年経ってもできるかどうか分らない代物だよ」
みゆき「し、しかしもうあれは認可されない、世には出せません」
みゆきさんはこうゆう考え方はしない。
こなた「そう、薬としては認められない、だけど私が知っている限りあの薬の材料はみんなただの食材、トカゲの尻尾が
    鶏の軟骨に交換できるのならそれはただの食べ物、料理だよ、なんだかんだ言って最初にそれを作ったのはつかさだからね……
    まして発酵させるのなら味噌とか醤油と同じだよ」
みゆき「はい?」
みゆきさんはキョトンとしていた。
こなた「分らないかな、薬が駄目なら食べ物で出しちゃえばいいんだよ、発酵健康食品ってね」
みゆき「発酵……食品?」
さらにキョトンとするみゆきさん。
こなた「病気を治すのは薬だけじゃないって事、目的が達成できるならなんでもいいじゃん?」
みゆき「し、しかし……」
こなた「しかしもへちまもないよ、みゆきさんは病人を助けたいたいんでしょ、それでいいじゃん、
    いざって時は私も使わせてもらいたいしね、それとも何か問題があるの、法律とか?」
みゆきさんは首を横に振った。
こなた「それなら問題ナシ」
みゆきさんの顔が悲しそうになった。
みゆき「なぜ……なぜです」
こなた「え?」
みゆき「……泉さんはどうしてそんな考えができるのですか……」
こなた「へ、なに、急に……そんな事を言われても?」
みゆき「神社の奪還、お稲荷さんの救助船の誘導……そして今回も……私には到底思い浮かびません」
こなた「いや……今回の件はともかく救助船の誘導はつかさがヒントをくれたから……」
みゆき「ヒント?」
こなた「通信ができなくてもう諦めかけた時、つかさは懐中電灯を空に向けて呼ぼうとしたんだよ……それがヒントになった」
みゆき「そんな話はつかささんはしていませんでした……」
こなた「つかさは自分が切欠になったんて気付いていないから」
みゆき「そうでしたか……ふふ、やっぱり敵いませんね……」
こなた「敵わない?」
みゆきさんは今まで見たことの無い苦笑いをした。
みゆき「けいこさんの企画に参加した時でした……つかささんの行動、態度、姿勢……どれを取っても非の打ち所がありませんでした
    私は只の傍観者でしかなかった、ですから私はせめて……せめて秘薬を再現させたいと思ったのですが、
    結局それも再現したにすぎませんでした……」
こなた「みゆきさんに「なぜ」なんて聞かれたのはじめてかもね、いつもは私がそうしていたのに、それにつかさにライバル心をもって
    いたのも意外だったかも……」
みゆき「え?」
こなた「だからみゆきさんに凄い親近感が湧いてきた、今頃になってね、もっと早く言ってくれればよかったのに、
実は本当の事言うとお稲荷さんに関して言えば私の行動は全てつかさのせいだから、
「つかさのくせに」そう思っていたけどいざやろうとするとつかさの様に
    うまく行かない、嫌になっちゃうよね……そう、つかさは本当に勇者だよ、勇者は自分が勇者だって自覚していないからね、
    本当にピンチになった時、その勇気が試される……つかさはその試練に全て勇気とやさしさだけで立ち向かった……知恵や力なんて
    ……その勇気のほんの少しでもあれば私はこんな所に居ないのに……」
みゆき「い、泉さん……」
こなた「いや、これは過大評価じゃないから、むしろそれを一番実感しているのはかがみじゃないかな?」
みゆき「そうかもしれませんね……」
こなた「ってこと」
私は立ち上がった。
みゆき「も、もうお帰りですか?」
こなた「みゆきさんの意外な一面が観られてすごく参考になった、ありがとう」
みゆき「ま、待って下さい、本当にそれだけで大丈夫なのですか?」
こなた「かえでさん、まなみちゃん、つかさ、ひよりからも勇気をもらったしね……
    いいや、みんなからいろいろ貰った
    それにかがみの作戦もあるしなんとかなるでしょ」
みゆき「あ、あの……躊躇うのは神崎さん……神崎あやめさんが原因ですか?」
私の動きが止まった。
みゆき「すみません……こんな切羽詰まった時に……」
あやめさんが一つの原因なのは分っている。
こなた「あやめさんか……神崎さんはあやめさんが好きだった……それは本人から聞いたから真実だよ、
だけどあやめさんがどうだったかは分らない、今となっては確かめようがないしそれを知ったところで
どうなるわけでもないから……」
みゆき「神崎さんはそれを知っていると思います」
こなた「……そうだよね、お稲荷さんだし、あやめさんの心を見るくらい造作もないよね……
    てか彼はあやめさん本人に成っていたくらいだから」
みゆき「もちろん泉さんの真意も……」
こなた「え?」
それは盲点だった。
みゆき「きっと既にご存知だと思います」
なんだか身体が熱くなってきた。顔が赤くなっているのが自分でも分った。
こなた「そ、そうだった……もうとっくだった……ははは、今更だよね……
    つまりもう知られているから告白は簡単だって言いたいんだね」
みゆきさんは首を横に振った。
みゆき「どうですか、神崎さんを目の前にして言えますか?」
こなた「え~と…………」
例えそれを知られていたとしても言うのはやっぱり……
みゆき「先ほどの表情を見れば分ります、どんな状況であれ告白はそれなりに大変です
    普段感情を表に出さない泉さんが赤くなってしまったのですから」
こなた「むぅ……それじゃ何が言いたいの?」
みゆき「泉さんの告白はつまり神崎あやめさんの真意を確かめる事でもあるのです」
こなた「あやめさんの真意って……私に関係ない……」
みゆき「そうでしょうか、神崎あやめさんに何の感情もありませんか、友情とかは?」
こなた「感情って……私は彼女の死体を利用したし、もう彼女はとっくの昔に亡くなっていたから
    もうどうでもいいじゃん……」
みゆき「いいえ、亡くなっていません、彼女はまだ生きています、神崎さんの記憶の中で、
    神崎さんがお稲荷さんで居る限り彼女は行き続けている、泉さんが告白すれば
    神崎さんの中の神崎あやめさんにも伝わります、そして……脳内で二人の
    会話が始まります、そして……」
こなた「そして?」
みゆき「そして結論が出るでしょう……いえ、もう結果は出ているかもしれません、
かがみさんがどんな作戦を立てているのかは存じませんが告白する心構えとして贈りたいと思います」
こなた「あ、ありがとう……」
みゆき「いいえ、礼を言うのはこちらの方です……諦めかけていた秘薬……もう一度……挑戦してみます」
こなた「あ、あれは半分冗談のつもりだったけど……」
みゆき「冗談……冗談なのですね……泉さん、やはり敵いませんね……」
みゆきさんは大笑いした。

今まで見てきたみゆきさんの笑いの中で一番の大笑いだった。
そして目から涙が出てきて、いつの間にか泣いていた。
どんな対応していいか分らなかった。なにもしないでただ
みゆきさんを見ていた。
やっぱり研究室を追われて研究成果まで反故にされたのはさすがのみゆきさんもかなりのショックだったのかな。
そんなみゆきさんに私が「冗談」なんて言ったから……
ちょっと酷すぎた……かな
っと言っても後悔先に立たずか……
こなた「ご、ごめん……」
みゆき「……到底私には泉さんのその発想には至りません、冗談……遊び心が私にはありません……」
こなた「ん……そうだよね」
私はスマホにイヤホンを付けてみゆきさんに渡した。
みゆき「これは?」
こなた「いいから、付けてみて」
みゆきさんは耳にイヤホンを取り付けた。
スマホの再生ボタンを押した。
みゆきさんはその再生された音楽を聴いていた。
そして再生が終わるとみゆきさんはイヤホンを外した。
みゆき「この曲は……誰の作曲ですか?」
こなた「みゆきさんでも曲名が分らないのか……これは本物だ」
みゆきさんは首を傾げた。
こなた「作曲、演奏とも柊まなみ、まなみちゃんだよ」
みゆき「え……?」
こなた「私のために作曲してくれた、それをかがみが録音してくれたのてね、みゆきさんが聴いた曲がそれだよ」
みゆき「泉さんのために……ですか」
こなた「ピアノの演奏が凄いのは分っていたけど、まさか作曲までできるとは思わなかった、ねぇ、作曲できるって
    凄いと思わない、ピアノの演奏が出来る人はクラスに一人はいるよね、でもさ、作曲ともなると
    学年に一人いるかどうかだと思うんだけどどうかな?」
みゆき「……もっと少ないかもしれません……オリジナルともなるとそうは居ないと思います」
こなた「みゆきさんは作曲できる?」
みゆき「いいえ……」
こなた「そうそう、私なんか作曲どころかおたまじゃくしさえ読めない」
みゆき「それは泉さんは音楽に……」
こなた「そうそう、幼少時に音楽に触れる機会がなかった、そもそも楽器に興味がなかった、才能もなかったかもしれない
    だけど、まなみちゃんの演奏を聴くといいな~なんて思ったりもする……憧れだよね……そう、憧れ……
    でもまなみちゃんになれないし、つかさに成れる訳でもない……じれったいし、もどかしいよね、
    で、思ったんだけど……ヴァイオリンの音にあこがれてピアノでどんなに頑張ってもヴァイオリンの音は出せない、
逆もまた然り、だけどその憧れがその楽器の音色をより美しく奏でさせる……それでいいじゃん、まぁ私は
ヴァイオリンでもピアノの音色もないから差し詰め打楽器って所かな……」
みゆき「……打楽器は人類が一番初めに作った楽器……リズムを刻み時には音に破壊的な効果をもたらします、
    管楽器、弦楽器とてもそのような効果は期待できませんね……」
こなた「い、いや、これは例え話で」
みゆきさんは首を横に振った。
みゆき「たとえ話ではありません……それぞれの特色を活かして一つの大きなシンホニーを……私も参加したいです」
こなた「うんにゃ、もうとっくに参加しているよ」
みゆき「そうでしょうか……私は何も」
こなた「なにせみゆきさんはお稲荷さんを理解している数少ない一人だからね」
みゆきさんが一番理解している。私はそう思った。
みゆきさんは真剣な顔になり私の前に立った。
みゆき「それならば私も手伝わせてください」
こなた「な、何、何なの?」
こなた「それならば、私を神崎さんに見立てて告白の練習をしましょう……」
こなた「え?」
……
……
時間だけが過ぎていく。
みゆき「どうしたのですか、私の前で言えなければ本人の前にすら立てませんね」
こなた「ちょ、ちょっと待った、そんなのしなくても、子供じゃあるまいし、それにかがみだってそんな練習は一度も……」
みゆき「かがみさんは自分の出来ない事を他人に強要しません、優しすぎるのです、でもそれでは成功しません」
こなた「わ、私は本番に強いからそ、んなの、は……」
みゆきさんの目がいつになく怖く睨みつけてきた。
これは言うまで帰してもらえない。そう思った。
……
………
…………
 言えなかった。冗談でも言えなかった。
みゆきさんの言うとおり。みゆきさんの前で言えなければ本人の前でなんて言えるわけない。
そんなのは分っている。解っているけど……言えなかった。
これじゃこの前と全く同じ。何も変わっていない。
まさかこんな事って……
有り得ない。
だけどこれは現実だ。夢じゃなかった。
こなた「は、はは、はははは……」
みゆき「い、泉さん?」
笑うしかないこれは笑うしかなかった。
こなた「こりゃ傑作だね、笑っちゃうよね~」
私は帰り支度を始めた。
みゆき「泉さん、ですから私の前で……」
こなた「いいから、もう」
みゆき「いいから……とは?」
こなた「お邪魔しちゃったね、もう帰るから」
私は部屋を出ようとした。そうしたらみゆきさんは立ち上がって素早く私の前に回り込んでドアの前に立ちはだかった。
みゆき「まだ終わっていません、このままでは本番で失敗します」
こなた「本番はもうないから……」
みゆき「無とはどう言う意味です?」
こなた「言ったままの意味だよ……もう終わり、これじゃ何をしても無駄だよ」
みゆき「……どうしてです、まだ諦めるのは早すぎます、何かの落ち度があるのでしたらかがみさんともう一度作戦を練り直す時間くらいは……」
こなた「もう何をしても同じだよ」
みゆき「いいえ、違います」
こなた「……同じだよ、もう帰るからそこを退いてくれるかな……」
みゆき「これまで協力してくれた方々の想いが……分っているのですか、つかささん、かがみさん、まなみさん、田村さん……
    ……それに、此処に来たは泉さん自身の意思ではなかったのですか」
いつになく真剣なみゆきさんだった。
こなた「うんん、かがみが行けって言うから来ただけだから……」
私はみゆきさんの向こうにあるドアのノブに手を伸ばした。
みゆきさんは私のその腕を掴んだ。
みゆき「終わりとは、そのまま神崎さんを故郷の星に帰していいと言うのですか」
私はノブの方に向けて少し力を加えた。みゆきさんの腕はは押し返す力が加わった。
みゆき「本当にそれで良いのですか、私の目を見て言って下さい」
みゆきさんの手が更に強く握る。
みゆきさんに言われなくてもそんなのは解っている。分っているけど、身体が言う事を聞かない。
私は更に力を入れてドアを握ろうとした。
みゆき「このまま帰っても何も変わりません……」
変わらない。そう何も変わらない。私は腕の力を抜いた。それに気付いたみゆきさんは腕を放した。
こなた「そう、そうだよ、何も変わっていない……可笑しい、可笑しいよね……」
みゆき「い、泉さん?」
こなた「実はね……以前にも告白しようとしたんだよ……全くその時と同じ……うんん、言い出そうしただけ
    その時の方がよかったかもしれない……まったく変わっていない」
私は顔を上げてみゆきさんの目を見た。
こなた「全く変わっていない、つかさにまなみちゃんにかがみ、ひよりにみゆきさんまで勇気を貰ったのに……
    これじゃ何をしたって同じだよ……つかさの様な勇気があれば私は今此処に居ないよ……
    まなみちゃんの様にピアノが弾けたら想いを全て音楽にできるのに……何もできない私は直接話すしかないから、
    どうしようもないよ……言えないものは言えない、弱虫って言われてもしょうがないよ、言えない、
    言いたくても言えない……言えない」
みゆき「例えそこで諦めたとして、何れ来る別れの時、泉さんはどうするのですか、会わずにそのままお別れするのですか
    その時も何もしないつもりですか」

そう、そうだった。かがみもそんな事を言っていたし今回の作戦もそれが肝になっている。
そんな事は分ってた。いずれにせよ別れの時が来る。
つかさは別れの時に会えなかった。だけどそれが結果的に再会の切欠になった。
でもつかさは必死になっていた。
私だって必死だよ。つかさ以上にやっているつもり……つもりじゃ駄目なのかな……
私の場合会えない訳じゃない。会わない……会わないのか。
こなた「考えれば考えるほど言えなくなるよ……神崎さんが好きなんて……」
みゆきさんは一歩横に移動してドアを開けた。
みゆき「……確かに聞きました、本番はその調子で行けば大丈夫です」
こなた「え?」
みゆき「しっかり聞こえました、告白」
こなた「い、いやあれは独り言みたいなものでみゆきさんに言ったわけでも神崎さんに言った訳でも……」
みゆきさんは笑った。
みゆき「どちらでも良いではありませんか、泉さん自身の口から出たのは間違えないのですから」
こなた「みゆきさん……」
みゆき「ファイトです」
みゆきさんは小さくガッツポーズを取った。
みゆき「私に出来るのはこのくらいですが」
こなた「うんん、なんかすっごく勇気が湧いた様なきがした、ありがとう」
みゆき「いいえ、勇気をくれたのは泉さん、貴女ですよ……お互い頑張りましょう」

 そしてみゆきさんと別れた。
今思えばあれは誘導だったかもしれない。だけどそれで私はこうして此処に居る。神崎さんと待ち合わせまで漕ぎ着けた。

もうそろそろ時間かな。
『ピピ』
頭の中で神崎さんの気配を感じた。メモリー板の機能が働いたみたいだ。もう彼はすぐ近くにいる。
もう後戻りは出来ない。
もうやるしかないんだ。

34

 彼が、神崎さんが近づいてくるのが分る。どうしよう……
どうしようじゃない。かがみの作戦通りやるしかない。そう心の中で何度も言う。
そうじゃないか。普段は普通に話せているじゃないか。そうの様にすればいいだけの話。
よ~し。
神崎「待たせたかな……まさか先に来ているとは思わなかった」
こなた「あっ!!」
神崎「ん?」
不思議そうに私を見ながら首を傾げる神崎さん。私の奇声がよっぽど珍しかったのか。
そんな事を考えている暇は無かった、もう作戦は始まっている。
……もう……いやいや、まだまだ……
とにかく落ち着け、そして動作はゆっくり、慎重に。
私は徐にポケットに手に入れてメモリー板を取り出し彼に差し出した。
神崎さんはさらに首を傾げる。
こなた「はい」
神崎「どう言う意味なのか?」
こなた「もう返すよ……」
神崎さんはとても驚いた顔をした。
神崎「返す……何故だ、まだ裁判は終わっていないのに?」
こなた「裁判はどうあがいても有罪は確定しているからね、もう終わったのと同じだから」
私は一歩進んで更に彼に近づいた。
だけど神崎さんはメモリー板を受け取ろうとしない。
神崎「……裁判はいいとして、君にもそれは必要ではないのか?」
こなた「もう私の仕事は終わっちゃったしね、もうこれ以上これを持っていても意味ないし」
神崎「……貿易会社が読み取ったメモリー板の情報を全て消したと言うのか?」
私は頷いた。
こなた「敵もいろいろ工夫していて骨は折ったけどね、これでお稲荷さんの情報は少なくとも彼らのサーバには一切残っていないよ」
神崎「ばかな……君には基本的な使用方法しか教えていない」
私は人差し指を立てて舌を鳴らした。
こなた「チッチッチ……私にはもう一つの秘密兵器があるのだよ」
もう一つ、そうUSBメモリーを取り出しメモリー板の上に重ねて置いた。
神崎「それは……」
こなた「めぐみさんがくれたUSBメモリー、これでこの地球上ある全てのPCは私の手の中にあるのと同じ、それにね
    メモリー板の使い方もこのUSBメモリーが翻訳してくれてね、仕事が捗ること捗ること」
神崎「……それがあったのか……メモリー情報は確かにそれで翻訳できるな……」
私は更に一歩彼に近づいて渡そうとしたけど彼は受け取ろうとはしなかった。
神崎「本当に良いのか、私がこれを使ってあの殺し屋に復讐するとしたらどうする、それを使えば刑務所だろうが軍隊の施設だろうが
   容易に侵入できるぞ」
こなた「うんん、メモリー板が無くったって復讐する気ならとっくにやっていたでしょ?」
神崎「言い切るじゃないか、メモリー板を持った途端に気が変わるかもしれないぞ、それに今まで何もしなかったのは
   君の持っているメモリー板で私の居場所を特定されてしまうのを恐れていたからかもしれない」
こなた「そんな事言ったら私がメモリー板を渡さないよ、それにね、そう言うのは渡されてから言うもんだよ」
神崎さんは苦笑いをした。
神崎「私を試すのか、メモリー板のおかげなのか知恵がついたな……それとも誰かの入れ知恵なのか」
こなた「そんなのどっちでもいいじゃん」
確かにこのメモリー板のおかげで神崎さんと同等な話が出来るしついてもいける。
だけどこれはメモリー板でも誰かの……ましてはかがみの入れ知恵でもない。
つかさとお稲荷さんとのやり取りをずっと観ていれば出来ることだよ。
私はさらに近づいてメモリー板を彼の間の前にかざした。
神崎さんはじっと私の手にあるメモリー板を見ている。
神崎「確かにそれは私にとってどっちでもいい……それより本当にそれでいいのか、それを私に返せば二度と
  その力を使うことは出来ない、知識も技術もすぐに忘れてしまうのだぞ、その気になれば株価の操作だって可能、
  貿易会社の様に技術を売れば富も思うがまま、それにかつて君がこの神社を買い取った様にね……惜しくないのか?」
こなた「ふふふ、今度は私を試すの……確かに惜しいと言われれば惜しいけど……やっぱりこれは私達が持つには
   危なすぎるよ……数学で1+1が2になるって理解できて始めて計算が出来るようになるよね……
   あとは掛け算、割り算、関数とか微分や積分だってその延長だよ、
   メモリー板の中身が分るようになって分っちゃった、私達ってその計算すらまだ理解出来ていないレベル
   だって……だから宝の持ち腐れになる」
神崎「確かに今の人間にはその積み重ねがなるかもしれない……それでも何人救えるか分らないぞ」
こなた「うん、同時に何人不幸にするか分らない」
神崎「……冷静な判断だな」
こなた「こう言うのはよくゲームやアニメで題材になるからね」
神崎「そこでそれが出てくるか……」
神崎さんは笑った。そして、さらに話しを続けた。
神崎「今まで永い間、人間と関わってきた、君が知っている様に私達はどんなに頑張っても一ヶ月の内数日は
  狐の姿になって生活するしかない、それで何度信頼していた人に裏切りられたか……
  一番弱くなっているところを狙われる、技術や知識を教えてもそれでいつも裏切りられ、争いが始まり、
破壊の限りを尽くし、そして……
  元に戻ってしまう、それの繰り返し、何度命を狙われ、何度生死の境を行き来したことか……」
少し間を置いて神崎さんは更に話しを続ける。
神崎「それでも助けられたのも人間だった、傷ついた私を何度救われたか、中には裏切ったはずの人物に
   助けられた事もあった……いったいどっちが人間の本性なのだ?」
何万年も生きていればいろいろな事があったのは分るけど。
私にはその問いの答えを持っていない。だけど……
こなた「何も知らない友人が一人旅で理不尽にも生贄にされそうになったよ、挙句の果てに逆恨みでもう一人の
   友人にも呪われちゃってね……何度か殺されそうになった……」
神崎「…それは……」
私は少し間を置いて更に話した。
こなた「でもね、その友人を殺そうとした人自分の命を引き換えにに友人は助けられた、
更に私達と一緒になって私達を呪おうとした人達と仲直りしようとしてくれた人もいたっけな……
お稲荷さん……一体どっちが本性なの?」
神崎「……その話しをするのか」
こなた「このメモリー板の知識だってお稲荷さんに出来たのだからきっと私達だって同じ事が出来るようになる」
神崎「私達と同じと言いたいのか……」
こなた「うん」
神崎「いや、地球での私達の行為は生きる為に止むを得ず行ってきた事だろうに」
こなた「それじゃ多分私達も同じだよ、このメモリー板の中にある歴史って殆ど戦争だよね、地球と同じじゃん?」
私を見て急に笑い出した。
神崎「メモリー板の歴史も解読したのか、ふふ、なるほど、君はもうそれを使いこなしてしまった……そう言う事か……だから見つからなかった訳だ」
こなた「ん?」
なんの事を言っているのかな?
神崎「確かに彼女の言ったとおりになったな」
こなた「へ?」
今度は私が首を傾げた。
神崎さんは黙って考えているみたいだった。
こなた「話したくない事なの、それより受け取ってくれないと腕が疲れちゃうんだけど」
神崎「そ、そうだな……」
神崎さんは腕を伸ばしてメモリー板をUSBメモリーを受け取ろうとした。
さけどさっきの話が気になってきた。
私はメモリ板とUSBメモリーをポケットに戻した。
神崎「え?」
こなた「さっきの話の続きを聞きたい……誰の言う通りになったって?」
神崎「……そうだな言いかけてそれはないか……」
神崎さんは振り返って私に背を見せた。そして神社の下を見下ろした。
神崎「ワールドホテル社長と秘書の突然の消失……そしてこの神社の買い取りと寄付をした謎の人物……
  レストランかえでが一番怪しいと彼女は言っていた」
こなた「その彼女って……もしかして?」
神崎「そう、神崎あやめだ」
あやめさんは最初から私達の店を疑っていた。でも、そうだとしたら。
こなた「それじゃなんで今になって私達の所に来たの、もっと、もっと早く来てもおかしくないじゃん」
少なくともあやめさんが亡くなる前には会えたはず。
神崎「私にもそう言っていた、彼女の読みを信じていればこうはならなかったかもしれない……死ぬ必要もなかったかもしれない」
こなた「それじゃどうして!!」
思わず声が裏返った。
神崎「……私が反対した」
こなた「反対したって……私達は、特につかさはワールドホテルと深く関わっていたよ、少し調べればそのくらいは直ぐに……」
神崎さんは首を横に振った。
神崎「いいや、調べてもそれは分らなかった、ワールドホテルの情報は殆どあの社長と秘書が持っていたらしいからな……」
私を見る神崎さん。
神崎「その情報を消したのも君か?」
こなた「まさか、私はほとんど何もしていないよ、多分消したのは秘書の……」
神崎さんは手を私の目の前に出して止めた。
神崎「もういい……情報を消すのは私達のしてきた事を考えれば当然の事……そう、君たちはお稲荷さん仲間と協力して
   母星と交信をし、そして故郷に帰した……何千年、何万年経っても出来なかったことを君たちはやってしまった」
こなた「うんん、つかさが90%以上やったこと、そんな事よりあやめさんがよく神崎さんの反対に納得できたのか……
    あの強引な性格じゃぜったいに折れないよね?」
神崎「強引? そうだな、仕事はいつもそうだった、しかし私の言う事にはあまり反論はしなかった」
反論しなかった……?
こなた「仕事って、貿易会社の秘密を探す仕事をしてたでしょ……それに仲間を探していたって……
彼女のライフワークみたいなもんじゃなかったの?」
神崎さんは黙っていた。話そうとしないから私から言った。
こなた「ずけずけ店に入ってきたりしたしたり、私を潜入操作のメンバーにしたり……そんなの考えられないよ」
それでも神崎さんの言う事に従ったってことは……
神崎「反論はしなかったが彼女従ってはいない」
こなた「え、言っている意味が分らない……」
神崎「彼女は私と仕事をした後から自分の仕事をしていた、私に気付かれないように」
そんなまどろっこしい事を何で?
私が話しださないのを確認したのか神崎さんは話しだした。
神崎「彼女は私と大学や企業を調べている合間を見ては君達の店を調べていた、店の経歴、店長、
従業員、店の移転に至るまでね、もちろんその中に君の名前もあった、泉こなた……」
そこまで調べていたなんて……
神崎さんは一呼吸すると再び話しだした。
神崎「私との仕事と自分の仕事の両立……その負担は心身共にかなりのものとなる」
こなた「負担……」
神崎「そしてその結果があの事故だ……」
私はなんていって良いのか分らなかった。
神崎「ふふ、あいつを、あやめを死に追いやったのは私だ」
こなた「あやめさん、調べていたんだったらちゃんと言えばよかったのに……なんで……」
神崎「……さあな……」
さあなって、神崎さんはあやめさんの記憶の全てを知っているんじゃないの?
だから……それは無いよ。絶対無い。神崎さんは絶対にその理由を知っている。知ってきゃおかしいよ。
神崎「今までの私はその償いの為にこうしてきた……それももう終わる……」
でも聞けない……その理由が怖くて聞けない。
こなた「償いって、約束じゃなかったの?」
神崎「ふふ、そう言わなかったら君は協力してくれまい?」
こなた「え……?」
神崎「貿易会社に潜入した時警備員に襲われた……本当は君を助けるつもりは無かった」
こなた「な、なにを突然……」
神崎「君が囮になれば私達は逃げられた……それだけの話だ」
こなた「それじゃなんで私を助けたの?」
神崎「神崎あやめがそれを許さなかっただけの話だ……あやめに感謝するんだな」
違う。直ぐにそう思った。
あの時、囮になって皆を逃がしてそれで自分も助かる可能性があるとしたら狐になれる神崎さんしか居ない。
こなた「……そうだね……」
それでもこう答えるしかなかった。
神崎「さて、もういいだろう」
神崎さんは手を伸ばしてきた。
メモリー板……これを渡してしまったら……もう……
こなた「ちょっ…ちょっと待って……な、何も今更母星に帰らなくたって……もう4万年もここ(地球)に居たんだし……」
神崎さんの手が止まった。
神崎「この私に留まれと言うのか?」
こなた「う、うん……」
私は力なく答えた。
神崎さんは私の手に持っているメモリー板を見ながら話した。
神崎「それを機能停止させるにはかなりの危険、それに費用が必要になる……それとも人類がそれを使うに値するまで守り続ける覚悟があるのか、
   10年、100年、1000年……君達の子々孫々……少なくとも全人類が一つに纏まるまではこれは渡せないだろう」
こなた「何もそこまで待たなくても……」
神崎「ほぅ?」
その理由を聞きたそうな目をしている。
こなた「この状況は小さい頃から擬似的に体験しているから……もっと早く分ってくれるかなって……」
神崎「小さい頃?、擬似的?……ん……具体的になんだ?」
私は小さな声で答えた。
こなた「ドラ○もん……」
嗤われる
そう思った……だけど私と思ったのと違った反応をした。
神崎「未来から来たロボットが主人公に秘密の道具を貸す漫画か……」
こなた「し、知ってるの?」
神崎「知ってるも何も、彼女が話してくれてね……」
彼女……あやめさんか……
神崎「主人公が大失敗をして終わるのが殆どだってな……確かにあの漫画は今の状況に当てはまる内容だな……
   あの教訓が活かせれば君も私もこうして苦しむこともないのだがな……ヨーロッパでも魔法使いの弟子と言う話が……」
なんだろう神崎さんのあの表情。昔を懐かしむように……そんな風に見える。
そういえば漫画やアニメのネタの話しをしても神崎さんは嫌がらなかった。それどころか
積極的に話していたよ。
そうか……分っちゃった……
あやめさんは神崎さんの事を……
分るのが遅すぎたかな……
神崎「泉さん!?」
神崎さんの声にハットした。
こなた「あ、は、はい?」
神崎「なんだ聞いていなかったのか?」
こなた「え、えっと聞いてますよ、魔法使いの弟子……うんうん随分古いアニメだよね」
神崎「その話はしていなかったが?」
こなた「え、あ……」
神崎さんは笑った。そして私は苦笑いをした。
神崎さんは私の手に持っているメモリー板を見ている。
確かにもうこれを持っている理由はないよね。
え、
これで、終わり?
うそ……まだなのに……こっちの要件はまだ終わっていない。
でも、もう終わり?
どうしよう。
何もできなかった。
これじゃこの前とおなじじゃない。
神崎「確かにこの地球は母星よりも遥かに永く滞在している、もう第二の故郷と言ってもいいくらいだ、
   そして……最後に君に会えて良かったよ」
こなた「あ、そうだね、こっちも……」
そんな私の思いも束の間、話はどんどん進んでいく。
私はメモリー板とUSBメモリーを神崎さんに手渡した。
何故……言えない……
私って……
神崎さんはメモリー板とUSBメモリーを大事そうにポケットに仕舞った。
こなた「あれ、使わないの、仲間を呼ばないの?」
そんな事を言いたいんじゃないのに……
神崎「もう私が手にしたのなら改めてその操作をする必要はない」
こなた「そうだったね……」
神崎「それでは、さようなら」
こなた「さよう・なら……」

あっけない。これが最後の別れなの……

 神崎さんは私に背を向けると神社の階段を折り始めた。
私はその姿をずっと見ていただけだった。
彼の姿がぼやけて見える。
これって涙なのかな。

ごめん……かがみ……折角の作戦だったのに……大敗だったよ……

つづく


コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。